ポケットモンスターSPECIAL (1) (てんとう虫コミックススペシャル)ポケットモンスターSPECIAL (1) (てんとう虫コミックススペシャル)
(1997/09)
日下 秀憲真斗

商品詳細を見る

1997年度作品
真斗




 まず先入観を捨てて読んでいただきたい。


 普通に良くできたドラマなのだ。

 読み進めていくにつれポケモンとそのトレーナーの友情がひしひしと伝わってくるのだ。


 そもそもゲーム版との大きな違いにトレーナーも一緒に戦うという項目がある。

 モンスターが襲ってきたり、トレーナーのポケモンが奇襲攻撃を仕掛けたりというのが全般なので、上手く自分のポケモンを生かさないと生身にダメージを食らってしまうのだ。


 言ってしまえばリアルなバトルということ。

 よってポケモンに攻撃を防いでもらったり、一緒に回避したりと、単純に幅が広がって面白いのだ。他にもゲーム版とこの作品中では技の効果が異なっているというのも比べてみると面白い。


 ただし、9巻以降は漫画家さんが変わっているのでそれ以降はあまり好きではない。




スポンサーサイト
[ 2009.07.30 | 漫画 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
ELECTRIC SAMURAIELECTRIC SAMURAI
(2004/03/31)
布袋寅泰

商品詳細を見る
 

GREATEST HITS 1990-1999GREATEST HITS 1990-1999
(1999/06/23)
布袋寅泰

商品詳細を見る

 
布袋 寅泰
1962年2月1日
日本のミュージシャン、ギタリスト。
身長187cm 

布袋さん。

キッカケは「キル・ビル」でのあの耳に残るテーマ曲。



Battle Without Honor Or Humanity

 当時はどこのチャンネルでもあの曲がしつこいくらい流れていたっけ・・・。


 そんなこんなで「なんかいい曲ないかなー」と思っていた矢先に心の奥底に引っかかっていた布袋寅泰を何気に中古ショップでアルバムが安く売っていたので1つ駄目もとで買ってみたら・・・良いではないか!


 
バンビーナ
 

好きな特徴としては、まずリズムがいい。

 単純なキーフレーズから段々と曲が盛り上がってくるのは心地良いし、ギターのうねり具合が最高だ。個人的にハイテンポの曲調は好きだし、そしてたまに現れるまったく意味不明の歌詞(フレーズ)がなぜか抜群にはまっていると思う。


 歌い方、声質もその長身からは想像できないもので良い。


 ちなみに彼主演の「SFサムライ・フィクション」は最高。是非機会があれば見てください。笑えるし、クール&スタイリッシュで、圧倒的に凄い、これぞエンターテイメント作品の顔です。




[ 2009.07.30 | 音楽 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
羊のうた [DVD]羊のうた [DVD]
(2002/09/25)
小栗旬加藤夏希

商品詳細を見る

2002年度作品 109分 / 日本
監督・・・花堂 純次
CAST・・・小栗 旬、加藤 夏希、美波、鈴木 一真、高橋 かおり、利重 剛


 吸血鬼の血筋を引いた少年の話で漫画原作作品。ちなみに二巻までは見てました。


 この作品で一番注目したい点は加藤 夏希の目力。目だけで感情を表現していて心底驚愕しました。セリフまわしにあのたたずまい、オーラ出まくりですね。

 漫画同様に独特な空気感を上手く表現していました。セリフのタメが長い為、少し間延びしているような印象でしが、そう油断した時にキラーカットが来るのでご用心を。


とにかく加藤 夏希の目で語る演技に負けます。凄い。




羊のうた



運命じゃない人 [DVD]運命じゃない人 [DVD]
(2006/01/27)
中村靖日霧島れいか

商品詳細を見る

2005年度作品 96分 / 日本
Cast・・・中村靖日、霧島れいか、山中聡、山下規介、板谷由夏
監督・・・内田けんじ


 脚本がとにかく圧巻。舌を巻きました。


 四人の登場人物目線から同一時間の見せるという単純な演出だが凄い。キャラの心情も回を増すごとに分かりグイグイ引き込まれ面白かった。特に最期のヤクザのボス目線が最高である。是非見てください笑えます。音楽のブツ切りも良い。


 キャラが濃厚でクスリ笑いが多発するパズルピース ストーリー!


低予算でも本が面白ければこうも面白くなるお手本作品。


 続きが気になるニクイ演出構成に拍手。また見たいです。



運命じゃない人



エンマ [DVD]エンマ [DVD]
(2007/07/27)
塚本高史近野成美

商品詳細を見る

2007年度作品 84分 /  日本
監督・・・長江 俊和
CAST・・・塚本 高史、近野 成美、ベンガル、佐藤 重幸、山田 明響、坂本 爽


良かったですよ。

 丁度、今製作中の自主制作映画と設定が似ていることから何気に手に取りました。知らない人、6人の男女が身に覚えの無い部屋で目覚める日本版「CUBE」的な作品。

 主演は塚本高史。「タイヨウのうた」同様にやはりうまい人でした。ベンガルは何と言っても喋り方が独特で気に入ってます。他の方々も熱演をしており一気に引き込まれてしまいました。

 
 脚本が良いですね。主人公同様に見ている人もドキドキワクワクしながらその世界に入り込めます。ただ物語も終盤に入り込むに従って少し違和感が現れます。DVDのメイキング映像でキャストが宣言していた通り、そして監督の思惑通りに「何回か見る度に新たな発見をして真相に近づく作品でした。確かにその通りだと思います。一回見ただけでは物語の全体像が見えませんね。

 見終わってから知ったのですが本編撮影期間約10日というのは驚きです!演出が上手い。気軽に見れるサスペンス映画。オススメ。