jgfj.jpg

2007年度作品
99分 / 日本
監督・・・本橋圭太
役者・・・美波、吉沢悠、榊英雄、吉野公佳、木下ほうか、ベルナール・アッカ、我修院達也、ガッツ石松、大杉漣、高良健吾、中島浩二、ばってん城次、つぶやきシロー、田中麗奈
キャッチフレーズ わたしの21才の夏は二度とこんちゃもん!だけん、逃げないかんとって!! 


14546_02_l.jpg

02.jpg

070612_kusotawake_sub5.jpg

070612_kusotawake_sub3.jpg

070612_kusotawake_sub6.jpg


070612_kusotawake_sub4.jpg

逃亡くそたわけ

070612_kusotawake_sub9.jpg

070612_kusotawake_sub7.jpg

070612_kusotawake_sub1.jpg

070612_kusotawake_sub8.jpg



 ちゃん、なごやん

 この二人最高!



 この作品大好きです。

 以前レンタルして見たことあります。

 そして返す前にもう一回見た、俺の中ではこんな事は今までに一度しかないレアな一本です。



 まず、タイトルのインパクト!

 「 逃亡くそたわけ

 ちなみに「 たわけ 」とは「バカじゃない」っていう意味らしいです。



 ジャンルはロードムービー。博多から鹿児島への旅(実際には逃避行)。

 旅している気分、かなり味わえます。



 この二人、花ちゃんは躁うつ病、なごやんは鬱病患者です。



 でも、全然映画は暗く描いていません、むしろ勢いあって、爽快に仕上がっていると思います。

 

 オープニングから一気に引き込まれてノンストップでエンディングまで駆け上ります。

 ユーモアや映像センス、選曲も抜群に良し。



 ~~ あらすじ はこんな感じ ~~~~~~~~~~~~

 自殺未遂を図って福岡タワーに近い精神病院(プリズン)に入院させられていた大学生のちゃん。

 情緒不安定で、時々聞こえる男の声の幻聴に悩まされている彼女は、ある時ついに脱走を企てる。

 その巻き添えをくらったのが、もうすぐ退院できるはずだった鬱病の青年、なごやん

 名古屋の人間なのに頑なに標準語しか話そうとしないなごやんを道連れにしたちゃんは、彼の愛車ルーチェに乗り込むと、後先考えずにひたすら南へ向けて走り始めるのだったが…。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 実質今回で三回目の鑑賞ですが、この世界観にどっぷり浸ってしまいましたー


 吉沢悠は標準語ですが、対する美波博多弁がもうとても強烈(いい意味で)。

「なんもないっちゃけど」
「おらんとー」
「超ムカつくったい!」
「やけんね」




 文字で読むと「 えっ? 」ってなるけど、彼女が発すると「 まぁー自然でw 」。

 いがいと博多弁のイントネーションが心地良かった。東京出身の美波(当時20歳)、凄いよ!!

 鑑賞した後、何気に博多弁が口から意識せず出てしまうくらい耳に残りました。




 そんな美波が演じるちゃんの頭の中で登場する幻想のキャラクター達、味あっていいです。


 軍服姿の我修院達也のキャラクターはいうことなし!

 榊英雄のクールな派手派手カウボーイ風男!

 海坊主のガッツ石松w


 他のシーンでは高良健吾が元彼氏役、更にライオンのような凄い頭の医者役で大杉漣が笑えますw



 ほんと大好きな映画です。



 こんなタッチの映画もいつか作ってみたいと思います。

 いや、絶対作ります。



 二人の掛け合いはほんといいですね。二人の関係図もツボ。



 すばらしい、そして愛すべき映画、オススメだ!



 予告編はココ から







スポンサーサイト
338327_02_01_02.jpg

2011年度作品
120分 / 日本
監督・・・川野浩司
役者・・・中村蒼、山下リオ、児玉絹世、KG、柴田理恵、羽田美智子、トミーズ雅、笑福亭松之助、手塚理美

338327_01_04_02.jpg

338327_01_01_02.jpg

338327_01_03_02.jpg

hoshi-full01.jpg

e661b50b268fceda3be3ef38688e01b6_00005.jpg



 まず、初めに 山下リオ、好きなんですよねー (^O^)/


 盲目なのに気の強い女の子演じた「ライズアップ」。

 カンニング竹山の娘演じた「ねこタクシー」。
 
 魔法少女演じた「魔法遣いに大切なこと」。

 書道部の一人演じた「書道ガールズ」。


 どれも大好きな作品です!




 彼女が出ていなければこの作品も見ていなかったでしょう、きっと…。

 ジャンルは 夢追いラブストーリー



 見ていて、二人がくっつく要素は十分垣間見られるのですが、お互い気づかず、日々が過ぎていく毎日。

 見ている観客だけが、知っているこのもどかしさ。

 「 好きだ 」って言っちまえよ! って何度も見ながら感じました。




 でも、その瀬戸際がまさに 映画 としては見所なんですよね!

 二人のデート風景 なんて興味ありません。

 その微妙な関係が、なーんか いいんですよね。

 友達以上、恋人未満



 ↑ これ、恋愛映画で必須項目です



 ちなみにストーリーは、

 東京の進学校で留年が決まり、世間体を気にする母親によって富山県の親戚のもとに預けられた高校生の恒太郎

 すっかり心を閉ざしてしまった彼だったが、賑やかな居候先の家族や隣に住む同級生のと接していく中で、少しずつ心を解きほぐし、自分の居場所と将来への目標を見出していく。






 中村さんと山下さん、冒頭の二人の出会いは、けっこー最悪なんです。

 中盤以降もなんか素直になれない二人。

 というか、好きなのかもわからない始末。


 でも、ふとした時に意識してしまう 瞬間 があります。


 そんなこんなで学生な二人は家庭環境なり、進路なりでいろいろ悩み葛藤します。



 そして終盤、ついに コクハク! 


 本当に最後の最後でお互いの想いが一致し、抱擁

 そして この上ない幸せそうな笑顔 をこれでもかと見せてくれます。

 なんかいつの間にか親心的な感じになってしまってますが、ここに辿り着くまでにけっこう二人は暗い表情ばかりしているので、なんか応援したくなりました!


 この二人のニッコリシーンは演出で彼らの周りをカメラがゆっくり回ります。

 ここのカメラワークがほんと、ほんとほんとーに秀悦! 



 これだよ、コレ! …本当に見たかったものは!



 ぶっちゃけ、このシーンがなかったらこの映画レビューも書かなかった位、見ながら「 おぉっっ! 」と身を乗り出してしまいましたw




ただ、いかんせんここまで辿り着くまでが、かなり長いんですよね (^^;;

本編見ていて、「 あぁ、もうそろそろエンディングだなー 」なんて思って何気に時間表示させてみたら、「 残り30分あります 」 って…ま、マジですか!?



ちなみに原作は漫画(全7巻)あるそうです。

なのでところどころ、「 なぜに!? 」ところが見受けられました。



けっこう本編中で 長回し も多用していて、しかも手ブレもちょっと気になります。

「 冗長だなぁー 」っと素直に感じてシーンも…



でも、終わり良ければすべて良し!!



最高っ!



ラブストーリーいいね。

撮りたくなってきました(^∇^)



ちなみにこの映画、地域活性化映画でもあり、富山県 にスポット当てられ撮られています。

 地元住民にはかなり好評との事。

 そりゃそうですよね、普段何回も見ている景色がスクリーンで ドーン と広がっているんです。


 こういうのって自分も興味ありまして、最近自主映画でよく、ロケーションします。

 以前はとか誰も人がいないところばかりでヒッソリ撮っていたのですが、最近はむしろ人だかり関係なく「 いいな 」って思ったところでロケしてます。

 街の風景って肉眼で見るのと、カメラ越し で見る映像ってけっこう印象が違います。

 この映画をみて、ますます何気ない風景っていいなーと思いました!




 他にも映画で「 いいな 」って思ったところが、挿入歌

 インディーズアーティストの楽曲を本編で5、6曲使われているのですが、ハマっているところはほんと登場人物の想いをバシッと奏でられているのでホクホクしました ← (´Д` )?

 前半シーン、恒太郎が東京にを連れ出すシーンと、あのラストシーンの選曲は特にピッタリで鳥肌が立ちましたね。



 あ、そうそう柴田理恵がおばちゃん役演じているのですが、訛り(富山弁)が妙に板についていてとにかく驚きました。す、凄い!



 この映画、いいです。


 オススメです 
。 





予告編「ほしのふるまち」






spi.jpg
THE AMAZING SPIDER-MAN

2012年度作品
136分 / アメリカ
監督・・・マーク・ウェブ
役者・・・アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス、デニス・リアリー、キャンベル・スコット、イルファン・カーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド
キャッチコピー 恐れるな。自ら選んだ、この運命を。 

amazingspiderman10.jpg

amazingspiderman08.jpg

340403_01_19_02.jpg

340403_01_07_02.jpg

340403_01_11_02.jpg

340403_01_23_02.jpg

340403_01_21_02.jpg

o0588031711992582549.jpg

340403_01_02_02.jpg

340403_01_28_02.jpg

340403_01_17_02.jpg


 劇場でみました。


 実はもともとこの「アメイジング・スパイダーマン」、興味ありませんでした。


 なぜかというと俺の好きなサム・ライミ監督の「スパイダーマン」三部作があまりに好き過ぎて・・・・更に四作目ならまだ分かるけど、このシリーズの一作目をまた作り直す(焼き増し)なのだから。


 でもなんだかんだで … 見たいんです!

 気になりますよ、やっぱり。




 で、見た結果、思う存分に派手派手にやってくれていました。

 ちなみに監督は「500日のサマー」のマーク・ウェブ




 前シリーズと大きく異なる点は、主人公がかなり イケメン w

 なよなよ系 じゃないんですw



 あとスパイダーマンと言えばなんだかんだで憧れの、糸飛ばし!!

 前シリーズでは手首から糸が生成されていましたが、


 今回、なんとビックリ!

 糸発生装置を自分で発明してしまっているじゃないですか!

 しかも糸出す瞬間、その装置がく光って恰好イイときました!




 そして気になるヒロイン

 個人的にキルステン・ダンストが好きで比べることは出来ませんが、今回のヒロインはおそらく大多数が認めるかなりのかわいい&美人系です。




 皿に気になるスパイダーマンと死闘をする相手、今回はリザード! 

 と、トカゲです。


 ぶっちゃけどっかで見たこと(勿論映画で)ありそうなビジュアルしてましたが、なかなか迫力あるバトルを魅せてくれます。




 結果やはりサム・ライミ版には叶わないですが、十分楽しめました!

 あと、この新シリーズはけっこうリアリティを追求しています。けっこうスパイダーマンが受けるが生々しくてとても痛そう。




 話題の3D版見たのですが、特にラストのニューヨークの街中を舞う迫力映像は感激しました。

 「 ハッ、もしかして、自分飛んでる!? 」的な浮遊感を味わうことができました。

 これは是非、大きなスクリーンで堪能してこそですね。




 第二弾も作られそうな終わり方なので、楽しみですね。




 毎回、自分の漫画の映画化にチラッと姿を見せる、スタン・リー

 今回は思う存分、楽しんで演じちゃってますw どんな登場かはその目でお確かめて下さい。




 個人的に本編終了後のエンドクレジッツトで流れた日本版オリジナルテーマソング、SPYAIRの「0 GAME」が凄い気に入りました!ピッタリです。





予告編「アメイジング・スパイダーマン」



SPYAIR『0 GAME』


342454_02_01_02.jpg

2012年度作品
118分 / 日本
監督・・・大塚祐吉
出演・・・生瀬勝久、小西真奈美、刈谷友衣子、松方弘樹、野村周平、古田新太、広瀬アリス、橋本愛、大後寿々花、入江雅人、堀内敬子、凜華せら、堀部圭亮、池田鉄洋、谷村美月、山口紗弥加、伊藤歩、羽野晶紀
キャッチフレーズ 「娘に会いたい……」願いはたったひとつだけ。あなたは信じますか、生まれ変わりを。


342454_01_02_02.jpg

thum10.jpg

img02.jpg

342454_01_07_02.jpg

thum9.jpg

img03.jpg

342454_01_01_02.jpg

20120529162321066 (800x531)

342454_01_05_02.jpg

342454_01_03_02.jpg



 スープ」、劇場で観に行って来ました。


 ちなみにこの作品、中国奥地に実在する“生まれ変わりの村”を取材した森田健のベストセラー・ノンフィクション文献とその世界観をモチーフにして作られた作品です。



 この映画、当初俺は、

スープ・・・?料理映画か、んじゃパスで!

 っていう第一印象だったのですが、何気に映画レビューをチラ見したら「号泣必須な映画」とか「今年NO1だ」って高評価レビューを見て、それじゃあ、と何気に予告編見てみたらあらビックリ!



 もともとこういう スピリチュアル 系、大好きだし、それもテーマが 生まれ変わり ときたら見るしかない!



 そんなこんなで泣き、覚悟で足を運んで行った訳ですが、・・・




 別の意味で凄く 影響 受けました!

 先に結果から言うとウルみましたが、泣きませんでした

 ちょいちょい、演出面で惜しいというか残念な部分もありました。




 でも・・・でも、この映画、心から本当に出会えて良かったな と思いました。




まず、あらすじどうぞ!

 うだつの上がらないサラリーマンの渋谷は妻に離婚され、15歳になるとの関係もこじれたまま。

 しかもふとした行き違いから娘と衝突してしまった直後、出張先で上司の綾瀬由美と一緒に落雷の直撃を受けて命を落としてしまう。


 やがて目を覚ました2人は、死後の世界に。そこは、死者が生まれ変わるまで一時的に過ごす場所。


 伝説のスープを飲むことで別人として生まれ変わることができるのだが、前世の記憶は失われてしまうという。

 娘のことが気がかりな渋谷はスープを拒否し、由美と共に記憶を残したまま生まれ変わる方法を探るのだったが…。
 




 ちなみに構成は 二部構成 です。



一部はロードムービー風なナビゲイターが次々出てくる おっさん渋谷編。

二部はそのおっさんが生まれ変わって16年後、渋谷学生編ですw




好きなシーン結構あります、書き切れません。


特に印象的だったのはは、前半のクラブシーン

 タチの悪い男に絡まれた渋谷が、目の前にタイミングよく現れた天使の格好した女の子に「おめぇ、遅ぇよ!」って今までの渋谷からは到底あり得ない馴れ馴れし行動(吹っ切れ)でその場を乗り切るシーン。

 その後、その天使にキレられーの、ダンスしーの、強い酒飲まされーの、松方弘樹にキスしーの・・・の一連のくだりがホント、ツボでしたw




 役者さん、全体的にとても光っていました!


 主役の冴えない渋谷演じた生瀬勝久は安定した味のある演技。

 古田新太の初登場シーンは吹いたし、

 娘役の刈谷友衣子はセリフの喋り方から動きまで、超難所をうまく演じきっていたし、


 「告白」「管制塔」の橋本愛も抜群の吸引力オーラを惜しげもなく発揮。

 広瀬アリスは前世のキャラの雰囲気をよいしょよいしょで感じさせ、笑わせてくれました。






 ここからは 個人的な話 に入ります。

 
 まず俺、生まれ変わり は信じている派です。


というか 信じたい です。


やっぱあったらワクワクするし、生まれた日で この人はこういうタイプ とかの 占い けっこう当たるのを見ているとその延長線上で、生まれ変わり もあったっていいんじゃないかなー なんて思ったりしています。


 死んだら何処へ行くのか?  」


子供の頃からよく布団の中で考えていました。


 いつか自分も消えてなくなるんだ と恐ろしい現実に辿り着き、絶望を何度も何度も味わいましたw

最終的な持論として 生まれ変わり きっとあるさ




この映画では描かれている 死後の世界 が実際にあれば は特に恐れでも何ともなくなります。



 でも、まだ死ねないよ!

 まだ、死ぬのは早い!

 やりたい事は一杯ある。やれることを、やらないで死ぬのは絶対符に落ちない!

 
 やっぱそこに辿り着きますね!





 そして普段から自分大好き なんで、今の記憶を保持したまま、長く生きたい!!


 でも・・・

 この「スープ」という一本の映画を見て、俺の心が大きく揺らぎました。


 この映画では、完全に前世の記憶を抹消、もしくわ以前の記憶を残したまま(厳密に言えば中学生ぐらいから徐々に記憶が復活)転生する、二つの生まれ変わりパターンが存在します。


 主人公は者を選択する訳ですが、一度、中年まで経験。その中で離婚し、娘もいます。

 死ぬ間際、娘を感情的にぶってしまい公開、、前世でやり残した事、すなわち

娘の顔をもう一度見たい、そして誤りたい

 という願いを叶える為に記憶を保持したまま、生まれ変わります。



勿論、過去の記憶を持って生まれ変わっている事は誰にも相談出来ず、その普段から可笑しな行動に親が敏感に察知し「 あんたなにやってんの?頭、大丈夫? 」と本気で心配されます。

 学校でもどう頑張っても浮きます。なかなか同年代と馴染むことができません。学生特有の初々しいしさ出せません…。

 どこかで必ず引いた目で世界を見てしまいます。目的の為には犠牲が付き物。見ていてけっこう辛いものがありました・・・。


 それだったら、後腐れ一切なしで、全て消して新しくスタート切った方が人生いろいろ楽しめる訳ですよね。



 さらにこの映画では前世のクセが生まれ変わっても自然に反映されています、少なからず来世にも影響を及ぼしているわけです。



 とすると結論は・・・。




 この映画を見て、普段の生活すごい考えさせられました。


 実際、リアルで今繋がっている人の何人かは、きっと前世で何かしら付き合いが合った人かも知れません・・・。



 そういうのってなんとなくわかるような、わからないような。



 人生 って本当に知れば知るほど深いし、まだまだ知りたいことが一杯ある。


 あー、もっと今の人生満喫しようと強く思いました!



 二時間あっという間、いい経験させて頂きました!


 あざっス!



 これだから映画は辞められない!大好き!



 凄くオススメですよmスープ! 





予告編「スープ ~生まれ変わりの物語~」

さらば愛しの大統領 [DVD]さらば愛しの大統領 [DVD]
(2011/04/20)
世界のナベアツ、宮川大輔 他

商品詳細を見る

2010年度作品
82分 / 日本
監督・・・柴田大輔 & 世界のナベアツ
役者・・・世界のナベアツ、宮川大輔、ケンドーコバヤシ、吹石一恵、釈 由美子、大杉漣、志賀廣太郎、前田吟、宮迫博之、仲村トオル、水野 透、剛、礼二、高橋茂雄、河本準一、小杉竜一、岩尾望、レイザーラモンRG、彦麻呂


336436_01_03_02.jpg

sub3.jpg

336436_01_06_02.jpg

336436_01_05_02.jpg

1468a709cc987b91933f8ddd17cd8847.jpg

336436_01_07_02.jpg

336436_01_04_02.jpg

336436_01_02_02.jpg



 劇場公開時からかなり気になってました本作。


 見る人にとってはかなり 好き嫌い 別れます。

笑えない人は全く笑えないそうですが、個人的にこのアホ加減好き。

頭空っぽにして楽しましていただきました!




 あってないようだけど、一応ストーリーは、

独立国家宣言をした世界のナベアツが、大阪合衆国初代大統領に就任!

そんな時、謎の大統領暗殺予告が届く。

大阪府警捜査一課随一のアホコンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が暗殺犯の捜査に乗り出すが…。

次々現れる暗殺犯!操る謎の組織とは!?二人の刑事は大統領を守ることができるのか?合衆国に未来はあるのか??
 





 芸人さん、多数出演。

 芸人さんってフツーに演技上手いから、なかなか楽しませてもらえました。

 実名で出てくる役者も世界のナベアツ含めチラホラ (^-^*)/



 最初は次から次へと ナベアツを狙いの暗殺者 が出てきます。役者はホント豪華!


 その一人、爆弾プロフェッショナルの大杉蓮の怪しい姿に気づいたミドリゴリラ役の宮迫博之の神がかったオナラネタの指導

 「プーは斜め45度で、目線はあっち」 シーンは爆笑!



 その爆弾を発見し、爆弾処理センターに電話するシーンも笑えます。

 俺、今の仕事がコールセンターなんで、もう分かる人には分かるネタw

 SMの違い、発音で四苦八苦する堂々巡り感がワロス o(^▽^)o。




 更にオ〇マ総理がナベアツのネタ「 1、2、3 」のの字のあのアホズラを本気でやってるところヤバかった。

それも躊躇なく何度も何度もw



 他にも鼻毛抜いて裸のゴリラの置物に体毛として育毛している上司。

その量、半端ない!一体鼻の中、どうなってんの??


 彦麻呂の毒見、扱いヒドイ… w





 大阪合衆国の 活性化政策 として大阪の電力源を「笑力」でまかなうプランや、通天閣を打ち上げロケットとして飛ばしたり、

 ホルモン飛ばし投げ競技に至っては黒人ムキムキ男が思いっきり口から ホルモン を飛ばし飛距離を競うw

 ペットボトルの下部に明らかに泥水的なもの下に沈殿されている道頓堀の水CMのギャップw



 そして何よりウケたのは大阪の叔母ちゃん達を軍事利用するシミュレーション映像だ!

 戦場でナベフタにて防御しつつ米兵士接近、飴爆弾で豪快に兵士を吹っ飛ばす。

 そしてあの戦争映画の名作「地獄の黙示録」や「プラトーン」の名シーンを 強烈なビジュアルのおばちゃん で再現する珍シーンは笑った笑った (T▽T)




 ナベアツ大阪の名物キャラの一人、串カツの 串かっちゃん は実際に商品化できそう!

 けっこう他の名物キャラよりピックアップされていました。



 こんなアホ映画なんだけど吹石一恵釈 由美子が凄~く綺麗に撮れていましたw



 「アホが一番や、アホなくらいがちょうどいい」のセリフが耳に残ります。



 ちなみに監督は、柴田監督と共同で世界のナベアツw

 というかナベアツさん、落語家に転向して桂三度に改名したんですね。ビックリ!


 オススメです! 




予告編「さらば愛しの大統領」



「政見放送 その1」
※1:40の「キヨスクのババァ------」が最高w