FC2ブログ
sakurakuesuto.jpg

2017年度作品
全25話
監督・・・増井壮一
声優・・・七瀬彩夏、上田麗奈、安済知佳、田中ちえ美、小松未可子、 斧アツシ、 伊沢磨紀、ヴィナイ・マーシー
製作会社・・・P.A.WORKS

sakurakuesuto002.jpg

sakurakuesuto003.jpg

sakurakuesuto004.jpg

sakurakuesuto005.jpg

sakurakuesuto007.jpg

sakurakuesuto008.jpg

sakurakuesuto010.jpg

sakurakuesuto013.jpg

sakurakuesuto14.jpg

sakurakuesuto17.jpg



 序盤は正直あまりハマらなくて、7話くらいで切ってました。

 しかし数週間前、Amazonプライム・ビデオの無料期間が終了すると告知を見て、有料になったら一生見ないだろうなと思い鑑賞再開しました。



やっべぇ
すげぇ面白いじゃん!!




 ひょんなことから「チュパカブラ王国」の二代目国王になった、由乃。

 他にも間野山の観光職員、劇団に所属していた元女優、WEBライター、家事手伝いニート、

 年齢、職業、性格、目的が異なる5人がそれぞれ得意分野で補い合いながら、廃れ行く街の復興支援に挫折と成功を繰り返しながら、町興しをします。ちなみに本作では国王の任期である一年間が描かれています。



よくあるサクセスストーリーではありません。
多少アニメっぽい演出はありますが、しっかり人間が描かれています。

取り上げられる題材も、
 廃れる伝統工芸、地方都市との格差、独居老人の集まる限界集落、バス路線の廃止、寂れた廃校舎、シャッター商店街、町の吸収合併、等の社会問題がリアルに提示されます。



 いかに人を呼び寄せるか ← このテーマ、個人的にずっと自分も頭の中でグルグルしていた為、とても興味深い内容で、見ていて勉強になったのは言うまでもありません。

 要するに大人の鑑賞に堪えられるテーマが目白押しです。




話数を重ねる度に掘り下げれるキャラクター達

 脇役である老人一人ひとりにまでスポットが当てられ、人間ドラマがどんどん濃密になっていくこの感じは、NHKの 朝ドラ に近いと感じました。



町民は高齢者が多い。

 変化を好まない頑固物、様式・格式にこだわる偏屈ばかりです。

 数少ない若者に至っては「娯楽がない」「将来性がない」為、都心部へ。

 高齢者の方に事前に配られていたタブレットを上手く生かしたり、YouTube投稿が連鎖したり、その他をいろいろな最新技術から原始的な妙案まで実に様々な方法で町民達のベストな方法を探りながら、失敗と成功する姿に幾度となく心打たれました。



 本作を見て、とても大切なことを学びました。

働くことへの価値観
夢との向き合い方
相手の立場(気持ち)を考える。
おもてなしの心。





 エンディングは不覚にも涙線崩壊しました。

 ネタバレになるので詳細は控えますが「デジモン」のラストと言えばわかるでしょうか。見終わった今、「サクラクエスト」ロスが凄いです。



 モデルとなったのは富山県南砺市の各観光名所だそうです。行きたい。





以下、印象に残ったセリフ抜粋。

●7話
「家はただの箱じゃないもの。
 そこに住んでいた家族の
 思い出が詰まっているから」


●24話
「普通じゃない仕事もそれが毎日続ければ普通になるし、普通の仕事だってそこに刺激が見つけられれば普通じゃなくなるからね」
「でも外から与えられる刺激じゃなくて、どこへいても自分で探せる刺激もある」
「どんな仕事だって、その中に自分で刺激を見つけて、どんどん面白くしていけばいい」


↑このセリフ聞きながら「カッケー」って無意識に口に出していたら、画面の中の登場人物も同じ言葉発して「だよな」って更に感動しました。




ティーザー予告


2クール突入最新PV


op
実写版はこちら:https://youtu.be/ssmzhbSZlRQ


職員紹介PV


ED「Freesia」 ※この曲一番好き


2クールOP 「Lupinus」


2クールED Baby's breath








スポンサーサイト
jixyuuni02.jpg


jixyuuni03.jpg

jixyuuni01.jpg

jixyuuni09.jpg

jixyuuni05.jpg

jixyuuni07.jpg

jixyuuni08.jpg
2017年度作品
全12話
監督・・・細田直人
声優・・・堀江瞬、梅原裕一郎、五十嵐裕美、岡本信彦、江口拓也、鳥海浩輔、緑川光、チョー、早見沙織、佐倉綾音、西村朋紘、日笠陽子、安元洋貴




 西尾維新の十二大戦 そのアニメ版全12話を見た。

 内容は、12人の戦士が最後の1人になるまで殺し合う戦う お話。




原作小説でも感じたことですが、中だるみいっさいすることない驚愕のスピード展開も原作そのまま。




まずはあらすじからどうぞ

どこかの世界。十二年に一度、十二支の戦士が集い争う「大戦」があった。その名は、『十二大戦』。頂点に立った一人は「どうしても叶えたいたったひとつの願い」を成就する事が出来る。十二人の戦士はそれぞれの想いを胸に、戦場に赴く。殺し殺される戦士達の物語。


ちなみに戦士たちには知らされていませんが、ごく少数の有力者が国そのものをチップとして賭ける代理戦争でもあります。




日本は第二次世界大戦以降はありがたい事に戦争をしなくなり、以降、テレビ等で戦争と聞いても正直絵空事に感じつつある左近。


それぞれ特殊能力を所有。
戦争で英雄と崇められたり、貢献が評価された強者ばかり。一人で数百人を殺めた(戦争では英雄)ゴロツキ達。

ここだけ切り取ると感情移入もクソもないだろという話になりますが、ここからが西尾マジック!

それぞれ戦争下という環境に身を置いた選ばれし者達、人格形成の過程がまたリアルなんです。葛藤の上の葛藤がこれでもかとすくい取られます。

そうですね、
私的に各登場人物がそれぞれが2時間映画の主人公になれるくらいの熱い軌跡が濃密に描かれるのです。




毎話必ず死人が最低一人出ます。

上手い声優さんが放つとセリフの重みがまた凄いのなんの。



戦争下において精神が保てなくなり
全ての物事に対して
「問題ない。」で片付けず寅。
そんな寅に御弁に語る牛。




戦争背景に最後の一人になる為、果敢に戦う12人の生き様を描く十二大戦。

見て損はない傑作。





 なぜ生きるのか?

 何でも願い事が一つ叶うとしたら何を願うか?






 その他にも日常でよく考えたら疑問に思う 問題提示 を、西尾節で次々拾われる。

 セリフ一つとっても 哲学的 というか 深読み できて、毎話胸に染みます。






 







以下、響いた場面を紹介。



4話
砂粒 「キレイゴト、なめんなよ!ボク!」

4:34~

自ら足で和平条約を話術によって解決した猿のセリフ。
重みが無茶苦茶ある。このたった一言のセリフ、ズシンに響きましたよ。





10話
「意志が無くては、正しさはない。
正しい行動には、正しい意志が不可欠なのだ。
正しい事は、しようと思わなければできない。
もし君が正しいことができなくて、苦しんでいるのだとすれば、
それは君が、正しいことはしようと思っていないからだ。

正しいことをしなくてもいい理由は、いくらでもある。
迷う材料は山程あるし、不安材料も閏うほどある。
人のせいにするのもいいし、社会のせいするのもいいだろう。
時代のせいだって、運のせいにだってできる。

だが、正しいことをしていない人間は、できないのではなく
やらないだけだということを、自認すべきだがね。

君もまったく、無理に正しいことをしなくてもいいが、
それは、できないわけではなく、
やらないことを選んだのだということを、ゆめゆめ忘れぬことだ。
正しき者はみな、①すると決めて、②する。
きちんと段階を踏むことだ。

①の段階にいながらにして、②を悩むのは、愚の骨頂だがね」


※3:22~

牛のこの超長セリフ、
凄く凄く共感できるし、なるほどなと思った。
こんなセリフ、どうやったら書けるんだよ、西尾氏。最高だぜ!




12話
「夢や希望なんて、どちらかと言うとだせぇことだと思ってきた。そんなものを生きがいにしてたら、叶わなかった時に虚しいだけだ。でも、叶ったら叶ったで…、その後どうやって生きていけばいいんだよ」


14:50~

このセリフも響きましたね。
最終話である12話は他にもバシバシ響くセリフが本当に素晴らしかった!




 戦火の時代設定だけあって、一人で数百人、数千人殺害している殺し屋が続々登場し少しグロ描写はありますが、見て絶対に損はありません。

 サイコキラーの兎さんだけは置いておいて、他に人物はどこかしら共感ポイントが設置されています。

 生きざまを描いたヒューマンドラマ十二大戦」 かなりおすすめです


 



ティーザー予告



OP パノラマパナマタウン「ラプチャー」


ED Do As Infinity「化身の獣」


12人バトルラップ









81OnUK025HL.jpg

2019年作品
著:辻村深月
朝日新聞出版
全416ページ



 半年程前、書店で平積みされていた一冊の本、装調に惹かれ、なんとなく手に取った「かがみの孤城」がとても響き、辻村深月さんの新作が出たということで即買いしました。


 感想として 無茶苦茶良かった です。


 結婚を間近に控え突然行方をくらませた相手の女性。以前ストーカーに悩んでいた為、警察に伝えるも上手く動いてくれず、自ら真相を探る話。

 とても不器用な主人公。前半5分の3が男性、5分の2が女性目線で描かれる 二段構成 、更に第三者目線が極力外されそれぞれの感情で話が進むので物語にスッと入ることができます。

 前作「かかみの孤城」でも小学生7人それぞれの生い立ち、環境がとてもリアルに語られ読みながらまるで自分の事のように喜怒哀楽、そして葛藤が伝染しとても心揺さぶられた身としては今回登場人物の年齢が上昇(40才を目前とした男性/30代半ばの女性)、はたして 感情を共有 できるのか少なからず不安があったのですが、全然そんなことはなく、

それぞれに 「あ、わかる、わかる」 と共感してしまう部分も多々見つかり、アッと言う間に「傲慢と善良」の世界に入り込むことができました。この段階に達すると読むのが止められない、途中で中断したくない症状に何度も襲われます。



 本作では 「婚活」「結婚」 という二大テーマについて語られます。更に「自立」にもスポットが当てられます。



 このテーマで ドキッ とする方は間違いなく読んでほしい一冊です。少なくとも自分は印象が いい意味 で大きく変わりました。詳しくはネタバレになる為、この場では控えさせていただきますが、物語的な違和感を意識させつつ、ミスリードを誘い、最終的ににあの結末へと辿り着く。


 派手さはそこまでありませんが、登場人物である二人の男女の説得力ある行動に目が離せず、わずか3日で読み終えてしまいました。


 価格もハードカバーとしては税込み1700円なので映画一本分と考えると、是非是非多くの方に手にとって欲しいおすすめの一冊です。



 一言付け加えるなら
 「善良な人が絶対的にイイ人でなく、不器用な人」 。


 辻村深月さんの物語、語り口大好きだ。






『傲慢と善良』辻村深月インタビュー