人のオンガクを笑うな!人のオンガクを笑うな!
(2011/06/22)
山音まー

商品詳細を見る

2011年度作品
アーティスト・・・山音まー

「人の音楽を笑うな!」
1. 歌に形はないけれど
2. きみがすき
3. メランコリック
4. わんわんお、にゃんにゃんお
5. すすすす、すき、だあいすき
6. シェイプアップ
7. 指切り
8. なきむしのはつこい

山音まー・・・子供のころから歌手にあこがれていた。とにかく唄う事が大好きで、実家では毎日ギターをかきならして大声で唄っていた。高校生のとき、友人と二人で女性デュオを結成。オリジナル曲の制作を始め、レコーディング、路上ライブなどを行なってきた。大学に進学後、2009年春、YouTubeに自分のチャンネルを開設。きまぐれに動画を立て続けにアップ。時々で好きな歌をカバーし、『顔を出さずにギターを弾いて唄う謎の女の娘』はすぐYouTube上で評判となり、チャンネル登録者が急増する。現在YouTube上にアップされている楽曲は60曲以上(オリジナル/カヴァー)で、総再生回数は250万回を超えており再生回数、チャンネル登録者数が増加、ヤマネ現象が起きている。
2011年6月22日には、メジャー・デビューに先駆けてCDデビューが決定。ニコニコ動画内で人気のボーカロイド曲(神曲)8曲をカヴァーしたミニ・アルバム『人のオンガクを笑うな!


 最近聞きまくっている最高のアルバムです。


YouTubeで素顔を隠してカバー曲やオリジナル曲をドンドンアップしているアーティスト「まー」。


 その歌声は聞いている人を一気に虜にしてしまいます。癒されます。


俺もYouTubeで始めてこの方の曲を聞いた時は驚きました。この人は凄い!絶対プロの世界でも通用するなと!


 そんなこんなで小まめにチェックしていたら何とCDデビューするではありませんか!このCDはボカロ曲といってデジタル加工の声で作られた音楽をカバーしたアルバムです。


勿論、演奏自体もオリジナルのいいところを残しつつも、奥深くなっています。「ボカロ曲なんて…」って先入観がある人(自分も)も彼女の歌声で聞くとすんなり入ります。歌詞がいいんですよね。そこからボカロに興味が沸いたり逆もあったりしますね。


 どの曲も完全自分の歌として消化して歌っている姿に只々脱帽です。


 ちなみに山音まー名義はこの作品のみ。いやもしかしたら第2弾も出るかも。今後はワーナーミュージックから山根万里菜としてメジャーデビューします。


 そちらもとてーもとーても楽しみですね




「わんわんお、にゃんにゃんお」



「歌に形はないけれど」

スポンサーサイト
嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
(2006/11/17)
中谷美紀、瑛太 他

商品詳細を見る

MEMORIES OF MATSUKO
130分 / 日本 / PG-12
cast・・・中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、片平なぎさ、片平なぎさ、本田博太郎、ゴリ、榊英雄、マギー、竹山隆範、谷原章介、甲本雅裕、キムラ緑子、角野卓造、阿井莉沙、宮藤官九郎、谷中敦、劇団ひとり、大久保佳代子、BONNIE PINK、濱田マリ、武田真治、木野花、荒川良々、渡辺哲、山本浩司、AI、山下容莉枝、土屋アンナ山田花子、あき竹城、嶋田久作、木下ほうか、奥ノ矢佳奈
監督・・・中島哲也


 スゲー!!!!


 久しぶりに特大ヒット!「下妻物語」「告白」の中島監督作品です。


 前々から見たかった作品で、やっと見ることができました。どこをとっても見所満載!キャストの豪華さもハンパない、ノンジャンルムービー。


 即、中谷美紀のファンになりました!



 演出が抜群ですね!!


 かなり過酷な人生を送る松子!愛に生きる松子の姿勢。

 なんかわかります。とても彼女の言動が心打ちます。開始早々から松子に感情移入してしまい頼むから幸せになってくれと応援しまくりでした。



 実際は重たい問題ばかりが彼女の身に降りかかるのですが、そこを監督の素晴らしいセンス(ポップでカラフルな演出)で見事テンポを落とさず一気に見せてくれます。



 音楽も耳に残る名曲ばかり。



 本編で語られる名セリフ「人間の価値って人に何をしてもらったかじゃなく、人に何をしてあげられたかで決まる」

 いいですね~~!身に染みました。



 繰り返し見たい愛すべき一本、とてもオススメです!!!





予告編「嫌われ松子の一生」


ラーメンガール [DVD]ラーメンガール [DVD]
(2010/04/21)
ブリタニー・マーフィー、西田敏行 他

商品詳細を見る

THE RAMEN GIRL
2009年度作品
102分 / アメリカ
cast・・・ブリタニー・マーフィ、西田敏行、余貴美子、パク・ソヒ、タミー・ブランチャード、ガブリエル・マン、ダニエル・エヴァンス、岡本麗、前田健、石井トミコ、石橋蓮司、山崎努
監督・・・ロバート・アラン・アッカーマン


ラーメンガール1

ラーメンガール3

ラーメンガール2

ラーメンガール4


 前々から気になっていましたブリタニー・マーフィ主演の「ラーメンガール」。


 ラーメン屋の親父を西田敏行。


 ピッタリな役柄です。



 彼氏の都合で日本へ来たアビー。彼氏にフラれ心が折れた心境で見つけた一軒のラーメン屋。

 そこである光景を間の辺りにします。さっきまで沈んでいた人がラーメンを食べることで笑顔になる。アビーはそこへ弟子入りをします。


 初めは言葉が通じない、怒られているのに何言ってるか分からない。雑用ばかりさせられます辞めたくなります。

 でも周りのみんなのやさしい人間味あふれる言葉や愛、そして自分の今までの存在意義を感じ、自分流ラーメンを作ることを目標にがんばります。



あ、けっこう笑えます。

 ラーメンの師匠がラーメンを試食する緊迫する重要なシーンは抱腹絶倒。

 他にも何気ない日常シーンでも笑えるところが多々あります。



そして泣けます。


 ブリタニーと西田さんの演技はとてもよく、度々ウルっときます。ラストはもちろん感動。

 あの頑固親父の表情が忘れられない・・・。



この映画を見てラーメン屋が出す一杯のラーメンの見方が大きく変わりました。


 魂をかけてにお客さんに提供する一杯。


 素晴らしい一本です。おすすめ。




予告編「ラーメンガール」


シャーロック・ホームズ [Blu-ray]シャーロック・ホームズ [Blu-ray]
(2011/07/20)
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る

SHERLOCK HOLMES
2009年度作品
129分 / アメリカ
cast・・・ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ケリー・ライリー、エディ・マーサン、ジェームズ・フォックス、ハンス・マシソン、ウィリアム・ホープ、ブロナー・ギャラガー、ジェラルディン・ジェームズ、ロバート・メイレット
監督・・・ガイ・リッチー

シャーロック4

sixya-roxtukuho-muzu.jpg


シャーロック


シャーロック2


シャーロック3



 ロバート・ダウニーJr.とジュード・ロー主演の「シャーロック・ホームズ」。


 締める時はシッカリ締め、カッコよく、意外とけっこう笑えるところもあるのでテンポ良く楽しめました。


 ロバートさん、顔演技が上手いですね。


 シャーロックとホームズの関係性がいい。

 シャーロックの愛犬のフレンチブルドックも本編ではモルモット化してますがかわいいです。


 アクションは期待していないのもあってか、なかなか凄かったです。

「えっ!?あの知的なシャーロックがムキムキ?それもスローモーションで頭脳明快アクションやってない!?」と始めは戸惑いましたが、とても新しい解釈で良かったですね。


 特に製作中の船の現場での巨漢男とのアクションは画面にとても引き込まれました。


 電気棒でブッ飛ぶ巨漢が最高!飛び方がもうハンパないんですw。

 この一連のシーンだけでも見る価値あり!


 というかこの映画、人がフッっ飛ぶシーン、かなりこだわっている気がしますね。最高です。



 しっかりしている世界観が作りこまれているので楽しめますよ!勿論ネタあかしシーンも見所です。おすすめ~。




予告編「シャーロック・ホームズ」


星願~あなたにもういちど~ [DVD]星願~あなたにもういちど~ [DVD]
(2001/10/03)
リッチー・レン、セシリア・チャン 他

商品詳細を見る

FLY ME TO POLARIS
1999年度作品
93分 / 香港 
cast・・・リッチー・レン、セシリア・チャン、ウィリアム・ソー、エリック・ツァン、シャーレン・タン
監督・・・ジングル・マ

今度作る自主映画に雰囲気が近いので借りてきた一本。

後半は泣けます。

せつな過ぎます。


 目が見えず、口も聞けないという二重苦にもかかわらず、明るい性格の青年オニオンと友達以上恋人未満の関係の看護婦のオータム。しかし不慮の事故でこの世を去ってしまうオニオン。


しかし天国の審判により、

・生き返れるのは5日間だけ
・全く知らない他人の身体を借りての甦生であるため、 誰も彼がオニオンだとは気づくことはない。
・目が見えて口も利ける代わりに、自分がオニオンだと名乗ることはできない

の条件で地上戻ります。


 誰にも気づいてもらえないオニオン。話したくても話せない本当のコト。

 何も書かれていないノートを、あたかもそこに書かれているようにゆっくりとオータムに語るオニオンのシーンがジーンと来ます。ラストシーンはもう言うことなくせつなさMAX。



 音楽が素晴らしいです!、サックスが物語上でいい味を出しています。そして役者も演技が上手い。

とても勉強になりました。





予告編「星願」