上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
342979_01_01_02.jpg

342981_01_01_02.jpg

2012年度作品
前編「始まりの物語」130分 / 後編「永遠の物語」109分
日本
総監督・・・新房昭之
監督・・・宮本幸裕
役者・・・悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、野中藍、加藤英美里
キャッチフレーズ ⇒ 叶えたい未来があった。たとえ、自分を騙してでも。

342979_01_12_02.jpg

342979_01_11_02.jpg

342981_01_03_02.jpg

342979_01_09_02.jpg

2011011620433003f.jpg

342979_01_07_02.jpg

342979_01_06_02.jpg

mm_b_0497--_t1_0100-1_large.jpg

342981_01_06_02.jpg

342979_01_03_02.jpg

20121021004715.jpg

imge60dbb70zik3zj.jpg

img_634352_21285441_1.jpg



ネタバレありです、ご注意を!


TV版の感想はこちら


劇場版「魔法少女まどか☆マドカ」見てきましたー!


 前編(TV版1~8話分)と後編(TV版9~12話分)を劇場で10分の休憩を挟んでの連続鑑賞。


 この作品はアニメの概念を見事壊してくれた、出逢えて良かった大好きな作品です。



 上映開始早々、タイトルクレジットにあの馴染みある音楽が聞こえた瞬間、凄ーーーーく切ない気持ちにさせられました。掴みバッチリですね。



簡単に「魔法少女まどか☆マギカ」、略して「まどマギ」を説明すると、萌え系のかわいらしいキャラクターの絵柄、魔法少女”というメルへンチックな印象から想像をつかない重厚でダークで容赦ないストーリー展開etc・・・アニメ関係の賞を総なめ&社会現象にもなった作品です!


 平凡で何の取り柄もない中学生まどかは様々な過酷な運命に突如巻き込まれ、そこで悩み、傷つき、そして目の前に広がる現実を受けとめ、とある決意します。




 この「 絵、可愛いなー 」で見るとひっくり返ります。子供がこの作品見たら絶対トラウマなりますw

 逆にこの絵で躊躇してしまう人もいるでしょう(俺がまさにそうだった)「魔法少女」なんて付くタイトルなんて、恥ずかしくてねぇw

 「 アニメだからどうせ… 」って毛嫌いしている人にも見てもらいたい作品です!

 外見はほわほわ系ですが、中身はカルピスの原液くらいに濃いんです!!





 この劇場版、TV版全12話を約4時間でまとめているのでところどころシーンが端折られたり、シーンがブツ切りだったりとありますが、やっぱ「マドマギ」それでも最高でした!

 TV版を見た者としての感想は、よくここまで構成したなと思います。

 ただ、TV版見た時の嗚咽には至りませんでしたねぇ。でも傑作に間違いはありません。

 初めて見る人には持ってこいだと思います。




 いつまでも続くかのように見えた日常から一変、極限状態に置かれ、与えられた重過に葛藤しまくる魔法少女達(中学生)。

 鑑賞後の余韻が半端ないのは変わりません!




 さて、異空間描写を全面的に担当しているアーティスティックな絵の劇団イヌカレー、本当に異世界って感じで、おどろおどろしいしさ全開!

 あんなにところに突然閉じ込められたら、溜まったものじゃありません。一歩も動けません。

 蒼樹うめ のキャラクターとのミスマッチさに異質感出まくり。でもまたそこが相乗効果を上げています!






 まどかの声、後半から8割涙声ですねw

 そんな彼女が回想シーンで明るい声、そして終盤の決意に満ちた声を発するのが新鮮過ぎる。←ココ聞きどころポイント!


 序盤、お姉さん的立ち位置にいるマミさんが、フとしたところで弱さを見せるシーン、個人的にこのシーン好きです。

 
 そして後編の謎解き演出は本当に素晴らしい限りです。






 更に「まどマギ」で語る上で欠かせないのが、地球外知的生命体インキュベーターこと、キュウべぇ

 劇場の大画面であのつぶらな目のアップが、しつこいくらい何度も何度も写りますっw


見た目はかわいい。でも実は腹黒さの王様w

テレパシー能力で会話、相手に畳み掛ける建設的な受け答え。

口で勝負したら絶対キュウべぇに勝てる気がしません。

でも、そんな憎めない キュウべぇ が好きですね。




 前編は、鹿目まどか目線で物語が展開。

 後編は、暁美ほむら目線で一気に見せます!めまぐるしい展開です。





 最初は些細な街中での事件が最後には人類の歴史、そして宇宙規模にまで発展するこの飛躍感。

 無理のない説得力ある演出、壮大な結末とカタルシスを味わう事ができます。





 来年、この作品の劇場版が新たに上映されると朗報。

 完全オリジナル作品との事で、今から気になります!





 希望絶望の総和のバランス。

 うーん、深過ぎる。


 オススメです!!!!





予告編「劇場版:魔法少女まどか☆マギカ」



TV版OP「コネクト」


スポンサーサイト
img_624143_22440563_0.jpg

2003~2004年度作品
全50話(DVD全13巻)/ 日本
監督・・・田﨑竜太、長石多可男、石田秀範、田村直己、鈴村展弘
役者・・・半田 健人、泉 政行、芳賀 優里亜、村上幸平、溝呂木 賢、唐橋 充、加藤美佳(我謝レイラニ)、原田篤 、河西りえ、佐伯俊、村井克行、栗原瞳、ケネス・ヅリア
キャッチコピー 疾走する本能


img_239800_6027744_3.jpg

vlcsnap-5582a9.jpg

img_239800_6081055_5.jpg

img_239800_6113967_10.jpg

200904011748075a0.jpg

img_1020636_20959389_4.jpg

img_1020636_21939899_1.jpg

img_1020636_21564321_5.jpg

img_239800_6113967_0.jpg

img_1020636_21359281_2.jpg

img_239800_6113967_8.jpg

img_1020636_21535447_6.jpg

img_239800_6149384_0.jpg

img_239800_6157413_6.jpg

img_1020636_21414267_4.jpg

555dsfdあ~1

img_1020636_21306592_2.jpg

555あ~3


 前回の「仮面ライダー響鬼」に続き、平成ライダー4作目の「555(ファイズ)」。


 ちなみにこの「555」、ガキの頃、おそらく見ていたと思います!

 オープニング曲「Justy Φ's」聞くと、何となく懐かしい気持ちになります。ただし、本編の記憶は全くありませんでした。




555」どんな作品かというと、

巨大企業スマートブレインが支配する世界。

偶然ファイズのベルトを手に入れた(半田健人)は、仮面ライダーファイズとなって、謎の生物オルフェノク(ビジュアルが絵画みたい!)との戦いに身を投じていくという物語です。
 




 従来描かれることの少なかった怪人側のドラマにも本格的にスポットが当てられ「人間と怪人の共存」のテーマとなってます。

 『龍騎』同様にライダーに変身する人間が善良とは言えない者だったり、本作では逆に怪人・オルフェノクにも正しい心を持つ者がいたりと、単純な善悪二元論では割り切れない群像劇も見所です。



 ベルトの争奪戦、緊迫感ありました。

 ベルト獲った盗られたであっち行ったり、こっち行ったりと移動しますw

 しかも特定の人間とオルフェノクも変身できる為、一筋縄ではいかないんですよね。





 主人公はキムタク似の巧(たくみ)ことタッくん。

 ベルト使用者としての力を発揮した当初、変身をかなり渋ります。そして変身してもあまり乗り気ではないw


 さらに第一話で
俺、夢がないんだ
人と接するのが苦手だ

 と問題(さすらい)発言するツワモノです。

 そして口が悪い。いつもしかめっつら。更に猫舌でいつもフーフーしてますキャラw

 そんな彼が自らの意志でベルトを装着し、555になる瞬間はやっぱ感動しました!

 そして後半からある新事実が巧を悩ませ葛藤 … イイね。






 ちなみに「555」の中で一番、唐橋 充が演じる海堂が個人的に好きです。

 いい奴のオルフェノクです。ボッロボロのジージャン上着が妙に似合っています。


 はじめはほんとしょうもないチンピラ人間だったのに、中盤以降からおバカ気質を醸し出し、しまいには「心の中でずっとアンタに憧れていたんだよぉ!」 と臭いセリフまで熱い口調で発っするいい奴に変わっていきました(^o^)/

 ほんとこの人、いい。

 下手すりゃ主役より存在感があったかも知れませんね。




 名シーンはやはり長田さんの見せ場でしょう。

 啓太郎との初デートでワクワク、お互いの気持ちがMAXまで上がったところでの、突然の別れ。ここのナレーション構成は本当に本当に切ない気持ちになりました。



 逆にけっこう笑える描写もあります。

 食卓シーンは基本、面白い。

 でもなんといっても真理が気合満点で変身ベルトを装着した瞬間、吹っ飛ばされるシーンと、長田さんと啓太郎のラブラブシーンを見たあと、階段でスッこけるシーンはコントかと思うほどツボりましたw





 さて、ファイズと言ったら忘れてはならない変身シーン!!

 携帯電話(ファイズドライバー)の「5、5、5」と押してエンターキーを押してベルトに装着すると光に包まれ変身完了です。

 ビジュアル最高!



 武器も多々ありまして、戦闘中に使用可能になるには順序がありきです。なのでセットしてスイッチ入れてから「スタンドバイ」の音声聞こえたら攻撃できます。

 相手もその間、ご丁寧に待ってくれませんから、サバイバルな戦いの中で隙を見て必殺技を繰り出すのでハラハラドキドキ。




 あと草加君(カイザ)の顔がとにかく「子供が見るには怖過ぎる顔相」とクレームがきそうな程凶悪な顔を全編通し切ってますw

 The悪役っていう顔w

 でも主人公達側にいるんですよねー ゜゜(´□`。)°





 あと、前半部の動物好きには忘れてはならないチャコの存在!

 いかつい黒人オルフェノクの腕の中でペット(チワワ)がしじゅうプルプルしてましたねw


 


 「555」オススメです!




予告「仮面ライダー555」



オープニング音源「Justy Φ's」



バトルシーン動画



動画「Kamen Rider Faiz (555) ~ Three Belts」
※これウケるww とてもわかりやすいです


ジャンクション










tsunagu_poster.jpg
2012年度作品
129分 / 日本
監督・・・平川雄一朗
役者・・・松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、本上まなみ、浅田美代子、八千草薫、仲代達矢
キャッチフレーズあなたがもう一度、会いたい人は誰ですか?奇跡は、一度だけ、想いをつなぐ。 

tsunagu03.jpg

tsunagu01.jpg

tsunagu08.jpg

015.jpg

tsunagu09.jpg

tsunagu04.jpg

ツナグ

011.jpg

012.jpg

f2178727a74cb124955cdc420812a9df.jpg

af35544ff248f69edf861cf027483a42.jpg

tsunagu02.jpg




 扱っている題材が好き ^o^


 テーマに惹かれ、久しぶりに劇場へ足を運びました。


 最近似たようなジャンル、生まれ変わりにスポットを当てた映画「スープ」が傑作だったので、この「死んだ人間と逢わせる事ができる」も絶対、見終わった後、何かしら得られるだろうと思い期待してました。




 やっぱ泣けますね!


 劇場内もすすり泣きが響き渡っていました。

 ただ数カ所、「設定が惜しいな(盲点、突っ込みどころとも言う)」がありました。

 でも泣けるところはジーンと涙が頬を伝わりました。




 簡単に使者(ツナグ)とは、

たった一度だけ死んだ人と逢わせてくれる案内人 」を差します。



 ちなみに下記 三点ルール があります。

1、依頼人が使者に逢えるのは生涯に一度、それも一人だけ
2、死者も生者に逢えるのは一度だけ。ただし、死者側から依頼は出来ない
3、逢えるのは月の出る夜。しかも夜明けまでの限られた時間




 死者に逢える なんて、普通に考えたら有り得ないん話なんだけど、実際に目の前に存在する 逢いたくても逢えなかった人



( O_O)  (^_^ )



 いろいろその人に対する今まで伝えきれなかった 想い があるわけですから、感情が揺れ動くのは当たり前です。





主役の松坂桃季は初めて見る顔でしたが、出演者も個人的に好感度が高い役者が出揃ろっていました。



影がある役を演じたらピカイチの若手女優(「告白」「管制塔」「スープ」)の橋本愛

高校デビュー」の熱演が記憶に残る大野いと

更にこの年代なら恐らくトップレベルの演技をする樹木希林、佐藤隆太「ガチ☆ボーイ」、桐谷美玲「ランウェイ☆ビート」、遠藤憲一、八千草薫。



オムニバス的な感じで下記コンビで描かれます

1、遠藤憲一 × 八千草薫(母子)
2、高橋愛 × 大野いと(親友同士)
3、佐藤隆太 × 桐谷美玲(結婚を誓い合った恋人同士)



 自分的に一番泣けるエピソードは橋本愛 × 大野いと

 設定がシッカリしているので、ジワジワと涙線を壊しにかかってきます!!




 ちなみに厳密に言うと松坂桃希は見習いツナグ。それも高校生。

 そのお婆ちゃんの樹木希林がツナグの正式な継承者です。

 この二人の何気ない日常もかなり雰囲気が出て好きです。




 突然ですがこの映画での一番の名セリフを紹介!

やらないで後悔するより、やって後悔しよう

 この言葉が胸に染みました!!



 口先だけでは誰だってできます。



 俺も「映画監督で成功したい」というそう簡単には到達出来ないビッグなを今、持っています。



 人生はたった一度だけ、後悔なんてしたくありません。



 諦めた時点で試合終了ですからねぇ。




 締めに入りますが、

 この映画、何かしら見ている人に何か大切な事を思い出させてくれます。


 感動のヒューマン・エンターテイメント大作「ツナグ」、超オススメです。

 



予告編「ツナグ」





p-zeiram.jpg


1991年度作品
94分/日本
監督・・・雨宮慶太
出演・・・森山祐子、螢雪次朗、井田州彦、吉田瑞穂


100705a.jpg

10071908035.jpg

img_1418481_55710609_0.jpg

10071907801.jpg

1644640.jpg

1644633.jpg

img_651335_39290773_2.jpg

a8d816a5736c80594f69eba1cbe2a477.jpg




 楽しかったー!!


 久しぶりに熱狂してしまったオススメ映画を紹介したいと思います!

 最近では特撮TVドラマ「牙狼/GARO」の監督で有名となった雨宮慶太監督の初の劇場映画、オリジナル作品「ゼイラム」!


 
物語は、
 凶悪な宇宙犯罪人ゼイラムを追って地球に来訪したバウンティ女ハンターのイリア

彼女はゼイラムを捕らえるべく結界を張るが、そこに二人の地球人が閉じ込められてしまい、イリアは二人をかばいつつ、ゼイラムとの死闘を繰り広げる。
 




 作品のテイストは塚本晋也 監督の初期作の「鉄男」「ヒルコ」などに近いと思います



 ぶっちゃけB級作品です。特撮もので、クリーチャーとのバトル映画。

 でも、とても愛せる一本!



というか、かなり「GANTZ」に設定&物語展開が極似してます!

「GANTZ」好きなら外れないと思います。

いつもの見慣れた街なのに人が全くいない空間、バトルスーツで強化、いかつい銃器、行動範囲が決まっている(透明な壁)、敵が気持ち悪い、ザコ敵が出てくる、倒したと思ったらまた復活する。


 絶対、奥浩哉 影響受けているハズだ!





 登場人物は少ないです。




 主人公の女、二人の男、敵のたったの四人


 冒頭はけっこう説明的な感じでちょっと退屈だったのですが、人間二人が巻き込まれてからは物語に深みが生まれ、とにかく次が気になる展開でまったく飽きさせませんでした。


 大きなゴキブリの形したゼリー状の食べ物フツーに食ったり、見るからに可笑しい敵に声をかけたりする、本当ド天然な若者鉄平

そしてその上司で大阪ノリのテンション高いおっさん系!機械に詳しく、とにかくよく喋る男神谷

 あと、声だけのコンピュータのボブってやつもいます。





 主人公のイリアの変身シーンが印象に残りました!

 強化スーツにパワーアップし、敵に立ち向かう姿がとても恰好いい!




 そして何と言っても一度見たらみたらそう簡単に忘れることが出来ないインパクトある敵ゼイラム

 そいつが「T2」のあの敵並みにしぶとく復活しまくりますw

 ちなみに着ぐるみストップモーションで描かれています。



 とにかくかなり気持ち悪い。

 めちゃくちゃ気持ち悪い。

 大事なことなので三度言います、ほんと気持ち悪い!


 ネチャネチャ系でキノコヘッドに能面が埋まっているのですが、そいつが半端ない。

 子供の頃見ていたらトラウマになること必須ですよ(u_u)






 そうそう、効果音も最高でした。

 ゼイラムの足音「ズシャ、ズシャ」がなんか快感w

 武器の動作音とかもそそります。



 更に本編中に流れるBGMもすごーくいいんですよね。

 心地よいサウンドが映画のクオリティーを上昇させます。




 ちなみに「ゼイラム2」も作られているというなので、近いうちに鑑賞予定。


 「ゼイラム」、オススメです! 



予告編「ゼイラム」



海外版予告編「ゼイラム」





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。