img_624143_19780709_0.jpg

MASKED RIDER AGITΩ

2001〜2002年度作品
全51話(DVD全12巻)
監督・・・田﨑竜太、長石多可男、六車俊治、石田秀範、鈴村展弘、佐藤健光、金田治、渡辺勝也
役者・・・賀集利樹、要潤、友井雄亮、秋山莉奈、升毅、藤田瞳子、柴田明良、山崎潤、田口主将、菊池隆則、小川敦史羽緒レイ、田辺季正、小谷嘉一、神木隆之介
キャッチコピー目覚めろ、その魂 


agt50-4 (800x448)

agt50-3 (800x448)

agt2-2 (800x448)

img_1045686_30232419_0 (800x462)

o0448025312426481438 (800x451)

agt36-7 (800x448)

5017 (800x600)

agt5-1 (800x448)

agt13-3 (800x448)

agt10-4 (800x448)

agt15-4 (800x448)


agt28-4 (800x448)

agt34-1 (800x448)

agt37-1 (800x448)

agt38-6 (800x448)

agt34-5 (800x448)

agt39-4 (800x448)

agt41-1 (800x448)

agt41-8 (800x448)

tumblr_m6qx38RBnh1qzf8bx (800x446)

tumblr_m6qwjtUQDj1qzf8bx (800x451)

agt48-9 (800x448)

agt50-1 (800x448)

agt47-1 (800x448)





 仮面ライダーアギト」見終わりましたー!




 オダジョーの「クウガ」の後に放映された平成ライダー二作目で主演は賀集利樹



 主人公の津神翔一は、フェリー事故に巻き込まれ、そこで記憶喪失とアギトに変身できる能力が備わりました。

 というわけで、ひょんなところから小杉家の家族に暖かく迎えいれられます。




あらすじ

 人類が未知の生命体の侵略を退けて2年、警視庁・未確認生命体対策班では侵略者に対する強化スーツの開発を進めていた。

 やがて沖縄にオーパーツが漂着、再び未知の生命体 アンノウン が跋扈し始める。
 
 特務刑事・氷川誠は強化スーツ・Gシステムで出動するがアンノウンに全く歯が立たない。

 その時、別の生命体が登場、瞬く間にアンノウンを粉砕するが…。







 翔一は、笑顔がとても似合うヤサ男。寒いダジャレもたまーに言いますw


 でも、怪人(アンノウン)の気配を感じたら、突如顔つきが変わり現場へ直行、並々ならぬ使命感でアギトに変身して戦います。


 翔一が住ませてもらっている小杉家のアットホームな空間がとてもいいです。




 更に秋山莉奈演じる中学生の真魚(実は「電王」の客室乗務員のナオミ役の役者さん)と「 昇一っ! 」と呼び捨てにするマセガキの弟太一

 そして教授でもある小杉義彦との四人での家族団らんシーンは見ていてほんと微笑ましい。






 今回の敵はアンノウンと呼ばれ、全編に渡りミステリー&サスペンス要素が実に効いてます!

 昇一がアギトになったフェリー事件、その全貌が段々明かされていきます。






 助っ人ライダーが登場します。





 一人は人間が作った強化スーツのG3ユニットを着る氷川誠。なんと役者は要潤(当時20才)!

 ちなみに要潤の初期の頃、見ているこっちが不安になるくらい演技が酷かったのですが、中盤くらいから一気に成長しました。

 正義感が強い、でもどこか不器用で天然。翔一とのコントのようなクダリが好きです。

 戦闘では、マシンガンなどの重火器でアギトに負けないくらい頑張っていました。


 そのG3ユニットを作った天才科学者の小沢澄子北條透のお互いを真っ向から不定する会話シーンもツボでした。

 面白かったなー






 たまに入ってくる焼肉屋でのコント的なシーンも大好き!

 あぁ、焼肉食べたくなってきた。






 もう一人は、どちらかというとキモ系なカマキリ風なビジュアルの仮面ライダーのギルズこと葦原遼

 でも、必殺技がカッコいい!

 カカト落とし で相手の首後ろに足を引っ掛け、反動宙返りで止めを刺す、力重視なバトルで魅せてくれます。

 怒り狂うと、「 グワー 」という咆哮と共に口がパカパカ開きますw


 そんな芦原が終盤に同じ環境の、とある不良の駆け出しバイク少女と出逢います。

 基本、一匹狼な遼は、初めはもちろん相手にしません。

 でも、口では「 どっか行け 」と追い払うも心のどこかで彼女の事を…。この辺コテコテシーンが良かったです(*´∇`)ノ





 という訳で正統派メカ系ワイルド系というタイプ分けなされているので、戦闘シーンもそれぞれ違う攻め方をするので見ていて面白いです。






 あ、そうそう終盤、更に老齢助っ人ライダーが参戦しますw

 実年齢は41歳でめちゃくちゃ声が低い。でもビジュアルは大人臭漂うライダー(!?)って感じで、特にマフラー(←?)なびきがカッコいいんです。


 そんな彼がまた恰好いいセリフを放ちます。

 「 自分の人生を狭くするのは、自分自身だ






 終盤のこの四人がチームアギトとなり、手を組むところから一気に物語がヒートアップ!

 そして突然のライダー資格の剥奪

 からの、復帰までの盛り上がりが最高です!







 ボスの子役時代役に幼い頃の神木龍之介が出演しています。

 神木「 自らの手で死ね

 年齢も年齢だけに、何かといろいろショッキングでしたw






 ラスト付近は毎回、次が気になる展開で引き込まれました。




 素晴らしい時間を ありがとうございます!





 お勧めですね!





番宣&ジャンクション集


アギトMAD動画(全51話ポイント抑えています)








スポンサーサイト
bokutachi500.jpg

2013年度作品
115分 / 日本
監督・・・内村光良
役者・・・伊藤淳史、小出恵介、長澤まさみ、木村文乃、川口春奈、ムロツヨシ、ベッキー、カンニング竹山、大倉孝二、佐藤二朗、佐々木蔵之介
キャッチコピー ⇒ 夢は叶うと、信じてた。 


54088 (800x437)

344425_01_03_02 (800x533)

bokutatinokoukannikki121029 (800x533)

koukannikki04 (800x532)

344425_01_02_02 (800x532)

183410_400 (800x532)

4dae8b9cb906215cee53b9d970d0993cf45653a4_87_2_9_2 (800x586)

121029133148 (800x533)

344425_01_01_02 (800x586)




 予告編から気になっていた一本。


 

 そして今書いてる自主映画の脚本が「the夢追いもの」とのことで劇場で鑑賞してきました。






 ** 物語 **

 高校の同級生、田中甲本はお笑いコンビ“房総スイマーズ”を結成、成功を夢見て懸命にお笑いに取り組んできた。

 しかし12年が経ち、30歳を目前にしても未だに鳴かず飛ばず状態。

 いよいよ危機感を募らせた2人は、甲本の提案で交換日記を始めることに。戸惑いつつも、いつしか互いに本音をぶつけ合い、再び夢に向かって走り出す2人だったが…。





 とっても良かったです!




 冒頭の交換日記、初っ端のノートに「 嫌です。 」を見た瞬間の小出君の反応と演出が最高!

 続く「 嫌です。 」、更に三回目が爆笑必須!





 お笑い芸人にスポットを当てた個人的にかなりのオススメ傑作映画「漫才ギャング」と張り合うくらいの完成度の高い作品です。


 今のところお笑い芸人を主役にした作品は無双状態ですねー







 人に笑顔を与えられる職業って単純に尊敬します、惹かれます。






 お笑い芸人になる夢は俺にはないけど、とてもとても感動しました。






 お笑いバトルとかってTVで見る分には楽しそうだけど、実際挑戦する方々は物凄い労力使っているんだなぁと改めて痛感しました。



 自分の番が来るのを舞台袖で待機するあの緊張感、プレッシャーとか半端ないんだろうなーっ







 この作品で描かれているコンビは、ネタ本番とネタ合わせ以外は殆ど話さないコンビ。

 そんな二人がお互いの本音を 交換日記 でぶつけ合ういます。

 
 斬 新!




 二人のネタ、タクシーのくだりが最高でした!




 単純なバディものサクセスストーリーで終わらせず、終盤の展開も見所ですね。







 この作品でも解いてますが、


 夢を諦める のは難しいと思います。

 その夢を追いかけ続けた年月が長ければ長いほど、いろんな思い出があってそれを諦めるってことは、もう…。





 このセリフ、良かった

 「 もし夢をあきらめることがあるのなら、それは幸せにしたい人ができたときだ





 小出君の泣き演技はじわじわ来ました~。

 最高なカットです。







 「漫才ギャング」では石原さとみの渾身的キャラ、今回は長澤まさみが演じています。


 ・・・いいっす!






 超おすすめですよ!






 一つ断念なところは、本編で高校生時代と17年後あるのですが、全く若くない&老けてない伊藤&小出はご愛嬌w





 ファンモンのエンディング曲はかなり合ってました!






予告編


FUNKY MONKEY BABYS 「サヨナラじゃない」ダイジェスト映像




nnd_0003.jpg

1995年度作品
45分 / 日本
監督・・・岩井俊二
役者・・・山崎裕太、奥菜恵、反田孝幸、小橋賢児、ランディ・ヘブンス、桜木研人、石井苗子、深浦加奈子、山崎一、田口トモロヲ、中島陽子、麻木久仁子、光石研、小山励基、酒井敏也、こばやしふしまさ、蛭子能収


Fireworks, Should We See It from the Side or the Bottom_1993_XviD_AC3-MrCJ_avi_000845412 (800x600)

utiagehanabi (800x600)

img4425fbc2zik0zj (800x579)

b0020861_17311278 (800x600)

a0045953_036639 (783x600)

124740576963116328334_uchiagehanabi-5 (800x600)

img_36845_41555748_0 (800x600)

Fireworks, Should We See It from the Side or the Bottom_1993_XviD_AC3-MrCJ_avi_002814447 (800x600)



 岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」初鑑賞しました。




 岩井監督作品は今まで「四月物語」、「花とアリス」の2作品は見ていました。


 この監督の作品で共通しているのは、とにかく映像が綺麗

 そして出てくる登場人物が素朴で純真、揺れ動く感情とか上手い。

 あと、女優さんが綺麗に撮れている!





 本編は45

 もともとは1993年テレビドラマとして制作されたそうですが、それが異例にも 日本映画監督協会新人賞 を取ってしまったこともあり、翌年に劇場公開されたそうです。

 うん、納得の出来でした (*´∇`)ノ





 * あらすじ *

 小学生の典道祐介は仲の良い友達だが、実は二人とも同級生のなずなのことが好きだった。

 しかしなずなの両親が離婚し、彼女が母親に引き取られて二学期から転校することになっているとは、二人には知るよしもなかった。

 親に反発したなずなは、プールで競争する典道と祐介を見て、勝った方と駆け落ちしようと密かに賭けをする。

 勝ったのは祐介か? 典道か? 勝負のあとから、異なる二つの物語が展開する。







 子役がメインで展開していく青春ドラマ映画です。




 主人公がプールでの競争で、買ったver負けたverを描いています。

 こういう「 もし、あの時 … 」演出、いいですねー。





年代が年代だけに、懐かしいネタが一杯。

・「オーレー、オレオレオレー、ウィアザー〜」の歌
・スーパーマリオ
・ストリートファイター
・スラムダンク
・セーラームーン

 等々




 
 個人的にツボにハマったのは、病院のシーンの第一声、

 声が裏返ったところが、なんか良かったです。





 そして映画の中で一番の名シーンと言えばやはりラストの、

・好きな子の名前を声を大にして叫ぶシーン

・真夜中の学校のプールに入るシーン


 でしょう。とても綺麗に撮れています。






 いい映画でした!




 「 たった50分でも、ここまで魅せれることができるのか! 」と感動したノスタルジック満載な45分、堪能させていただきました。




 見ていてなんか懐かしい感じがしました。


 オススメします。






予告編



本編終盤の名シーン抜粋







nouotoko_2013020902.jpg

2013年度作品
125分 / PG-12
監督・・・瀧本智行
出演・・・生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介 、染谷将太、緒方明、山崎ハコ、大山うさぎ、池谷のぶえ、勝矢、菊地廣隆、永倉大輔、田中耕二、川口真五、岡雅史、出口哲也、後藤健、甲本雅裕、光石研、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲
キャッチコピー  ➡ 悪に裁きを下す、美しき殺人者


89914555aa566c39ca5c9ca63157c477 (800x432)

343365_01_11_02 (800x533)

343365_01_10_02 (800x533)

d77e1846efedbcedf366fac214b448eb (800x532)

343365_01_07_02 (800x533)

343365_01_02_02 (800x533)

343365_01_01_02 (800x533)

343365_01_05_02 (800x533)

837c960afa62458964bbe5be2b2bc886 (800x431)



 
 冒頭からグロ炸裂!

 けっこうエグイ描写ありますのでご注意を!



 ただ、話としてはとても、深ーい映画ですよ。




* あらすじ *

 都内近郊で無差別連続爆破事件が発生、人々を恐怖に陥れていた。

 そんな中、爆弾魔・緑川のアジトを急襲した茶屋刑事は、緑川を捕り逃すも、共犯者と見られる男を逮捕する。

 取り調べでは鈴木一郎と名乗る以外、なにも供述しようとはせず、精神科医・鷲谷真梨子による精神鑑定が行われることに。

 真梨子は感情を一切表に出さない男に興味を抱き、その過去を調べ始めるが…。





 「ヒミズ」、「悪の教典」組の染谷二階堂の演技がキレ味がヤバイです!



 特に二階堂が演じたサイコ女は雰囲気出過ぎ!

 話し方、目力、些細な身体の動かし方まで、実に危ない臭をプンプン発散していました。

この年代でトップレベルの女優でしょうね。





 主人公の鈴木一郎演じたのは生田斗真

 彼も眼つきヤバイ!抑揚ないテンプレ話し方もなかなか雰囲気出てました。


 この映画の一番の見所はこの脳男の誕生秘話。

 見ながら「 なるほどなぁ 」とウンウン頷いてしまうくらい説得力ある語り口で、この男の生い立ちを二時間かけて丹念に描かれています。

 




 「スマグラー」の松雪泰子もいい役どころを演じています。

 特に精神分析シーンが良かったです。





 ちなみにこの作品で描かれる爆発シーンは拘りのリアル志向です!

 日本映画の爆発って、一部の特撮を除き、基本ちゃっちいか、CG丸出しが多いんだけど、この映画の爆破シーンは迫力満点でした。







 更に物語の終盤、最近何故かツボにハマる、あの子鹿プルプルありますw




 オススメですー!





予告編


エンディングテーマ曲 King Crimson [21st Century Schizoid Man"]