上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ixtusixyuukann00.jpg

ixtusixyuukann07.jpg

2016年度作品 
120分作品 / 日本
監督・・・村上正典
出演・・・川口春奈、山崎賢人 、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、伊藤沙莉、甲本雅裕、国生さゆり、岡田圭右、岩瀬亮、 戸次重幸
キャッチコピー ・・・ 7日間しか記憶がもたない君を僕は好きになった。

ixtusixyuukann06.jpg

ixtusixyuukann05.jpg

ixtusixyuukann08.jpg

ixtusixyuukann04.jpg

ixtusixyuukann01.jpg

ixtusixyuukann10.jpg

ixtusixyuukann11.jpg



 まず ・・・ お久しぶりです!

 更新7か月くらいしていませんでしたー(汗)




 今回、これは 記録 に残しておきたい!

 と純粋に思える作品に出会ったのでレビューしていきたいと思います。





 タイトルは一週間フレンズ。




 まずこの作品の情報から。

 葉月抹茶による日本の漫画作品。『月刊ガンガンJOKER 2011年読み切り掲載、2012年~2015年まで連載された。4コマ漫画とストーリー型式漫画のミックスで、主に後半がストーリー型のスタイルの作品。

 2014年テレビアニメが放送、また同年11月には舞台公演も行われ、そして2017年の2月に実写映画化!





 正直、タイトルは以前から見聞きしたことがあり、 記憶が一週間しか持たない青春ドラマ  なのかな~ってくらいの認識でした。

 実写化され、予告やチラシが公開されても、 レンタル開始でいいかなー なんてつい最近まで思っていたワケです。





 ではなぜ本作を劇場で観に行こうとしわけかというと、評価サイトを見て、 意外とレビューが高かった からです。

 そんなわけで、期待せずに脚本の参考にならないかなー程度の軽い気持ちで観に行ったわけです。






*あらすじ*

 高校2年の長谷祐樹は、いつも一人でいる同級生・藤宮香織のことがずっと気になっていた。

 ある日ついに“友だちになって下さい”と声をかけるが、断られてしまう。実は、香織には友だちのことを一週間で忘れてしまうという特殊な記憶障害があったのだった。

 祐樹はそれでも構わないと月曜日になるたびに、友だちの記憶がリセットされている香織と友だちになるところから繰り返していく。

 やがてふたりは交換日記を始めることで、少しずつ距離を縮めていくのだったが…。






 はい、ここから内容についてレビュー入ります!
 



 まず、なんと行っても 切ない

 終盤10分くらいが、ほんとーーーに切ないんだな




  ザ・恋愛映画 です! 

 ってチラシとは打って変わって本編は恋愛ではなく、友情をメインに物語が語られます。

 この点が個人的にヒットしました。





 友達になってください! 

 友達になってください

 と何度も何度もひたすら笑顔で繰り返す主人公の姿。




 主人公演じる山崎賢人さん。現在22才。

 「orange-オレンジ-」 、「ヒロイン失格」、「オオカミ少女と黒王子」全て見てますが、全て同じ役者とは思えないほど、存在感を出しまくる最近ハズレない俳優さん。



 ヒロイン役の川口春奈さんは過去に何作か作品見ていますが、

 本作当たり役ではないでしょうか?

 電車の改札の 本投げ は超名シーンです。あれやれば絶対にドキッとすること間違いなし!(←危ないからやるなよ!)

 



 交換ノートを使用してからの二人の関係がイイ。

 普段の日常でも、過去の 付き合いがあるなし で全然、距離が違いますよね?




 ノートで過去を追体験し、出会う。

 距離感を模索しつつ、相手の反応を見つつ・・・・

 二人のコソコソ感、言葉じゃなくて目で語るシーンが何度か出てくるのですが、すごく良かった。

 「君の名は。」風の階段、図書館、靴箱等、とても記憶に残る場面が多かったです。




 私的にこのシチュエーションが終盤に回想されるのですが、 涙線 けっこう危なかったのは言うまでもありません

 記憶って 生きていく上で改めて重要だな と思いました。





 友情に限らず、こうやってブログを書こうと思ったのも、記録(記憶)に残る。

 もしそれが第三者に何か伝わっていくのであれば、そこで小さいながらも意味があるし、もしこれを見て「映画観たくなったって人がいれば」、それはもう幸せですね。




 一週間フレンズ 、ホント最高な映画です。

いい体験をさせていただきました!とてもおすすめです 







【予告】


【主題歌版トレーラー】 本パスあります


【スキマスイッチ版PV「奏」】 劇中でもいい使い方されていますよ









スポンサーサイト
ホーンテッド・キャンパス
2016年度作品
96分 /
監督・・・ 竹本聡志
脚本・・ 徳尾浩司
出演・・・ 中山優馬、島崎遥香、大野拓朗、高橋メアリージュン、安井謙太郎、 大和田伸也
キャッチコピー ・・・ 恋するキモチは、恐怖を超える 

ホーンテッド・キャンパス06 (800x507)

ホーンテッド・キャンパス03 (800x534)


ホーンテッド・キャンパス02 (800x533)

ホーンテッド・キャンパス04 (800x449)

ホーンテッド・キャンパス01 (800x533)



 映画ホーンテッド・キャンパス 劇場にて見てきました。

 なぜこの作品をんだかというと、以前 原作本 を読んでいたからです。





 さて、感想ですが

 物凄い良かった!!

 ココ最近見た 映画10本 まとめたくらいの面白さです!




 正直原作の時点でいい印象を受けてたので、原作ありきの実写化に不安少々あったのですが、その予想を遥かに裏切る 青春オカルト映画 でした。






*あらすじ*

 怖がりなのになぜか幽霊が視えてしまう八神森司は、一浪の末に入学した大学で、高校時代に片想いしていた1年後輩の灘こよみと思いがけない再会を果たす。

 喜んだのも束の間、彼女が選んだサークルは、なんとオカルト研究会、通称・オカ研。

 ビビリの森司はできれば近づきたくないサークルだったが、霊に憑かれやすい彼女を守るため、渋々ながらも入部を決意する。しかしそこに待っていたのは、案の定、個性的すぎるオカ研のメンバーたちと、恐すぎる奇怪な事件の数々だった。






本作の魅力、話せばキリがないですが、掻い摘んで綴っていこうと思います。





 まず私的にこのジャンル好きだー ヽ( ´¬`)ノ

 端的に言うと、一般的にいうオカルトもの。

 心霊、日常ではありえない現象を紐解いていくお話。

 それも若者達が 解決 していくという構図が引き込まれます。 オカ研のメンバーの一人一人がとても味出てる。



 後半、一度はオカ研から距離を取った森司が、仲間達から おかえり会にグッと来た

 こんなサークルあったら恐さ差し引いても入る価値がありそうだ。



 



 本作の見どころの一つでもある、恋愛描写

 中村優馬さん演じる、 八神森司 が、島崎遥香さん演じる 灘こよみ に恋い焦がれるのですが、好きだとなかなか告白できず、その悩む姿、俗に言うヘタレ具合が物凄く共感できました。

 特に終盤、こよみが霊に乗り移られた際、彼女に対する溢れんばかりの感情をぶつける場面は、ウルっとさせられました。ここで描かれる壁ドンがカウンターで良かったw

 ちなみに主役が葛藤する場面は、先日見た「 ちはやふる -上の句- 」を想起させられましたね。

 



 さてヒロインは現役AKB48の島崎遥香さんですが、こよみの雰囲気を物凄く捉えており、俗にいうキラーカット連発で、見ていてほんと困ります(汗)

 着ている衣装も役に物凄い合っており、リュックを両手で押さえて歩くところとか、なかなかセンスを感じましたw 遠目からもわかるそのシルエット、この時点でキャラ勝ちです。最後の肩バシッシーン、凄く良かった





 描いている内容はオカルトですが、けっこう コメディシーン ちょくちょく入ってきます。

 中でも川辺のシーンで部長が落っこちる場面。この見せ方ががかっていました。

 

 あと食堂のおっちゃんのキャラも個人的に全ツボでした。





 世界観がいい。見ていてとっても心地よい。
 これが作品の一番の魅力だと思う





 とにかく初見の印象が物凄く良かったので、改めて原作本を読み直し、一週間後もう一度劇場に足を運びました。パンフも買いました。

 相変わらず客入りは淋しすぎる状態でしたが、ほんとーこの映画が好きだし、是非もっと多くに人に見てもらいたいし、そして何より同じキャストで「ホーンテッド・キャンパス2」をやって欲しい!BD出たら必ず買います。

 



  大作映画よりも、こういう 小品でも光るもの があると、なんか嬉しいです。

  とにかくこの作品を見て、いろいろな感情が沸き、今着手している脚本にもい大いに参考になりました。




  ちなみに原作は現在9巻まで刊行中。この世界観なら何十時間と見ていられますよ。




 映画ホーンテッド・キャンパス 、個人的に物凄いオススメですよー。









【予告】













5193pLTtr6L.jpg

2008年度作品
100分 / 日本
監督・・・中原俊
脚本・・・山田典枝
役者・・・山下リオ、岡田将生、田中哲司、木野花、緑友利恵、太賀、水橋研ニ、永作博美、水島かおり、清水ゆみ、秋本渚、曽我彩音

キャッチコピー約束を守りたい-、君を守りたい。魔法遣いの少女ソラ。最初で最後のせつない恋が生みだす奇跡の魔法

o0448029810206771710.jpg

331603_01_02_02.jpg

mahoutsukainitaisetsunakoto02.jpg

331603_01_03_02.jpg

331603_01_01_02.jpg

o0800053110206812801.jpg



  ごくたまに、映画見終わった後で、

 「この映画、また見たいな 」って思わせる作品に出会います。

 思い出すだけで至福な、そして切なくなる映画。

 この魔法遣いに大切なことは自分にとってそんな一本。






 この度、3回目の鑑賞をしました。ちなみに前見たのは2年前。

 冒頭から エンドクレジッ トまで堪能しました。やっぱむちゃくちゃ面白い!







*あらすじ*

そこは、魔法遣い が当たり前に存在する現代。

 魔法遣いの血筋を受け継ぐ者は、16歳の夏に行われる研修を受け、“魔法士”と国から認定されて初めて魔法を使えるようになる。

ただしその使用は厳しく制限されており、正式な手続きを経て国が許可した依頼に対してのみ魔法を使うことが許されていた。

そんな魔法士の研修を受けるために北海道から上京してきた16歳の少女ソラ

 彼女は、同じく研修に参加することになった豪太と一緒に、先輩魔法士の下で10日間の実地研修に臨むのだったが…。







 ちなみに漫画原作です(未見)。





 初見の鑑賞時は、単純に ストーリー に惹かれましたね。

 2回目は見逃した細部の演出に感動し、涙しました。
 
 3回目となるとあらかたどういうストーリーかは知っているのですが、なぜか一番泣けました。

 エンドクレジットでまさかの ボロ泣き

 久しぶりに目が 真っ 赤になりましたよ。 





 主人公の女の子ソラは北海道美瑛出身の見習い魔法遣い。

 魔法師になるのが亡き父親との 約束 (夢)で東京の魔法学校へ上京していくところから物語がはじまります。





 ‘ 魔法が使える魔法遣いが日常にいる ’という実際にありえない設定も、とても自然に描写されており、安心して見ることが出来る親切設計です。




 もちろん‘ 魔法 ’はCGで描かれますが、世界観を壊すことなく映像にとても馴染んでいました。

 特に後半のハイライトシーンとなる 座礁したイルカ達を魔法遣い達が力を合わせて助ける場面が好きです!

 魔法がまだ上手く扱えない豪太の背中にソッと手を当てサポートするソラのくだりはもう見ていて鳥肌が立つくらい好きなシーンの一つです。


 そこでソラが放つセリフ 「私がキッカケになる…」 も泣かせます。






 主演は山下リオさん。

 文句なし存在感でこのソラ役を演じられています、自然体で物凄くハマり役。

 実家の母と電話する場面、泣くのを必死に堪える姿は見ていて、こちらまで胸が苦しくなります。






 相手役は岡田将生さん。

 はじめは 魔法遣い なんてとバカにしたり、ふてくされたり悪ぶっているのですが、だんだんとその部分が削ぎ落とされ、いい方向へと変わっていきます。

 この変化がとても見ていてわかりやすい。

 ちなみに彼が来ているTシャツのデザインが酷い(恐らく計算されてます)、そんなTシャツよく探したな?ってくらい変なイラストTシャツ着ているところにも注目ですw






 そんな二人が、手を繋ぐ 場面。

 とても初々しいー !

 この場面何度見ても物凄く自然ななりゆきなので大納得。撮り方も憎いくらい 綺麗に撮られており名シーン中の名シーン!






 とにかく、作り込み過ぎていないナチュラルな二人の演技に引き込まれます。






 そして、この作品の主題歌 Thyme の[ 愛する人] が最高です!

 歌詞もこの作品のテーマにピッタリで、伴奏の時点からして、涙線を壊しにかかります。





 そしてクライマックスと言えば、

 主人公のソラが父との約束を果たす場面です。

 そこから回想シーンを挟み、真実が語られる場面、

 もぉ~~~~ この辺りは 涙なしでは見れません。

 




 呼吸困難なるくらい切ないよ。






 あなたにとって、生きるとは?

 とても胸に迫ってくる内容です。






 他にも母親役の永作さんの健気な感じとか、


 何度か登場してくる北海道弁だろ、べや

 そのぎこちなさ含め、なんか心地いいわ。斎藤歩さんはなぜか物凄く自然な言い方でしたね。







 決して大作でもお金がかかった映画ではないんだけど、この小品ながらも味わい深いのある雰囲気映画。

 ほろっと来て、心に何か引っかかります。

 





 今回、3回目の鑑賞だったのですが、既にもう一回見たい気持ちなってきました。こういう映画ってそうそうないです。

 DVD買おうかな・・・。というかBD出ましたら迷わず買うぞ!

 



 映画魔法遣いに大切なこと 、強くオススメします!









予告編「魔法遣いに大切なこと」


主題歌: THYME 『愛する人』  ※伴奏から涙線ヤバイ








354163_02_01_02.jpg

2016年度作品
111分 / 日本
監督・・・小泉徳宏
脚本・・・小泉徳宏
出演・・・広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也久家心、 山田瑛瑠、加部亜門、坂口涼太郎、田村健太郎、上村海成、萩原利久、三村和敬、津嘉山正種、松田美由紀、國村隼
キャッチコピー ・・・ 強くなる――青春ぜんぶかけて 

tihayahuru10 (800x533)

tihayahuru03 (800x533)

tihayahuru04 (800x533)

tihayahuru05 (800x533)

tihayahuru07 (800x533)

tihayahuru09 (800x533)

tihayahuru08 (800x533)

tihayahuru02 (800x533)

tihayahuru06 (800x533)

tihayahuru11 (800x533)




 ちはやふる -上の句 劇場にて鑑賞。

 



 うぉー!

 かるた 熱っつーい!

 熱過ぎるーっ!






 なんだ、このパナい熱気は!

 アクション映画ですか! ってくらい かるた対戦 凄いことになっています。



 一般的と言うか、私的に かるた って、
 
 子供の頃うっすらやった記憶があるのですが、こんなのですよね?

読み手によって読まれて内容に関連した絵札を探して、相手より先に抑える。勝敗として沢山札を手に入れた方が勝ち。







 *あらすじ*

 小学校時代、転校生の綿谷新から“競技かるた”を教わり、その魅力の虜になった綾瀬千早。幼なじみの真島太一を巻き込み、3人は競技かるたを通して強い絆で結ばれていく。

 しかし小学校卒業とともにバラバラとなってしまい、家の事情で故郷の福井に戻った新とは遠く離ればなれに。

 かるたを続けていれば新と再会できると信じる千早は、高校に入るとすぐに“競技かるた部”の創設に乗り出し、高校で再会した太一を再び巻き込み、2人で部員集めに奔走する。

 やがて古典大好き少女・大江奏、経験者の“肉まんくん”こと西田優征、秀才の“机くん”こと駒野勉の勧誘に成功し、ついに千早悲願の競技かるた部が産声を上げるのだったが…。







 本作は 高校 が舞台。

 イチから かるた部 を作る千早。



 そもそも部活でかるたなんてどうよ...。

 って見る前から思っていましたが、この映画で描かれる かるたは同じかるたとは到底思えません!

 クールで激熱的、精神力と肉体を極限まで駆使するこれぞまさしく エキストリーム スポーツ競技 です!

 かるたの歴史は深く知りませんが、こんな進化していたのか、今のかるたは!





 この作品で描かれる 大会レベルになると、置かれてある札の位置を瞬時に把握、

 呼ばれた頭の音から瞬時に次に呼ばれる内容を予知、

 先読みの末、バシッ!

 相手に取られる前に吹っ飛ばす。

 ちなみにその威力は凄まじく障子に突き刺さりるくらいです。




 序盤かるた初登場シーンは、劇中の 広瀬すず さん演じる千早にデレデレした男子高校生同様、あまりの迫力に ええっ! ってなりました。



かるたやべぇ
かるたやべぇ
かるたやべぇ



さて本作のハイライトでもあるクライマックスのかるたバトルはまさかのチーム戦5対5!

迫力も 5倍 です。




 ちなみに最小人数5人。
 
 千早が集めた5人がそれぞれ個性的で熱い、唯一無二のこの5人パーティー。

 一人ずつ仲間にしていく場面は、いい意味でまるでRPGゲームのように見えました。

 そして、この5人だからこその団体、連帯感 感動 を呼びます。

 終盤は目頭が常に熱い展開の連続で、何度も 友情 に泣きそうになりました。




 伏線の使い方ががかっていました。

 私的に机君のキャラに感情移入しました。彼が試合の成績出せず自分の居場所を失くし、葛藤する場面が見ていてヤバかったです。





 主人公はイケメン君。

 幼少期とある ズル をしたことから運に見放されるアンラッキーボーイ。

 一応、話は彼目線で描かれるですが、この主人公らしくない設定が逆に共感を呼びました。






 映画見た後、ドッと疲労感が訪れました。

 見終わった感、半端ない。





 音楽とスローモーションの使い方も素晴らしく、映画を盛り上げます!





 青春のカッコ良さがヤバカッコイイ!

 ちはやふる -上の句-」 、とんでもない青春エンターテイメントです。




 気になる 続編は少し間を空けてから行く予定です。






【予告】


【上の句 ダイジェスト】


主題歌 「FLASH」Perfume







b ijixyokann
Canned Beauties

2003年度作品
61分 / 日本 
監督・・・筧昌也
脚本・・・筧 昌也、poosworks
出演・・・藤川俊生、吉居亜希子、木村 文、小沢 喬、ジョン・ウィリアムス
キャッチコピー →僕の新しい彼女は、缶詰から生まれた
bijixyokann02 (800x593)

bijixyokann (800x488)

middle_1112476254 (800x600)



 ゆうばりファンタスティック、ぴあフィルムフェスティバル、他日本全国の映画祭。更に海を渡りフランス・ドイツ・韓国まで行った凄い作品、それが本作美女缶


 インディーズ映画です。自主制作(撮影は2週間一気撮り)で制作当初、劇場公開の予定は全くなかったそうです。





*あらすじ*

 お世辞にも格好いいとはいえない隣人の部屋から、毎朝美女が出てくるという光景を目にした健太郎は、秘密を探るうちに“美女缶”という缶詰の存在を知る。謎に思った彼は、思い余って缶を盗んでしまうが…





 さて見る前はネタとして見ようかなと軽い感じで見ましたが、

 半分くらい見ていて気付きましたよ。

 これとても面白い。映画として実に 面白いっ!



 てっきり下ネタ全開でいくかと思いきや、反対に ピュア で攻めます。実に 切ない物語 でした。

 話の内容はタイトル通り、 美女 が入っている缶詰を手にした青年の話。




 まずタイトルのインパクトが目を引きます。

 美女缶。どんな缶だよ、 ←美女が入っています。もうそれだけで興味が湧くこと必須です




 予告で 「美女は好きですか?」 の質問に対し某グラフが100%の超えするくらいですもんw

 よくぞ、バカ(褒め言葉)な妄想を実写化してくれたなと賞賛の拍手を送りたいです。





 本編時間は50分。いわゆる中編映画枠。

 物語の転がし方がうまいです。

 タイトルやパッケージからのイメージを覆す良作品




 あまりに面白かったので、続けざまにコメンタリーONで再見してしまいましたよ!

 特に興味深かったのが、お祭りのシーンがあるのですが、上品な浴衣を着こなす女性が持つお洒落な三角巾着の正体が、カメラのレンズケースと暴露。自主制作映画あるあるネタに一人爆笑してしまいましたw





 なお、本作はその後、監督自身セルフリメイクにて妻夫木聡×臼田あさ美で「世にも奇妙な物語2005春」同タイトルにて放映されております。

 ちなみに筧監督はその後、金城武主演長編映画「Sweet Rain 死神の精度」や、最近でもドラマの演出をされているそうです。
 



 ファンタジックな作品、おすすめです 「美女缶














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。