上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
Z3220dgdg18357 (424x600)
Why Don't you play in hell?

2013年度作品
129分 / 日本 / PG12
監督・・・園子温
役者・・・國村隼、堤真一、長谷川博己、星野源、二階堂ふみ、友近
キャッチコピー ⇒ 世界が笑った。


cccsada (800x417)

Jigoku_de_naze_warui__Why_Don_t_You_Play_in_Hell__sion_sono (800x533)

キャrfdfafプチャ (800x417)

キャgsgsgプチャ (800x426)

キャプfafsfsaチャ (800x417)

06_2o2c2456s_large (800x533)

Why-Don-t-You-Play-In-Hell_main_image_object (800x542)

main_large (800x548)

Why-Dont-You-Play-in-Hell-1 (800x532)

original (800x533)

jigoku01_large (800x533)

jigoku02_large (800x533)

キャプ4165チャ (800x445)

01_2o2c6335s_large (800x533)

キャgfsdgfsプチャ (800x554)

jigoku05_large (800x533)

Why_Dont_You_Play_in_Hell-0004 (800x533)

Why_Dont_You_Play_in_Hell_-0005 (800x533)

212892_400 (800x532)

キャrdgtertgプチャ (800x438)

img_766600_31980257_13 (800x437)

キャgsdgsghプチャ (800x488)

Why-Dont-You-Play-In-yutuHell-009 (800x480)



ヤッバー!



ヤッバー‼︎




ヤッバー‼︎‼︎ 





来たこれ!

ヤバいよ

好きなシーン多過ぎ!







 公開初日!

 待てず、急遽見に行っちゃいました!






 園子温監督、最新作地獄でなぜ悪い」!






 最近の監督の作品は全て劇場鑑賞してきましたが、

 もうこの作品も すんばらしい~ のなんの!

 一切妥協なし!

 映画爆発!

 ツッコミどころも超満載!






 冒頭からニヤニヤ

 何気ないシーンでもニヤニヤ

 映画終わった後もニヤニヤw






 ここに2、3カ月あまり時間が取れず、映画見れなかったんだけど、

 完全燃焼しましたね‼︎





 久しぶりに映画見たぞって感じです





*あらすじ*

 ヤクザの組長・武藤は、獄中にいる最愛の妻・しずえのを叶えようと躍起になっていた。

 それは娘のミツコを主演に映画を製作するというもの。

 しかし、肝心のミツコは男と逃亡してしまい、映画が出来ないまま、しずえの出所まで残り数日となってしまう。そこで武藤は、手下のヤクザたちを使って自主映画を作ることを決断する。

 そして何とかミツコの身柄を確保し、映画監督だという駆け落ち相手の橋本公次に、完成させないと殺すと脅して映画を撮影するよう命じる。

 ところがこの公次、実は映画監督でもなければミツコの恋人でもないただの通りすがりの男だった。それでも監督として映画を完成させなければ彼の命はない。

 そんな絶体絶命の中で出会ったのが、自主映画集団“ファック・ボンバーズ”を率いる永遠の映画青年、平田

 一世一代の映画を撮りたいと夢見てきた彼は、ここぞとばかりにミツコに執着する敵対ヤクザ組織の組長・池上まで巻き込み、ホンモノのヤクザ抗争を舞台にした前代未聞のヤクザ映画の撮影を開始してしまうのだが…。





 この作品、園監督が20年前に手がけたオリジナル脚本を基に、自らの自主映画時代の経験を盛り込んだ作品とのこと。




 笑いと、感動と、鳥肌が立ちっぱなし。





 冒頭の歯磨き粉CMからしてツボった。‘ 全力歯ギシリ ’ってなに?ほんと脳内から歌詞が離れなくなったw

 ノンストップでエンディングまで駆け巡るテンポの良いこと、良いこと!

 自分がこの映画の世界で生きるのは嫌だけど、なにこの心地よい一体感。










 ファック・ボンバーズっていう映画製作チーム(仲間)がいるんだけど

 それぞれのポジションがなんかいいね!

 ローラーブレード撮影専門w

 手持ちの撮影専門

 またビジュアルがオタク感丸出し、濃い濃いっー!




 


 さて、今年見た邦画部門が「横道世之介」表のNo.1なら、

 この「地獄でなぜ悪い」は裏のNo.1確定。





 ちなみに評価真っ二つ別れそうです!

 好きな人はとことん好き!

 嫌いな人はとことん拒絶

 「キル・ビル」「悪の教典」の殺戮に嫌悪感抱いた人には絶対オススメ出来ませんよ!

 今回、エロは封印されグロあります。注意が必要です。








 まずこの作品を語る上で真っ先に外せないのは、

 ミツコ演じた現在18歳の女優、二階堂ふみ、「ヒミズ」からファンですが、このミツコ像もすっごい強烈に残ります!

 あの色気というか、存在感、なんといってもで語れる女優さん。

 スクリーン狭しと 生き生きしてた





 そんなミツコにキュン堤真一がとっても良かった!!

 なにあのハムスター顔w 口元ユル過ぎ

 ツボりました、この場面。また何度も何度も出てくるしつこさw

 顔演技、最強ですね!ファンになりそうです

 



 
 
 ヘタレ監督(実は通りすがりの男)のキャラ崩壊シーン、最高!
 

 そんな彼にヤクザの親玉が、

「逃げたら殺す!」

「完成できなかったら殺す!」

「うまくやれなきゃおまえを殺す!」



 ↑ いやいやいやいやw





 脇役の皆さん、ものすごーく濃い。

 園組のキャストもチラホラ顔を揃えます。






 映画の現場としてヤクザがカメラや音声、照明を必死に操る姿、なんか見ていてホッコリしました。

 いいね、チームワーク!








 あ、大好きな映画「VERSUS」の坂口拓さん出ていました!

 それもブルース・リーの「死亡遊戯」の服装w

 ヌンチャン、ブンブン振り回しています。







 序盤に出てきた赤い部屋。

 あれは「奇妙なサーカス」を彷彿。

 そこで出ました、血流滑り

 子役にこれやらせる監督、マジ鬼畜






 そして、出たー!

 サヨナラのキッス

 ビール瓶の破片を口に含んでのキス!痛い痛い痛い痛い





 あと映画の神様に訴えるシーンも胸が熱くなった

 「俺は金の為に映画撮っているんじゃねぇ、!たった一本でいいんだ、俺の作品を世界に轟かせたい!人々の記憶に残る一本を作りたいんだ


 ↑ このセリフ熱過ぎ!



 更にこのセリフも

 「今の日本の監督はつまらない作品を作ったり、お金を稼ぐ事しか考えていない監督ばかりだ

 ↑園監督が言えば凄い説得力ありますね
 






 ほんとブッ飛び過ぎの後半30分!

 ほんと血の海!

 手首飛ぶわ、顔飛ぶはで血みどろ合戦!

 個人的にに弱い俺ですが、演出がコメディぽく描かれているので平気で見れました。

 

 これ撮れるの日本では園監督以外絶対いないわ!







 園監督の特色も色濃く出ています。


 冒頭のナレ演出、リズム系のビート進行、イカしたセリフの数々etc・・・



 そして

 そこがまたファンタジック幻想的でかゆいところ付いてくるんだよなぁ

 ヘタレ監督とミツコの関係、いいっす!

 好きです!その監督のセンス!







 ほんとこの映画好き!

 大好き!








 クリエイター魂の狂気がほんと所狭しと刻まれています





 久しぶりに長い間笑った、感動させてくれました。

 こんな熱い映画、俺も撮りたい!

 撮るぞ!






 映画が本当に好きな人は絶対楽しめるオススメ作です!






予告編



ガガガはみがきCM


エンディング曲 星野 源 



スポンサーサイト
rider.png

2009年度作品
全31話(DVD全7巻)
監督・・・田崎竜太、金田治、長石多可男、石田秀範、柴崎貴行
役者・・・井上正大、森カンナ、石橋蓮司、村井良大、奥田達士、戸谷公人、瀬戸康史
キャッチコピー「全てを破壊し、全てを繋げ!」「平成ライダー? 10年早ぇよ!」


img_1037121_39351464_10 (800x450)

img_1037121_37431401_1 (800x450)

img_1037121_36792537_1 (800x450)

img_1037121_37184337_1 (800x450)

img_1037121_39454110_4 (800x450)

img_1037121_38830266_5 (800x450)

img_1037121_38371706_9 (800x450)

img_1037121_39714854_6 (800x450)

img_1037121_38371281_6 (800x450)

img_1037121_37787889_7 (800x450)

img_1037121_38214768_6 (800x450)

img_1037121_38488411_7 (800x450)

img_1037121_36792537_6 (800x450)

img_1037121_39607256_7 (800x450)

img_1037121_39771649_1 (800x450)

img_1037121_39662878_1 (800x450)

img_1037121_38830266_9 (800x450)

img_1037121_38371281_0 (800x450)

img_1037121_39351464_4 (800x450)

img_1037121_39916458_6 (800x450)

img_1037121_39097999_3 (800x450)

img_1037121_38749765_4 (800x450)

img_1037121_38749765_6 (800x450)

img_1037121_37666383_4 (800x450)

img_1037121_37666383_2 (800x450)

img_1037121_37923563_0 (800x450)

img_1037121_38371706_0 (800x450)

img_1037121_38750882_8 (800x450)

img_1037121_38749765_0 (800x450)

img_1037121_38974853_6 (800x450)

img_1037121_39916458_4 (800x450)

img_1037121_39916458_5 (800x450)

img_1037121_39916458_3 (800x450)

img_1037121_36944551_6 (800x450)




 平成仮面ライダー10周年記念作品「ディケイド」。

 名の由来・意味は … 10番目

 そう、ピッタリなお名前ですね!







 とりあえずこの作品を見たいが為に

 クウガ
 アギト
 龍騎
 555
 ブレイド
 響鬼
 カブト
 電王
 キバ

 まで、見続けてみましたー



 ディケイド第一話、懐かしの歴代ライダー達が同じ画面に登場!!懐かしい友に再会したぞって気持ちになりました。

 もう、それだけでスペシャルな感動が襲ってきます。





*あらすじ*

 西暦2009年。光夏海は無数の仮面ライダーが「1人の標的=ディケイド」に総攻撃を仕掛けて全滅するというを繰り返し見てはうなされていた。

 現実に戻れば家業の「光写真館」に居候している青年・門矢士がきちんと写真を撮らないと客から苦情を受け、謝罪と士への説教をする毎日。

 ある日、突如世界のあちこちで謎のオーロラと共に無数の怪人が現れ、人々を襲い始める。

 夏海と離れ離れになった士は謎の青年・紅渡と接触し、自分がディケイドと呼ばれる仮面ライダーである事を知らされる。

 夏海と合流した士は、彼女が見つけたバックルで仮面ライダーディケイドに変身して怪人達を倒すが、世界の崩壊は止まらない。

 士は再び現れた渡により、それぞれの仮面ライダーが戦う9つの並行世界が1つに融合し、最終的に崩壊しようとしているという事・士は九つの世界を旅してそれを防ぐ使命を課せられた存在だという事を告げられる。

 こうして士は自分の写せる世界を探すために、夏海は夢で見たディケイドへの不安から、異世界への旅に出る事を決意する。






 簡単に言ってしまえば、

 世界の破壊者ディケイドが、自分探しの為に他のライダーの世界を周り、旅をする そんなお話し。

 ロードムービー?






 とりあえず印象に残ったとこ書いていくよ







 まず主役ライダーの容姿w

 全体見たら立体的で恰好いいんだけど、顔だけ正面から見たらもバーコードw うーん斬新だね

 

 しかも色がピンクだよ。ピンク!正式にはマゼンタらしい

 平成ライダー勢揃いしたらピンク、明らかに浮いてるよねw

 あと、気になるのが肩パットがジャンプする度にパッカパッカしてるだよね。空中でんぐり返したら肩パットが「パッカー!」には笑ったw






 続いて注目ポイント、変身シーン!

 ディケイドライバーにカードをスキャンするんだけど、

 あの動作でちゃんとカードが所定の位置に入るのって相当奇跡だね。

 マイドライバー持ってるんだけど、あの動作で一度として綺麗にカードインしたことはない。フツーにカードひん曲がる!





 でも、なんだかんだ言ってますが、そんなディケイドカッコイ!


 





 毎回、別の世界で怪人に襲われている仮面ライダーを助けるディケイドこと(ツカサ)。

 そのライダー にを付けられ、

お前誰!?

 と聞かれます。



 その度に毎回自信タップリにこう返します。

 「 通りすがりの仮面ライダーだ。…覚えておけ

 いいね、いいねー!








 あと、その世界のライダーと声合わせて同時変身するんだけど、

 そこで、

 テレー…テレー♪っいう音楽が流れます。

 またまた、これよがしとばかりに語り始めるツカサ君。

 強引な回もたまにあるんだけど、毎回そのセリフに感動!




 特に下記セリフにはビビッと来ました!再生を止め、書き留めたくなるほどの名言。

人は誰でも自分のいるべき世界を探している。そこは偽りのない陽の当たる場所。そこへ行く為に人は旅を続ける。そして旅を恐れない

 ちなみにそのセリフの後に「変身っ!」の掛け声がかかります。








 ケータッチっていう道具で全9ライダーの顔アイコンを一つずつ押すことで最終フォームファイナルカメンライド(別名歩く完全ライダー図鑑)になれます。



 はじめの頃は、

 「 クウガ…アギト…リュウキ… 」

  って感じで全ライダーの顔アイコンを一つ一つ人差し指で押すんだけど



 後半2、3話になると

「 クゥ、アギ、リュ、ファイ、ブレ、ヒビ、カブ、デン、キバ  」

と、むちゃくちゃ早い連打押しには「エエエエッ」ってなりましたw

 そこ、絵的に笑えるんですけどーー!








ヒロインは毎回カラータイツを着こなし、語尾が「です」「ます」の夏実ちゃん。

ツカサに「おい、夏みかん!」と毎回呼ばわり。

過去エピソードに「みんなで退学しようぜ」で集まったけど、退学しなかったクラブのエピソードがなんか青春って感じ良かった。







 クウガの世界から雄介が旅の仲間に加わります。

 笑いパート担当。

 でも、ここぞという時は決めてくれる熱い性格。





 響鬼のパート好きですね。

 やっぱ師匠と弟子の関係いい!

 当時のドラマ版のキャストが勢揃いした時は、もう感動です!!





 あとカブトパートも感動しました。

 兄弟愛、泣けます。切な過ぎ。






 そんなこんなで9つの世界(毎回2話)で次の世界へ移動します。




 そしてまさかディケイドと同時期に放映されていたシンケンジャーとコラボ。異色だねー




 仮面ライダーブラックRXも良かった。




 アマゾン初めての見たのですが、変身する時、「アーマーゾーン」と唱えます。

 ええっ、

 そんな 棒読み でいいの?

 本家見てないのでなんとも言えませんが、苦笑。

 そして変身したビジュアル、怪人の中に入ったら完全わからんですね。貧相な後ろ姿に好感が持てましたw






 ディケイドと言ったら忘れてはならないライバルの ディエンド 。とても良かった。意外と憎めない

 終盤、ツカサに感情隠し切れない感じで警告する場面はウルッと来ました。


 おそらく仮面ライダーで一番強いのはこのディエンドでしょう。

 だって、仮面ライダーを同時に三体召還できるし、インビジブルのカードでヤバくなったら逃走も可能。

 最強ですね!





 

 あと、驚いたのはドラマ版の最終回、すっごいいいところで、バッサリ「続く 」で終わるところ。

 ーーーー!

 映画に持ち越すんかいっ!





 これ映画、見ないと全然スッキリしないわー

 全然伏線回収してないし…大丈夫かなぁ?





 と思って映画見たら全然、別内容w

 なんとドラマ版はTV版の初回一話にループされる構成との事。




 
 ありっすか?それww





 放映当時、視聴者から批判来たらしいです・・・ですよねぇ、なんかわかります。






 というか毎回意味深げに出てきた鳴滝の存在が過ぎる!誰か彼の正体暴いて。

 「おのれ、ディケイドー!」 が頭から離れないよw







 でも、なんやかんやで毎回とても楽しませてくれたディケイド!

 地獄兄弟、ザビー、イクサなどの個人的に大好きなサブライダーもほぼフルで登場!!

 その当時のライダーの音楽や演出、出演者が顔を揃え毎回熱過ぎました!

 GacktのOPも毎回見所です!







 ディケイドは平成ライダー10周年なので、次の20周年(順調にいけば2019年)が楽しみですね!









新番組予告



オープニング



ジャンクション集



第一話(冒頭9分)



シーン「音撃道セッション!!」


PV「Journey through the Decade」
※オープニング曲





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。