上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
サブウェイ123 激突 [Blu-ray]サブウェイ123 激突 [Blu-ray]
(2010/08/25)
ジョン・タトゥーロ、ジョン・トラボルタ 他

商品詳細を見る

THE TAKING OF PELHAM 1 2 3
2009年度作品
105分 / アメリカ
cast・・・デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ベンガ・アキナベ、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー、ヴィクター・ゴイチャイ
監督・・・トニー・スコット


333792_01_01_02.jpg

333792_01_09_02.jpg


 流石、トニー!


「‘トニー’って誰?」っていう人はこちらの作品を思い返して欲しい!
→「マイ・ボディガード」、「アンストッパブル」。


 彼の映画、本当にハズレなしです。特にCGを極力使ず実写であえて突き進む心構えがほんと大好きです。


 100人みたら八割方の方は満足出来るでしょう。悪く言えば王道です。でも最高に楽しい。


 この映画、どんな作品かと問われれば地下鉄ジャックに立ち向かう過去に犯罪を犯した経緯がある男のヒーロー劇。


 家族思いの主人公、終盤市民を守る為、一人果敢に敵のいる陣地へと足を踏み込みます。その前に話す奥さんとの電話での「俺、ちょっと行ってくるわ」的な会話は胸が熱くなります。


 毎回トニーとダッグを組むデンゼルワシントン。今回もイイ感じですね。ただ、今までと比べたて静かで影のある役です。でも最終的にはヒーローになるんです。


 ちなみに本作のすぐ後に汽車ネタで再びワシントン主演で「アンストッパブル」を発表しているトニー監督。でもどちらも手抜きが一切無く楽しめました。


 さて、今回の悪役はジョントラボルタ。なかなか貫禄ある悪。そしてとても味ある役所で見事に好演していました。一概に憎めないワルですね。


 オープニングのプロモーション映像さながらなコマ送り演出が炸裂。本編に入っても上手く違和感与えずに取り込んでいます。凄い!トニーと言えばコレですよね。

 
 音楽の選曲も素晴らしい。冒頭スタイリッシュ音楽から本編に入って緊張感のある音楽にバトンタッチ。観客を飽きさせない演出にみるみる引き込まれます。


 頭脳戦の駆け引き見ているこっちまでもハラハラドキドキさせてくれます。


 今後も監督トニースコットを応援します。


 いい映画見たなー、万人様におすすめです。




予告編「サブウェイ123 激突」


スポンサーサイト
曲がれ!スプーン [DVD]曲がれ!スプーン [DVD]
(2010/05/19)
長澤まさみ、三宅弘城 他

商品詳細を見る

2009年度作品
106分 / 日本
cast・・・ 長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修 、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎、寺島進、松重豊、甲本雅裕、三代目魚武濱田成夫、平田満、木場勝己、ユースケ・サンタマリア、升毅、佐々木蔵之介
監督・・・本広克行

334095_01_04_02.jpg

334095_01_08_02.jpg


 面白かった。この監督の「サマータイム・マシン・ブルース」が最高だったので、ハズすわけないという見る前から大いに期待。


 舞台的な感じでキャラの濃い人を中心に物語が展開されていきます。会話のテンポ良くまったく飽きずに楽しめました。と書いたところで元々が舞台劇だったとの情報を発見。ナルホドなー!


 役者の皆さん実に生き生きと演じられております。それに脇役からチョイ役までも豪華。十分過ぎる満足感を味わいました。


 あ、この作品、勿論笑えます。軽快な語り口が見る者を引き込みます。


 脚本も凝っていて、例えば小道具だったりが別の形で物語の進行上、何度も引用されたりして練りに練りまくられた素晴らしい脚本だと思いました。凄い。


 一度目よりも二度目、二度目よりも三度目が楽しめる、そんな感じの魅力が盛り沢山です。


 宇宙人とか、ネッシーとかビックフットとかいる信じている人はネタからして引かれる。かくいう俺も必ずこの世の何処かにがそういうものがいると信じています。

 夢を見ることは素晴らしい事だと思います。だって映画見るのだって夢を見させてくれますもん。だから映画が大好きなんです!


 特殊能力を使用できるエスパー達をココまで笑い方面に持っていった作品を見るのは初めてです。いちいち能力出す度に笑えます。


 全然超能力でない勘違い細男のパフォ-マンス披露シーンは爆笑必須!


 最高ー。ホントおすすめw。




予告編「曲がれ!スプーン」


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 外伝 アイアンモンキーグレート [DVD]ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 外伝 アイアンモンキーグレート [DVD]
(2000/11/10)
ドニー・イェン、ビリー・チョウ 他

商品詳細を見る

IRON MONKEY 2
1996年度作品
90 分 / 香港
cast・・・ ドニー・イェン、ビリー・チョウ、ウー・マ、ホー・チョウヨン
監督・・・チュウ・ロクァン


 最高です!

「ドラゴン危機一発‘97」のドニーイェンが出てきます。


 「こんなアクションできるか!」っていうシーンが多発。もうここまでいったら笑うしかない。

 空いた口が閉じられない体を張った極限アクションシーンの連続です。


 撮影、さぞかし大変だったでしょう。

 
 これ系の映画を見てしまうとCGをバリバリ使用したアクション映画が生ぬるく感じてしまう程、強烈なんです。


 アクション凄いという事は表情の作り方も半端ないんです。ドニーイェンの顔演技に何度笑わされた事か。役者はマジになればなる程笑えてしまいます。


 この映画、一番の見所は、終盤、仲間と共に強い相手を戦いを挑むシーン。敵が見るからに強そうでその上フットワークが軽いので二人掛かりで立ち向かいます。とても見ていてハラハラさせて頂きました。


 当時の香港アクション映画特有な机、テーブルがあればとにかくそこへダイブして派手に物をぶっ壊す。その精神サイコーです。


 ストーリーがどうのこうのより、アクションで魅せる。これぞアクション映画の中のアクション映画。!!


 自信持ってオススメできます。




本編格闘シーン「ドニー・イェンvsビリー・チョウのアクション」


いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
(2005/08/24)
中村獅童、伊東美咲 他

商品詳細を見る

2004年度作品
96分 / 日本
cast・・・ 中村獅童、伊東美咲、天海祐希、小西真奈美、宮崎あおい、佐藤隆太、乙葉、荒川良々、川平慈英、佐野史郎、渡辺えり子、吉川ひなの、木村多江、清水美那、松岡璃奈子、戸田恵子、利重剛、田中要次、高橋克実、北村総一朗
監督・・・ 犬童一心、黒田昌郎、祢津哲久、黒田秀樹、佐藤信介、永井聡、真田敦


 犬がメインの全11エピソードのオムニバス作品です。

 映画レビューを見ると「ねぇ、マリモ」という作品が涙線崩壊で「かな~りヤバイ」と書いてあったので前々からとても興味がありました。


 前半は特に印象に残る作品がありません。たまに笑えて、決行な頻度で出てくる柴犬のポチがかわいいな程度。


 どんどん進んでいく物語。


 と、ここでズドンと衝撃。最後から二つ目のアニメーションにはびっくりした。


 ・・・泣かされました。ポップな絵柄ですがセリフがなくアニメ、ながら見して油断していたのか心に響きました。涙ポロポロ。


  
 そして最終章「ねぇ、マリモ」。



 ・・これ反則です。



 開始3分で泣けてきます。構えていたのに見事構えが崩されました。


 人の目線からと犬(マリモ)目線の二部構成です。この作品セリフがありません。全て黒バックの文字で表現されています。


 音楽の素晴らしい効果もあり。久しぶりに見終わった後、すがすがしい気持ちになりました。


 この最後の作品「ねぇ、マリモ」だけでもみる価値があります。




 の年の取り方の違い。


 動物を飼っている人はこの作品を見ると日々の行いを本当に考えさせられます。


 動物は先に死んじゃうけど、与えてくれるものは大きい。近くにいるだけで感動ものです。




予告編「いぬのえいが」


笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション [DVD]笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション [DVD]
(2006/12/22)
上野樹里、伊勢谷友介 他

商品詳細を見る

2005年度作品
92分 / 日本
cast・・・上野樹里、伊勢谷友介、関めぐみ、平愛梨、松尾敏伸、菊地凛子、加藤啓、村木仁、伊藤修子、佐津川愛美、谷村美月、キタキマユ、宮下ともみ、松岡璃奈子、宮内佳奈子、岩井七世、渕内希実子、早瀬英里奈、工藤晴香、岡本奈月、手塚理美、北上史欧、大田ななみ、松本光生、西村敬喜、石垣光代、岩本淳也、三上瓔子、斎藤あきら、宮本聖也、斉藤ふみ、西岡徳馬
監督・・・小田一生


 オープニングからCG使ってます宣言をしてます。この映画は後半30分が最高です。

 というかココだけ前半のテイストと異なるので、「あれっ?」っていう感じなんです。ハジけ過ぎです、もう。

 前半あれだけ過剰演出して庭園世界を描いていたのに、舞台が船へ。最後はアクションアクションのてんこ盛り。言うならばチャーリーズエンジェルしてます。


 電気出すときの変に決まったポーズ、キルビルのユマサーマン対栗山千明のあの名バトルが再現されているシーンが好きです。合成しているの丸わかりの二人のアクションシーンは漫画や格闘ゲームみたいでワクワク。

 アクションはワンカットでのカットが多いので、おそらく役者本人のスタントでしょう。主要お3方凄いです。


 フルCGのドーベルマンもなぜか愛着がわきます。外国人の日本語もウケる。ジャンボフルCGの上野樹里とかホント笑えます^_^

 なかでもチキンラーメンを「おチキンおラーメン」というセンスが最高。


 突っ込みどころ満載。


 予告編ではこの映画の一番の見所のバトルアクションシーンが映っていないので是非本編を見てしのバカっぷりを堪能してください。


 とにかく前半と後半ではまるっきり違うジャンルです。勿論面白くなって来るのは後半です。


 オススメー。




予告編「笑う大天使」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。