img_401685_2453360_0.jpg
2000~2001年度作品
全49話(DVD全12巻)
監督・・・石田秀範、渡辺勝也、長石多可男、鈴村展弘、金田治、小藤浩一
役者・・・オダギリジョー、葛山信吾、村田和美、葵若菜、きたろう、七森美江、松山鷹志、水島かおり、セルジュ・ヴァシロフ、大塚よしたか、田中恵理
キャッチコピー  ⇒ A New Hero. A New Legend


15_20111012181755.jpg

kua.jpg

クウんjk」ガ~1

img_1045673_29250419_2.jpg

クウガmjljk~2

20100613102920dffs.jpg

img_1045673_28455935_2.jpg

201006131029213e9.jpg

img_585541_12085215_0.jpg

クウガ~2んkln

ネタ用~1

クウm;lmガ~1

J6g2B.jpg

img_981264_26331006_16.jpg

201006131031124ff.jpg

クウ46ガ~3

クウガんjklj~2


 平成ライダーのトップバッターを飾る「仮面ライダークウガ」見終わりました!

 調べて見るとこの作品はテレビ版としては「仮面ライダーBLACK RX」以来11年ぶり、シリーズ全体でも「仮面ライダーJ」以来5年半ぶりに復活した仮面ライダーシリーズとの事です。



あらすじ

超古代。
 邪悪な力で異形の怪人に変身する戦闘集団「グロンギ」によって滅亡の危機に瀕していた古代民族「リント」は、人間を超変身させるベルトを創りだして戦士クウガを誕生させ、グロンギを撃退・封印した。

西暦2000年。
日本アルプスの九郎ヶ岳遺跡内に置かれた棺が暴かれた事から、封印されていたグロンギが復活した。次々に人々を襲い始めるグロンギ
 青年、五代雄介は、遺跡から別に発掘されていた謎のベルトからイメージを察知、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守る為に異形の怪人達と戦う!
 





 主演は今ではビッグな俳優、オダギリジョー!

 主人公の五代雄介は一切弱音を吐かず、途中、何度か仮死状態になりながらも、「 みんなの笑顔を守る為に戦う 」というただ単純な動機で怪人(劇中では未確認生命体〇号)と戦います。


 が務める幼稚園へ顔を出すと、園児たちがワッーっと集まる人気者から、人柄の良さを伺えます。

 更に自称2000の特技を持つ男!あり過ぎだろw




印象的なセリフを紹介
「自分が本当に好きな自分を目指せばいいんじゃない?」
「自分にできる限りの無理をしているんだ」


 主人公ではないけど、相棒の刑事の一条さんの言葉
いつも誰かの笑顔のために頑張れる・・・それってすごく素敵なことじゃないか


そして一番熱いセリフは、記念すべき第一話にて、危機的状況の中で、

戦います、オレ!こんな奴等の為に、これ以上、誰かの涙は見たくない!みんなに笑顔でいて欲しいんです!だから見てて下さい!オレの変身!!





 この「仮面ライダークウガ」には親指を立てるgoodポーズが頻繁に出てきます。必ずと言っていい程、毎回何度か出ます。

 最初はクサイーと思っていたのですが、なんか … イイネ。



 

 今のライダーと比べると演出タッチが異なります。

まず怪人が気持ち悪い

 人が直接死ぬ描写を生々しく描いています。



 そしてなんといっても死傷者の数が半端ないんです。ただのゲームとして人を殺しまくる怪人たち。最終的な犠牲者は3万人以上!!

 おそらく今まで見たライダー至上で一番、一般人への死傷者が出ていますね、きっと。


 
 特に1クラス40人の学生をブッ殺した怪人に、五代がキレて阿吽言わさず タコ殴り する場面、怪人の口からが飛び散りまくります。

 今の仮面ライダーでは絶対放映できないシーンですね(汗)





 あと、オートバイのアクションシーンが予想以上に多いです。

 それもカットでの誤魔化なしの超人技、プロスタントです。今見ても非常にカッコいい!




 ドラマパートもしっかりと作られています。

 当時、日本版「Xファイル」と言われたのも納得な作り。

 別の場所(シーン)へ変わる度に場所時間の表記が表示され、非常に丁寧。
 予想と異なり、意外と本格的な社会派ドラマとしても堪能できました。





 クウガの変身は体内に取り込まれたベルトを、自分の意志で腰に実体化させ、「変身」の掛け声とポーズの後、様々なフォームに変身します。


 赤がパワー、青が跳躍力&棒術、緑がシューティング、紫がディフェンス、そして黒!

 力を使い果たす、もしくわ致命傷を負うとのクウガになってしまいます。そうなってしまったら最後、二時間変身出来なります・・・。


 あ、シリーズ特有のお決まりの助っ人ライダー、現れません!!!





 ただ、そんな孤独な戦いながらも支えてくれる刑事の一条さん(射撃の腕はピカイチ)、警察や仲の良い研究員達と協力しながら敵を追い詰めていきます。





 物語が後半に渡るにつれ、、敵の強さが一層強くなってきます。

 怪人でも第二変身をするもの、仲間割れなど目が離せない展開へと変わっていきます。

 そしてなによりライダーキックで倒した後、敵が壮大に爆発し、周囲の建物へかなりの被害が発生。← 街中でヘタに倒せませんw


 後半はそんな戦いなので、強化バイクの前に敵を乗せて、人気のない工場などで止めをさします。そして壮大に爆発っ~~ w


 今見ても十分楽しめます、おすすです!






オ-プニング


音源「激闘バトル」


オープニング曲音源「仮面ライダークウガ!」


エンディング曲音源「青空になる」


後期ジャンクション集









スポンサーサイト
159167_1.jpg

2012年度作品
129分 / 日本 / Rー15
監督・・・三池崇史
役者・・・伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、山田孝之、平岳大、KENTA、宮里駿、横山涼、堀越光貴、武田一馬、竹内寿、米本来輝、岸田タツヤ、荒井敦史、西井幸人、秋山遊楽、中島広稀、藤原薫、永瀬匡、尾関陸、小島藤子、塚田帆南、岸井ゆきの、林さくら、藤井武美、菅野莉央、山谷花純、神崎れな、山本愛莉、山崎紘菜、夏居瑠奈、綾乃美花、伊藤沙莉、三浦透子、秋月成美、松岡茉優、藤本七海、兼尾瑞穂、宇治清高

キャッチコピー ⇒ まるで出席をとるみたいに、先生はみんなを殺し続けたんだ。 

342785_01_09_02.jpg

342785_01_03_02.jpg

342785_01_05_02.jpg

342785_01_04_02.jpg

342785_01_10_02.jpg

342785_01_07_02.jpg

342785_01_08_02.jpg

950bd6e8.jpg

342785_01_02_02.jpg

4be6acec6a024a4abbc41a6396f3f406.jpg

342785_01_06_02.jpg

20120911_5053288.jpg

e067817c76997b9e40b76943b0b2de85.jpg


 ハスミン、物凄く怖ぇー!


 ちなみに貴志祐介の原作小説は「このミステリーがすごい」第一位、「週刊文春ミステリーベスト10」第一位を獲得した禁断の小説、衝撃の映画化なんです。



 この映画を簡単に説明すると、「 教師が容赦無く教え子をやたらぶっ殺す、クラス全員皆殺し映画です!

  な理由でこの映画を進めると、とりあえず人格疑われますが、それでもオススメしたいです、いい映画なんで。


 自分では体験出来ない事を追体験できる、まぁ今回は出来ても絶対したくないですがねw


 あ、そうそう、無駄に伊藤英明の真っ裸が頻繁に映ります。w





あらすじは、

 頭脳明晰なうえ爽やかなルックスで生徒はもちろん、同僚やPTAからも信頼の厚い高校教師、蓮実聖司(ハスミン)。

しかし彼の正体は、自分にとって邪魔な人間と思えば、平気で殺すことができるサイコパス(反社会性人格障害)だった。蓮実はそうやって絶えず障害を取り除き、学校を思い通りに支配してきたのだ。


 ところがある日、ついに完璧だった手際にほころびが生じ、自らの正体が露呈する危機に。

 蓮実はその窮地を脱する最後の手段として、文化祭の準備で学校に居残る生徒全員の殺害を実行に移すのだった。






 伊藤英明がサイコキラー演じています!


 いや、最初は明るくて優しくて、楽しい先生。

 あんな英語の先生だったら授業が英語が好きになりそうだぁー!…そんないいオーラ出していました、最初は。


 それが段々と壊れていくのです。

 後半、フレディーとかジェイソンギグゾウ クラスなサイコキラーの存在感を放っていました。




 武器は先生拘りの猟銃

 玉を込めて打つと散弾銃みたいに飛び散りますので、銃口向けられて引き金引かれた瞬間、相手はジ・エンドな訳です。

 その破壊力は凄まじく、ロドリゲス映画並に、人が風圧でブっ飛びます。

 その描写がリアル過ぎ!日本映画でなかなか今のご時世でよくやりました。


 生徒たちは逃げ場を無くし、次から次へと殺されていきます。また生徒の怖がり演技も上手いので、余計怖さが増してます。

 更に三池監督っ!普通、スローモーション使ったり、殺害シーンをあえて見せない演出をしたりするところを、あえてリアルタイムで省略一切なしの殺害シーンを淡々と見せつけます。


 この残虐シーンはCGとは、また違った陰湿で容赦ないグロ、というかスプラッターの領域です。これは今年見た「スマグラー」の上をいくエゲツない描写。




 受け付けない人は全く受け付けない、評価がキッパリ別れる映画だと思います。






 途中、俺が大好きな弓矢使い(弓道部)の登場にワクワクしました。

 はたしてハスミン相手に活躍したかは是非、本編を見て確認ください。





 役者陣、無駄に豪華です。

 伊藤英明を始め、君、園子温「ヒミズ」の主演二人染谷将太二階堂ふみ。「冷たい熱帯魚」の主人公の吹越満。個人的に凄い嬉しい。


 更にセクハラ教師に「勇者ヨシヒコ」「荒川アンダーザ・ブリッジ」と全然違う役柄の山田孝之。ドラム演奏シーンがあるのですが、めちゃくちゃカッコいい

 その後、女子のパンツをキャッチしーので、喋る第一声がツボでしたw





 監督は三池崇

 監督の「ヤッターマン」が好きなのですが、全然タイプの違う映画撮るんですね、凄い!





 何度も言いますけど、殺戮描写半端ないです。

 スプラッターに免疫ない人、見ると絶対トラウマになります。

 伊藤英明、本当怖いわ。




 グロに体勢ある方には、この作品オススメしますよー!




予告編「悪の教典」


20121027134119.jpg

2012年度作品
103分 / 日本 / 3D
監督・・・神山健治
役者・・・宮野真守、小野大輔、斎藤千和、大川透、増岡太郎、吉野裕行、杉山紀彰、丹沢晃之、玉川砂記子、勝部演之
キャッチフレーズ ⇒ 終わらせなければ、始まらない。 


341009_01_03_02.jpg


341009_01_05_02.jpg

A0003447_013.jpg

009RE-CYBORG06.jpg

MMGEzu001025102012_4_1_000zu.jpg

A0003447_023.jpg

009RE_ALL_0914_Completed_NoTC-09795.jpg

A0003436_010.jpg

A0003447_010.jpg

A0003440_020.jpg

A0003436_020.jpg

A0003436_030.jpg

A0003440_010.jpg

A0003440_030.jpg

A0003447_020.jpg

A0003447_030.jpg

8104735049_f405680f2f_o.jpg



 3Dで遅々ながら観に行ってきました!


 この映画、当ブログ経由で、「009 RE:CYBORG」の宣伝を担当しておられる宣伝マンさん(!?)より「映画への関心が高く、優れた映画評」とお褒めの言葉を受け、「この009も是非!」とのことで観に行って参りました~。


 ということで、そのメールが届くまでは眼中にありませんでしたが、まず、予告編を見てビックリ!




 もろ好きなタイプのお話じゃないですか!?

 それも原作は、石ノ森章太郎!

 あの、仮面ライダーの原作者です!!





あらすじ、

2013年の現代。ロンドン、モスクワ、ベルリン、ニューヨークはじめ、大都市の超高層ビルが次々と爆破テロで崩壊する。

 かつて世界の危機を何度も救ってきた9人のサイボーグ戦士たち。
 今はそれぞれの故国に戻り、別々に活動していた彼らが、この未曾有の危機を前に再び生みの親ギルモア博士のもとに呼び戻されようとしていた。

 ところが最強のリーダー、009こと島村ジョーは、過去の記憶を消して高校生としての生活を送っていた・・・。






 これは見ないわけには、いきません。



 ちなみに能力者、皆サイボーグです。




 主人公の島村ジョーがとにかく格好いい!秘めた目をしています。

加速装置っ! 」という掛け声と共に、時間を超スローにする事ができる特殊能力を持っているのです!



 冒頭、記憶喪失なジョーが、記憶を取り戻すことになる印象的なバトルシーンは興奮しました。


 更に後半、核が爆発し街が物凄い速度で崩壊していく中を、加速装置の力の俊足で逃げ切るジョー、爆撃がすぐ背中までくる中、無音で走るジョーの独白ナレーションがとても感無量でした。




 終盤、専用服を着込むメンバー達。

 その衣装に無駄に長いスカーフが巻かれます。

 バトル中はかなり邪魔になりそうですが、ビジュアルが最高だ。

 動く事で風でなびくヒラヒラ感じがイイ!




 ジョーとライバル的なジェット(アイアンマンみたいに飛べます)のキャラが憎めない。

 指先から弾丸連射するヤツがいったり、口から火をはく中国人がいたりw

 フランソワーズは美人で性格もいい。ジョーが羨ましいぞ!!




 ラスト、泣けました。

 普遍的なテーマですが、やっぱいいですよ、これ。

 ヒーロー最高! 

 



 説明ゼリフが若干、チンプンカンプンで一部 眠気を誘いましたが、アクションシーンや盛り上げ方が良かったのでとても楽しめました!



 アメコミの「X-MEN」シリーズ、「アベンジャーズ」など、ヒーロー好きならハズレない、オススメな一本です。




予告編「009 RE:CYBORG」


ペプシコラボCM1


ペプシコラボCM2





img_428140_53103585_0.jpg
THE EXPENDABLES 2

2012年度作品
102分 / アメリカ / PG-12
監督・・・サイモン・ウェスト
役者・・・シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、チャック・ノリス、テリー・クルーズ、ランディ・クートゥア、リアム・ヘムズワース、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、スコット・アドキンス、ユー・ナン、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー
キャッチコピー ⇒ 最強無敵の、その先へ。

pnotes_img01.jpg

342015_01_01_02.jpg

Stallone_main.jpg

expt4-thumbnail2.jpg

expt7-thumbnail2.jpg

342015_01_02_02.jpg

342015_01_03_02.jpg

oth_37.jpg

342015_01_04_02.jpg

342015_01_05_02.jpg



 邦題「消耗品」という映画「エクスペンダブルス」そのシリーズの2見てきました!

 実は前作も劇場で見てました。

ちなみにこの作品はスタローンは監督を降り、役者のみのご出演です。





 頭空っぽにして楽しめるアクション超大作

 この映画、一言で言い表すと「 ドババババ! 」映画。




 銃撃戦最高!

 撃たれ方、肉片、血の飛び散り方もリアル指向でした。





 物語は、

 軍用銃のエキスパートであるバーニー・ロス率いる少数精鋭の凄腕傭兵軍団“エクスペンダブルズ”。

 今回CIAのチャーチが彼らに持ち込んできたミッションは、バルカン半島アルバニア領の山脈に墜落した輸送機に積まれていたデータボックスの回収というもの。


 エクスペンダブルズにとっては簡単な仕事だったが、ミッション完了の直前、残忍なヴィラン率いる謎の武装組織が現われ、データボックスを横取りされた上、大切な仲間の命も奪われてしまう。

 怒りに燃えるバーニーたちエクスペンダブルズの面々は、仲間の仇をとることだけを胸にヴィランの行方を追い始めるのだったが…。
 






 冒頭からエンジン全開フルスロットル!


 装甲車で敵の陣地を文字通りブっ壊しながら攻め込むシーンが手に汗握ります。



 アクションスター勢ぞろい!

 老いてもなお、エネルギッシュなオーラを醸し出す俳優陣。

 むしろいい具合に貫禄が出てきて物凄く恰好いい!




 ドルフ・ラングレンのキャラが特に良かったです!



 一番好きなシーンは飛行場でスタローンウィリス 、シュワルツネッガーの三人がワンカットに収まって銃を打ちまくるシーンがヤバかったです!



 前回は顔見せ的な出演にとどまったシュワルツネッガーが「ターミネーター」シリーズのオマージュとして「アイルビー バック」とその場を後にしようとした瞬間、隣にいたウィリスに「 戻りすぎだろ! 」と突っ込まれるシーンも最高でした!



 チャック・ノリスの登場シーンにあのマカロニウェスタンの名作「続・夕陽のガンマン」の名曲を流すのは反則だ!懐かしすぎるw

 あんな優しそうなおじいちゃんが、銃で周囲にいる敵を蜂の巣にする驚愕映像w



 アクション好きなら引き込まれる事、間違いなしな超大作「エクスペンダブルス2」、オススメです!





予告編「エクスペンダブルス2」


134682597390013221834_biohazard5-nt1.jpg

RESIDENT EVIL: RETRIBUTION

2012年度作品
96分 / アメリカ /PGー12
監督・・・ポール・W・ Sアンダーソン
出演・・・ミラ・ジョヴォヴィッチ 、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、ケヴィン・デュランド、ショーン・ロバーツ、ボリス・コジョー、リー・ビンビン、アリアーナ・エンジニア 、コリン・サーモン、ヨハン・アーブ、オデッド・フェール、中島美嘉
キャッチフレーズ 「世界」を壊せ。地球を救うために。

bio.jpg

jill.jpg

o0640042712152465899.jpg

mira.jpg

img_1552042_65669971_5.jpg

o0640042712116029068.jpg

12082602_Resident_Evil_Retribution_03.jpg

bio1.jpg

ada.jpg

img_633464_23719091_2.jpg

mr.jpg

img_439242_7172600_1.jpg

o0640042712152465900.jpg





 最高でしたー!

 劇場でそれもIMaX3Dでの鑑賞してきました。

 銃弾大鎌やら貴金属がモロ自分に飛んできて、避けようがないので顔面突き刺さり何度も死にましたw

 あぁ映画で良かった、ホッ。




 今回は今まで、主人公アリスが体験した印象的なシーンをゲーム的要素で新たにバーチャルシミュレーションします。

 個人的にその展開に興奮

来るね、来るね … 来たーっ! 」感がハンパない!





 冒頭のアリスと夫と子の幸せな家庭風景からのゾンビ感染

 このシーンだけ切り取ると、正統派ゾンビ映画だと言い切れます!




 この映画、なんといっても個人的にエイダ(リー・ビンビン「ドラゴンキングダム」でも綺麗な人いるなぁと思っていました)さんが最高!




 そしてついに登場しました。

 ゲームでおなじみのレオン

 風貌がかなり似ています。

 そのレオンとエイダの関係がGood!





 さて、話を戻しまして、やっぱこのシリーズ、ゾンビよりかはスタイリッシュなアクションが見所になっています!

 監督は一作目と四作目を撮ったゲームマニア、更に本シリーズの主演女優ミラ・ジョボビッチと結婚しているポール・W・S・アンダーソン

 実写とCGの融合でミラクルな映像を体感させてくれます。





 迫り来るゾンビに一人、華麗に殺陣決めるアリス

 細い通路で「スマグラー」並のスタイリッシュアクション(空を回るゾンビ達w)が次々と倒すシーンはハラハラドキドキ、そして爽快です。



 このシーン、中島美香も「4」につづき同役で出演。体を張ったゾンビを楽しそうに演じていますw




 さらに「1」より再びカムバッグしたミシェル姉さん、特にラストの肉弾戦は男顔負けのアクションで本気印が伺えます。

 今後アクション女優としてもっと出て欲しいと思います。




 「バイオハザード」もついに今回で5作目

 次が最終章と監督がうたってますがどうなんでしょう?

 この世界感だと、永遠に量産できそうで怖いですw
 





 作品に直接は関係ありませんが、「ウェスカー、太っているよなぁ」と思うのは自分だけでしょうか…?




 というわけでこの「バイオハザード5」は劇場で更にIMAXでの鑑賞を強くオススメします!



 6も今から期待大だ!!


 オススメですよ。





予告編「バイオハザードV:リトリビューション」


予告「バイオハザード シリーズ総まとめ」