上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
8381136474_c958407b05.jpg
THE THING

2011年度作品
103分 / アメリカ / PG-12
監督・・・マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr
役者・・・メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョエル・エドガートン、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ウルリク・トムセン、エリック・クリスチャン・オルセン、トロンド・エスペン・セイム
キャッチコピーそれは、細胞の一つ一つが単独で生きている。それは、生物に同化して擬態する。それは、すでに我々の中にいる… 


the-thing-remake-movie-1 (800x600)

thingcast2011 (800x600)

img_1509559_62055490_0 (800x600)

The-Thing-2011-3 (800x600)

img_1354711_66147861_0 (800x600)

the-thing-2 (800x600)




 傑作SFホラーです。






 もともとはこの作品はジョン・W・キャンベル・Jrの傑作短編SF小説『影が行く』がオリジナルです。





 その映画版「The Thing」が1951年にハワード・ホークス監督の手によって映像化。

 更に1982年鬼才ジョン・カーペンター監督がリメイクした「遊星からの物体X」。

 そして再々リメイクがこの「遊星からの物体X ファーストコンタクト」なのです。





 と、思いきや観賞後に気づきましたが、

 この作品、副題に「ファーストコンタクト」という文字がありますね!!






 そう、このシリーズの序章なのでした💦

 なのでエンディング、ヘリの上からシベリアンハスキーをライフルで狙うあの名シーンへ続くのです。

そこで流れる音楽も、82年版のあの「ベンベン🎶」も再現されてましたー(^◇^)/



 wow





 なるほど

 納得







 あらすじ

 ある日、南極大陸の太古の氷層から未知の生命体が発見される。さっそくコロンビア大学の古生物学者ケイトが、調査のためにノルウェー基地へと向かう。

 しかし発掘された生命体が生き返り隊員たちを襲い始める。その生命体は取り憑いた生物に擬態する能力を持っており、体内に侵入されてもしばらくは誰も気づくことができなかった。

 しかもケイトの研究によれば、すさまじい勢いで増殖しているという。

 誰が乗っ取られているかも分からず、疑心暗鬼と恐怖でパニックが拡がる中、懸命に対処法の発見に努めるケイトだったが…。







 要約すると、

 南極を舞台に地球外知的生命体と人間の生き残りをかけたサバイバルものです。






 このシリーズと言えば、

目の前にいる人がもしかしたらエイリアンに乗っ取られているのでは?

 というあの恐いシチュエーションが有名です。






 もし、リアルにこういう場に出くわしたら、超鳥肌もの。






 本作では「 金属などの非・有機物を複製できない 」という事に気づいたメアリー・エリザベス・ウィンステッドが演じる女学者のケイトが

 一人一人に順番に口を開かせ、差し歯の状況を確かめます。





 もし、ここで差し歯があるべき場所が空洞ということが判明すれば

 目の前にいるやつが、コピー態だと判明するのです。






 






 調べる方が一番ドッキドキですね!







 イコール、その時点で生死をかけたゴングが鳴ります!!






 あー恐いっ






 若干、シチュエーションが変わってますが、

 それでも白黒ハッキリさせる緊迫感は、息をするのも忘れるくらいでした。









 あ、そうそう、

 冒頭とエンディングの広大な風景

 ほんと見事なくらい圧巻です。






 白銀な地面に爽快な青空



 そんなところに不釣り合いなヒル型グチャドロ怪物






 最高です!






 超オススメ。






予告編



スポンサーサイト
646c7ece.jpg

2008年度作品
102分 / 日本
監督・・・塚本晋也
役者・・・松田龍平、三浦由衣、韓英恵、松嶋初音、安藤輪子、内田春菊、北見敏之、光石研、市川実和子
キャッチコピー ⇒ 京一…ごめんね、あなたを産んでしまって。



123038835154416414854 (800x600)

mqdefaultCA44K8GN (800x600)

sub2b (800x600)

akumu2 (800x600)

8f6d058e219614d618fe7e66e47ff418 (800x600)

akumutantei2 (800x600)

20090105203511 (800x600)

080924_akumutantei_main (800x600)

6cdae136fc196213ce5f3ed4b899c8a4 (800x600)




 塚本晋也監督作品。

 大好きですこの監督の世界観






 前作が個人的に大好きです。

 レビューはこちら






 自主製作から上がってきた監督さんです。

 この作品も監督の他に、プロデューサー、脚本&原作、撮影、編集まで兼任しています。そのエネルギー見習いたいと思います!







 松田龍平主演のダークヒーローもの。


 ボロい服を着て、ボロい民宿で生活して、自分のことを「ボク」と呼び、常にネガティブ、めんどくさがりや。

 ほんとしょうもない生活をダメ人間なのですが・・・








 * あらすじ *

 “悪夢探偵”こと影沼京一のもとを訪れた新たな依頼者は、悪夢で眠れないという女子学生の雪絵

 同級生の菊川をいじめてからというもの、彼女が毎晩夢に現われて眠れないのだという。

 一度はきっぱり断った京一だったが、その後、雪絵と一緒になって菊川をいじめた同級生が、雪絵と同じ悪夢にうなされ続けた末に変死する事件が発生する。

 パニックに陥った雪絵が再び京一に助けを求めてきた。

 異常な怖がりという菊川に、同じように世界のすべてを恐れ、ついには自ら命を絶った母、逸子の姿を重ね合わせた京一は、嫌々ながらも雪絵の夢に入ることを決意するが…。








 というわけでその続編観ました。






 本音を言うと中盤まで「 あれ!? 」って感じでした。

 ありきたりというか、なかなか本筋に話が進まない・・・。







 でも中盤以降、悪夢探偵の やる気スイッチ に入ってからはズズッと引き込まれました。


 



 ビジュアル がまずカッコイイ!






 ボロ衣装にただの黒マントだけど、あのお馴染みのテーマ曲がかかると興奮してしまいます。



 そして夢の中に入る演出が秀悦です!

 本作は影沼がちゃんと主役です!









 ホラーとしてもかなりレベルが高いです。


 夢の世界、子供が見るとトラウマになってしまうかもっていうシーンが数か所あります。

 霊の御一行様シーンからの 部屋に浮遊して入ってくるところ とかヤばイ!




 でも、一番はエレベーターのくだりですかね。

 見せ方(編集&撮影)がほんと極上ホラー!








 ホラーって基本、整合性問いません。


 だから怖い!

 ありえないから怖い!

 でも、逆にありえないから 笑える という見方が、ホラー耐性身に付くと行き着きますw ←俺






 ただ、この作品の恐怖描写はその辺もなかなか凝っていて、久しぶりに ゾゾゾ っと来ましたね。













 あと、見どころはなんと言ってもラストシーンでしょー!



 松田龍平、長回しで泣きます!!




 なぜ、泣くか は是非、本編を見て確認してください。








 すごく胸に迫ってくるものがありました。この名シーンを見るために是非見てください。きっと何か打たれるだろうと思います。

 



 オススメー!






予告編

20111208_0fa8a1.jpg
ONLY YESTERDAY

1991年度作品
118分 / 日本
監督・・・高畑勲
役者・・・今井美樹、柳葉敏郎、本名陽子、寺田路恵、伊藤正博、北川智絵、山下容里枝、三野輪有紀、飯塚雅弓、押谷芽衣、小峰めぐみ、滝沢幸代、石川匡、増田裕生、佐藤広純、後藤弘司、石川幸子、渡辺昌子、伊藤シン、仙道孝子、古林嘉弘
キャッチコピー ⇒ 私はワタシと旅に出る。 


poro3 (800x600)

20100428_872853 (800x600)

18969-620x-Clipboard01 (800x600)

only-yesterday-1 (800x600)

OnlyYesterday2010 (800x600)

onlyyesterday (800x600)

only-yesterday_592x299 (800x600)

tumblr_m7i4h5LKg31rbhs1eo1_500 (800x600)






 実はまだ未見だったジブリもの。



 お話は ひじょー に淡々と進んでいきます。






* あらすじ *

 東京でひとり暮らしをしている27歳のOL・タエ子。

 農業に興味を持っている彼女は、休暇を利用し、義兄で農家を営む山形へと向かう。

 寝台列車で揺れる中、彼女の前にはいつしか小学5年生の自分が現れはじめるが・・・。











 この作品、一番印象的だったのはやっぱラストシーンですね!!


 エンドクレジットが流れる中、田舎から都会へ帰る電車に乗り込む主人公。





 なんとその電車の中には、幼少時代の自分クラスメートが乗っていました。

 そして、とある 選択 をする主人公。







 淡々描かれる物語、

 それぞれのエピソードがいい味を出しています。






 特に初めて現物を見るパインのシーンが好き。

 そして、実際に食べたパインの味は…。






 自分自身の 過去 を振り返る。





 あの頃、何をしていたのか?






 忘れてはいけないもの






 ジブリの中でも大人向けな作品ですね。多分子供が見ても伝わらない部分が少なからずありますね。





 見終わった後に ジワァー っときました!




 お勧めです!






予告編



エンディングテーマ曲
都はるみ 「愛は花・君はその種子」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。