上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
2009年に(初めて)鑑賞したもっとも素晴しい映画を発表致します!!

 ちなみに今年は集計しましたところ約130本の作品を見ていました!!学生時代は映画を見ない日の方が少なく、一日3本鑑賞なんて日もありました。それに比べると鑑賞本数は今年はかなり少なめです。一ヶ月くらい映画製作に打ち込んでいた時期はまったく見てませんでしたねWw。



【邦画部門】

BEST① 純喫茶磯辺・・・小ネタの嵐、前後編のギャップは上手すぎる!
純喫茶磯辺 [DVD]純喫茶磯辺 [DVD]
(2009/02/06)
宮迫博之仲里依紗

商品詳細を見る



BEST② GOEMON・・・日本の古き良き時代背景と最新のVFXの融合革命
GOEMON [DVD]GOEMON [DVD]
(2009/10/09)
江口洋介大沢たかお

商品詳細を見る



BEST③ 魔法遣いに大切なこと・・・この世界観は大好き。大切にしたい映画
劇場版 魔法遣いに大切なこと プレミアム・エディション [DVD]劇場版 魔法遣いに大切なこと プレミアム・エディション [DVD]
(2009/06/24)
山下リオ岡田将生

商品詳細を見る



BEST④ ザ・マジック・アワー・・・シチュエーションが良い味出しすぎの群集劇
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
(2008/12/03)
佐藤浩市妻夫木聡

商品詳細を見る



BEST⑤ プライヴェート・ドリームス・・・小説を読んでいるかの如くとにかくワクワクした衝撃作
プライヴェートドリームス [DVD]プライヴェートドリームス [DVD]
(2008/05/30)
霧島れいか松田賢二

商品詳細を見る






【洋画部門】

BEST① ダークナイト・・・opからまったく時間を感じさせず、エンターテイメントとメッセージ性が融合した傑作
ダークナイト [DVD]ダークナイト [DVD]
(2009/11/18)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る



BEST②ミラクル7号・・・泣ける、笑えるのこれぞ理想ファミリームービー形態
ミラクル7号 コレクターズ・エディション [DVD]ミラクル7号 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/11/04)
チャウ・シンチーシュー・チャオ

商品詳細を見る



BEST③スピード・レーサー・・・「マトリックス」の兄弟監督の独自の映像表現で虜に
スピード・レーサー 特別版 (2枚組) [DVD]スピード・レーサー 特別版 (2枚組) [DVD]
(2008/11/19)
エミール・ハーシュクリスティーナ・リッチ

商品詳細を見る



BEST④グラン・トリノ・・・演出がもう望むことはない、映像美をひたすら堪能すべし
グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る




BEST⑤・・・セリフを極力排除する演出に痺れたましたアート映画
弓 [DVD]弓 [DVD]
(2007/02/23)
チョン・ソンファンハン・ヨルム

商品詳細を見る




※↑タイトル全ての作品、レビューで詳しく書いてます。検索でタイトル打てばすぐ見つかります。


ランクイン惜しくも逃した映画達
【邦画】片腕マシンガール、エクスクロス、ヒルコ、机のなかみ、仮面ライダーTHE NEXT、
【洋画】ハンコック、狼 男達の挽歌・最終章、1408号室、ソウ3、Mrビーンカンヌで大迷惑?





スポンサーサイト
BATON [DVD]BATON [DVD]
(2009/10/27)
市原隼人上戸 彩

商品詳細を見る

2009年度作品
64分 / 日本

cast・・・市原隼人、上戸彩、大杉漣、ケイン・コスギ、ミムラ、藤原竜也、内藤剛志、渡辺裕之、NorA、桜庭和志、船木誠勝、小橋賢児、IZAM、松原慎太郎、吉村美樹、ムッシュかまやつ
監督・・・北村 龍平



 岩井俊二プロデュース×北村龍平監督のアニメ映画「バトン」を見ました。全20分×3話の計60分。横浜開港150年記念で上映された作品。日本で撮影した素材をロトコープと言う会社でデジタルアニメ化。

 個人的ですが岩井監督(青春ドラマ)と北村監督(アクション)はお互い間逆のタイプの作品を撮る人で「はたして、実際はどうなんだろうな~?」と思っていましたが・・・良かったです。


 オ-プニング、特徴的な目力で画面に引き付け、そのままの流れで大立ち回りの演じる女戦士(NorA)が一言も発さずアクションするシーンの手に汗握る上手すぎる演出展開は拍手喝采。続く、ケイン・コスギの魚系モンスターとの死闘もすんばらしいアクションをこれでもかと見せてくれる。

 そして北村組でお馴染みの音楽担当、森野さんの起用でもう鳥肌が立つぐらいにカッコ良すぎるシーンの連発。今回はアニメですがアニメならではの奥深さも感じられますますヒートアップ。



 豪華なCAST陣も魅力。役者の顔がそのままデジタルアニメ化されていて、みなその役者の良さが生かされているので見ているだけで面白い。大杉蓮は実名で登場されてますしねWw。


 短い作品ですが世界観がしっかりと描かれていますね。舞台は人間とロボットが共存する未来。そんなある日、一人の青年が謎のOS(記録メモリ)を拾ってしまい・・・。タイトルの「バトン」とは掛け渡しの意味だったんですね。


 小ネタも満載!例を挙げると自分の舌=記録媒体(メモリー)を外して、別の舌を挿すとそのロボットの過去の記録映像をインストールして見ることが出来るのですが、その間モゴモゴと口を動かしている些細なところとか好きです。起動したばかりの戦争用ロボットに3タイプの中から性格を選べというワケの分からないシーンとかも最高にセンスがイイ。

 画面から滲み出る北村流ワールド炸裂く




予告編「バトン」



蛇にピアス [DVD]蛇にピアス [DVD]
(2009/01/23)
吉高由里子高良健吾

商品詳細を見る

2008年度作品 
123分 / 日本

cast・・・吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優、ソニン、今井祐子、綾部守人、市瀬秀和、妹尾正文、市川亀治郎、井手らっきょ、小栗旬、 藤原竜也、唐沢寿明
監督・・・蜷川幸雄


蛇にピアス


蛇にピアス 2


蛇にピアス 3


蛇にピアス 4



蛇にピアス 6


蛇にピアス 7



  レンタル回転数が旧作に落ちても順不同人気だった本作、「なぜこんなに人気なんだ~?」ということでやっと見ることが出来ました。結果、思っていた以上に良作品!


 まず初めにR-15指定では甘いかなという第一印象。特に前半部はいろいろ痛い場面の続出。暴力、性行為、肉体改造と呆れんばかりの暴れっぷりにドン引き。

 画質も荒くかな~りドンヨリしているのでリアルさも更に倍増して「痛い、痛い!痛すぎる~!!」。

 
 なのでこの時点の感想としてはなかなかの最悪部類に入る映画だな~と核心したのですが、ところがドッコイ・・・。



 後半、ちゃんと物語が展開していくではありませんか!

 このような場であってもやはり彼らも同じ人なんだなとやっとのことで登場人物の片隅を理解。それからは徐々にでありますが彼女の痛み、感情の起伏を肌で感じとりました。



 要は「こういう世界もあるんだなぁ」という見本のような映画。



 アマ役の高良健吾は最近「フィッシュストーリー」でも素晴しい歌声と演技をしており、要チェック!役柄によって180°ガラリと変わるそのスタイルは希少価値ですね。

 同一人物と言われてもピンと来ないほど凄い。


 主人公ルイ役の吉高由里子も上手い。だから後半に何かが伝わってきたのだ。 



 見る前の注意としては‘必ず一人で見ること!’






予告編「蛇とピアス」



グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る


2009年度作品
117分 / アメリカ

cast・・・ クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー
監督・・・クリント・イーストウッド


 レビューやら周りの口コミで高評価だった期待のクリント・イーストウッド監督・出演作品をやっと鑑賞。


‘泣ける映画’と言うよりは俺は個人的に‘カッコイイ映画’だと感じました。


 脚本は良し、撮影・編集・音楽も文句の付け所の無いくらいの高レベルで、これぞ「映画!」といった印象。流石、映画界を長きに渡って来た男79歳!冒頭の葬式パーティだけで、物語に一気に引き込まれました。


 タイトルの「グラン・トリノ」とはそんなイーストウッドが映画内で所持している自動車。

 本作品はそんな自動車をタイトルバッグにし、妻が死んだばかりで独り身頑固親父と隣に移住しているモン族の内気な少年との交流を描いた重厚なヒューマンドラマ。







1408号室 [Blu-ray]1408号室 [Blu-ray]
(2009/03/20)
ジョン・キューザックサミュエル・L・ジャクソン

商品詳細を見る


2007年度作品
104分 / アメリカ
Cast・・・ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、ジャスミン・ジェシカ・アンソニー、トニー・シャループ
監督・・・ミカエル・ハフストローム


 スティーブン・キング原作の短編ホラー小説の映画化です。


 毎回のことながらこの作家の漂う空気感が好きだな~。


 心霊現象が起きると噂されている呪われたホテルのある一室に、宿泊してその謎を解明しようとする売れないホラー小説家に起きる災難。


 まず、魅力的な登場人物!主人公の過去に根付く葛藤が上手く表現されています。そして、S・L・ジャクソン演じるホテルの管理人。彼が演じると更に味が出ます。
 
 その一室に辿り着くまでの執拗に主人公を話術で足止めするサミュエル。けっこうこのシーン長いのですが、引き込まれる二人の会話は見所シーンですね。なんか演技が上手すぎて笑えます!中盤以降はキューザックの一人顔芝居ですね。


 本編の約80%が1408号室で展開されていきます。実際に自分がこの部屋でこのような体験をしたらかと思うと相当精神的に痛手を受けますね。いや、即刻に命を落とすでしょう。シチュエーションが怖い!これだから映画は辞められない、イスに座ってお手軽恐怖鑑賞。


 ラストカット、あなたはどう感じましたか?







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。