上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
2012年度作品
111分 / 日本
監督・・・矢口史靖
役者・・・五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦田中要次、森下能幸、古川雄輝、高橋春留奈、大窪人衛、今井隆文、三浦圭祐、安田聖愛、星野亜門、竹井亮介、藤本静、細川洋平、大久保綾乃、遊木康剛、徳井優、菅原大吉、大石吾朗、竹中直人、田辺誠一

ロボジー3

ロボジー2

ロボジー

ロボジー4

ロボジー5


 人を助ける機能を持った最新型ロボットのには…


 なんと…が入っていた!


 …それも爺さん!



 爺さんの「ジー」からもらって「ロボジー」。なるほど、遊び心があっていいタイトルですね。座布団一枚っ!



この作品で超ロボットオタク演じた吉高さん、もう演技上手過ぎて、言う事ないですね。全編とにかく見所満載!

そんなこんなでロボジーに命を助けてもらったから、さぁ、大変!

ロボジー(ニュー潮風)を溺愛してしまいます。


 更に演技面で特に 「凄いなぁ」 っと思ったのは`ロボジー'が写ったテープをもらった瞬間の動作、顔の仕草ががかっていた。引き出しほんと広い。

婚前特急」の死に真似といい、マネできない。


そんな彼女がロボジーの中に人が入っているという衝撃的な事実を許す事出来ず、血が煮えたぎり苛立ちを隠し切れない表情とか、マジに迫り過ぎ て怖かった・・・更にファンになりました。



他の役者さん達もみんな上手いです。

 
ロボジーを発明(!?)した三人。

濱田岳はいつもの…あの感じですw

おデブは彼はいざとなったら口が達者になる。

ノッポはいつもボソボソ言っている。というかオープニングの鼻汁の量ヤバかったなw



 最近では「さんかく」がとても印象だった田畑智子。少しドジな記者役ハマってました。



 そして忘れちゃいけない看板タイトル背負うロボジーの中に入ったこの爺さん、実は無名の役者、五十嵐信次郎

 「えっ、誰?」 って思いました。

 でも見終わった後に、この人がミッキー・カーティスだと知りましたw

 今回初めて使う芸名とのことです。道理で貫禄ついた素晴らしい演技をしている訳です。

 ちなみにミッキーさん、本編のエンドクレジットで美声を披露。73歳、恰好良過ぎです。



 監督は矢口史靖

彼の作品は「スウィングガールズ」しか見ていませんが、毎回、水泳、楽器、旅客機と的を絞った舞台で興味を引きます。


 所々小ネタも好きです。決して大笑ではないクスクス笑いがいい感じ。多分、指摘されないと気づかないネタ、きっと沢山あるでしょう。また見たくなってきます。


 特に気に入ったのは、レストランで高級メニューを頼む爺さんとは別に、三人は小うどん単品ってw

 無茶苦茶でかい望遠レンズを貸す記者に笑。必死に持つ吉高さんとか、ビジュアル的にすっごい可笑しかった。

 あと、シップを「バシーン」張られる爺さんの連発声がツボにハマりましたねw



 締めに入りますが、ロボットの中に爺さんが入っていることがバレる、バレないのサスペンスあり、実際にはスレスレのところを反ば強引に回避!?してるんですが、テンポよく物語が進んで行きます。


 ラストの締めも 「上手いっ」 と思いました!


 あー、面白かった!


 オススメですね!





予告編「ロボジー」


スポンサーサイト
プレデターズ [Blu-ray]プレデターズ [Blu-ray]
(2011/04/22)
エイドリアン・ブロディ、ローレンス・フィッシュバーン 他

商品詳細を見る

PREDATORS
2010年度作品
107分 / アメリカ / PG-12
Cast・・・エイドリアン・ブロディ、アリシー・ブラガ、トファー・グレイス、 ウォルトン・ゴギンズ、マハーシャラルハズバズ・アリ、オレッグ・タクタロフ、ルーイ・オザワ・チャンチェン、ダニー・トレホ、ローレンス・フィッシュバーン
監督・・・ニムロッド・アーントル

プレデターズ3

プレデターズ2

プレデターズ6

プレデターズ4

プレデターズ7

プレデターズ5



 この作品、俺が最も尊敬する男、ロバート・ロドリゲス製作として関わってます。

 当初監督の予定だったのですが、製作にまわったそうで実に残念


 ロドリゲス映画としてみたら「あれれ?」だけど、SFモンスターアクション映画として見ればとても面白く見れます。


 ちなみにこの作品見る前に一応シュワちゃんの「プレデター」と「プレデター2」、「エイリアンVSプレデター」「エイリアンVSプレデター2」もシッカリ抑えています。



 冒頭、主人公ロイス(エイドリアン・ブロディ)が目を覚ますと、驚くべきことに自分の体が物凄い勢いで急降下中、地面が迫ります・・・そしてパラシュートが開かなくて焦る焦る!!!

 この時点で掴みはバッチシ!


 「ここどこ?」的で海外ドラマ「LOST」っぽいですね。
 

 周囲には同じ状況の異なる戦術を兼ね備えた傭兵、軍人、特殊工作員、ヤクザ、メキシカンマフィア、死刑囚などの殺しのプロが顔をそろえます。

 もう登場人物が個性的豊かでワクワクドキドキ、そしてゾクゾクな展開です。


 メキシカンマフィア演じたにダニー・トレホはこれから「マチェーテ」へと繋がる訳ですねw

 
 それにしてもローレンス・フィッシュバーン(「マトリックス」のモーフィアス)太ったな~w




 ちなみに本作、舞台は地球じゃないです。

 未知の惑星です!



 そんなジャングル地区で極限の生き残りをかけたサバイバルが展開されます。



 プレデターの装備している機器、あの透明になる装置、カッコいいな~。登場する時の電磁波がバリバリ出るところとか好き。



 人間が持つもみんなインパクトあった。

 俺、銃マニアじゃないけど、その銃撃音の効果音が素晴らしく心地よかったw
 
 特に主人公の武器がうなる音イイ!




 やっぱ姿の見えない敵に襲われるのは怖い

 でも姿見せるのも困り者です。だってマスク外すと触覚4つ付いてたら、もう・・・。

 血液は蛍光色だし・・(関係ない)


 夢の中でも、間違っても絶対会いたくないですねっ!

 
 映画としては勿論、おすすめ作品です。





予告編「プレデターズ」


仮面ライダー電王 VOL12 特別版 [DVD]仮面ライダー電王 VOL12 特別版 [DVD]
(2008/07/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る

MASKED RIDER DEN-O
2007~2008年度作品
全49話(DVD全12巻)
Cast・・・佐藤健、白鳥百合子、秋山莉奈、石丸謙二郎、松本若菜、永田彬、上野亮、中村優一、石黒英雄
声・・・関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一、大塚芳忠
監督・・・田崎竜太、長石多可男、坂本太郎、石田秀範

仮面ライダー電王5

仮面ライダー電王6

仮面ライダー7

仮面ライダー8

仮面ライダー電王2


仮面ライダー電王4

仮面ライダー電王3
おなじみ4人のイマジン



 レンタルで一週間一巻ずつ借りて計12週に渡って見た

「仮面ライダー電王」


  2.3話まで見たところでドップリです。とてもハマりました!


見る前は、
「仮面ライダーなんてどうせ子供向けのヒーローものだろ?」
という先入観がある中、友人に進められてみたこの作品。


 ガキの頃は見ていたと思うけどまったく記憶に残ってません。俺にとって初めて真剣に見た仮面ライダーでした!



これ、面白っ!!!!



 物語は、なんの取り柄もないごく平凡な青年の野上良太郎(佐藤健)は落ちていたパスを拾ったことから、過去を改変して未来を変えようとする侵略者・イマジンとの戦いに巻き込まれていく…。


 イマジンは人の願いを契約として、その夢を叶えることで、その人の過去へ飛び、その世界をブッ壊すんです。

 それを止める良太郎と仲間イマジン達。



 ちなみに本作は平成ライダーシリーズ第8作との事。時空を超える列車・電ライナーに乗って、未来からの侵略者イマジンと戦います。



 で、肝心な主人公がとにかく弱い!ヒーローとは決して呼べない青年。でも憎めないだな~。必死に頑張る姿が感動を呼びます。



 ストーリー展開が素晴らしい!


 二転三転して次が気になる脚本。複雑な伏線もあり見ごたえ十分。

 というかこれって大人でもなかなか頭使いながら見ましたw

 そう、この作品は大人の鑑賞に堪えうる深っ~~い作品なのだ。


 現実は人の記憶で作られていく、とてもはかないもの。例えば誰もその人を覚えていなければその人は消滅してしまう。・・・説明難しい。要はパラレルワールド的な感じで絡み合っているんです!


 といいつつも、毎回単純明快な活劇あり、シチュエーションあり、変身して必殺技でカッコよく決めて終わる というパターンは変わりません。



 あと作品の一番の魅力と言ったら、キャラだ。

 みんな濃過ぎ!

 とくに主人公に憑く4体のイマジンがシッカリ性格分けされており、四人が画面で写るだけでコントが始まる。ほんと毎回笑わせてもらったな~。


 そのイマジンはそんな良太郎の体を借りて戦う他にも、日常シーンでも体をノッとります。声は吹き替えなんですが、表情とか動き、見事演じ分けている佐藤健!上手いっ!


 ちなみにイマジンにはそれぞれどこかで聞いたことある有名な声優さんが声をアテレコしてます。

 そして実際に演じるスーツアクターさんのコミカル過ぎる動きw

 ・・・かなり神がかってました!



 俺もこんな4体のイマジンなら喜んで身体、貸します。もちろん願いは「映画監督で成功する」で契約。 



 後半から中村優一演じる桜井侑斗が登場します。

 第一印象は凄い嫌なヤツなんだけど、回が進むごとにすごい過去を背負っている事実が判明します。せつな過ぎます。

 その侑斗と契約しているいいもののイマジンのデネブが最高。すごい礼儀正し世話好きタイプなイマジンでほんとこの二人を見ているだけで面白い。




 時にCGがちゃっちかったり、役者降板で展開が一気に変わったり、お話に少々強引なところがあったりもしますが、そんなこと全然気にならないほど、地盤がシッカリしているこの「仮面ライダー電王」!


 笑いあり、シリアスで感動できるエンターテイメント大作、最終話では不覚にも俺はボロ泣き ・・・。



 始めはダサ過ぎると思っていた「俺、参上っ!」のセリフの印象がひっくり返りましたw



この作品が大好きだ!

 
 おすすめします!




 ちなみにオープニング曲はAAAClimax Jump 。

 最高な一曲です。歌詞もすごーーーーーくいい

-----------------------------------------

時間の波をつかまえて
今すぐに行こう 約束の場所
限界無限 いざ飛び込め climax jump

いーじゃんいーじゃんスゲーじゃん

叶えたい夢があるなら 信じなくっちゃ 願った日々を
catch the wave 迷いそうな時 必ず想いの強さが導く
キミが望む未来すでに in your hand

始まりはいつも突然 運命をつれ行く time tripin7' ride
不可能超えて 掴み取るさ climax

変わることを恐れないで 明日の自分見失うだけ
誰よりも高い空へ飛ぼうぜ(よ) climax jump

いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん?!


胸の中みんな密かに 書き換えたい記憶もある
means nothing 新しい朝を待つなら 今を塗り替えろ そこから
ほんのすこし勇気を持て in your mind

旅立ちはいつも必然 どうせなら飛び回れ time tripin'ride
捜し出すのさ 自分だけのclimax

昨日までの記憶すべて 必要と分かる日が来るはず
誇れるように更なる climax jump

心を強くする大事な言葉とか
かけがえない想い出を集めて

もう少しあと少し・・届かない星空
諦めたらそこが終点さー

始まりはいつも突然 運命を連れて行く time tripin' ride
不可能超えて 掴み取るさ climax
変わることを恐れないで 明日の自分を見失うだけ

誰より高く 昨日より高く climax jump
いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん?!


-----------------------------------------------




オープニング曲「Climax Jump」



PV


GAMER ゲーマー [Blu-ray]GAMER ゲーマー [Blu-ray]
(2011/08/24)
ジェラルド・バトラー、マイケル・C・ホール 他

商品詳細を見る

GEMER
2009年度作品
95分 / アメリカ / R-15 
cast…ジェラルド・バトラー、マイケル・C・ホール、アンバー・ヴァレッタ、アリソン・ローマン、ローガン・ラーマン、テリー・クルーズ、ジョン・レグイザモ、ゾーイ・ベル、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、キーラ・セジウィック、ラムジー・ムーア、アーロン・ヨー、ジョナサン・チェイス、ブリード・フレミング、ジョニー・ホイットワース、マイケル・ウェストン、ジョン・デ・ランシー、マイロ・ヴィンティミリア、ヘンリー・ハヤシ、キース・デヴィッド、ミミ・マイケルズ、ロイド・カウフマン
監督・・・ネヴィルダイン&テイラー

キャッチコピー世界が熱狂する【ゲーム】──それは脳を操られた囚人による究極のバトル


GAMER4.jpg

GAMER7.jpg

GAMER8.jpg

GAMER3.jpg

GAMER5.jpg

GAMER.jpg


 最高!

 絶賛します!



 周りであまり良い評価を聞かなかった本作、期待していなかった分、凄い興奮しました。



 舞台は、近未来で生身の人間を使ったオンライン戦闘ゲームのキャラクターとして駆り出された囚人の男が、プレイヤーの意のままに操られながら釈放をめぐって決死の壮絶バトルを繰り広げるさまを描くSFバトルアクション大作。



 でも、これ凄い低予算で作られているんです!


 DVD特典に収録されているメイキング見たのですが監督は二人いて、自分達で体張って撮影していました

 ローラースケート履いて撮影とかいいな~。

 ちなみに他の監督作に「アドレナリン」。



 とにかくスピード感が半端なかった!そして編集上手過ぎっ



 映像、かなり手ブレ酷いけどこれが、またがあっていい!

 手に汗握る、戦闘シーンのリアルさにひっくり返りました!

 この手のアバター系映画、個人的にハズレなしですね!



 それにしても「300」でも肉体美を披露したジェラルド・バトラーがとにかくの中の

 普通に憧れます。筋肉は勿論、とにかく低音響くがイイネ。



 冒頭からノンストップで魅せてくれる「GAMER」オススメします!





予告編


悪夢探偵 スタンダード・エディション [DVD]悪夢探偵 スタンダード・エディション [DVD]
(2007/06/22)
塚本晋也、松田龍平 他

商品詳細を見る

NIGHTMARE DETECTIVE
2006年度作品
日本 / 106分 / PG-12
Cast・・・松田龍平、hitomi、塚本晋也、大杉蓮、安藤政信、原田芳雄、猪俣ユキ、ふせえり
監督・・・塚本晋也


悪夢探偵3

悪夢探偵2

悪夢探偵6

悪夢探偵

悪夢探偵5



良かったです!冒頭から引き込まれました。


 この映画、悪魔探偵の松田龍平が主役ではなく、女刑事のhitomiが主役です。


 本業が歌手のhitomiさん、演技がまだ甘チャンなのですが美貌で押し切っているのと、演出がとても良いので俺はこの十分楽しめました。



 監督は個性派監督の塚本晋也

 今回も監督のほかにプロデューサー、脚本、撮影、美術、編集を兼任。

 そしてさらに自らシリアルキラーを演じてちゃってます。それもかなりの怪演でw


 凄い!俺も目指すは塚本晋也だ!


 そんな塚本監督演じるゼロに狙いをつけられたら、最後。その人は寝ながら自身の体をナイフで滅多刺しして命を絶ちます !


 元気の良い刺しっぷりで、もうザックザックいってます・・・あ、あぁ・・・ぁ



 ちなみに彼の作品で最近見たのは「鉄男THE BULLET MAN」、「HAZE」、「ヒルコ妖怪ハンター」どれもスピード感が半端ない。すぐ塚本さんだってわかります。



 この監督は効果音の使い方がすご~~く上手いんですよ。


 何か得体の知れないものの描写とかもヤバイ


恐怖のチラリズム!!


 ビビらせる演出が


 お馴染みの金属音ガキーン、バコーン音も快感w

 そして今回、演出された「無音」に息が止まった・・・・おぉ怖ぃ~!




 で、肝心な悪夢探偵ですが、かなりネガティブな性格で、

「いやだ、いやだ、ああいやだ」

 とグチを言ってる根暗青年。


 ほんとしょっぱなからやる気ないです。でもそこも魅力的。




 それにしても大杉さん上手すぎ!普通に喋っているだけでイチイチ面白い。




 かなりグロイいですが、オススメ!
 


予告編「悪夢探偵」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。