FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
978-4-591-15332-1.jpg

2018年度作品 554ページ
著者:辻村深月
出版:ポプラ社



 ブクログのオススメ欄にこの本がオススメされていて、絵の感じがとても記憶に残っていたのが出会いのはじまり。

 普段購入する本はもっぱら好きな作家の新刊を除き文庫本、新品ハードカバーは滅多に買わない主義でしたが、店頭で平積みにされた実物を実際に手に取ってみて、装丁デザインの美しさも踏まえて即購入。




 そのまま帰宅後、ぶっ通しで3時間一気読み

 この厚さ(554P)の一気読みは勿論初体験。

 ここまで時間を忘れさせてくれる一冊になるとは正直思いもしなかった。それくらいこの本に、この世界に引き込まれた。

 実際に私用をスッカリ忘れしまったので、鏡の世界為らぬ、本の世界 に行っていたといっても過言ではない。





*あらすじ*

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。





 本作はとある出来事がキッカケで不登校となった中学1年女子、安西こころ がある日自部屋の鏡に吸い込まれ、もう一つの世界(お屋敷)に転送されるところから話は俄然面白くなる。

 室内には同じ状況と思われる6人の中学生達、そこに現れる狼のお面を被った少女、通称オオカミ様が語るには、


 「今日から三月(約1年)の間、この城の中で”願いの部屋”に入る鍵探しをしてもらう。見つけた一人だけが扉を開けて一つだけ願いを叶える権利が与えられる。それ以外は...。尚9時から17時までは出入り自由、但し17時までに自分の世界に帰らないと私に食べられてしまう、しかも連帯責任」



 7人の共通点、選ばれた理由、城の謎、仲間意識と仲間外れ、秘密の共有etc...

 いい意味で裏切られ、二転三転するストーリー展開。

 はじめは見えない距離があった人間関係にちょっとしたやりとりで変化する瞬間だったり、内心思っていても実際に行動に出せないもどかさがリアルで描写され、とても 他人事に思えない心の動き にまるで自分の事のように身近に感じられた。





 心に問題を抱えながら現実世界と鏡の世界を行き来すること。

 多感な年代だからこその7人それぞれに別々の悩みや葛藤が生々しく描かれて、時に胸を締め付けられほどのドラマに昇華されていく。




 特に中盤以降は唖然とする伏線回収にただただ驚き、彼女たちがどう難題と向き合い、行動していくのか、

  ページをめくる手が止まらなかった。

 飯とトイレの時間すら煩わしく感じ、夢中に読みふけってしまった。






 ココで、とあるエピソードを紹介したい。

 現実世界で学校に行く決断をした後、しばらく姿を現さないメンバーの一人が、
 
 数か月後、鏡の世界に何事もなかったように居座る


 その雰囲気を察し、想いやる優しい心遣いの連鎖。

 この場面、むちゃくちゃ目頭が 熱く なったのは言うまでもない。





 これ以上はネタバレに関わるので控えめますが、是非読んで欲しいオススメの一冊。







追伸:この本は今不登校な子、そして不登校の子を持つ親は是非読んでほしい。決っして学校に行け!又は行くな!と断言していないところが響く。人の心を動かす本だ。








テレビ番組特集







スポンサーサイト
綿矢りさ著「夢を与える」。

生涯に渡り既に一般家庭に愛されているチーズのCMに出続ける契約した夕子、母と二人三脚で芸能界を生きていく姿が描かれます。

読み進めていくうちに次第に夕子に感情移入。「頼むから変な方向にだけは行くな!」と親心感情を頂きつつもページを読む手が止まらない。

しかしある時、恋愛に溺れ破滅に向かっていく姿が描かれます。

周りの外的要因によって人格形成されていく姿。はたして「しゃあない」で済まされるものなのか?

改めて芸能界で好印象を長く保つ事は並大抵ではない事、子役からブレずに活動している役者さんやタレントさんの見方が大きく変わった。



実際の芸能界でも度々スクープされる恋愛事情は一気に干される起爆剤。

恋愛は基本一対一、「受ける」も「与える」も矛先はたった一人だ。

それが多くの人の目に映る芸能活動であればたった一人ではなく、不特定多数の人に「与える」ことが出来る。その反響はよりその人を立たせ、生き甲斐すら感じることとなる。


何故恋愛(一人)に追及して行くのかは当の本人にしかわからない。他人の恋愛話ほどつまらないものない。

夢を見させてくれる。

だからこそ、個人的な欲望の為に突き進む姿に違和感を覚え、裏切られたと感じ、炎上するのだろうか。

多くの人から注目されるからこそ、重く降りかかってくる責任。

夢を与える。

このタイトル、読む前と読んだ後の重さがまるっきり違って見えました。

いろいろ考えさせられる作品。


2017年で読破した本は99冊でした(小説88冊/エッセイ11冊)。 あと一冊w


ベスト10はこちら

1. 2
2. パーフェクトフレンド
3. ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ
4. 小説家の作り方
5. 死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死
6. 午前零時のサンドリヨン
7. 忍物語
8. 彼女を好きになる12の方法
9. 僕と彼女とギャルゲーな戦い
10 .少女ノイズ


次点[映]アムリタ
結物語
ぼくの映画。 ~学園一の美少女をヒロインにキャスティングしてゾンビ映画を撮ろう~


今年は150冊を目標とします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。