上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
19231566.jpg
THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY

2012年度作品
170分 / アメリカ&ニュージーランド
監督・・・ピーター・ジャクソン
役者・・・マーティン・フリーマン 、イアン・マッケラン リチャード・アーミティッジ、ジェームズ・ネスビット、ケン・ストット、シルヴェスター・マッコイ、ケイト・ブランシェット、イアン・ホルム、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、イライジャ・ウッド、アンディ・サーキス、エイダン・ターナー、ディーン・オゴーマン、グレアム・マクタヴィッシュ、アダム・ブラウン、ピーター・ハンブルトン、ジョン・カレン、マーク・ハドロウ、ジェド・ブロフィー、ウィリアム・キルシャー、スティーヴン・ハンター、コナン・スティーヴンス
キャッチコピー ⇒ 「ロード・オブ・ザ・リング」は、この冒険から始まった  

002 (800x532)

001 (800x532)

hobbit-unexpected-journey-reviews (800x421)

003 (800x532)

the-hobbit-an-unexpected-journey-dwarves1-600x400 (800x533)

Ian-McKellen-in-The-Hobbit-An-Unexpected-Journey--585x390 (800x533)

20130118_325556 (800x449)

Cate-Blanchett-and-Ian-McKellen-in-The-Hobbit-An-Unexpected-Journey--585x323 (800x441)

Ian-McKellen-Cate-Blanchett-Christopher-Lee-and-Hugo-Weaving-in-The-Hobbit-An-Unexpected-Journey-585x319 (800x436)

Cate-Blanchett-in-The-Hobbit-An-Unexpected-Journey (800x440)

004 (800x488)

the-hobbit-ian-mckellan-sylvester-mccoy (800x523)

HBT-TRL2-219 (800x457)

the-hobbit-an-unexpected-journey-movie-2560x1600-2048x1536 (800x600)



 ギリギリ最終日、「ホビット」を IMAXの3D版 で見てきました!

 もぉ〜、素晴らしい限りですね!!!

 没入感、凄っ!





 さて、この作品、三部作の一章なんです。

 でもって「ロード・オブ・ザ・リング」三部作の主人公フロド(養子)の叔父さんビルボの若き頃(60年前)を主役に迎えた作品なのです。

 前作の大ファンなので、前作で言葉で省略されたとか小道具武器シチュエーションなどが出てきて とても懐かしさを味わいました。


 ちなみに当時、「ロード・オブ・ザ・リング」を見た記憶は鮮明に覚えています。

 映画好きになって間もない頃、おそらく高校生の時、

この映画、面白いのかなー?物語が超RPGゲームっぽw

 とTVで何気に流れるCMに惹かれ見に行った覚えがあります。

 見てビックリ、

「 これ、すげ〜、ゲームより面白いじゃん!二時間でこんな感動できるってスゲーよ! 」

 と衝撃を受けた記憶があります。




 さて、本題「ホビット」ですが、紛れもなく傑作ですね。

 とりあえず本年度ベスト1の冠を獲得です。


 「 前作と比べどうなのよ? 」と内心多少不安がありましたが、監督は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン

 新聞配達の傍ら4年半年越しで作り上げたグロ自主制作映画「バッド・テイスト」で鮮烈なデビューしたお方です。


 ちなみに「ホビット」は当初ギレルモ・デル・トロという「パンズ・ラビリンス」「ヘルボーイ2」の監督で企画が進め練られていたのですが、途中から再びピータージャクソン監督にバトンタッチしたそうです。

 そのせいか、何処となくダークなデザイン・ビジュアルの名残が残っていましたね。


 あと、音楽も同じくハワード・ショア。当時サントラ買いましたねー。

 あのホビット村の素朴で味わい深い曲、エルフ谷の曲。流れるだけで涙線がウルみます。




  ☆ あらすじ ☆
 
 中つ国のホビット庄で穏やかに暮らしていたビルボはある日、旧知の魔法使いガンダルフの思いがけない訪問を受け、トーリン率いる陽気な13人のドワーフたちの旅に参加してほしいと要請する。

その旅の目的は、邪竜“スマウグ”に奪われたドワーフ王国を取り戻すこと。ガンダルフは、この旅にはホビットの忍びの才能が欠かせないと考えていた。

最初は、危険な旅に当然のように拒絶反応を示すビルボだったが、好奇心と冒険心をくすぐられ、思わず旅の仲間に加わってしまう。

しかし彼らの前には、予想を遥かに超える険しい道のりと恐ろしい怪物たちが待ち受けていた。






 13人のドワーフw

 お、覚えられないって!

 何人かにスポットが当てられているようでした。




 エルフ役のケイトブランシェットの人間離れした異様な美しさも健在。

 同じく「マトリックス」のエージェントスミス役のヒューゴー・ウィーピングもエルフ役で続役してました。




 あとゴラムも勿論、再登場しますよ!

 目が異様に デカッ!少し若返っている!?でも髪の生え具合w

 初登場シーンから 気持ち悪さMAX です。

 ビルボと なぞなぞ対決 するのですが、その時の考え込む表情がリアル過ぎて恐いw





 見所の一つ、ニュージーランドの壮大な景色!

 いつか行ってみたいなー。

 3Dなので自分その現場にいるような錯覚を味わえました。




 ラダガストという新キャラで自然と動物が大好きなちょっと変な 魔法使い が登場します。

 移動手段のソリ。引き手がなんと数十匹のウサギさん!?そのソリで駆け抜けるシーンの疾走感が半端ない!

 後半、ヤバそうな大群を惹きつける役をかって出るのですが、間一髪な連続シーンは見ていて本当にハラハラドキドキでした。





 ドラマ面もじわーっときました。

 物語の終盤、ビルボが葛藤から見事、克服して成長したなー と思うシーンが出てきます。

 … 静かにが頬を伝わりました。





 本編は驚きの170分ですが、全く時間を感じさせません。





 素晴らしい体験をありがとう!





 あぁ、二章が楽しみで仕方がないなー。今年のに公開するらしいです。待ち遠しい。





 あ、そうそう上映中、

映像の質感が妙にリアル過ぎて違和感があった

 のですが、後々調べてみるとメジャー作品としては初となる、通常の倍の毎秒48フレーム(48fps)で撮影された“ハイ・フレーム・レート”方式の3D映像とのこと。

 IMAXで見たのもあるけどメチャメャ綺麗でした。




 これは超オススメ作品です。 







予告編






スポンサーサイト
614I6eezVQL__SL500_AA300_.jpg
城市猟人/CITY HUNTER

1993年度作品
100分 / 香港
監督・・・バリー・ウォン
役者・・・ジャッキー・チェン、後藤久美子、ジョイ・ウォン、リチャード・ノートン、ゲイリー・ダニエルズ、チンミー・ヤウ、キャロル・ウェン、レオン・ライ

31hcpExYG1L (800x454)

41+12H7sHmL (800x444)

31aVN3nsonL (800x448)

20120510_2416887 (800x600)

07121ecc4ddd43fb1bbd5be3fe358aa2_400 (499x600)



 おおおおおお、面白っ!

 改めてジャッキー・チェン、凄っ!



 たまげた、たまげた!



 ちなみにストーリーはあってないようなものデス。




 〜 あらすじ 〜

 私立探偵の冴羽僚(チェン)は日本の大企業家から家出した(後藤)の行方を捜して欲しいという依頼を受ける。

 娘を追って豪華客船に乗り込む僚と助手のカオリ(ウォン)。そこを舞台に警察、ギャング団、僚たち、三巴の戦いが繰り広げられる






 原作は日本の漫画、北条司の「シティハンター」との事。

 あれれ、こんな感じだったっけ?




 この作品、日本をフューチャーしているらしく、ところどころに勘違い日本が描かれていますよw





 とにかく凄いぞ、ジャッキーって感じ!


 アクション、凄過ぎて笑える、爆!







 あ、そうそう!

 本編後半にあの超有名ゲーム「ストリートファイター」を実写で再現するシーンがあるのですが、かなり笑えます!

 以前、この動画をYouTubeで見たことあるのですが、この映画の一部だったんですねーw


 ちゃんとワイヤーで人吊ってゲームの技を使ってますし、衣装、ヘアスタイル、技の再現度、効果音(そのまんま)etc ... ゲームをしたことある人には、もう堪らないです!

 でも早回し若干、というかかっなり使っているので、コミカル路線ですw



 ちなみに出てくるキャラクターはケン、エドモンド本田、ガイル、ダルシム、チュンリーw

 特にジャッキーのチュンリーコスプレはキモ可愛い出来栄えでした。






 あと、面白いというか、記憶に残ったシーンがありました!



 トンファーで防御するアクションシーンです!



 アクションと笑いをミックスしたこのシーン、

 相手が鉄パイプ、ジャッキーがトンファー。

 前半はトンファが一つなので、あ痛イタタタタタと漫画のような展開になりますが、後半、トンファーをもう一本GETし、相手からの攻撃をホント上手い具合にガードし、時に相手を挑発する余裕さえ見せるところは大爆笑!



 あと、前半に流れるとんねるずの「ガラガラへびがやってくる」の変曲カバー広東語「ガラガラ ハッピー」が個人的に最高でした!それもフルコーラスという意味わからないサービスww


 CGなしの生身のアクション、ホント凄いんで、オススメですよ!





ミュージックビデオ


软硬天师 Beyond 老人院


本編抜粋「実写版ストリートファイター」




B0001150988.jpg

2011年度作品
ページ数 ・・・ 240ページ
著者 … 松江哲明
キャッチフレーズ → もう「なんとなく」作っているだけでは食べていけない。「誰か」に届けてこそ、あなたの作品は「完成」する! 




  「自主的に」行動をするすべての人、必読の1冊です。 

 という宣伝文句に引かれ手にした一冊。




 とても勉強になりました。





 映像業界で 売れっ子 になる相当難しいと思います。

 簡単に到達できる ではありません





 でも、そんな高い壁だからこそ、俺は一生を費やしてでも、この道で成功する事を信じ、人生を全うしたい!!!







 ただ、実際問題、この業界で生計を立てている人はほんの 一握り だと思います。








 でも、好きな事して生活できる人生。

 この手で掴んでみたいです、そんな







 この本は実際に自主的に作品を撮り、上映、公開、販売しているドキュメント映像作家 松江哲明 の生の声を感じる事が出来る一冊です。



 wikより拝借
  ↓
 日本映画学校の卒業制作として撮られた『あんにょんキムチ』は元在日コリアンである自身の家族を描いたセルフ・ドキュメンタリーで、韓日青少年映画祭監督賞、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波特別賞などを受賞。同作はゆうばり国際ファンタスティック映画祭にも出品。

 1シーン/1カットのみで撮影したライブドキュメンタリー映画『ライブテープ』(主演:前野健太)が第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」作品賞(2009年)、第10回ニッポン・コネクション(ドイツ・フランクフルト・アム・マイン、2010年)「ニッポンデジタルアワード」を受賞。

「あんにょん由美香」(2009年)演出・構成・編集
「トーキョードリフター」(2011年)監督

 脳障害を負ったミュージシャンを描いたドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ 3D』が第25回東京国際映画祭コンペ観客賞を受賞。






 おおおっ、とにかくを獲得しているのは凄いですね!

 それも海外でも。





 そんな松江監督の[インディペンデント映画でサバイブしていくための10ヶ条]!

1,作品の権利は自分が持つ。
 
2,10万円以上の機材を買う場合は1年は悩む。

3,貯金は最低でも100万円は準備する。
 
4,極私的な視点を大切にする。

5,極私的な視点を疑う。
 
6,正論を撮らない。
 
7,上映後の観客の顔を見る。

8,軍隊ではなく傭兵部隊になる。
 
9,自分から話題にするのではなく、誰かが話題にしたくなる作品を目指す。
 
10,期待に応えない。
 
10+,映画のことばかり考えない。



  -----------------------



 このエッセイ、特にDVD販売についても詳しく取り上げており、付加価値について、価格設定、告知・販売方法など事細かく実体験が載せられています。




 とっても勉強になりました




 日本映画のDVDがあんなに高い理由も何となくわかりましたね。



 たかがDVD一枚、されど一枚。

 今ではハリウッドの最新作でも3000円程度で手に入ってしまいます。

 どんなに豪華な役者が出演者したって、CGたっぷり使っていたってDVDの値段に差はそこまでありません。

 何百億かけようが、数万円で完成させようが、

 数日かけようが、数十年かけようが、

 ディスク販売価格に関してはどれも一緒です!





 では、売れるDVDと全く売れないDVDの違いはどこにあるのか?

 「 なるほどなぁ 」という監督の実体験が身に染みました!




 深いですねぇ。




 ちなみにですが著者の松江哲明さんの作品、一本も見たことありませんが、聞いたことある作品はありました。



 これを気に松江哲明追ってみようと思います!






 映像業界を目指す人には絶対プラスになる情報が満載です。




 さぁ、俺も頑張ろっと!





予告編『ライブテープ』


予告編 『あんにょん由美香』


予告編『フラッシュバックメモリーズ 3D』


予告編 『SAWADA』


61kYLl5y0eL.jpg

2011年度作品 / アルバム
58分
アーティスト・・・supercell(スーパーセル)

513mxCSSe-L (800x569)

51Oy462IpwL (800x569)

51mLMibQtUL (800x571)

41ty65hHHLL (800x569)



【収録曲】
01 終わりへ向かう始まりの歌
02 君の知らない物語・・・1stシングル、アニメ「化物語」ED
03 ヒーロー(新曲)
04 Perfect Day(新曲)
05 復讐(新曲)
06 ロックンロールなんですの(新曲)
07 LOVE & ROLL・・・アニメ映画「センコロール」主題歌
08 Feel so good(新曲)
09 星が瞬くこんな夜に・・・PCゲーム「魔法使いの夜」ED
10 うたかた花火・・・テレビアニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」ED
11 夜が明けるよ(新曲)
12 さよならメモリーズ・・・PV監督:三木孝弘(映画「ソラニン」)
13 私へ(新曲)

 
 このアーティストはコンポーザーのryoを中心にイラストレーターやデザイナーが集ったクリエイター集団と記載されています。
 

 どゆことー!?



 そんなsupercellの2ndアルバム!


 ちなみにファーストアルバムでは音声合成ソフトの「初音ミク」がボーカルです!
 
 この2ndではゲストボーカルとしてやなぎなぎ(この作品ではnagi名義)を迎えています。





 さて、このアーティストとの出会いは申し訳ないが、覚えていない・・・。


 でも、いつの日か聞いた「君の知らない物語」が頭にこびりついていて、

 で、iTunesでこの曲と先日、再会を果たしました。




 他の曲も聞いてみましたが、とてもイイです。
 

 声がなんか切ない。


 いいねー。




 そして、このアルバムにも収録されている「さよならメモリーズ」はなんとPVまで作られ、しかもその監督は大好きな映画「ソラニン」の三木監督。


 演出が冴えわたっています!最後辺りはビビッと来ましたね。



 今後の活躍が気になるアーティストさんです。
 

 おすすめ! 





音源「君の知らない物語」/ MAD[化物語]


音楽「LOVE & ROLL」



PV「さよならメモリーズ」





title-0103.jpg

2006年~2007年度作品
全49話(DVD12巻)
監督・・・石田秀範、田村直己、長石多可男、田﨑竜太、鈴村展弘、柴崎貴行
役者・・・水嶋ヒロ、佐藤祐基、里中唯、永田杏奈、徳山秀典、内山眞人、加藤和樹、山本裕典、奥村夏未、神崎愛瑠、梅野泰靖、西牟田恵、山口祥行、本田博太郎、弓削智久、手嶋ゆか、三輪ひとみ、坂口拓、小林正寛
オープニング曲・・・YU-KI「NEXT LEVEL」
キャッチコピー 「天の道を往き、総てを司る!」、「俺が正義」  


01_26 (800x450)

img_865416_13545643_1 (800x458)

01_30 (800x450)

img_473275_6468696_14 (800x450)

img_865416_12891668_1 (800x462)

3cc6e39b1b0bd7ece7f4c0dfc8f9b07a (800x450)

ike02 (800x449)

aeb8d42257c9320ce6666b4852ea622f (800x450)

img_473275_6468696_5 (800x450)

e4c8c04e-s (800x453) (800x453)

4280 (800x450)

a388e9c2-s (800x448) (800x448)

img_473275_6468696_12 (800x450)

仮面ラ~1 (800x464)

947216b1c76c93281893a22e30824c9e (800x450)

vlcsnap-2010-11-30-20h47m58s107 (800x449)

5a2c690c (800x463)

20060503210146 (800x460)

f1449f79-s (800x451)

1f5de04b-s (800x448)

img_1213158_37007867_1 (800x450)

img_1213158_37007867_0 (800x450)

img_1007244_19819422_0 (800x435)

thumb (800x450)



 主演は水嶋ヒロです。

 その立ち振る舞い、喋り方、考え…超カッコイイ!

 とにかく俺様キャラ、天道総司が最高に尽きる!あとガタックの加賀美とのなんやかんやの友情も良かった~!



 実際にこんな奴いるわけいないけど、物語として全然成立しているから、凄い。

 人差し指を上げて「 おばあちゃんが言っていた・・・ 」がやっぱ脳裏に焼きつきますね!そのおばあちゃんが全49話中、一度も出てこないのがこれまたカオス




   -----  あらすじ ------
  
 10年前、渋谷に突如として振り注いだ隕石により、人々は大きな痛手を受ける。

 しかしその隕石には、謎の地球外生命体『ワーム』が取りついており、その後隕石の落下地点である渋谷を中心として増殖、猛威を振るいはじめていく。

 警察によって組織された対ワーム殲滅部隊ZECTの隊員である加賀美新は、前線に出て人々を守ろうと熱意を燃やすが、後方支援にばかり回されその未熟さから空回りする日々が続いていた。

 そんな中、市街に現れたワームによって部隊が危機に瀕する。加賀美が新しく開発された新兵器『ライダーシステム』の力を借り、ワームと対峙しようとしたその時、謎の青年天道総司が表れ、なんと仮面ライダーカブトに変身してしまう…!!

 そしてこのときから、二人はワームと 人類の生存をかけた戦い の渦中へと飛び込んでいくことになる。

  ---------------------------



 本作ではゼクトと名乗る組織が出てきます。

 マスクドライダーシステムを作り、ワームを倒し、人類を守る為に人間が組織した特殊部隊です。

 その組織化されたチームワークは、今までの見たことがなかった要素なのでとても斬新でしたね。





 今回のカブトは 変身 がメチャクチャ凄いんです!

 なんとビックリ、変身の変身をやってのけます!要は二段階変身。いや、終盤三段変身もしていたか。

 今回、勿論ベルトも装着するのですが、ゼクターと呼ばれる虫型の機械が何処からともなく飛んできて、それを所有者がクールにキャッチ!

 「 変身! 」の掛け声と共にバックルに差し込み、体を覆い隠すようなビジュアルイメージの元、ライダースーツを身にまといます。



 前回見た「クウガ」と異なりカブトムシをメインに助っ人ライダーが多数参戦します!

 クワガタ、蜂、トンボ、サソリ、バッタをモチーフとしたライダーが続々登場!

 特に蜂のライダー(ザビー)の第二形態のフォームがメチャクチャ恰好良かった!

 今まで見た電王龍騎響鬼555、クウガの中でも ベスト1 だと個人的に思いました。


 ちなみに二回目のチェンジで、毎回一回目のフォーム(ゴツく、もっさい)を周囲に撒き散らすのですが、その風圧で敵にダメージを与えます。当たりどころが悪ければワーム(この作品での敵の名称)が爆死w

 な、なんなんだその余裕はw



 そしてアクションシーンでかかせない‘クロックアップ’という超高速モード!

 相手もクロックアップを使う為、演出上周りの者や人がスローになるので視覚的にも楽しめました。






 生身の助っ人ライダーの面々もみんな強烈で個性ありまくりでした。

 クール系、熱血漢系、オバカ系、天然系、サイコ系etc…。

 そんな奴らが手を組んで変身し、敵を倒す姿にはやっぱ感動するんですわー。

 女性陣も今回は、みんなビジュアル良し、性格良しで◎。





 前半はお遊び要素が満載ですが、後半シビアな展開へと一気にシフトチェンジして、毎回次が気になって仕方がなかったですね。


 ドラマ面では、「555」同様、人間、ワーム、ネイティブの葛藤も出てきます。


 中でも一番の名シーンは山本裕典演じる神代剣の生き様

 ライダー(サソリのサソード)でもあり、ワームでもある彼は(自分はワームと意識なし)、初登場シーンは執事のじいやと共に白い衣装で登場し、天道他をあれやこれやと困らせます。


終盤、ゼクトの岬祐月に恋をし、「 岬姫っー 」と漫画的でかつ一方的なラブコールで完全おバカ路線で毎回笑わせてくれたのですが、

 とあるシーンで自分の今までの行いを見つめ直し、その岬と向き合います。そして近づくクリスマス初デート!手編みのマフラー(後半じいや作w)のプレゼントを持ち、岬待つ元へ走った矢先のあの展開 … 。シチュエーションがもう反則だ・・、かっなり泣けました・゚・(ノД`;)・゚・


 他、ギターケースにメイク道具を仕込む女性なら誰でも愛す男大介と女の子ゴンのチームワーク!?も良かったですね。

 あ、そうそう、矢車&影山の地獄兄弟もツボで最高だった!

 





 あと「 カブト 」を語る上で忘れてはいけない要素の一つ、それは「 」!



 天道をはじめ、料理シーンが豊富です。

 中盤、料理バトルを二話分当てた対決にはビックリしました。


 日本食がメインなので、毎回本当に旨そうでこの作品を見てから、確実に料理する機会が増えたのは言うまでもありません!


 食の師匠にテストとして、「この雑巾を料理しろ!」と無理難題を言われ、雑巾の天ぷら雑巾ステーキ雑巾そば (実際に映像で見たら本当に美味そうw)を堂々とかつクールに、師匠に出すところは爆笑でした。






 そんなクールが似合う天道がには優しいお兄ちゃんモードになったり、感情を露わにするシーン、時におバカキャラになるシーンなど見所満載でした。


プロデューサーが仮面ライダー生誕35周年として「 原点回帰ではなく、仮面ライダーの限界・頂点に挑む 」という宣言通り、初期のライダー要素を踏まえつつも、新たなライダー像を作り上げた本当に意欲作だと思います。





終盤のボスキャラのリーダーに「VERSUS」の主人公の坂口拓が登場してました。

彼の18番!?とも言える連続パンチ等のアクションありますw







 このカブト、特に後半のテンポも良さ、先が気になる展開、

 毎回、ワクワクドキドキ感を兼ね備えた世界観、大好きです!


 激オススメです!




仮面ライダーカブト 投稿者 retudou
オープニング


MAD


カブト変身動画


オープニング音源/YU-KI「NEXT LEVEL」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。