FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
9784062763301.jpg
著者:辻村深月
出版社:講談社
ページ数:520



 ザックリ言うと、不思議な力を持った少年が、幼なじみの女の子を救おうとする話

 辻村深月さんと言えば昨年衝動買いした「かがみの孤城」を休憩なしの一気読みしてしまうくらいとにかく感情を大いに刺激させられた作者さん。当時のレビューはこちら


 本作はテーマは [復讐]


 主人公は小4男子、ある日風邪で学校を休み、担当であるうざぎの朝ご飯をやる事が出来ないが為に、同じ当番のふみちゃんに電話でお願いをする。

 うさぎ小屋に向かうふみちゃんは犯人とすれ違い、うさぎ達の変わり果てた姿と対面、その日を境に感情が欠落するふみちゃん。


 少年は言葉(言霊)で他者に意識的に操る能力の持つ家系、

 『Aをしなければならない。そうしなければBになってしまう』 特別な声を使って言うことで相手にAとBを選ばせ強制的に縛る「条件ゲーム提示能力」

 その特殊能力が物語に大きく影響をもたらしますがその設定も本編でしっかりと解説され、なにより人間が描かれているのでオカルトじみた話にならないところが凄いのだ。






 ちなみに能力がなくても、言葉というものは人を動かすことができる。

 その一言が人を簡単に傷つけ、たった一言で救うこともできる。





 大切な人を傷つけられたとき、自分だったらどうするだろうか…。





 のちに捕まる犯人は親のコネで医療関係の大学に通っている大学生と判明。ウサギは物扱いとなる為、器物破損で軽い刑に処せられる。

 中盤同じ能力者の先生が登場。どうすれば犯人を懺悔させることができるのか?をテーマにレクチャーを受けることになります。ここ感情をぐわんぐわん持っていかれた。




 とにかく男子小学生10歳の葛藤が物凄いのだ。

「もし、あの時うさぎ当番に行っていれば彼女はあんなことにならなかったのに」

 ピュアだからこそ、自分に責任があると悩み、絶対に正しい選択を導き出そうともがき苦しみます。




 能力を使って犯人を死なす事は簡単。それがいい解決策にはならないのは明白、相手を同じ身に合わせたところで解決にならないし、犯人の性格上、気持ちを入れ替える可能性はとても低い。なによりもふみちゃんがそんなことを望んではいないのだから。じゃあ何が一番の解決策なのか?



 タイムリミットが迫る中、復讐とはなにか。
読んでいてとても目頭が熱くなった。読み進めながら少年がどういう決断をするのかが気にかかり、夢中で読み進めた。

続きが気になる方は、是非実際に手に取って読んで欲しい。分厚さが気にならないくらいページをめくる手が止まらなくなる。





[なぜ人は泣くのか]

 こちらもピックアップされていた。

 人は他人のためには泣けない、他人を思った行動も結局は自分のため。人は利己的で傲慢な生き物。

 だけどその根本にある、誰かを思う心はきっと愛であり、その行動は誰かを救う力となりうる。

とても心を抉った。





 本作を読みながら特に後半、自身も を流した。

 この涙はなんなのか 、とても価値のある涙だと思い、一層この作品が愛着が湧いた。




 とにかく圧倒される描写力!読んで損なし、本当におすすめな一冊 「ぼくのメジャースプーン」











スポンサーサイト
2018年 に見た全映画 141本 の中から、 ベスト10 をランキングにしました。
尚レンタル鑑賞も含まれます。「※」 は劇場鑑賞。




1.日日是好日

➡ 番狂わせ。
この映画を見てものの見方大きく変わった。
本作が樹木希林さんの遺作ともあって、劇中のセリフ「こうして毎年同じ事が出来るって幸せなんだなって」の重みが凄い。
追伸:先日原作本と茶道の基礎本(DVD付き)買いました。
当時のレビュー


2.バーフバリ 伝説誕生 <完全版> ※
 
➡ 流石全世界で一番映画が作られている国インド。ビジュアルとして余すことなく全て映像化されている。
この映画を見ると他のファンタジー映画が見れないほどの域だ。エンターテイメントの教科書。
次から次へと怒号の展開、約160分全く退屈しなかった少年漫画実写版。
当時のレビュー


3.牙狼<GARO>神ノ牙 -KAMINOKIBA- ※

➡ 少年漫画に出てきそうなくっさいセリフだったり、衣装、キャラ設定、世界観。
ここまでドストライクな世界観を全開でやってくれたら、もう何も言う事ないです。
雨宮監督、最高です!
当時のレビュー


4.ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJYUKU STORY~  ※

➡ チラシやフライヤーから感じる軽めのポップな映画かと思いきや・・・。
誰もが一度は通る青春、夢にかける熱い想い、仲の良い友達との友情(バディもの)に心から泣いた。
しっかり人間が描かれており、渋谷に行ったら実際にこの映画の登場人物達がいてもおかしくないと思った程。
劇中ではギャグで言っていた「職業:自分」はとても考えさせられた。
当時のレビュー


5.センセイ君主  ※

➡ 清純派イメージ、浜辺美波さんの限界のなしの顔芸に心底笑った。
テンポも物凄くいいし、葛藤もしっかり描かれている。
劇場を出た時、ちょっとハッピーな気持ちになったことを今でも覚えている。最高でした!
当時のレビュー


6.レディ・プレイヤー1  ※

➡ エンターテイメントの宝箱。
夢の中でのキャラクターの共演はありえるけど、実写でこれをやられると溜まったもんじゃない。
なんかいろいろ凄すぎて感動。
リアルと仮想現実の描写、何より大好きな映画のキャラであったり世界観がこのような形でまた見れる感動は映画ファンとして計り知れない。いつかこんな技術が実現出来ればなーと妄想が広がるばかり。
当時のレビュー


7.ノロイ

➡ 今年のベスト10では唯一の過去作品。
とこどどころ「そんなバカな話…」と突っ込みを入れたくなるものの、いつの間にか物語に引き込まれる圧倒的な吸引力。
モキュメンタリー部門では生涯ベスト3に入るくらい無我夢中になった。
そして出てくる登場人物は皆主役を張れるぐらい濃いメンツ。
当時のレビュー


8.ジュマンジ /ウェルカム・トゥ・ジャングル ※

➡ ゲームと映画の完全融合ハイブリッド作品!
リアルとゲーム設定のシチュエーションの差で笑い、少年心をくすぐられた。
ハラハラドキドキ+笑える ←こんな映画を求めていた。文句なしの面白さ。
当時のレビュー


9.レオン (2018年版) ※

➡ 「笑えればまぁいっか」と思い軽い気持ちで劇場へ。
無茶苦茶笑って、最後はホロっと涙。
コメディとヒューマンドラマのハイブリット作品。
知英さんが日本人でないことに鑑賞後知り驚いた。顔芸凄過ぎ。
当時のレビュー


10.続・終物語  ※

➡ 作家西尾維新の 鏡 への並々ならぬ追求心。そのおかけで鏡を見る見方がひっくり返された。
言葉遊びの上手さ、なにより主人公が投げかけてくる質問に刺激させられ大いに感情を揺さぶられた。
一ファンとして劇場で見て、心から本当に良かったと今では思う。
当時のレビュー





【惜しくも漏れてしまった作品】
二代目はクリスチャン
W 二つの顔を持つ女たち
行け!男子高校演劇部
・ 牙狼 GARO RED REQUIEM
クリッシュ
ランペイジ 巨獣大乱闘  ※ 
search/サーチ ※  
バーフバリ 王の凱旋 ※  
落下の王国
オケ老人!
ミスミソウ  ※ 
呀 KIBA 暗黒騎士鎧伝



なお、141本全てのタイトルを表記評価点付けたものは こちら から



2018年で読破した本は 107 でした (小説85冊/エッセイ22冊)



その中から、年間  ベスト10 はこちら



1. 小説の神様 あなたを読む物語 (上) (下)
小説の神様 あなたを読む物語01
小説の神様 あなたを読む物語02




2. かがみの孤城
かがみの孤城
当時のレビュー



3. 夢を与える
夢を与える
当時のレビュー



4. リピート
リピート
当時のレビュー



5. 悲惨伝
悲惨伝
当時のレビュー



6. マツリカ・マジョルカ
マツリカマジョルカ



7. 宵物語
宵物語



8. 4 Girls
51qHp3Uhy3L__SX343_BO1,204,203,200_
当時のレビュー




9. 三日間の幸福
三日間の幸福
当時のレビュー



10 .七月に流れる花

51MRZOMCZzL.jpg
当時のレビュー







次点: 恋する寄生虫
・ 神のゴミ箱
・ ココロ・ファインダ



なお、109作全てのタイトルを表記評価点付けたものは こちら から



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。