51tKOrm57PL.jpg

2005年度作品
105分 / 日本
監督・・・園子温
脚本・・・園子温
役者・・・田中哲司, 夏生ゆうな, 村上淳, オダギリジョー、小嶺麗奈 、臼田あさ美、手塚とおる、温水洋一、岩松了、麿赤兒、菜葉菜
キャッチコピー今日、ヘンな夢を見た 

img_4ffs (618x400)

img_3gggrhtg (616x400)

138806945766041677226_Yumenonakahe-1 (533x400)

03_largegjsijg (533x400)

img_1afafaf (615x400)


 まだ未見だった園子温監督の初期作「夢の中へ」を見ました。



 前半はあまり感情移入できる登場人物がいない為、あまり入り込めなかったのですが、終盤辺り から一気に加速していきました。好き嫌いが分かれそう。



 ちなみに主題歌は井上陽水 さんの同名曲です。




 *あらすじ*

 鈴木ムツゴロウはさえない舞台役者。いつまでもブレイクしない鈴木に、同棲中のタエコも愛想を尽かしていた。

 一方鈴木は、三流劇団の女優ランコとも最近関係を持ち始めていた。

 次の舞台の稽古をしていたある日、そんな鈴木の体調に異変が起きる。小便がしみてしょうがない。性病だと直感した鈴木は、次第にランコへの疑惑を強め彼女を追及する。

 しかしランコに逆ギレされ、家を追い出されてしまう。

 自分の家に戻ると、今度はタエコが家出の準備中。疲れ果てた鈴木が眠りに就くと、夢の中で彼は、銃弾を浴びて血まみれのテロリストになっていた。





 3つの世界を、ムツゴロウが行き来します。


 行き来すると言っても、自分で好きなタイミングを選べません

 いい意味で、 ` 混沌 ' という言葉がふさわしいですね。

 


 本編は4:3のDV画質、手ブレと かなり長い長回し が多用され、自主映画特有の荒い感じで 夢・現実 の狭間を移動します。

 また、その世界ごとに自分以外の人が まったく別の人格に変わっています。 その違いもまた見所です。





 本作は、「ラミパソ、ラミパソ~」の「SPEC/警視庁公安部公安第五課」で強烈な印象を残していた田中哲司さんが主演。



 他に光っていたのが、オダギリジョーさん!

 長回しシーンが多く、フランク過ぎる演技で巧いなと感じた。



 ムツゴロウの妹役の臼田あさ美さんも、ヒヤヒヤさせる妹役で出ています。



 更に、温水さんもw

 冒頭の世界では、劇団のボス的な役で、あまり見たことがない威厳ある温水さんが、新鮮でした。



 ちなみに劇中歌としてつい先日見たばかりの大林監督の「さびしんぼう」の主題歌でもあったショパンの「別れの曲」が冒頭から流れます。この曲、かなり好きになりましたね。



 全編、ギラギラしています。



 そして本編最後、主人公が道路を走ります!

 やっぱ園監督だ!



 オススメです。





予告


劇中歌:「別れの曲」



スポンサーサイト
nakajima0103.jpg

52022874c7b87.jpg

2013年度作品
111分 / 日本
監督・・・吉田恵輔
脚本・・・吉田恵輔、高田亮
出演・・・ 中島健人、広瀬アリス、市川知宏、黒木華、矢本悠馬、安田カナ、岸井ゆきの、北浦愛、田村健太郎、花戸祐介、鈴木龍之介、亀田梨紗、遠山悠介、河野将也、前野朋哉、宮本裕子、稲川実代子、安澤千草、上島竜兵、吹石一恵、西田尚美、吹越満、哀川翔、竹内力、石橋蓮司、中村獅童
キャッチコピー ⇒ 最強に理不尽な青春!!

346639_002 (545x400)

o0640042612863358591 (600x400)

19e22e4f0bed081b32b8d6041f70a552 (533x400)

238775_400 (601x400)

2014-01-12-011 (733x400)

346639_003 (545x400)

acf1a25f6d14a1eafd82cef72afd9d60 (599x400)

o0512034127959 (600x400)

o0800043012866007010 (744x400)

0f069d112c744ac2b1a6eee95f490b49 (530x400)


 少し前になりますが、劇場にて映画版「銀の匙」を見てきました。





 *あらすじ*

 受験に失敗した八軒勇吾は親への反発も相まって、寮があるという理由だけで逃げるように大蝦夷農業高校(通称エゾノー)に入学してしまう。

 しかし周りは実家が農家という生徒がほとんどで、それぞれに明確な夢や目標を持っており、ここでも劣等感に苛まれる八軒。

 酪農学科の彼は、実習で生きた家畜たちを相手に悪戦苦闘し、同級生のアキに誘われ入部した馬術部でもまさかの朝4時起床に早くも心がくじけそうになる。

 そんな中、生まれたばかりの子豚たちの中でもひときわ小さい一匹が気になってしまい、“豚丼”と名付けて可愛がる八軒だったが…。





 ちなみに本作、現在週刊少年サンデーにて絶賛連載中の少年漫画が原作。

 作者はあの「鋼の錬金術師」(確か前の職場の同期に借りて読破済み。感想は終盤当たりはかなりハマった記憶があります)。




 まず、初めにこの作品、自分にとって見たい要素が大きく 分けて二つ あります!





 一つ、大好きな吉田恵輔監督作品。

 一つ、酪農がテーマ。






 吉田監督作レビューはこちら

 とにかく胸を打つ物語をハイクオリティで量産している今、ノリに乗っている監督さんなのでハズすわけがないという期待!





 そしてもう一つの惹かれる要素、描かれる酪農風景



 一見、無関係かと思いますが、自分が映画という世界にハマった(厳密には逃げた世界!?)のキッカケにかなり影響したのがこの酪農です。

 実は自分、高校三年間は農業高校、しかも畜産科でした。




 時は中学生3年生。

 その当時、ゴールデンレトリバーとモルモット(最大10匹飼育)、過去にセキセイインコ、ハムスター、金魚、虫類も進んで飼うほど動物が大・大好きでした!

 「将来は、動物に囲まれた生活、もしくわ動物に関係した職につくのもありかな」なんて淡い夢を抱いていまして、

 牛、豚、鶏 がいるという単純明快な理由から選んだのが地元の畜産科だったのです。





 で、そこに入ってから、

 とある重大な事実に気づきます・・・!

 というか、入る前に学校説明ちゃんと聞いとけよ!




 ペット家畜は、全然違うという衝撃的な世界を




 つい先ほどまで目の前で息をしていた豚や鶏が、一瞬で肉の塊になりました。

 はたまた、無理矢理妊娠させられ、その期間中に乳を絞ら続ける雌牛。雄牛に至っては高カロリーのエサを食わされ、いい肉付きになると食肉工場へ出荷・・・。




 おおおおおおぉ!




 うすうすは感じていたのですが、現実を思い知らされました。





 この映画「銀の匙」

 予告編ではスポット全然当たっていませんが、110分という短い時間ながらも、

 当時のショッキングな心境を見事にすくい取っており、辛い現実ながらも一度は見ておいて損はないし、むしろこの映画は教育映画として鑑賞することもできます。教材にいいのでは?




 今の子供の教育現場ではどこまで教えられているかわかりませんが、

 「動物出てくるから安心だ」

 という、生半可な気持ちで見始めると、凄まじいカウンターパンチ(※鶏の屠殺)を食らうので、ちょっと事前に注意が必要です。




 当時経験した実習、(ここから映画離れます)

 長靴履いて、上下ジーパン素材の作業着を着用していざ現場へ。


 個人的にダサいツナギじゃなくて嬉しかったのですが、実習一日目で汚れに汚れ、しかも洗濯は何か月に一回でいいというこの業界では当たり前を聞き絶句。

 一通り寮生活を体験したり、超怖い舎監長に目を付けられたり・・・いろいろあったなぁ。


 主人公の八軒君同様、薄暗い早朝に目をこすり、起きて搾乳、餌やり、糞取りなどを経験。生牛乳も勿論飲んだ記憶が。味はクリーミーでしたが、体温感じられる暖かさで旨いとは・・・w



 牛の乳搾り(搾乳)も一通り経験、これ、けっこうコツいるんだよね

 豚の去勢もやりました・・・いや、が大の苦手なので、気合で挑むも途中で血の気が引いてあえなく後ろで待機。かわいそうなことをしてしまいました。

 劇中でもリアルに描かれる屠殺場面は、後ろの方で眼の焦点を合わせず、ガン見していましたwダメですね。



 牧草を育てる近場の牧草地のとんでもない広さに感動もしましたね。

 かたやその牧草を塔のような場所に保管するのですが、牧草の細かなチリが蔓延する中の作業は鬼地獄だった。そしてむちゃくちゃ重量があるんですよ、あれ。

 まぁ今となっては普通に大学行っていたら絶対経験できないことをさせてもらったていたので、いい経験です。

 そうそう映画同様に、クラスにも遠方から学ぶ為に来ている人も数人いたし、実家がまさに牛放牧してます!って人が普通にいたり、夢は人口受精師です!なんて女の子もいましたね。




 原作の漫画見ていないのでなんとも言えませんが、

 作家さん、その辺ものすごく掘り下げていまして、映画ながらも主人公に超共感してししまい デジャブ りました。




 あ、でも一つ難点を上げれば作業着、みんな綺麗過ぎっ!

 でも、ビジュアル的に糞でまみれた姿は映像的にNGか

 


 はい、全然映画の感想になっていませんが、




 肉を食べる方には是非見て欲しい。

 本編、豚が肉にされる過程が描かれています。




 彼らの犠牲なしでは、人は生きていくことはできません。肉大好き!




 ちなみにあれだけのものを見せられた後でも、不謹慎にも上映後、むしょうに肉を食べたくなってスーパーの生鮮を見て回るという人間の恐ろしさを痛感しました。





 映画「銀の匙」、おすすめです!






予告


主題歌:ゆず「ひまわり」










T9tgSl.jpg

2007〜2008年
著者…吉富 昭仁
出版社…講談社

strayscompanion_v01_c001_030-031 (548x400)


 やっと見終わりましたー!

 なんやかんやで読破するまで 無駄に5 くらいかかりましたw




 ちなみに漫画、全4巻です。なぜに?




 数年前、1,2巻を中古で購入、

 中古で探してもなかなか見つからずやっと先日3,4巻を見つけ即買いしました。 (いい加減、新品で買えよっ!)





 うん ・・・ 好きですこのテイスト。






 *あらすじ*

 幼馴染に告白した直後、交通事故で死んだ女子高生、摩子

 その時突然、霊体の彼女の前に黒いコートを着た紳士風の男性、大雲阿弥が現れる。彼は死者を死の世界へと連れて行く「ツレビト」と呼ばれる存在であった。

  「お迎えに参りました、摩子さん…」

 そう語りかける阿弥。しかし、自らの死を受け入れられない摩子はこの世に留まる為、自身もまた「ツレビト」となるのであった…。





 冒頭で女子高生摩子が好きだった男の子に 告白


 その帰り道、交通事故に合って、 にます。




 惨い、惨過ぎる!





 でも、ここからが本筋なんです。




 自分が死んだことに気づき、

 現実世界でやり直したことへの葛藤しながらも自分の使命に目覚め、決断をします。





 パラレルな世界観がこれでもかと炸裂。

 舞台が死後の世界なので、を見ているかのような感じで展開していきます。





 時間軸移動あります。

 5年後、10年後…

 更に数十年後と舞台と飛んだりします。






 死者を連れて行かなければ、廃人になるという恐怖。





 「バタフライ・エフェクト」「マトリックス」「魔法少女まどか☆マギカ」みたいにガッチリ設定が練られており、状況が状況だけに主人公に感情移入できましたね。

 ちなみに作者はこの設定を考えるまで 3年 要したとコメントしています。




 ご、ご苦労サマです。




 世界観は高橋ツトムさんの「スカイ・ハイ」に似ていますね。



 ただし、本作は主人公の摩子目線で全て物語が展開していきます。

 家族や、知り合いの辛い場面が出てきます。

 命とは何か?

 いろいろ考えさせられる内容です。





 最近の連載漫画だとかなり短い部類に入りますが、この作品にはこの 4巻がベスト だと思います。



 とにかく濃厚な展開で楽しませてくれる「ツレビト」 、是非オススメしたいです!






116391_1.jpg

1998年度作品
110分 / 日本
監督・・・崔洋一
脚本・・・崔洋一、鄭義信
出演・・・岸谷五朗、大杉漣,、冨樫真、遠藤憲一、香川照之、岩松了、國村隼、李涛、張春祥、絵沢萠子

d0151584_2143039 (711x400)

d0151584_21424813 (711x400)

d0151584_21432057 (711x400)

d0151584_21434214 (711x400)

d0151584_21435373 (711x400)

i=http253A252F252Fpds_exblog_jp252Fpds252F1252F201111252F07252F84252Fd0151584_2144482 (711x400)

d0151584_21445990 (711x400)


 地獄でなぜ悪い」「愛のむきだし」の 園子温 監督が絶賛する映画「犬、走る」を見ました。



 確かに作品テイスト、とても近かったです。





 *あらすじ*

 新宿警察署生活安全課の刑事・中山は在日コリアンの情報屋・秀吉と繋がり、男に警察情報を流し金を貰っていながらも、犯罪を追い続けるという奇妙な男。

 中山には上海美女・桃花という女がいる。が、桃花は一方で韓国人ヤクザの組長の愛人でもあった……。






 新宿歌舞伎町を舞台に悪徳刑事、暴力団、チャイナ・マフィア etc…

 とてもじゃないけど感情移入できないキャラがわんさか出てきます。




 でも、何?

 この吸引力!





 狂ってるんだけど、とてもテンポが良し!

 特に中盤くらいからハマって、楽しめました。




 というか、今見ても役者陣が豪華過ぎる!

 観る前に特に出演者のチェックをしていなかったせいもありますが、次から次へと大物俳優達がこぞって出てきて驚きました!




 頭イってるヤバイ刑事に岸谷五朗さん!

 ダンディリズム半端ない。

 刑事が押収した(スピード)を自分に打つ描写、今では描けませんね。




 そして韓国情報屋には大杉漣さん!味あるわ
 
 ラストの大杉さんが沢山の警官に囲まれ、ハラハラドキドキの逃走劇は一見の価値アリ!

 迫力あって、そして面白い。




 迫力あると言えば、物凄い人が歩いている都会のど真ん中でケンカ、からの逃走劇も圧巻でした。

 これ全てエキストラですかね?凄すぎる!・・・もしやゲリラ撮影?撮影現場がとても気になりました。

 

 

 香川照之さん、この頃から演技かキレ気味。

 見ていて危いムードが漂ってきますwそして若かった!





 他にも遠藤憲一さん、岩松了さん、國村隼さん‼とそうそうたる顔ぶれ。

 


 途中で死体になりますが、本作のヒロイン冨樫真さん。

 死んだまま移動させられたり、バイクに乗せられたり(絵面ヤバイw)、記憶に残ります。

 ちなみに園監督の「恋の罪」で鬼気迫る危ない役を演じていましたね。




 この作品、当初この作品は松田優作✖︎ビートたけしにて映像化を予定していたとのことです。




 刺激の強い映画ですが、オススメです!







 予告編、埋め込み不可の為、
 こちらから








sixteen.jpg

2010年度作品
全416ページ
著者…誉田哲也


 既に2010年に映像化されている同名小説。

 著者は「ストロベリーナイト」「ガールミーツガール」誉田哲也さん。





 青春 & 部活、

 スポ根を堪能できる一冊です!






*あらすじ*

 武蔵を心の師とする剣道エリートの香織は、中学最後の大会で、無名選手の早苗に負けてしまう。

 敗北の悔しさを片時も忘れられない香織と、勝利にこだわらず「お気楽不動心」の早苗。

 相反する二人が、同じ高校に進学し、剣道部で再会を果たすが…。






 この作品は 剣道 にスポットが当てられています。

文中、
 「ンメアェーッ!」、「シャラアー! (気合い!?) と掛け声が飛び交います。

 これ、読んでいるこっちまで 気合い が入りますねw






 部活、いいね。

 剣道、いいね。







 剣道 … すいません。

 ホウキを持って、真似事しか記憶にありません💦


 袴の各部の名称も、公式ルールも、生で試合すら見たこともない剣道ド素人ですが、とても楽しく読ませていただきました!

 あろうことか、試合を生で見てみたいなと思いました。








 さて、本編ですが、

 青春を剣道にかける二人の少女が切磋琢磨するのは勿論ですが、そこは一筋縄ではいきません。

 犯罪・刑事モノを得意とする誉田さん、
 一箇所、狂気(殺気)が漂うシーンが待っています。

 これが、いいスパイスとなって物語を引き締めます。

 ※本作では死者は出ません。





 もし、今、タイムスリップ出来たら、部活をやりたい!それも体育系で!

 そんな気持ちを抱かせてくれました。





 ちなみにこちら、本作武士道シックスティーンに続く、「セブンティーン」、「エイティーン」まで現在、刊行されています。

 まさかの展開でエンディングを迎えたので次作、どう物語をスタートさせてくるのか、とても楽しみです。






 性格真逆な二人が出会いぶつかり、そしてお互いの中に自分が持っていないものを見つける。

 グイグイ引き込むストーリーに、魅力的な主人公。



 小説「武士道シックスティーン」オススメです!