上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
9069248e-s.jpg
THE DARK KNIGHT RISES

2012年度作品
164分 / アメリカ
監督・・・・クリストファー・ノーラン
キャスト・・・クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン、マシュー・モディーン、アロン・モニ・アブトゥブール、ベン・メンデルソーン、バーン・ゴーマン、ジョシュ・スチュワート、ジュノー・テンプル、ジョン・ノーラン、ネスター・カーボネル、キリアン・マーフィ、リーアム・ニーソン、ジョシュ・ペンス、トム・コンティ、ウーリ・ガヴリエル、エイダン・ギレン、ブレット・カレン、ダニエル・サンジャタ、レジー・リー、クリス・エリス、デヴィッド・ダヤン・フィッシャー、ウィル・エステス、ブレント・ブリスコー、デズモンド・ハリントン、ロバート・ウィズダム、ロニー・ジーン・ブレヴィンズ、ウィリアム・ディヴェイン、ジョーイ・キング
キャッチコピー伝説が、壮絶に、終わる。

igkj.jpg

340611_01_08_02.jpg

340611_01_04_02.jpg

340611_01_06_02.jpg

photo.jpg

20120806153759.jpg

340611_01_02_02.jpg

340611_01_05_02.jpg

340611_01_01_02.jpg

340611_01_07_02.jpg

13276.jpg

6b93c3dc3e79f2bf5c6003ec4b2ef31f.png



 前作「ダークナイト」はかなり衝撃でした!


 なぜかというと単純にエンターテイメントとして面白く、かつ社会的なメッセージ性が胸に迫ってくるのです!


 特に終盤、バッドマンが自分を犠牲にしてまで、ゴッサムシティを守る姿にとても熱いものを感じました。

 あと狂気的ジョーカーの圧倒的存在感が忘れられません。


 この融合、正直驚きました!!




 今回も前作同様、メインキャストは続役、監督も一緒

 面白くならない訳はないでしょう ♪( ´▽`)




 まず、あのバイクは反則です!

 カーブ曲がる時、ドリフトじゃなくて…??あれなに?

 ギュルンギュルン#$%%&&%#



 個人的にスローコマ送り再生で見てみたい・・・。



 とにかく訳わからない感じになってるけど、もぅ凄いんです!

 音もなんかかなりいい感じで ( ̄◇ ̄;)繰り返しみたくなるシーン間違いなしです。





 キャットウーマン、良かったですね。

 あまり言うとネタバレになってしまうので控えますが、バットマンとの関係がツボでした。




 そうそう、バッドマンのマスクがリアル過ぎて、ちょっとというか、かなりキモかったです(汗)


 最近は仮面ライダーでライダーマスクを見慣れてしまったのもありますが、顔を下半分は丸出し、上半分をゴツいカバーで覆い隠されています。

 そして目の部分が刳り貫かれて … 怖ぇーよw



 ま、ダークヒーローですから、いいんですけどね。



 今回の敵はレクターみたいな口マスク装着しているベイン

 かなりが低いんです。

 いいね、低音ボイス

 劇場のスピーカーだと反響ヤバいです。




 さて、この作品で一番の見所は終盤の民衆と警察交えての二人のお待ちかねリアルファイト!

 飛んだり、光線出したりしない、肉体と肉体の殴り合いバトルです!

 かなり痛そう、な戦い。無駄に迫力を感じました!




 この「ダークナイト ライジング」でこのバットマンシリーズは完結。


 監督、役者さん、お疲れ様でした!



 とりあえず今年度(2012年度)の洋画部門一位はこの「ダークナイト ライジング」で決まりですね!


 とにかくおすすめです!!!



予告編「バッドマン・ダークナイト」




スポンサーサイト
2588_large.jpg


2011~2012年度作品(全12巻/51話)
監督・・・中澤祥次郎、渡辺勝也、坂本浩一、加藤弘之、坂本太郎、竹本昇
役者・・・小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢、細貝圭、進藤学 、田村ゆかり(声)
キャッチコピー派手に行くぜっ 


gokai50-35.png

imagesCAJ1BDUK.jpg

20110805004135869.jpg

1ad75088-s.jpg

201109011831405c1.jpg

7ca5c9bc309b318846f112352873296a.jpg

79.jpg

gokai51-04.png

imagesCAD6292Z.jpg

2011071501335060b.jpg

20111108161124cc8.jpg

20110715013242d95.jpg

20110708175453a10.jpg

20110519182119e66.jpg

20120224014644df7.jpg

201107150130492ca.jpg

2011071501342149f.jpg

gokai18_04.png

gokai18_07.png

gokai51-23.png

gokai51-19.png

gokai51-33.png

gokai51-08.png

201202240144500df.jpg



やばいです、この作品!


戦隊 知りたいと思うならこれ見ればその圧倒的な凄さが分かります!侮れない戦隊シリーズ。

 最近は仮面ライダーにハマっていますが、同じ系統の戦隊、こちらも実はちょいちょい気にはなっていました。

 34年の歴史背負った 彼ら 、画面からほとばしる戦隊愛が熱過ぎました!!!!


 ほんと毎話、お祭り騒ぎで興奮。




 レンジャーキー 全スーパー戦隊34 に変身できる35代目の戦隊、その名も 海賊戦隊ゴーカイジャー!




 もちろん初めから全部のキーは持ってはいません。

 地球上に散らばったレンジャーキーを探す一同。

 



 そのレンジャーキー全てを集めると、宇宙最大のお宝を手に入れることができるという夢を追い求め、宇宙海賊達が地球にやってくるところから物語は始まります。


 そう、この人達、人間じゃないんです!

 途中で入る追加戦士のガイは地球人なんですが、他はそれぞれ別々の惑星から様々な想いでキャプテンのマーベラスに選らばれた選りすぐりのメンバーなんです。




 ということで、地球人を助ける義理がありません。




 そんな彼らの 気持ち が回を増すことで段々と動いていきます。

 35代目のヒーローになる瞬間、熱いものが込み上げます。

 育った環境が違うのに 世界最高のお宝 を手に入れるという目的、海賊になって滅んだ国の民に自分が生きている象徴として入った者、子供の頃から憧れの戦隊に志願してきた者、はたまた強引に連れ込まれたもの、この六人の絆、本当に強く太く、羨ましいかぎりです!






 年代的に「ターボレンジャー」、「ファイブマン」見ていた記憶があります。

 当時のテーマ音楽が流れた瞬間、すごーく懐かしく気持ちなりました。カセットテープ何度も聞いていました。



 実はこの作品見る前に「スーパーヒーロー大戦」で少しゴーカイジャーの事、知っていました。


 当時は、彼らの変身ビジュアルシーンがメチャクチャカッコ良い~!

 という印象が強く残っていて、じゃあドラマ版も是非見たいな~ というホント軽い気持ちで手を伸ばしてみました。




 とにかくリーダーのマーベラス、久しぶりに見たヒーローらしいヒーローです。





 ブルーのジョー、イエローのルカ、グリーンのハカセ、ピンクのアイム、シルバーのガイの性格分けがシッカリされています。


 あ、そうそう鳥型ナビゲーターロボットのナビィがかわいい!



 アクションも毎話、スタイリッシュに魅せてくれます!

 ここに関してはもう言うことありません!



 毎話、かならず巨大ロボ戦があるのですが、各戦隊の大いなる力をゲットしてどんどんパワーアップしていくゴーカイオーにワクワクです。
 
 特にニンジャマン風雷丸が個人的に好きでした。




 毎回、妥協なきクオリティー!

 ノンストップで最終話突っ走ります!




 ゴーカイシルバーなのにゴールドモードというネーミングセンスw、そして顔をとにかく一杯つけたそのビジュアルセンスw

 ゴーカイジャー(豪快)、悪の帝国ザンギャック(残虐)等、突っ込みどころは限りなくありますが、それも含め大好きな作品です。





 全51話全ての見終わった感想は 最高!また、いつか見直したい! です。



 久しぶりに、というか何年かぶりに見た、戦隊、それがゴーカイジャーで童心に返り、本当に良かったです!

 中にはかなり泣けるエピソードもありました。

 仲間意識、生き様、師弟、兄弟、背負っている過去など、扱うテーマも素晴らしい限りです!



 

 特に最終話から前10話くらいからのテンションは相当なもの!


 その分、見終わった後の喪失感も強く困りものです。





 50話、ジョーが放ったセリフに痺れました ヽ(´o`;

「どんなに辛い過去でも、それを不定してしまえば、今の自分を不定することになる」



そして最終話の51話、次から次へと変身しながら手も足も出なかったラスボスと戦う彼らの姿に、並々ならぬ感動を覚えました。




 本当に 感動、ありがとうございます!



 戦隊知らない人でも、童心あれば必ず引き込まれる最高傑作!超オススメです!


 この作品を見て、別の戦隊に興味沸いたのは言うまでもありませんね。





第1話予告 & バトンタッチ



オープニング曲「海賊戦隊ゴーカイジャー」



スーパー戦隊ヒーローゲッター(過去映像編)



スーパー戦隊ヒーローゲッター(本編映像編)










Inu o Kau to Iu Koto Poster

2011年度作品
日本 / 全5巻(全9話)

監督・・・本木克英、遠藤光貴、高橋伸之
役者・・・錦戸亮、水川あさみ、田口淳之介、久家心、山崎竜太郎、武田航平、鹿沼憂妃、風見しんご、杉本哲太、泉谷しげる
主題歌:「マイホーム」関ジャニ
キャッチコピー 拾われたのは、私たちでした。 


14.jpg

01.jpg

1511.jpg

11651.jpg

2+266.jpg

21262616.jpg

1515116151.jpg

2566261616.jpg

110423-0008510812.jpg




 近いうちにを飼う予定なので何げに借りてみた連続もの。

 全9話あります。


 はい、泣けます( ノД`)

 
ラスト周辺は特に嗚咽します(┯_┯)



 ポメラニアンのスカイ(スカイツリー)という名の犬と ある一家 を軸に描かれる感動のドラマです。

 タイトルの180日に注目です!!



ちなみにスカイを演じた役者犬のダイヤちゃん。

いい、名前だね。




 この家族の元へ次から次へと降りかかる災難、長男が確か一話の最後吐き捨てるように「いつか、うちの家族は、ホウカイする」と初っ端から発していました。凄いな少年よ。



 少年の言葉通り、悲劇が連鎖します。

 それでも前へ進む家族と一匹。



 けっこう重厚なドラマですが、ところどころ笑いや感動、奇跡が起きるんです。





 ところで実家でチワワを飼っているのですが、普通、チワワって片手で持てますよね?

 うちのチワワも片手で持てない事はないのですが、バランス取るのが難しく持つ手がプルプルしてしまうくらいなんです(^◇^;)




 で、この作品も当初、「 あっ、チワワだ! 」と思って借りて見たら、まさかのポメラニアンでした。

「えっ!?もしや我が犬、ここにきてポメラニアン疑惑?」

ただ、血統症にチワワと確かに明記されている事から、チワワで間違いないと思いますが、ミックス疑惑も湧いてきましたw





さて、話は戻しまして、ところどころ泣かせポイントがあります。



まずは自分が生まれたせいで貧乏なったんだと思い込む長男坊に、

「それは違う。父さんの力がなかったんだ」

と頬を殴った後、裸で抱き合うシーン( ← その前のシーンで風呂入っています)。

 ↑ 熱いです!




 続いてに8話の終盤、一家がスカイを残して「行ってきます」と出掛けた後、スカイ目線でその家の部屋を順番に回りその都度その部屋で起きた過去風景を回想するシーンは、涙しました。



 続く、最終話も全編、熱いものが込み上げてきました

 (((((◎_◎;))))

 音楽も壮大で涙線を緩ませてくるんです・・・。




見せ方も「この家族に救われたスカイではなく、スカイに救われた家族」というのがいいですね。




 このドラマを見て、いろいろ日常について考えさせられました。

 家族っていいね とも感じました。




 あ、そうそう、子役の久家心の演技がほんと上手い!

涙垂れ流しながらも

「私がスカイのお母さんだもんっ!、お母さんだもんっ!」

 というシーンは破壊力抜群の名シーンです。




 スカイから広がる人の暖かい繋がり。

 いいね。




 このドラマを見て、すき焼き(鍋)パーティーやりたい!と思いました。

 とりあえずガスコンロ買おう!

 スカイツリーも生でいつか見たいな。



 おすすめです! 

 



メインテーマ「犬を飼うということ」










YushaYoshihiko.jpg

2011年度作品
監督・・・福田雄一
役者・・・山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、宅麻伸、佐藤二朗、岡本あずさ、きたろう
全4巻(全12話)
キャッチコピー非常識だから、冒険なんだよ。 


6006e2d67a8089b440412bf8f24eb449.jpg

110923.jpg

_h475_yuusha-yoshihiko-sceen-1-2.jpg

ora110715_yoshihiko2.jpg

03.jpg

b110811_001.jpg


img_85069_14275497_3.jpg

5b678b8a2a625b59b3eca1e83bccbf62.jpg

7cbf4b2f.jpg

yoshihiko.jpg

97930578.jpg

20110823181142_01_400.jpg

20110810163653_00_500.jpg



 ヨシヒコ最高!


 周りで悪い評価あまり聞かないこのドラマ、遅々ながらレンタルしてみました~。


予算の少ない冒険活劇 」とはじめからテロップで堂々と唱っている強気な態度、大好きです!



 でもオープニングPVはめちゃくちゃ格好良いこのギャップw




 とは逆に本編は本編で余りのくだらないノリに笑いまくりでした( ´ ▽ ` )ノ

 いや、でもクオリティは本当に高いですよ!




 さて「勇者ヨシヒコ」は誰が見ても「 本当にあなた勇者なの? 」といった行動を潔くやってくれます。


 そもそも勇者になった理由からしてねぇ…w


 真顔で何度も勇者投げ出し宣言したり、本性はかなりのスケベ。いいのか、それでw




 ゲームの「ドラゴンクエスト」をプレイした事ある人は更に小ネタで楽しめますね!

 効果音音楽シチュエーション、モンスターまで再現してくれるサービス精神(着ぐるみ、ハリボテですが)。

 スクエアも協賛しているので、とことんやってくれてます。

 


 毎回冒頭で山賊出てくるのですが、真剣な戦い一度として出てきません。

 よくここまでネタバトルを毎回見せてくれたものです




 個人的に爆笑だったのは、勝手に人に家入ってとかぶっ壊す、あのゲームでは何気ないシーンの実写化にはホント笑いました。

 リアルに壊してます。



 「33分探偵」「The3名様」の福本監督だもの。笑いは保障できます。




 良かったなぁ。

 キラリと光るセンスが最高(^-^)/





 登場人物の中ではムロツヨシ演じるメレブのウザさが気に入りました!

 覚える呪文がことごとく使えないのがイイネ!




 木南さんの変顔率が高さも笑えます。




 あとも忘れちゃいけません!

 佐藤ジローは「33分探偵」でも美味しい役どころを演じていましたね。

 中盤以降、魔王と戦いに備え、仏から必要不可欠な 武具集め しますが、そのくだりも面白かったです。




 第二部も今年10月から放映スタートという事で今からとても楽しみです。






「勇者ヨシヒコとドラゴンクエスト1話から5話まとめ」



オープニング



フルPVmihimaru GT「エボ★レボリューション」





T0009681p.jpg

2011年度作品
日本 / 128分
監督・・・瀧本智行
役者・・・西田敏行、玉山鉄二、川島海荷、余貴美子、温水洋一、濱田マリ、塩見三省、中村獅童、岸本加世子、でんでん、菅原大吉、八木昌子、阿南敦子、山崎樹範、永倉大輔、猪野学、宮本大誠、柳英里紗、藤竜也、三浦友和
キャッチコピ ⇒ 望みつづけるその先に、きっと希望があると思う。 

338688_01_04_02.jpg

338688_01_06_02.jpg

338688_01_05_02.jpg

338688_01_03_02.jpg

338688_01_02_02.jpg

338688_01_10_02.jpg

338688_01_11_02.jpg

338688_01_08_02.jpg

338688_01_01_02.jpg



 以前、原作漫画読破済みです。

 ※↑ボロ泣きした記憶があります。


漫画原作の後ろに後日談として書かれていた外伝の青年を主人公とし、本編が描かれています。



 冒頭から、主人公(お父さん)と一匹の犬(ハッピー)の訃報から幕を開けます。


 市役所勤務の青年(玉山鉄二)が、現場で拾ったレシートを頼りに以前飼っていた犬のクロの事を重ねて動き出します。← 行動力凄いなー!




 ちなみに漫画ではハッピーのナレーション構成で物語が語られますが、映画版はその演出は残念ながら排除されていました。



 でも、まぁそれでも泣けてきます!



 脇役、みんな個性あっていい感じです。



 最近、温水さんにハマってて、出てくるだけで笑えます。

 この手のタイプやらせれば、ピカイチですね!



 西田敏行さんは、さすがな演技力。




 ラッキー演じた犬、チビの演技は凄かった。

 特にラストの びっこ歩き が演技とは思えないほど素晴らしかったです!



 あと、この映画、ロードムービー的な要素もあって東京から北海道まで、車で移動するんですが、軽く旅行気分を味わえてちょっとばかしお得です!



 一番印象的だったシーンは、本編ラストシーンの ひまわりに囲まれたお父さんとハッピー でしょう。


 オススメです!




予告編「星守る犬」



石狩浜で映画ロケ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。