20090119_01.jpg

6f61ab07719cbbf45f91c837838f4d55.jpg

2008年度作品
全60話(各30分) 幼少期編(1~10話)
監督・・・ 田沢幸治、松田礼人、森永恭朗
脚本・・・ 藤井清美、渡辺啓、松田裕子
出演・・・松嶋友貴奈、桑代貴明、ルウク、山谷花純、下山葵、朝日梨帆粟田麗、布川敏和、左とん平
主題歌・・・ My Little Lover 『音のない世界』
 
matushimayukina4 (800x450)

20090317_898921 (800x450)

fjapofffsf (800x449)

874467689_m (800x449)

874467710_m (800x449)

874467675_m (800x449)

kuwalove_058 (800x450)

874467700_m (800x449)

img3920eb8czik0zj (800x568)

2bc385f8457be54a3cd48e52407ebd5e (800x529)

874467651_m (800x449)

874467664_m (800x449)

2749-8 (800x450)

976632823_m (800x449)



 TBS 愛の劇場40周年記念!


 このドラマは生まれつき耳が聞こえない美波という女の子の幼少期(小学生)・青年期(高校生)・大人までの15年間を描いたドラマです。

 なぜこの作品見たのかというと、好きな女優山下リオさんの未見の出演作。長尺ドラマ(全60話)ゆえに見送っていました。




 さてレビューですが、現時点では幼少期編(10話)のみですが、綴っていこうと思います。






*あらすじ*

 香川県小豆島。過去にひとり娘を亡くした経験を持つ兼松夫妻のもとに、11歳の田所美波という少女が里子としてやってきた。

 彼女はこの島で塚越海司という少年と出会う。

 海司は美波に、海の上に現れる道をたどって秘密の小島に行くとどんな願いも叶うのだと教えるが…。
 







 耳が生まれつき聞こえない主人公、美波。

 改めて 「聴覚が機能しない」 という事が日常生活において、学校生活においてとてもとても不便だということを客観的に知りました。

 例えば 「だるまさんがころんだ」 という、子供の頃に誰もがやったことのあるゲームでも、聴覚が使えない状態でやってみれば物凄く難易度が高いハードゲームに早変わりしてしまいます。



 更に音が聞こえないということは危険回避も難しい。

 後ろから車が近づく音、ブレーキの音すら聞こえない、これは死活問題です。





 この幼少期編では、その聴覚障害で、

 「他の人より、余計に心配される」 のが一番辛い…

 そんな美波の心情が描かれます。




 養子に入った新しい家族、クラスメートに至っても障害があるからといって、過度に助けようとする気持ちが、美波にとっては大きなストレスになります。

 救いなのは、生まれつき耳が聞こえないという障害をネガティブに全くとらえていない負けず嫌いな性格。

 心配させまいと人前に出る時は、常に周囲に 笑顔 を振りまく美波の姿が時に切ないです。

 



 障害を持っているからといって甘やかすのではなく、いい意味で対等 になるというのは、いろんな面で難しいですね。






 ところで手話

 世界共通かと思っていましたが、国ごとで全く違うとのこと。考えてみればそうか・・・。



 でも、ボディランゲージとかは、国関係なく、なんとなくでありますが、意味合いが読み取れますよね。

 言葉がなくても、気持ちが伝えられる って奥深いなと改めて思いました。






 さて幼少期編の終盤、秘密の小島にて

 「俺が、お前の耳に、なったる!!」

 とドヤ顔で言い切った海司君。





  超絶カッコいい!




 果たして3年後の、中高生編ではこの関係はどう進展・変化していくのか?

 二人にどういった未来がやってくるのか?

 今からとても楽しみです。





 というわけで幼少期編の感想はここまで、中高生 編へ続きます。

 おすすめです!




中高生編レビュー
青年期編レビュー




主題歌「My Little Lover / 音のない世界」


一話冒頭ノーカット


本編抜粋「おまえの耳になったる!」 3:45


スポンサーサイト
6c683cde.jpg

2012年度作品
全13話(DVD全6巻)
監督・・・橋本昌和
脚本・・・橋本昌和、佐藤梨香、横手美智子
声の出演・・・ 高垣彩陽、瀬戸麻沙美、早見沙織、島崎信長、花江夏樹、浜田賢二、大原さやか、木下浩之、沖田志保、登麻美子、田中敦子、宝亀克寿


cc516d78-s (800x450)

866212c2-s (800x450)

3e810056-s (800x450)

1caba955-s (800x450)

bf6f0f3b (800x450)

95162a22-s (800x450)

9d84351d-s (800x450)

fdb6d4aa-s (800x450)

8e7673fc-s (800x450)

b6f36d4a-s (800x450)

781b65fd-s (800x450)

8b0434b1-s (800x450)

5c27ec7e-s (800x450)

31b5dc38 (800x450)

85fa0844-s (800x450)

aaeff10c-s (800x450)

76Gch36duJn2 (800x450)

0ebf93b3-s (800x450)

44Gch36duJn2 (800x450)

66Gch36duJn2 (800x450)

b7221668-s (800x450)

afa96422-s (800x450)

03a18c84-s (800x450)

ca156bab-s (800x450)

33c5fecd-s (800x450)

d66f54f6-s (800x450)



 13話鑑賞しました。


 青春音楽ストーリーです。


 江ノ島および江ノ電沿線地域(神奈川県藤沢市、鎌倉市)を舞台にしており、製作に際しては湘南藤沢フィルムコミッション、江ノ島電鉄、藤沢市といった公的機関地元企業など、江ノ島地区の各方面から協力を受けて制作されたそうです。

 江の島にいきてー!





 ちなみに本編で流れる合唱には、実際ある幕張総合高校合唱団が参加。

 特に 心の旋律は名曲です!






*あらすじ*

 ある日を境に、音楽科から離れた、坂井和奏。歌うことを諦めきれない、宮本来夏。親友のために力を貸す、沖田紗羽。

 笑ったり喧嘩したり悩んだり恋をしたり・・・。

 ありふれた日常を送りつつ、少しずつ少しずつ前に進む少女達。時には回り道をしながら、ひとりでは無理かもしれないけれど親友がいればいつかきっと--。

 和奏、来夏、紗羽、そして彼女達の奏でるアンサンブルが、音楽の力が、小さくも煌びやかな物語を紡ぎだす。

 高校生活最後の夏。それは夢を諦めるには早すぎる季節。江の島に響く歌声が今日も僕らを勇気づける。
  







 実は正直 、 第5話 くらいまで見た時の感想が、

 なんかシックリ来ないなぁ・・・。

 大好きな「あの花」「あの夏」の第一話から 一気に引き込まれる感 が感じられなかったのです。





 理由はメインとなるはずの 合唱

 あまり歌に興味がなかった せいもあるかもしれません。

 特に際立った恋愛描写もなし。

 そもそも声楽部なのに、そこで苦悩する姿が描かれていない、みんなで練習する場面が全然出てこないとはなぜなんだ?





 ・・・ ! ?


 


 見方を間違えていたようでした(汗)

 確かに‘ 合唱時々バドミントン部 ’とう部名。
 




 歌で頂点に行く物語ではなく、

 みんなで何か一つのものを作ろう!




 そういう気持ちが 大事 

 目標達成ではなく、そこへ行くつく過程、

 そういうところに焦点を当てた作品だったのです!!




 ヒーローになりたい、騎手になりたい・・・

 そんな夢があるものの、身長制限の壁だったり、肝心な人がもうこの世にいなかったり。




 そういう方向性が分かり始めた 6、7話辺りからググっ と物語に引き込まれてしまいました。






 さて、高校3年生ということで、進路の悩み が描かれます。

 親との確執、 あります!

 厳しい親も紐解いてみれば実はあんなこと、こんなことを想っていたり・・・。親から子へ、子から親へのメッセージが実に感動させてくれます。



 5人いる声楽部、とにかくそれぞれのエピソードに、涙線、壊されたのは言うまでもありません。

 個人的に和奏紗羽、は武者震いw

 




 そして終盤、とある出来事がというか学校を襲います。



 その無謀とも言える行動も、皆の心が一つとなりひたすら前に向かう志は、

 カッコイイというか、清清しいというか...

 一人では出来ないことでも仲間となら出来るという前向きな気持ち、

 素直に感情移入でき、心が動かされました。






 ちなみにタイトルの 「Tari Tari(たりたり)」は、

 「歌ったり、泣いたり」とかの「~たり」が由来です。




 そんな気持ちが惜しみなく詰まったED曲「潮風のハーモニー 」、は何度聞いても、最高ですっ!





 実際の本編も笑ったり、泣いたり 、BGMも存分に盛り上げてくれます。

 きっと心に響くエピソ-ドに出会えます。

 ジワ~っと来ます。




 「Tari tari」、おすすめ




予告PV


OP抜粋:AiRI「Dreamer」


OPフル音源


ED抜粋「潮風のハーモニー」


EDフル音源


メドレー


MAD











 
fnaffdaga.jpg
SHAOLIN TEMPLE THE 36TH CHAMBER

1977年度作品
111分 / 香港
監督・・・リュー・チャーリァン
脚本・・・イー・クァン
出演者・・・ リュー・チャーフィ、ホワン・ユー、ロー・リエ、ユエン・シャオティエン、ラウ・カーウィン

36 Shaolin-2 (800x504)

20130418112042239 (753x600)

968full-the-36th-chamber-of-shaolin-screenshot (800x345)

extrait_shao-lin-da-peng-da-shi_1 (800x450)

The-36th-Chamber-of-Shaolin-1978-Chinese-Movie (1) (800x461)

36th5 (800x345)

36th_chamber_of_shaolin_1 (800x472)

disciples-of-the-36th-chamber (800x381)



 久しぶりに カンフー映画 みました。

 久しぶりにほぼ しか出てこない、筋肉と汗 映画みました。





 オススメとして頂いた高画質なBDにて鑑賞。

 予想以上に 面白かったです!







 主人公青年サンダを演じたのは、「キルビル2」のドS祖師を演じた

 リュー・チャフィーさん!

 ちなみにそのタランティーノ監督は本作を クンフー映画史上最高 の3本 に入る傑作と断言してます。思い出してみればまんまなシーンありました






*あらすじ*

 明は滅ぼされ、人々が清の圧政による支配に苦しめられていた時代が舞台。

 明の復興を画策する義士たちは武芸の本山、少林寺の参加に期待をかけていた。学生の身であった劉裕徳は清に仲間や家族を殺され、命からがら少林寺へとたどり着き、出家して三徳と名を改める。

 少林寺には35房あり、最初の10房は腕、手首、目、頭といった身体を鍛える基礎訓練。続く房では、刀術、棒術、拳法という戦闘技術を学ぶ。各房では35種の想像を絶する厳しい訓練が待っていた。各房の住持の許しを得た者だけが次の房へと進むことができる。

 努力と仲間の支え、師匠である住持達の励ましを受けることで、三徳は次々と試練を乗り越え、5年という異例の速さで35房の全てを制覇し、戒律院住持との戦いを通じて、新たな武器「三節棍」を考案する。

 そしてついに下山して、道中で同士を集めつつ、清に対する復讐を開始する。
 







 ぶっちゃけ、冒頭の一人クンフーシーン、

 気合の入った威勢声と、力任せの動き、

 それっぽい効果音
で、これなら自分でも出来るなと、笑いながら見ていたのですが、






 はい、無理でしたw

 恐れ入ります。





 第一房のタルの上を素早く通り、向こう側へ渡ることが出来ず、飯を食いっぱくれ餓死確定ですね。





 さて、本作は三十五房を訓練後、新たに三十六房の祖師になるまでの主人公が描かれます。





 何よりも訓練シーンがいい。本作の見所です。

 ドS過ぎる祖師の元、どんどん強くなってゆく主人公を丹念に時間をかけて描かれます。




 武器として使用する 三角節 かっこいい。

 ヌンチャクにもう一本棒を付けた感じの武器です。

 ワイヤーアクションを使わず、まさに手に汗握るリアルなファイトに、見ているこっちまで体が動いてしまいます。




 ちなみに三十六房もあるんで、中には コントか! とツッコミを入れたくなる房もありましたw




 それにしても香港映画の効果音いいね。

 殴る音とか、棒を振る音とか実際に聞こえる音じゃないんだけど、どれもピッタリとハマっているんですよね。




 ラストシーンのアッサリ具合、好き。

 敵の倒し方笑ったw






 カンフーいいね、オススメ!





予告


第一房 抜粋


ラストバトルシーン抜粋


f0158887_19122028.jpg
THE BREAKFAST CLUB

1985年度作品
97分 / アメリカ
監督・・・ジョン・ヒューズ
脚本・・・ジョン・ヒューズ
出演者・・・エミリオ・エステヴェス、モリー・リングウォルド、アリー・シーディ、ジャド・ネルソン、アンソニー・マイケル・ホール、ポール・グリーソン、ジョン・カペロス

the-Brain (800x450)

600full-the-breakfast-club-screenshot (800x453)

The_Breakfast_Club_334 (800x450)

ally-sheedy-the-breakfast-club-jpg (800x449)

bclubwhyareyouhere (800x450)

screenshot-lrg-09 (800x450)

breakfast-club-1985-08-g (800x520)

1111the_breakfast_club_movie_image (800x421)

the-breakfast-club-original (800x450)

Breakfast-club (800x450)

the_breakfast_club_image9 (800x451)

The_Breakfast_Club_6350_Medium (800x526)

2661059-the_breakfast_club_099 (800x450)

The-Breakfast-Club-Wallpaper-Movie-1-300x168 (800x448)

The-Breakfast-Club-the-breakfast-club-34964779-500-281 (800x449)

screenshot-lrg-01 (800x450)





 かっなり久々に 洋画 みました。

 1985年製作。

 ・・・自分が生まれる1年前の作品だー!





 なぜこの作品を見ようと思ったかというと、登場人物の 性格分け が、大好きなB級ホラー映画「パラサイト」にそっくりだ!

 という情報を知ってしまったからです。





 序盤、会話主体の舞台劇ノリで余り入り込めなかったのですが、徐々にキャラクターが描かれていきます。

 古い映画ながら今見ても全然古くささはなく、描かれているテーマは 今でも通ずるもの で驚きました。






* あらすじ *

 土曜の休日と言うのに学校に登校させられた高校生5人

 彼等はさまざまな問題を起こした懲罰として自分についての作文を書かされるハメになった問題児ばかりだった。

 大きな図書館に軟禁状態にされ、何から書いていいのかわからないままだらだらと時間だけ過ぎて行く中、雑談からお互いの身の上話を交わし始めた彼等は次第にを開かせて行く。
 






 「パラサイト」 みたいに生命体が人を乗っ取る場面はないのですが、

 ちょっとした出来事を通じて段々と結び付いて行く過程が、

 見ていてとても ほっこり しました。





 笑えるところも沢山あります。

 先生がコーヒーを豪快にこぼす場面は笑った。

 ドアのネジが外れ、抑えに使おうとしたイスもろともドアが物凄い勢いで閉まる場面が 最高!





 自分の心の中に押し殺していた感情をみんなの前で吐き出す場面は、胸打ちます。

 「パラサイト」でもドラッグ吸って誰が人じゃないかを探り出す場面があるのですが、こちらの映画でも、ドラッグでハイになるシーンがありました(汗) 

 おい、 そこの 高校生っ!シラフでやるな




 ハイになっている時に、気合でガラスを割るシーンはウケタ。




 ダンスシーンもなんかすごい 勢い があって、引き込まれた。





 ゴス女子ストークリーがこの映画にもいましたw


 でも、こっちは更に強烈

 むちゃくちゃ上手い絵に、バッサバッサ フケを落とし雪を表現したり、

 爪を噛んで人に飛ばしたり

 お昼タイムでハムが嫌いなのか、天井の壁にベシッと貼り付けますw






 見ていて1、2を争う大好きな仮面ライダー、「仮面ライダーフォーゼ」もかなり影響されていますね。

 個性的な登場人物の性格分けから、それぞれのドラマもかなり似ていてビックリしました。

 典型的なキャラばかりなんだけど、どのキャラもその気持ち、わかるなぁ と感じました。






 普通に生活していれば、出会うはずのなかったメンツが数時間を共に過す ・・・ 。

 終わり方 もいろんな見方ができて、好き






 洋画「ブレックファスト・クラブ」 おすすめだ!






 予告


ダンスシーン





toradora0106.jpg

2008年度作品
DVD全8巻(計625分) / 日本
監督・・・長井龍雪
脚本・・・岡田麿里、横谷昌宏、他
声の出演・・・ 間島淳司、釘宮理恵、堀江由衣、野島裕史、喜多村英梨、大原さやか、田中理恵、吉野裕行、興津和幸、野中藍、石川桃子、後藤沙緒里

toradora_02_09 (800x450)

aefafaf (800x454)

toradora_01_05 (800x450)

snapshot20081106205539 (800x450)

toradora_14_07 (800x450)

ryuji20090306 (800x451)

toradora_22_01 (800x450)

toradora_10_13 (800x450)

toradora_15_03_r1 (800x450)

toradora_17_06 (800x450)

toradora_15_06 (800x450)

rwfafafaa (800x450)

toradora_16_01 (800x450)

4e38de7f-s (800x449)

toradora_17_02 (800x450)

toradora_15_02 (800x450)

20090123182630 (800x450)

snapshot20090305063743 (800x450)

snapshot20081225210254 (800x450)

snapshot20090312062624 (800x450)

snapshot20090312062754 (800x450)

toradora_15_03 (800x450)

toradora360 (800x450)

toradora_15_04 (800x450)

snapshot20090219064908 (800x450)

toradora_24_05 (800x450)

toradora_24_03 (800x450)

snapshot20090319063055 (800x450)

toradora_24_02 (800x450)

toradora_25_04 (800x450)

toradora_25_17 (800x450)



 アニメ「あの花」「あの夏長井龍雪監督作品。

 長井監督の作風、毎回ガッチリ心を掴む作品ばかりで、最近急激にファンになりつつあります。ヘタな映画より胸に迫ってくる描写がホント凄いよ。






*あらすじ*

 生まれつきの鋭い目つきのせいで、周囲から怖い人間だと誤解されている少年・高須竜児

 彼には櫛枝実乃梨という好きな少女がいた。伝えられない想いを抱えながら迎えた高校二年の春。

 ついに念願かなって彼女と同じクラスになる竜児。ところが、同じクラスには「手乗りタイガー」と呼ばれ恐れられている少女・逢坂大河もいたことが判明。

 しかもあろうことか大河は、実乃梨と親友だったのだ。

 そして、ひょんなことから大河が、友人である北村祐作を好きなことを知ってしまった竜児は、お互いがお互いの親友と上手くいくようにと、大河と奇妙な共同戦線を張ることに。

 果たして、竜児と大河の想いは実るのか?
 







 とても  けました。

 涙なし には見れない作品です。





 オリジナルの「とらドラ!』は、竹宮ゆゆこさんによる ライトノベル

 アニメ版全26話です。

 通常アニメは、12話が主流ですが、本策は前期と後期あったそうですよ。





 長身で顔相悪いけど、料理、洗濯が得意な優しい高須竜児と、身長143センチであだ名は手乗りタイガー、凶暴な性格の逢坂大河

 この二人を軸に 高校2年の春から卒業までの学園生活 が主に描かれます。




 初見、典型的なツンデレヒロインに 「う~ん」 状態でしたが、いざ蓋を開けてみると … 物凄い葛藤キャラで驚きました。

 そんな2人の関係、距離感 がとてもいいです。




 本作は主人公を筆頭にメインキャラクター達が様々な出来事を体験し、全員が悩み、傷付き、自分なりの答えを見つけ出していく過程が丁寧に描かれます。





 基本はライトコメディテイストなのですが、それでも途中、途中で恋愛や家族関係まつわる葛藤が生々しい。




 特に印象的な ファイトシーンでは、突然絵のタッチが力強くなります。そこに至るまでの過程(心理描写)もあり、 ガツン と来ます!

 この 罵り合い 場面は、異質な空気に圧倒されます!

 普段明るいキャラが、奥底に潜めた悩みや葛藤を、自らさらけ出す場面、涙なしには見れません





 また、時折みせる優しさ仲間の気遣い、親友の幸せを優先して、ひたむきに自分の気持ちを隠し通そうとする行為 は物凄く説得力があり、見ていていい意味で かったです。





 特に後半エピソードはどれも名場面。





 個人的に表向きはモデルやっててチヤホヤされている美少女、

 でも裏は超腹黒、経験上みんなより一歩先を歩く、あーみんこと川嶋亜美が良かったです。





 ギャグ担当、みのりんこと櫛枝実乃梨には、毎話笑いました。

 毎回、オマージュネタ(ガンダム、エヴァ、あしたのジョー、ポケモン、遊戯王、ドラゴンボール、スラムダンク、ジョジョ、ラピュタ、ナウシカ、トリック、踊る大捜査線、フルメタルジャケット、マトリックス、キルビル、ドラクエ等) ツボ過ぎて笑った。

 他にも馴染みのあるCM、バラエティ番組、芸能人ネタに至るまでバリエーション物凄かったw。





 メガネの優等生の北村祐作、終盤、壊れた辺りから、  
 
 とても魅力あるキャラに早変わり!

 ほんと常にいいポジションにいました。





 あとアニメでは珍しく 春夏秋冬 が描かれます。

 季節によって登場人物の衣装が変わっていく様子、はとても新鮮でした。





 最終回手前 三話 は特に けます。

  この作品に出会えて本当に良かったです。





 アニメ 「とらドラ!」 超おすすめです!





第一話予告


海外版予告


前期OP「プレパレード」


後期OP 「silky heart」


前期ED 「バニラソルト」


後期ED「 オレンジ」


ファイトシーン抜粋


MAD「silky heart」


オレンジ ~Excellent Scene Ver_~


みのりん総集編!!