上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]
(2001/10/24)
安藤政信、鈴木京香 他

商品詳細を見る

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS

2000年度作品
129分 / 邦画
監督・・・本広克行
役者・・・安藤政信、鈴木京香、八千草薫、内山理名、松重豊、小野武彦、寺尾聰、小木茂光、深浦加奈子、半海一晃、田中要次、川端竜太、高松英郎、藤木悠、武野功雄
キャッチコピー天才の裸のココロの物語

サトラレ

サトラレ2

サトラレ4

サトラレ3

サトラレ5

サトラレ9

サトラレ7

サトラレ8

サトラレ6



 オススメされて見た作品です。


 とても良かったです!


 重厚なんだけど、全然時間を感じさせませんでした。邦画で久しぶりにスマッシュヒットしました。


 ストーリーが実に練りに練られています!

 
 タイトルのサトラレとは、頭の中で思った事が口に出さなくても周囲約10mの人々に筒抜けになってしまう、いわゆる 心の声 が全部回りにバレてしまう。一種の特殊能力の総称です。

 

 その設定、聞いただけじゃ「 はぁ? 」となるわけですが、この映画ではリアリティある描写で作られているのでドンドン物語に引き込まれていきます。

 しかもサトラレは例外なくIQ180を越す天才であり、国家財産として政府組織によって徹底した管理・保護が行われています。

 そのサトラレが住む街は 街ぐるみ でみんな彼がサトラレだと分からないようにウソを付きながら生活を余儀なくなれるわけなんです。


 ウッハー (* ̄□ ̄*; ハッハッハー
 

 さて、主人公の外科医目指す里見健一を演じたのは、安藤政信

 この人、けっこう、というかかなり存在感ある方なんですよねー。


 なんといっても目力が半端ない!これ役者としてかなり重要だと俺は思います。口で語らずで語る演技が相当上手い!


 北野武の「キッズ・リターン」で圧倒的な存在感でデビュー。最近では「スマグラー」の殺し屋が記憶に焼き付いています。

 

 小松洋子役の鈴木京香も良かったです。

 あと健一の一番の理解者のバァちゃん役の八千草薫さんも素晴らしい演技をして感動を呼びます!



 

 技術的な話ですが、「踊る大捜査腺」でも強く感じた本広作品はとにかくカメラが動く動く! 

 もうダイナミックなんですよ。ハリウッド並みに縦横無尽に駆け巡ります。主人公の周りを回る終盤のシーンはとても印象的でしたね。

 


 テーマがとても考えさせられる内容。


 サトラレじゃなくても「 自分が何の為にこの世に生まれてきたのか?ここにいる意味とは? 」等々、いろいろ考えさせられました。


 そして、泣けます!!


 前半は意外と笑えるシーンもありました。


 あと中盤以降、健一小松洋子の関係が な~んか いい感じでした ( ̄∇ ̄*)ゞ


 超おすすめです! 






予告編「サトラレ」












スポンサーサイト
2012年度作品
98分
監督・・・金田治
役者・・・井上正大、小澤亮太、戸谷公人、奥田達士、福士蒼汰、高橋龍輝、清水富美加、吉沢亮、渡部秀、高田里穂、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢、鈴木勝大、馬場良馬、小宮有紗、秋山莉奈、石丸謙二郎
キャッチフレーズ全ライダーVS全戦隊ついに大激突!ヒーロー新世紀史上最大のヒーローバトル!


仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦3

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦2

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦4

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦5

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦6

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦10

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦7

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦8

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦9



 見る前から個人的に 超期待 してました~~~。

 でもレビューみると「 親が子供に見せたくない映画 」と散々言われていて・・・そこも気になっていましたw


 でも、見終わってそんなことはありません!

 ・・・というかむしろ最高じゃん!?




 ワンカットでライダー戦隊怪人が、

うおおおぉぉお 

 とお互いに見合い、そして一斉に走り出す、これまでに見たことのない予想を超える迫力に 感動 を覚えました!


 「 コスプレ大運動会かっ! 」


 もう、 凄過ぎて 笑い泣きするくらいです!!


 ちなみにこのシーン、CGじゃなく全て生身の人が演じています。

 ここまでの数、よく揃えたものだ。このシーンを見るだけでも価値はあります!!
 




 作品を見て、ライダー、そして戦隊、もっともっと見たいなーと強く思ったのは言うまでもありません。




 ちなみに現在このレビューを書いてい時点で「仮面ライダー電王」と「仮面ライダー龍騎」(中盤くらい)しか見ていないのですが、それでも大・大満足出来ました!



 ちなみに「電王」は完全コメディーパート担当でしたねw

 あの4人のイマジン、デンライナー、オーナーとナオミさんももれなく登場!

 懐かしい・・。



 「龍騎」もドラグレッダーを最新CGで迫力タップリに見せてくれました!



 
 戦隊はガキの頃見ていたと思うのですが、記憶の奥底に眠っています。

 今回、この映画を見てゴーカイレンジャーチャッチィおもちゃみたいなキーでキメ声&変身され・・・ギャップに驚きました。

 タイツで相当防御力無さそう、むしろ変身した方が・・・みたいなところありますが、的確かつ華麗に敵を仕留める姿に惚れ惚れw



 
 とにかく 変身シーン はどちらのヒーロー問わず、カッコイイ!!


 その瞬間、迫力のCG描写効果音で更に無駄に抑えたカッコイイ掛け声

 これはもう、フォーゼさんの、

 キターーーー!  」状態ですw



 ディケイド vs ゴーカイレッド  のバトル中に次々変身しながら戦うシーンは一番興奮しました。



 初代ライダー戦隊のシンプル過ぎる衣装に 時代性 を嫌でも感じてしまいます。

 でも、それもなかんかイイ感じに雰囲気ありました。



 他にも見所としては、普段は決して交じわることがない二大ヒーローが、

ライダー戦隊に、

逆に戦隊ライダーに、

 変身強化アイテムを渡して更にパワーアップする コラボーシーン は熱過ぎるぞ、チクショウ!!



 気になっていた点「 親が子供に見せたくない映画 」の描写はただ単にライダー戦隊が自分たちの存続をかけて お互いを潰し合う ところ。

 確かにこの描写は子供にとっては「」だと思います。



 でも、とにかく楽しめ、見所満載!


 作品を見ていなくても、この感動は味わえると思います!



 童心に帰れるオススメ作品です。





予告編



B→ON ビーオン [DVD]B→ON ビーオン [DVD]
(2010/09/10)
亜未巻土、ギュウゾウ 他

商品詳細を見る


2009年度作品
75分 日本
出演・・・亜未巻土、ギュウゾウ、留川真帆、清水宏次朗、藤原喜明


B→ON

B→ON3

B→ON2

Beon



 アクションならコレ、凄いよ! 」と何気にオススメされて見た作品。

 
 喧嘩上等、三度の飯よりケンカ好きな高校生達が他校と ガチンコファイト を繰り広げる中で新任教師が就任し…。

 といった話を軸に展開される ケンカ学園ムービー です w



 見る前は「 ビデオ画質でどうせアクションだけでしょ? 」と軽い気持ちで見始めたのですが、予想以上に素晴らしかったですよ!!



 ギュウゾウ演じる、不動先生が冒頭でとある荒れた高校の教師として就任する訳ですが、この先生、なかなか只者じゃないんです。

 会話の中で無駄にピースする、なまりが強い、一方的に生徒に声がけする など先生として大丈夫か?というくらいインパクトある人で、

 最初は「 ウザイな〜 」と思ってたんだけど、物語が終わるまでには、「 カッケー! 」 と強くイメージが変わりました!



 「つっぱれ、つっぱれ、つっぱるんや。ただ、人様だけには迷惑かけんな」 が名ゼリフです。


 不動先生、本当に最高でした!


 さらにその高校に留川真帆演じる妹が在校してます。

 先輩達にはおべっかしているけど、逆に先生であり兄でもある二人の何気ない兄弟シーン、なんかとてもいい感じで好きです。




 ラストは危うく泣かされるところでした (;゜0゜)

 グラウンドで不動先生と不良たちのシーン・・・。



 「ドロップ」でも感じましたが 不良 って世間的にイメージ悪いけど、少なからず憧れる部分があります (^O^)

 仲間がやられたら、相手が勝てそうにない時でも、身の危険帰りみず助けに出陣するその行動。

 自分勝手に生きてそうで、実は 仲間意識 が凄く高いところとか憧れます。

 友情とかじゃない、 仁義 の部分かな!?



 話が変わりますがところどころ、印象に残るシーンがありました。


敵対するボス同志、素手で揚げ物をくらいつきながら商談するシーンw

手がベトベトにテカってるし、飲み物おそらく牛乳だった w



 更にサウナでどっちが先にこの部屋から出ていくか我慢対決勝負 w

 お互い超汗だくで「 おまえ出れや 」「 俺はまだまだいける 」等の会話が延々とされます。


 あと赤髪の奇声の「ヒーハー」もウケたw おまえ怪鳥か!!!!!



 面白かったです。



 肝心なアクションは言うまでもなく凄かったです!

確実に当たってるよね!? 」というカットの連続で堪能させて頂きました!

 見ていて 「 自分もやってみたいなー 」と強く思いました。



 シリーズで何作かあるみたいなので、これから是非、見ていきたいですね。


 あと、ところどころインサートされるDOGBOMBの音楽も素晴らしく、オススメです!






予告編「B→ON」







ジョン・カーター(アンドリュー・スタントン監督) [DVD]ジョン・カーター(アンドリュー・スタントン監督) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

JOHN CARTER

2012年度作品
133分 / アメリカ
監督… アンドリュー・スタントン
出演…テイラー・キッチュ、リン・コリンズ、サマンサ・モートン、マーク・ストロング、キアラン・ハインズ、ドミニク・ウェスト、ジェームズ・ピュアフォイ、ダリル・サバラ、ポリー・ウォーカー、ブライアン・クランストン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ウィレム・デフォー


JOHN CARTER6

ジョン・カーター111

JOHN CARTER4

ジョン・カーター10

JOHN CARTER9

JOHN CARTER10

JOHN CARTER7

JOHN CARTER8



  劇場にて鑑賞してきました。


 良かったですね。



 でも、ぶっちゃけ開始30分は面白みが感じられなかったです (^◇^;)

 それもそのハズ、アメリカでは記録的な大赤字となったようですw

 とにかくストーリー展開が何処かで見たようなパターンの連続 … (~_~;)



 でも、舞台が地球から火星 変わると俄然面白さアップ ( ´▽`)/


 重力が異なるせいか、初めは歩くことさえままならない地球人のジョン・カーター

 しかし慣れてくると、すっごい跳躍力を見事な程にモノにします。

 その映像は圧巻!



 あと、忘れることは出来ない、この映画を語る上で欠かせない登場キャラクターの ウーラ

 顔は近年稀に見る不細工で口の中はグロさMAXなのですが、犬系な動きで主人公のジョン・カーターにピタリといつも寄り添り、とても愛着のある仲間です。

 サーク族にボコられているところをジョン・カーターが助ける事で仲良くなります。


 そしてコイツ、足が超早い んですよ w

 漫画でいう「 ババババババ 」っていう感じで高速移動します。

 ジョン・カーターが大ジャンプをした着々地点に、いつの間にかスタンばっているウーラかわいい


 中盤、大勢の敵陣を前に仲間を先に逃がし、自分一人に敵に立ち向かうと決意する重要なシーン、

 段々と迫り来る大群…隣を見ると、戦う気満々ウーラがいるシーンは素直に感動しました。

 その後のシーンも現在の映像に過去の映像が見事に合わさりとてもすばらしい演出でホロリ (´・_・`)




 最初はどうなるかと思いましたが、とても楽しめる内容となっています!



 ちなみに当初、この映画は俺の大好きなロバート・ロドリゲスが監督として動いていたプロジェクトでした。

 そのバージョンも見たかったなー、低予算早撮りなので絶対 赤字 になる事はなかっただろうに…。

 そのせいか「スパイキッズ」シリーズのジュニ役のダリル・サバラも出演してますw


 オススメー! 





予告編「ジョン・カーター」





SPL/狼よ静かに死ね 特別版 [DVD]SPL/狼よ静かに死ね 特別版 [DVD]
(2009/09/09)
ドニー・イェン、サモ・ハン 他

商品詳細を見る

SHA PO LANG

2005年度作品
93分 / 香港 / R-15
監督・・・ウィルソン・イップ
出演・・・ドニー・イェン、サモ・ハン、サイモン・ヤム、ウー・ジン、ダニー・サマー、リウ・カイチー、ダニー・サマー、ケン・チャン、ティミー・ハン、谷垣健治



SPL/狼よ静かに死ね4

SPL/狼よ静かに死ね7

SPL/狼よ静かに死ね8

SPL/狼よ静かに死ね6

SPL/狼よ静かに死ね3

SPL/狼よ静かに死ね2

SPL/狼よ静かに死ね5



 く~~~~~~~



  くっ、暗い!


 近年稀に見るくらい 後味悪さ です。


 登場人物みんなそれぞれに母、恋人、妻、娘、と家族がいます。

 なのに…容赦ない 仕打ち がもれなく待っています…。

 見た後 「 …(−_−;) 」 の爽快感、ゼロ。



 でも、アクションシーンが 凄いこと なっているのでオススメします!!!

 監督は「イップマン」のウィルソン・イップ



 見所は誰が何と言おうと、ドニー・イェン VS サモ・ハンのラストの一騎打ちのシーンです!

 実写でここまでのアクションを今の時代でやれることがレア

 ドニーさんは相変わらず抜群の運動神経を披露しています!


 そして相手役のサモ・ハンが凄かった!


  動けるデブ!


どうしてそんなに俊敏な動きができるの? 」くらい不思議な位動けます!


 CGなしの壮絶な肉体バトル w


 プロレス級の技で何度も吹っ飛ぶサモ・ハン!

 そこからの起き上がりスピードが何度も言いますが、その体形からは想像を絶する素早い身のこなしで復帰しますwwww

 そして推定体重 100キロ が宙を舞います。



 あと、ウー・ジン演じるナイフ使いの殺し屋もなかなか強い!

 笑い方がとにかく、イヤらしいw


 ドニー・イェンと路地裏で 警棒 VS ナイフ でのバトルシーンが壮絶過ぎる。




 ちなみに「 マッハ! 」に刺激を受けてドニー・イェンが「 負けてたまるかー 」とばかりに本作のアクションシーンを監修したそうです(^ ^)


 後味は悪いけど、アクションは何度も見返したくなり程の完成度、オススメ! 




予告編「SPL 狼よ静かに死ね」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。