810sF9pTUCL__SL1500_.jpg

2012年度作品
日本 / 全12話(DVD全6巻)
監督・・・長井龍雪
脚本・・・黒田洋介
声の出演・・・戸松遥、島崎信長、石原夏織、荻原秀樹、田村ゆかり、阿澄佳奈、日高里菜
主題歌:OP⇒Ray「sign」 / END⇒やなぎなぎ「ビードロ模様」
キャッチコピーその夏の思い出が、僕達の永遠になる 

fjiafjpakfa (800x450)

20120110124332f9bs (800x450)

2012011012483132fs (800x450)

20120124134037d37s (800x450)

20120117130656515s (800x450)

20120228221605f5bs (800x450)

20120124133358091s (800x450)

171679498190545080 (800x449)

201201241342410f7s (800x450)

2012021414331731es (800x450)

2012021414430107fs (800x450)

20120228221635082s (800x450)

20120207161000ea0s (800x450)

20120117134057c44s (800x450)

20120313123313a94s (800x450)

2012030612191979es (800x450)

20120228221915d53s (800x450)

20120223133611e90s (800x450)

20120223133837f39s (800x450)

20120313123314178s (800x450)

20120313122948016s (800x450)

20120306120604f83s (800x450)

20120320101155e07s (800x450)

20120327104200139s (800x450)


 執筆中にYouTubeでBGMとしてアニソン主題歌を流しっぱにしていると、かなり 心地よい歌 が聞こえてきました。

 調べると‘やなぎなぎ’!おおっ!

 そして 8ミリカメラを持つメガネ少年 のビジュアルに目を引いたのがこの作品を知ったキッカケです。






 タイトルは あの夏を待ってる です。

 号泣必須アニメ「あの花」こと「あの日見た花の名前は僕達はまだ知らない」」とタイトルが似ていますが、内容は完全別物です。ただ監督は同じで、こちらの方が一年しい(2012年)作品です。

 「あの花」同様、実際にある地域、こちらは 長野県大町市 を舞台に描かれるそうです。地域活性化いいですね。行ってみたい!








*あらすじ*

 高校生の霧島海人は夜の湖で一人、8mmカメラを回していた。

 そこへ突如、巨大な発光体が落下し、強い衝撃とともに海人の体は吹き飛ばされる。

  海人が目覚めると、そこは自室の布団の上で、すべてはかと思われた。

 夏の日。その日も海人はぼんやりとした気持ちを抱えたまま、仲間と一緒に映画を撮ろう と相談していた。

 そんな中、季節はずれの転校生・貴月イチカが現れ、海人と急速に接近していく。









 一話、初っ端、主人公の独白ナレーションで一気に作品に引き込まれました。

 以下、抜粋 ↓

「人は死んだら天国へ行けると言う。でも僕はそうは思わない。死んだ人間はきっと誰かの心へ旅立つのだ。思い出となって生き続けるのだ。父と母がそうだったように僕らの心に宿るのだ。けれど、それもやがて消えていく・・・。だから人は何かを残したいと願うのだ。忘れてしまわないように、忘れないように・・・」





 自分も最初に祖父のカメラを手に取り撮ったものが、今は亡き愛犬の姿だった。

 もう今は目に見える範囲にはいない けど、ビデオを再生するとすぐその姿を見れる、出会えるこの摩訶不思議さ。動画で記録できるシステムを発明した方、ありがとう!

 それからというもの、ありのままの姿を記録できるというカメラの魅力にハマり込み・・・、それから映画を撮り始めるのにはそうそう時間はかからなかった。

 ちなみにこのブログのハンドルネームの Pudding も大好きだった今は亡きモルモットの名前だ。毎回この文字を打つと思い出します。・・・忘れない。






 さて話を戻します。本作は 6人の高校生達が織り成す、一夏の物語

 ジャンルはSFラブコメ




 ノスタルジックな田舎道が抜群にいいです!

 


 登場人物がまったくブレず、シッカリ描かれているので、感情移入できました!

 恋愛要素が高いです。

 片思い率が高いです。

 けっこうドロドロしちゃう時がありますが、時に切ない爽快感が来ます。





 一点、この作品の第一印象で気になったのは、メイン6人のうち、メガネキャラが半分の3人もw


 

 

 この作品を見て、改めて感じたのは、

 自分が思っている本当の気持ちを、相手にシッカリ伝えること。

 これから生きていく上で、大切だな と思いました。






 自主映画あるあるネタいっぱいあります。

 「自主映画、ロケハン、監督、脚本、照明、メンインブラック、ジョージ・ルーカス」なんてフレーズが出る度にニヤニヤ。

 





 一話30分ですが毎回、最後に 「ええっ!?これからどうなるの?」って感じの衝撃的な展開でやなやなぎの「ビードロ模様」が流れます。

 「あの花」でも感じましたが、憎過ぎる巧い演出です。







 ひと夏の、夏休み

 本編最後に皆で集まって鑑賞会する場面は、切なさMAX。いいですねー。







 「あの花」 の号泣には及びませんでしたが、自主映画という個人的にツボなネタに、没入感は凄かったです。

 大好きです、 あの夏




 オススメです!





PV「あの夏が待ってる」


オープニング抜粋:Ray「sign」


エンデイング抜粋:やなぎなぎ「ビードロ模様」


やなぎなぎ「ビードロ模様」フル音源

一話フル ココ から











スポンサーサイト
343733_02_01_02.jpg

2012年度作品
124分 / 日本
監督・・・河合勇人
脚本・・・古沢良太
出演・・・ 長谷川博己、臼田あさ美、土屋太鳳、風間俊介、田畑智子、斉木しげる、でんでん、富田靖子、夕輝壽太、北村匠海、未来穂香、刈谷友衣子、三浦透子
主題歌: androp 『Rainbows』
キャッチコピー ⇒ 常識を打ち破れ、世界は変わる 

A18PcMVdSUL__SL1500_ (800x533)

343733_01_06_02 (800x533)

343733_0gsgasg1_01_02 (800x529)

343733_01_03_02 (800x529)

343733_01_07_02 (800x529)

343733_01_04_02 (800x529)

343733_01_01_02 (800x519)

81Tb6AvensL__SL1500_ (800x529)

81TjgK2+MdL__SL1500_ (800x530)

91M8vXyhEYL__SL1500_ (800x530)



 ビシバシ響いて来ました!



 実はこの作品、以前、ドラマ版を 一話 だけ見てました。

 当時の感想は、なかなか刺激的だけど面白い!といった感じ。しかし録りためていた番組が多く、あえなく消去されることに。

 ちなみにドラマ版、テレビ放映時は視聴率で苦戦しながらも、クオリティの高さがドラマ・ファンの注目を集め、放映終了後に数々の賞に輝き話題になりました。

 原作は武富健治さんの同名人気漫画。この映画版はドラマ版のその後となる2学期を舞台にしている。





 そんな中で、ドラマ版を見る時間はないけど、映画版ならという軽い気持ち で観賞。





*あらすじ*

黒縁メガネとループタイがトレードマークの国語教師・鈴木先生。

 理想のクラス作りに燃える彼は、女子生徒・小川蘇美を“スペシャルファクター”に据えた“実験教室”に手応えを感じ始めていた。

 ところが、妊娠中の妻・麻美がいるというのに、克服したはずの小川蘇美との あらぬ妄想 に再び振り回される事態に。

 やがて、2学期を迎えた学校では生徒会選挙と文化祭の準備が進む中、鈴木先生の天敵・家庭科教師の足子先生が休養から復帰する。

 そんな中、ドロップアウトしてしまった卒業生・勝野ユウジが小川を人質に学校に立てこもるという最悪の事件が発生する
。 






 鈴木先生、なんていうかいい意味で あまり存在感がない

  鈴木先生演じるのは、映画監督役が印象的だった「地獄でなぜ悪い」の長谷川博己さん。


 がつがつしないで、冷静な感じでとてもいい立ち位置にスタンバイ。







 その分、メインとなるテーマをビシバシと、直球で観客へ投げかけてきます。

 





 序盤、ドラマ版の繋がりっぽいシーンがあり、

 なかなかスッと世界に入れなかったのですが、




 教室で「生徒会なってみないか?」の一悶着から

 グイグイ 引き込まれました。






 この映画を見て、生徒会、あぁ、あったあったと回想しました。

 当時は自分はあちら側の人でないとか、全く関係のない場所 だと遠めで眺めていた身でありましたが、

 改めてこういう視点で、生徒会を見ると、

 今の政治に繋がるものが、もうこの時点であったのか と今更ながら驚きましたね。
 
 もっと早くこの作品を見れば、何か違った未来が待っていたかも・・・





 ホント、見ていてタメになる教育映画だ。





 というわけで、生徒会選挙が描かれるのですが、そこで反発する生徒の言動がなかなか深いところついていて、

 見ていて「なるほどな」 「そういう見方があったかのか」と感心。

 他にもいろいろ考えさせられるテーマが沢山含まれています。



 
 キーとなる生徒役で「リミット」ではメガネっ子演じた土屋太鳳さん、危うい演技が上手過ぎる!




 終盤、学校に侵入してくる元卒業生

 序盤から何気なく積み重ねてきたシーンもあり、彼があのような行為に走ったこと、とてもリアリティがありました。




 被害者と加害者、両方の立場を描いている部分が斬新です。

 悪い奴は悪い奴なんだけど、どこか完全に憎めない。





 二時間の中でたくさんの論争できるポイントが描かれています。

 圧倒されました。





 映画「鈴木先生」、個人的にかなり 来ました!

 ドラマ版、早速改めて借りて見たいと思います!


 未見の方は是非一度映画版 「鈴木先生」 オススメです。






予告編


androp「Rainbows」


本編抜粋シーン







imagesXGQIPJNA.jpg

2012年 ビデオ公開作品
81分 / 日本
監督・・・永岡久明
脚本・・・永岡久明
出演・・・阪本麻美、野崎亜里沙、生田晴香、青山路代
エンディングテーマ・・・Arcadia 「凍里和弥」

hikiko15 (800x433)

hikiklo (800x425)

hikiko5 (800x427)

hikiko6 (800x443)

hikiko12 (800x443)

hikiko16 (800x447)

hikiko1 (800x434)

hikiko7 (800x447)

hikiko18 (800x430)

hikiko8 (800x448)

hikiko14 (800x434)

hikiko13 (800x428)

hikiko9 (800x446)

hikiko4 (800x452)




 おお!


 おおおお!


 なんかいい!
 



 なんか凄くいいよ、こういうの!




 ビデオ公開映画 ひきこさんVSこっくりさん



 レビュアーの評価で、作品はところどころチープだが、役者の演技力が素晴らしい!という情報を知り借りました。ちなみに一度間違えて同監督の「ひきこさんvs口裂け女」という紛らわしすぎる作品を借りてしまった・・・w



 低予算なのでいろいろしい箇所は確かにあったのですが、

 素晴らしすぎる役者の憑依&振り切り演技のおかげで、

 最近の予算かけた大作映画より、この作品の方が何倍も楽しませてもらえました。最高です!






*あらすじ*

 女子高生の沙織は幼い頃、その存在を信じると、死ぬまで引きずられ続けるという妖女「ひきこさん」に襲われたが奇跡的に生還した過去があった。

 そんな沙織は、とある事件をきっかけに再び「ひきこさん」を呼び起こす事となる。

 それは、同級生の恵美(野崎亜里沙)が陰惨ないじめを受け、復讐のために行った「こっくりさん」がきっかけであった。

 恵美はこっくりさんの根源である狐の霊に憑りつかれ、いじめっ子たちを次々に呪い殺していく。その復讐に巻き込まれた沙織の深層心理で眠っていたひきこさんの呪いが反響する。

 そして互いが邪魔になったひきこさんとこっくりさんが、ついに現世で対峙することとなった! !
 







 ちなみに こっくりさん は有名だと思いますが、対するひきこさんは ・・・ !






 すいません、

 ・・・ あなた、誰!?






 調べてみると現在、若者の間で圧倒的な認知度を誇る都市伝説の一つ。

 死んでしまったいじめられっ子が、いじめっ子を引きずる姿から、そして‘もり ひきこ’から命名されたそう。

 そして本作はそんな ひきこさんシリーズ 第5弾!





 さて、主演の阪本麻美さん、コックリさん呼んでしまういじめられっ子役の野崎亜里沙さん、この二人の演技は群を抜いて圧倒的でした。





 口からおびただしい血や目玉吐いたり、

 自分の親指をカッターで切り、その血でこっくりさんの文字盤書いたり、

 なかなかやれと言われても腰が引ける ガチ白目 を披露したり・・・。






 ただグロイただ怖い だけの映画以上に、

 登場人物の息遣いが感じられる なかなか説得力のある語り口を披露してくれました。






 本作、一応女子校が舞台。

 タイトルに VS と出ていますが、最後少し争うくらいですので、タイトルに過剰な期待かけての観賞は止めた方がいいでしょう。対決ものなら個人的に「フレディVSジェイソン」がおすすめです。





 それにしても女子校のイジメが ハード 過ぎ。

 ここにあえて書かないが、あんな集団攻撃されたらたまったもんじゃない、精神持ちません。

 段々エスカレートするイジメを受け続けると、もうこっくりさんでも何でも、復讐のできるチャンスとあれば ・・・。




  という訳で否応にも彼女の行動は 共感 できてしまうんです。





 更にこの場面、

 いじめらっ子演じたさん野崎さんは憑依タイプの役者さんなので、見ていて圧倒されました。




 そして 特殊メイク 凄い変貌だったw

 「エクソシスト」とか「死霊のはらわた」に出てきそうな威圧感のある 邪気顔 が素晴らしい!


 

 と、言いたい反面、






 よく そんな姿で、よく先生にも止められず学校入れたなっ! 

 と突っ込みを入れたくなります。







 とにかく、主演の二人の演技力で物語を牽引。

 引き込まれたわけであります!!






 ちなみにDVDの映像特典は本編とは真逆なアットホームなメイキングでかなり印象でした。

 いい現場はいい作品を生むんだなぁー。





 あと、エンディング曲は単体で聞くとけっこうかったw





 ホラーものとして怖いかと言えば、どうかな? とは思いますが、

 いじめ、復讐、役者の演技を堪能する分にはかなり楽しめる

ひきこさんVSこっくりさん 、おすすめ!




予告


冒頭3分


エンディングテーマ:Arcadia 「凍里和弥」








images6PXW13SY.jpg

2011年度作品
43分/ 日本 /アニメ
監督・・・大森貴弘
原作・・・緑川ゆき
出演・・・内山昂輝、佐倉綾音
主題歌:「夏を見ていた」
キャッチコピー ⇒ 緑川ゆき原作、『夏目友人帳』のスタッフが贈る、もうひとつの妖奇譚 

340067_01_15_02 (800x449)

340067_01_14_02 (800x449)

340067_01_12_02 (800x449)

340067_01_11_02 (800x449)

340067_01_09_02 (800x449)

340067_01_10_02 (800x449)

images0597FBST (800x453)

imagesGKZ0Q6FF (800x448)

images (800x448)

images5IEGEL8R (800x453)

images3OYAN2P6 (800x448)

imagesYYHYI7M5 (800x457)



 余韻がとても心地良いです!


 久しぶりに連続ものではなく、重い作風でもなくゆったり鑑賞できる単発のアニメ映画でもみたいなー という面持ちで目に止まったのが、この作品!

 43分 と短さもお手頃です!







*あらすじ*

 夏休みに祖父の家に遊びに来ていた少女、

 ある日、妖怪たちが棲むといわれる“山神の森”に迷い込んでしまう。

 迷子になり途方に暮れていた蛍を、狐の面を被った少年ンが助けてくれた。

 以来、蛍は毎年になると、ギンのもとを訪ねるようになる。成長するにつれ、次第にギンに恋心を抱くようになる蛍。

 しかしギンは、人でも妖怪でもない不思議な存在。しかも、人間に触れられると消えてしまうというのだったが…。
 








 人間に触れてしまうと消えてしまう自称妖怪青年と、女の子の 数年に渡る夏の交流を描いた 感動作です。

 


 序盤は、THEアニメって感じで、ワチャワチャしていますが、

 中盤以降、月日が流れる描写(その年その年のエピソードの積み重ね)を得て、徐々に主人公のせつない気持ちがダイレクトに伝わってきます。







 1年、また1年 と月日が流れてる。

 その間、ホタルは小学生、中学生、高校生(6~18歳まで) 年相応に成長していきます。




 女の子から女性へ…。





 でも、その間、ギンはまったく成長をしません。

 だけど毎回顔を出すと、いつも通りやさしく相手をしてくれます。





 相手に触れられないと 縛り の中で言えずじまいな 好き という気持ち。






 そして物語が進むにつれ、もうこの先は一緒にいられない、今年の夏が最後という切なさ、儚さを知った瞬間。






 何事にも永遠というものはないのですが、

 当たりの事なんだけど、こういうものって、知らず知らずのうちに忘れてしまうんだな・・・





 それらの切ない心境、

 最後の夏祭の夜が近づいてきます。






 時の流れは時に残酷にも訪れました。






 けれども、鑑賞後はどこか爽やかな余韻が漂います。


 



 43分と短い作品ながらも、とても見やすい。




 未見ですが、ニャンコ先生で人気の連続アニメ「夏目友人帳」もこの作品を作ったスタッフ陣とのことで、こちらも機会があったら見てみようかと思います。泣けるらしいので♪




 「蛍火杜へ」 、アニメあまり見ない方でも、この切なさは伝わってくるかと思います、かなりおすすめです!




予告編



本編フル









繝ェ繝ャ繧ュ繧キ繝ァ (421x600)

2005年度作品
全205ページ
著者…中村航


 読了しました小説 リレキショ

 桐谷美玲× 大倉忠義で実写化された「100回泣くこと」の中村航さんの本。



ある日突然、擬似姉弟になった「僕」と「姉さん」との奇妙な生活を描いた第39回文芸賞受賞作






*あらすじ*

  「弟と暮らすのが夢だったの」という姉さんに拾われて、彼女の弟となった19歳の「僕」。

 新しい名前は「半沢良」。面接用に書いた「半沢良」の履歴書に、物足りなさを感じた

 「僕」は、真っ白な紙にもうひとつの「リレキショ」を書き上げる。

 免許・資格は「どこでもいける切符」。趣味・特技は「護身術」と「アイロンがけ」。無事、深夜のガソリンスタンドで働くことになった「僕」は、ある日、1通のラブレターを受け取る…。 







 この ふんわりした世界観 、好きですね。

 淡々と日常が進んでいく日々。




 主人公半良(仮名)が、少しめいていて好印象。

 過去に全く触れず、現在進行刑で進行していきます。




 なぜ、そんなことになったのか、一切説明がないまま物語が進んでいきます。

 ちなみに、その 姉と弟以上の関係 に発展することもないです。





 ほんと ミステリアス



 特にサスペンスな謎解き ありません。

 でも、不思議とリアリティーが感じられます。





 良かった場面・・・

 内気な浪人バイク女の子とのシーン
 
 姉の親友とのキスシーン







 また読みたくなってくる作品



 おすすめです。