上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [DVD]インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [DVD]
(2000/04/21)
トム・クルーズ、ブラッド・ピット 他

商品詳細を見る

INTERVIEW WITH THE VAMPIRE
1994年作品
126分 / アメリカ
Cast・・・ブラッド・ピット、トム・クルーズ、キルステン・ダンスト、アントニオ・バンデラス 、クリスチャン・スレイター、ドミツィアーナ・ジョルダーノ、ロール・マルサック、ヴァージニア・マッコラム、マイク・シーリグ、ベリナ・ローガン、タンディ・ニュートン
監督・・・ニール・ジョーダン


インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア8

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア2

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア7

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア3

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア5

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア6

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア9



 久しぶりに見たこの作品。


 以前見たのは高校生くらいだったかな?


 当時の感想としては、

回想シーンが多くなんか冗長、アクション少ないし、ビミョだ~」


 で、今宵25歳になって見てみると、

「えっ!おもろっ」 



 確かにアクションシーンが少ないです。そこを目的として見ると楽しめませんがこの作品は主人公のブラピ演じるルイの魅力にあります。

 ちなみに何気にエログロあったり。会話シーンも多め。・・・これは当時の俺の思考回路では楽しめないわなw



 今改めて見返してみると、インタビュー形式な展開が凄くみやすい。これは良い演出効果ですね。


 結論から言って「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」は紛れもなく傑作です!

 ヴァンパイア映画で一番好きかも




 とにかくルイのヴァンパイアとしての葛藤が色濃く出てくる。それはもう全編漂いまくり。


 トム・クルーズブラピのヴァンパイアが半端なくカッコイイ!

 色白に少し青い血管滲み出てます。その関係性もなんか一筋縄ではないピリピリ感があります。


 ヴァンパイアには憧れるけど、俺、血が苦手(学校の予防注射は毎回保健室送りw)なんで即のたれ死に確定だから無理だ。


 後半から出てくるバンデラスも良い味出してる。


 そして当時子役のキルステン・ダンスト演技がうまい!

 ヴァンパイヤにされてしまうんだけど、あどけなさの凝るかわいさに残酷なヴァンパイアの本能。・・・なんか凄かったです。




 この映画に出てくるヴァンパイアは不老不死。

 だけどそれってとても残酷



 不老不死にも単純に憧れる。

 今の肉体を保持しながらずっと生きれればと強く思う!やりたい事もたくさんある。夢追求の為に諦めなければならないこともたくさんある。

 時間を売ってたら買いたいくらいだ。人の人生ははかないし、やりたいことやれる人なんてほんのわずかだと思う。ただやらないで後悔して朽ちるよりはやって朽ちたい!


 でも映画を見てルイの気持ちもズシーーンと心に響いた。不老不死もなかなか考えもの。すぐ結論出せませんね。



 今後「ヴァンパイア映画でオススメある?」と聞かれたら間違いなくこの

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」

 をオススメします!


 濃縮2時間ヴァンパイア葛藤ムービーです





予告編「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」


スポンサーサイト
30デイズ・ナイト プレミアム・エディション [DVD]30デイズ・ナイト プレミアム・エディション [DVD]
(2010/10/06)
ジョシュ・ハートネット、メリッサ・ジョージ 他

商品詳細を見る

2007年度作品
113分 /アメリカ
Cast・・・ジョシュ・ハートネット、メリッサ・ジョージ、ダニー・ヒューストン、マーク・ブーン・Jr.、ベン・フォスター、マーク・レンドール、アンバー・セインスベリー、マヌー・ベネット、ミーガン・フラニック、ジョエル・トベック、エリザベス・ホーソーン、ナサニエル・リーズ、クレイグ・ホール、チック・リトルウッド、ピーター・フィーニー
監督・・・デヴィッド・スレイド

キャッチコピー
生き抜いてみせる――

30デイズ5

30デイズ4

30デイズ2

30デイズ6

30デイズ9

30デイズ

30デイズ3


 事前に見た映画レビューの評価が悪かったので少々不安でしたが、意外と面白かったです。

 ストーリーはこの手の映画でありがちですが、よいしょよいしょでポイントを抑えていてとても楽しめました。


 タイトルにもある通り30日間太陽が昇らない日が続くアラスカ州・バロウが舞台。

 その期間を狙って侵略しにきたヴァンパイヤ軍団と人間との攻防を描くサバイバルもの。



 出てくるヴァンパイヤはツリ目骨格が可笑しなことになってます。

 第一印象ブサイクヴァンパイヤw。

 でも、それが実に 怖さ 増してます。



 ちなみにこの映画は笑い描写なしの本格ホラームードで全編貫きます。


 前半のが勃発してからの空撮で街を上空から見下ろした風景、ヴァンパイヤから逃げ惑う人々の絵がインパクトありました。

 あぁ絶望


 ヴァンパイヤは数が多く身体能力は高く、一気に仕留めないとなかなか息絶えません。なので人間劣勢でなす術もなく狩られていく人々。


 主役のジョンを演じるジョシュ・ハートネットの目がいい。全編寂しげな目で語りますw。


 あと舞台が舞台だけあって閉塞感が半端ない。逃げ場がないって精神的にジワジワ来る。そして寒い。とにかく見ているこっちまで寒さが伝わってきた~。




 ラストそのジョンが大きな決断をします。ここは予想外で いい感じだった!


 そして肝心な締め です。


 ・・・う~ん、微妙っ~


 これは是非、見て欲しい。ここまで引っ張っておいて非常に勿体無いよ~。←(個人的な意見デス



 ただ、全体を通してとても楽しめたのでオススメな一本です!あ、あとけっこう描写がグロイですので注意が必要!





予告編「30デイズ・ナイト 」


処刑山 デッドスノウ [DVD]処刑山 デッドスノウ [DVD]
(2010/07/07)
ヴェルガール・ホール、ビョルン・スンクエスト 他

商品詳細を見る

DEAD SNOW
2007年度作品
91分 / ノルウェイー
Cast・・・ヴェルガール・ホール、ビョルン・スンクエスト、アーネ・ダール・トルプ、スティッグ・フロード・ヘンリクセン
監督・・・トミー・ウィルコラ

処刑山

処刑山10

処刑山3

処刑山デッドスノウ2

処刑山7

処刑山9

処刑山5


 以前 ↑ の張ってるナチスゾンビの写真を見て、 「おぉ!」っと一目惚れした、この映画をついに借りて見てしまいました!


 スゲーーーーー!


 何が?って ナチスゾンビ~~~が、大量に襲ってきますw



 斬新!ビジュアルインパクトに痺れました。怖いんだけど、その制服の後姿とかたまに風情があってカッコイイ



 ちなみにこの映画、サンダンス映画祭などで話題になり、ホラーファンの間では、

「ここ数年で最高の超流血映画だ!」

 と、絶賛されたノルウェイ産ノルディックホラーです!




 でも見る前は、

「どうせゾンビなんてちょっとしか出てないだろー、それも夜であんまり見えないオチだろ・・・」

って思って鑑賞開始。


 案の定、前半はゾンビが一向に出てこない・・・。


「やはりハズレかっ~・・・」と思った矢先、おかしな爺さんが現れ・・・本筋に路線が向き始めます。ここから一気に作品に入っていけました。



 ストーリーは簡単に言えばウインターバカンスへ出かけた7人の医学生。でもその山には昔話がありましたとさ・・・っていうお話ですw




 さて、後半部はもう始終これでもかとナチスゾンビが登場します。


 そいつらを「死んでたまるかよ」って思いでバッサバッサと倒す人間。ナチスゾンビ強いには強いんですが、コツさえ掴めばサクサク倒すことが可能。


 臓器出まくり、血が吹き出過ぎ(あ~クラクラ )ナイフ、チェンソー、ハンマー、マシンガンでナチスゾンビを惨殺しまくります。


 ただね、ヤツらのが尋常じゃないんですよ。


 歯茎丸見えリーダーが仲間呼ぶんですよ!その声に共鳴してか雪の中から兵がボコボコ出てきますw


 あぁ・・絶望


 なんで医学生達もドンドン数が減っていき・・・・。



 でもところどころコミカルで狙った笑いも満載!?モッサモッサの雪の中を歩くゾンビとかw

 と、言いつつもグロ描写はかなりのものなので万人にはオススメできないですね。



 ホラー見てある程度笑える感覚があれば、この作品、是非オススメだ!






予告編「処刑山 デッドスノウ」



ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2012/07/03)
染谷将太、二階堂ふみ 他

商品詳細を見る

2011年度作品
129分 / 日本
監督・・・園子温
役者・・・染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、諏訪太朗、川屋せっちん、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、モト冬樹、黒沢あすか、堀部圭亮でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏


ヒミズ6

ヒミズ8


ヒミズ7


ヒミズ4


ヒミズ


ヒミズ2


ヒミズ3



 監督、やっぱ期待を裏切らない、凄いっス!冒頭の被災地の映像からラストのエンドクレジットまで、怒号のノンストップです!


愛のむきだし」⇒「冷たい熱帯魚」⇒「恋の罪」⇒からの流れで本作「ヒミズ」を劇場にて鑑賞しました。


 スクリーン越しからビシバシ届く、熱い熱~い・・・ メッセージ! が心揺さぶります。



 出演陣は園監督の おなじみメンバーで構成。

 あの映画の主役が!?悪役が!?もう園ファミリーのオールスターキャスト集合でイチイチ役者登場シーンで笑えたw

 園監督って登場人物の描き方はかなりの確率で記憶に残るキャラがほとんどなんで、「 あ、あの時の・・・あいつだ」ってニヤけてしまいます。



 ちなみに古谷実の漫画が原作です。一応は見る前に借りて読みましたが、かなり園流に生まれ変わっているので事前情報はなくても楽しめますね。



 この映画、見終えて好きなシーン、ありまくり。


 そしてやっぱ日本人初の快挙となるヴェネツィア国際映画祭にて新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した主演の二人、染谷将太二階堂ふみの演技は凄い、全編目が離せませんよ~!




 さて、ここからは園監督の演出について。


 まず毎回出てくるタコ殴りシーンも健在。

 ホント容赦ない殴り蹴りは今回も存分に炸裂していて、特に平手打ちが「バシッバシッ」と飛びに飛びかってましたw。

 映像では絶対当たっているとしか見えないリアル感。うーん、見ていて痛いったありゃしない!




 続いて、重低音演出今回も健在!

 もう堪らないですわー。使い所も冴えてます。



 あと蝋燭とか、教師、朗読、同じセリフの繰り返しとか、似たシチュエーションがetc・・・。




 「このお話、どう終着へ持っていく」っていう緊迫感も凄い。

 ドップリその世界へハマって「どっちに転がるの、えっ、そっち?えっ?じゃないの?」っていう感じで監督に持て遊ばれます。そこが憎いくらい上手いのだから文句一つ言えません。

 今回も腹くくって挑みましたが、終盤ちょっと意外な展開でビックリしました(良い意味で)。



 実の親から本気で「本当にお前なんていらねーんだよ、頼むから死んでくれ」って言われる住田少年(中学生)。

 環境って本当に大きくその人の人格を形成するんだな~ととても強く感じた。

 絶望の先の絶望・・・その時、住田が選んだ道・・・茶沢の思い・・・が胸にズサッ突き刺さりました。




 そして今回、ラストが素敵。

 「ガンバレ、住田。 」の連発声援シーン。

 何気ないラストシーンだけどすごい!文字で言い表せない、なんというか不思議な感覚を味わいました。そしてそれに続くエンドクレジットが超短いw

 

 目頭が、始終熱くなりまくり~。この作品を見て今後の生き方について少し考えさせられました。



 今年始めての映画館での鑑賞。

 今、この映画を見られて最高に幸せだ。


 シートに座ってこうもいろいろ考えさせられる映画「ヒミズ」、これぞ映画体験。数少ない師匠監督がなし得る技ですね。


 この作品はもっと多くの人に見てもらいたい!でも評価がキッパリ分かれるだろうな~。


 でも俺は大好きだ、この映画。

 園監督しか撮れない、熱いこの映画が!


 やっぱ映画が好きだ~!オススメ






予告編「ヒミズ」







婚前特急 [Blu-ray]婚前特急 [Blu-ray]
(2011/09/22)
吉高由里子、浜野謙太(SAKEROCK) 他

商品詳細を見る

2011年度作品
Cast・・・吉高由里子、浜野謙太、杏、加瀬亮、石橋杏奈、青木崇高、吉村卓也、榎木孝明
監督・・・前田弘二
110分 / 日本
キャッチコピーこのたび、わたくし池下チエは、5人の彼氏を査定します。

婚前特急2

婚前特急7

婚前特急5

婚前特急8

婚前特急6

婚前特急3

婚前特急4

婚前特急



 おもろ~~~~


 インディーズ界で活躍してきた注目の新鋭、前田弘二の劇場デビュー作「婚前特急」!


 吉高由里子演じるチエは同時に6人の男と付き合っているカワイイけど性格が悪い女の子。

 ある日親友が結婚したことに対し、焦り、彼氏の査定のはじめまる所から物語がスタート


 ここの彼氏5人それぞれのメリットとデメリットくだりが面白い。

特に今回で一番スポット浴びる田無という男のデメリットがこれでもかという長文に渡っているのに対し、メリット「楽」とかってw



 吉高さん、演技上手い、自然すぎる。長セリフとかも完全に自分のものにしてます。

 そんな吉高さんがいきなり人の形した人形を思いっきり壁に「ベタッ」って投げつけるシーンがツボにハマッたwww


 あと後半、田無の家へ隠れて上がっている時に、その張本人が帰ってくる物音が聞こえ、

ヤバイ、ヤバイ、どうしよー

 って押入れ開けるも満杯、クルクル回って、死んだふりする動きとかがかっていたw



 全体的に無駄なシーンがなく、非常にテンポよく物語が進行していきます。


四人で食卓囲んでワイワイしている中で一人だけムスっとしている何気ないシーンでも、 「何かこの後起きるぞ」っていう緊迫感が漂ってきました。



一番好きなシーンはバイクと自転車で草むらに突っ込んだ後、チエ田無が子供ようにケンカしているところに警察が現れ、職質かけられるシーン!

 必死さ丸出しww



 あとラスト、二人の壁突き破りとかもワロス。


かなり面白かったです。2012年邦画とりあえずベスト5にランクイ間違いなし。結婚ってイイナって思ったし、とにかく笑えまくりなオススメな一本です


 おすすめ~





予告編「婚前特急」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。