上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]
(2008/05/28)
冨澤風斗横川貴大

商品詳細を見る

2007年度作品
138分 / アニメ
cast・・・ 冨沢風斗、横川貴大、松元環季、植松夏希、田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ
監督・・・原恵一

河童のクゥ


 前々から気になっていた本作、やっと見ることが出来ました。始まって早々とても腰の低い河童のクゥの父親が侍に血祭りされる、この絵柄からは想像出来ないバイオレンスなシーンから物語は始まります。


 隠れた超名作アニメ。素晴し過ぎる脚本と演出の力の賜物!

 アニメなのに実写より妙にリアリティある作品です。河童という実際現実にいないであろう想像の生き物を目の前にした世間の見方が説得力ある描写で描かれています。


 物語は河童の子供クゥとある家族を軸に展開されていきます。その家族の何気ない些細な日常風景一つとってもウソっぽくない生な生活感が所狭しと醸し出されています。

 個人的に今まで見たアニメ映画のどの作品よりも人の描写力が優れていると断言できます。ほんと圧倒されました。セリフ回しが本当に自然でびっくりしました。


 初めは気持ち悪い印象だったクゥに段々と愛情が沸いてきます。現在の人間社会を抉った社会派映画としての大人の鑑賞にも耐えられる重厚なドラマとしても見ごたえあり。


 素晴しいシーンの数々、大きく感情を揺さぶられました。バックで鳴り響く音楽もジワッ~っと来て泣けます。


 これは見て損がありません!とてもおすすめです。




予告編「河童のくクゥと夏休み」


スポンサーサイト
荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)
(2005/07/25)
中村 光

商品詳細を見る

2005年度作品
作者・・・中村光


 おバカなコメディ漫画発見。今、現在は8巻まで刊行済みで連載中。


 まず主人公リクは人に‘借り’というものを作れない青年。父は一流企業の社長でお金持ち。そんな男がある金星人と名乗る女に命を助けられたことから‘借り’が生まれ彼女と付き合うことになるのだが・・・。
 
 ↑この設定が生かされているのはおそらく一巻ぐらい。その後はまったくといって良いほど‘借り’がどうのこうのという話ではなくなりますWw。いつの間にか設定消えてます?まぁでもそのテキトーさがこの作品の持ち味でもあります。最終的にはキャラありきで荒川の河川敷に住む不思議な人々と、一人の青年との魂の交流を描く、笑いあり感動ありの人間物語に!



 主人公の近くにいるのはさまざまなインパクト人間ばかり。白線の上しか歩くことが出来ない男。ミュージシャン志望で星の被り物を被っている男、河童の気ぐるみで生活している村長、見た目は綺麗なのに言葉使いがが物凄く荒れている女、怒ると強大化する女の子、アマゾンから来た野性味溢れる見た目ながらウブな恋愛感を持つ女etc…群集コメディですね。


 毎回ネタがありそれに向かっててんやわんやする。そしてたまにシリアスなシーンも出てくるこのシュールさ。ツボにはまれば楽しめると思います。


 笑えます!おすすめ



人狼 JIN-ROH [Blu-ray]人狼 JIN-ROH [Blu-ray]
(2008/07/25)
藤木義勝武藤寿美

商品詳細を見る

Jin-Roh
1999年度作品
98分 / 日本 / PG-12
cast・・・ 藤木義勝、武藤寿美、木下浩之、廣田行生、吉田幸紘、堀部隆一、仙台エリ、中川謙二、大木民夫、坂口芳貞、阿部睦子、岩沢裕子
監督・・・ 沖浦啓之


 原案・脚本が押井 守。なかなか重厚で興味深い内容でした。


 世界観が確立されています!海外の映画祭で絶賛されたのも納得の完成度です。


 幾度となく繰り返しモチーフとして出てくる童話‘赤ずきん’。この世界と現実の絡め方が上手い!



 舞台はスラム化した東京。治安警察と武装ゲリラとの武力衝突が日常的に起きる中、主人公(警察所属)がまだあどけなさ残る少女(ゲリラ)を地下水路で追いつめることに成功。しかし、目の前で自爆されてしまう。その後、瓜二つの少女を目撃、彼女が語るにはその自爆したのは自分の姉妹で・・・・。



 リアリティーのある人の息遣いがアニメで印象的に演出されていました。重火器でゲリラにバッタバッタ血祭り挙げるシーンが前後からなる静かなる展開で衝撃度があります。


 音関係は全体的に素晴しいです。エンディングのせつなソングはピタリと作品にはまり込んでいました。また、地下水路の歩く時に聞えるチャプチャプ音が耳に印象的に残りました。


 ただ、人にもよりますが一度見ただけでは本編を完全に理解が出来ません。特に登場人物の相関図がイマイチ掴めませんでした。いや、むしろ「もう一回見てみたい!」と思わせる魅力ある珍しい作品ですね。


 暗い物語ですがその濃さは一級品、おすすめ。




予告編「人狼」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。