上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
zeirakmu2.jpg

1994年度作品
100分 / 日本
監督・・・雨宮慶太
脚本・・・雨宮慶太、松本肇
出演・・・ 森山祐子、サブ、井田州彦、螢雪次朗、栗原敏、吉田瑞穂、横山誠、井上和彦、阿部光男、渡辺哲

amamiykitazrm0004 (800x410)

amamiykitazrm0006 (800x430)

amamiykitazrm0007 (800x492)

o0640035210699242997 (800x440)

o0640035210699243157 (800x440)

zeiram_2_main (800x533)

zeiramu201 (800x600)

zeiramu202 (800x600)




 やっと見ることができました、B級魂映画 ゼイラム2



 最高 っ ーーーーーーー!



 こういうB級映画見てると、無駄にテンション上がります ⤴

 やっぱ映画ってこういう ワクワクドキドキ がないと始まらん!

 冒険活劇 、最高!








*あらすじ*

 宇宙犯罪人たちを捕らえるため、再び地球を訪れたイリア。しかし敵の罠に落ち、イリアは絶体絶命のピンチに陥る。

 その時、イリアを助ける謎の生命体が現れる。それは“ゼイラム”を組み込んだ戦闘ロボットだった。

 ゼイラムロボットの働きによって敵の集団は全滅するが、その時に受けた攻撃によってゼイラムを抑制するユニットにキズが入る。再び暴走を始めるゼイラム。

 そして、かつてイリアと共に闘った神谷と鉄平もまた、はからずも 闘い に巻き込まれていく……。







 タイトルから見てわかると思いますが、 続編 ものです。

 1作目のレビューは こちら から
 
 1作目から約3年程経ってます。




 前作にも登場したキモい アイツ 

 来てほしくないけど、再び カムバックします!




 アイツとは、タイトルである ゼイラム です。

 本体、位置的にヘソの辺りに埋め込まれている 白塗り能面女




 相変わらず キショ さが尋常じゃないです!

 このデザイン考えた方、尊敬に値します。



 無表情ながらも何か嫌悪感を抱く存在、

 キーキー発する不快な鳴き声、

 動きがとにかくリアルで気持ち悪いったらありゃしない



 

 今回、あろうことか

 口から卵を オエ~ っと産みます。







 ギャーーーーーーーー 辞めてー







 本当に気持ち悪い。不快感クライマックスだぜ!

 もしこいつが目の前にに現れたら

 無条件でバーサクモードになってボコりたくなってきますよ、ほんと!
 ↑ 逆にヤラれますw





 そんな訳で、ゼイラムをボコる女賞金稼ぎのイリアさん。

 でも、一筋縄では倒せません・・・。

 時に隙を取られ、逆にボコボコにされます。

 凄い飛距離吹っ飛ばされたり、壁に叩きつけられたりで アイタタタ





 前作に登場した一般人の鉄平神谷さんもストーリー序盤から登場します。

 この二人、相変わらずゼイラムとバッタリ鉢合わせする度に

 腹の底から ギャーーー と叫びます。





 全然使えない、男達w





 その分、頑張るのはイリアさん、無表情だけどかなり強いんです。

 クール が似合う女。

 彼女、私的に女版仮面ライダー的な位置づけだなと思います。







 バトル(パワード)スーツで強化して、

 戦いを挑んでいく姿、カッコ良過ぎる。

 後半のタンクトップ姿で銃を構える姿もなかなかの見ものです。






 あ、見モノといえば、

 武器小道具のデザインも、なかなか凝ったデザで目を引きますね。






 そして今回もむちゃくちゃカッコいいシーンあります!

 廃工場で、

 ゼイラムが飛ばしてくるバズーカの弾軽く回し蹴り ではじきます。



 するとどうでしょう・・・



 時間差で後ろのビルが一部大破しますw

 ど、ドラゴンボールかっ!







 本編中盤でバウンティハンター(賞金稼ぎ)が大量に登場します。

 厳密には召喚されます。




 なんていうか、 歴代のボス勢揃いしたぞ! って感じの圧倒感。




 それぞれ個性が強く、イリアにとっても流石にこの数には勝てないな 

 … みたいな

絶体絶命的な激ヤバ展開 です




 ちなみにこのシーンで写るバウンティハンターは一般公募によるもので、コスチュームは各自の自作とのこと。

 クオリティ半端なっ!無駄に豪華過ぎです。

 そしてカメラワーク拘り過ぎw こういう拘り 大好き です。






 本作品、基本は低予算なんだけど、

 ぶっちゃけ、特撮ショボいところもあるんだけど、 

 ※ちなみに前作と比べ、CG極力使わず実写がほとんどをしめます

 ブっ飛んだ映像表現、勢いのある展開、アイデア の数々で圧倒される、そんな映画です。






 ドキドキワクワクしたい方に おすすめ!


 SFノンストップアクション映画 ゼイラム2








予告


バトルシーン抜粋 ※いろいろ突っ込みどころありますが、最高です!


メイキング






スポンサーサイト
341426_01_01_02.jpg


2012年度作品
全24話(※当レビューは1~14話まで) / アニメ / 日本
監督・・・伊藤智彦
原作・・・川原礫
声の出演・・・松岡禎丞 、戸松遥、竹達彩奈、伊藤かな恵、日高里菜、高垣彩陽、平田広明、安元洋貴、早見沙織、山寺宏一、子安武人
主題歌:LiSA:「crossing field」

e9d6adc2fa56c90e7c59 (800x450)

6e6ff5c191d51f2b2df6-LL (800x450)

96678e69fcfcfa681b68 (800x450)

6a2d56a7c543117b50b0 (800x450)

646038cf16009a17de56 (800x450)

92b521812a43f252e71d (800x450)

d55f2bf2d1467369cba7 (800x450)

34eb7bf285e079e981d8 (800x450)

493f77251a1c58fcfdc9 (800x450)

3fac974001ced3852d42 (800x450)

0447b5762af6dec3881f (800x450)

fb3c2379dbede1e7739a (800x450)

43adf1ff4bc4f7f95d83 (800x450)

327aa4d842edd476d8d9 (800x450)

e0c3e71ed5774da30a05 (800x450)

66edf3d5fa09410afacd (800x450)

7d4e6d332cb6e538e269 (800x450)

0cbe0a450731e4f54f0f (800x450)

90b3c0f7dd520304f472 (800x450)

668a46421e9224aef19b (800x450)

d1ea4607b243eddf639e (800x450)

2c8bdaeef05eed8305c0 (800x450)

9d09cc653faecace86f1 (800x450)

c2cb6edef79bf125a77e (800x450)

d2551cf757f77e4fe821 (800x450)

949959d757faf4c07f37 (800x450)

f06227b04127668e9ecf (800x450)

9e2ad49174308f0aeb56 (800x450)

3002266c958e854da992 (800x450)

62a3ffa7073a0b213767 (800x450)

5e87e744db2965440ea8 (800x450)

11ea38fd7ddc1b57fae3 (800x450)

891c5f5d7c9fdafbf126 (800x450)

09b9cb4583796a18c01b (800x450)



 

 おおお!

 予想以上に面白過ぎw





 まだ全部見てませんが、

 一期のアインクラッド編の第1話〜14話目までのレビューとなります。







 作品の魅力を語る為に、ネタバレ含まれます。
 未見の方は、ご注意くださいね。







 さて、本作は私的に今年(2015年)に観た記憶に残っている映画、
 「ドットハック / セカイの向こうに 」でも描かれていた オンラインゲーム がモチーフとして使われています。

 



 そんなわけで、オンラインゲームの可能性

 描かれるテーマがとても 共感 できたので、



 「他にも似たような作品 、ないかな~」

 と 探していた矢先に出逢ったのが本作 「ソードアート・オンライン」だったのです 。






 ちなみに監督は「世紀末オカルト学院」の伊藤智彦監督。

 アニメーション制作は「あの花」の A-1 Pictures が担当。

 はい、 間違いないですね♪







 この作品、元々は著者の川原礫さんが2002年の電撃ゲーム小説大賞応募用に執筆した長編を自身のウェブサイトに掲載したライトノベル形式のオンライン小説が発端です。 ※本編の連載は同年11月から2008年7月まで続いたそうです。

 その後、注目され 商業化 にあたってウェブ版の内容・表現に大幅な加筆修正して文庫として続々発売。

 2014年12月には原作文庫シリーズの累計発行部数は日本国内では1,070万部を突破し、全世界では1,670万部以上。


 2011年発行の『このライトノベルがすごい!2012』では、作品部門ランキングとキャラクター部門総合ランキングで1位を獲得。

 翌年の『このライトノベルがすごい!2013』においても2位以下に大差を付けて1位の座を堅持し、『このライトノベルがすごい!』刊行史上初の作品部門2連覇を達成。

 とにかくモンスター級な大作に当たるのは語るまでもありません。







*あらすじ*

 2022年、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。

 しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才プログラマー、茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、非情な宣言をする。

 SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを……。

 それから2年、最前線は74層、残りプレイヤーは約6000人となっていた。プレイヤーの一人である少年キリトは、ソロプレイヤーとして最前線で戦っていた。

 ひたすら最前線で戦うキリトは、同じく攻略組として戦い続ける女流剣士アスナとの絆を少しずつ深めていった







 ちなみにこの作品、以前から耳にしてましたが、

 実際に本編(何度も言いますが、1〜14話まです)を観てビックリしました。





意外というか、
思っていた展開 と違いましたね!


と、同時にとても引き込まれました。






当初のイメージは、
ドットハック」のように オンラインゲームと現実世界を同時に描く
人間ドラマ もの。


 しかし蓋を開けてみれば デスゲーム でした。


 大好きな「GANTZ」に似た究極のサバイバル展開。ハマる人はハマる 中毒展開 の連続です。





 あ、そう言えば実は過去に同作品のシリーズ 2作目の第一話 を見ました。

 で、見た感想としては

「主役が誰かわからない、舞台は?時代は?専門用語!?」

 というちんぷんかんぷんな印象を受けました。





 が、

 、です!




 今回は改めてシリーズ一番最初の第1話を見ました。

 そして 初っ端 から思いました。





 これ、やべぇぞ!





 とにかく世界観が ドンピシャ でした。

 ナーヴギアという頭全体を覆う流線型のヘッドギアを装着してプレイする新世代のMMORPG オンラインゲーム 「ソードアート・オンライン」。

 MMOG とは大規模多人数同時参加型オンラインRPGの意。





 物語序盤、現実世界に馴染めない引きこもりの主人公キリトが、このゲームにログイン

 で、いつものように夕飯時に、ログアウトしようとすると、







 ・・・っ


 ええっ!


 ・・・っ






 まさかのログアウトボタンの表示がない!!

 あるべき場所から、なくなっている。

 この状況、実際にあったら背筋凍るどころじゃありません。




 ちなみに舞台設定は2022年、頭覆うヘルメットなのでプレイ中は、完全にゲーム世界に没入。

 外部からの 刺激 がまったく伝わりません。






 話は戻りますが、

 ログアウト表示がなく、他のオンラインプレイヤー達が一同に焦り始めます。

 そしてゲーム設計者が、登場。




「現実世界に戻りたければ、ゲームをクリアしろ!」









 ちなみに

 ゲームの世界で死ぬと現実世界でも死ぬ
 現実の世界で死ぬ(ヘッドギアが外されると)と死ぬ。 ※実際に死んでく人いました。

 要するに、ゲームをクリアすることが必須条件です。







 

 かなり 怖っ!!

 GANTZ 状態です、これ。  




 

 というわけで、ここからプレイヤー次第となるのです。

 月日が経過していくごとに、どんどんプレイヤー数が減っていきます。

 中には恐怖のあまり自殺するものや、諦めてこの世界で生きることを決めたもの、悪の道へ走るものなど、様々です。


 そして、ゲームクリアを目的とする 攻略組 という団体が作られ、率先してダンジョンをチームを組んで進行させていきます。




 ただ、体制を組んだところで、敵もそう簡単に倒せるわけではありません。

 深層エリアに近づくにつれ、強さは増し、

 節目のボス戦でバタバタと無残に命を脆く消えていきます。




 この展開、かなりエグです。
 
 男女問わず命を落とす者は落とすし、強そうなリーダータイプでさえ、アッサリ 散って いきます。







 夢がたくさん詰まったファンタジーの世界 は時に最高な時間を与えてくれますが、

 実際に 死と隣り合わせ だと、

 実に考えものです。





 基本RPGゲームなので敵を倒すとレベルが上がり、くなります。

 でもHPがになった瞬間、当たり前ですがにます。

 「ゲームオーバーになったら、またロードすればいい」

 が通用しません。






 更にこのゲーム、魔法がありません。

 そう、肝心な 蘇生 出来ないんです。

 回復魔法 もありません。

 さすが「ソードアート・オンライン」ですね♪






 と いうわけでモンスターとの戦闘は常に リアルデスマッチ 状態。

 ちなみに演出面でアクションシーンが迫力あります。絵のタッチがかなり変わります。特に主人公のキリトが二刀流で攻めまくるシーンが多々出てくるのですが、 物凄い ことになっています。見所です。







 他にも魅力が一杯。

 ロールプレイングゲーム、

 更に言えばオンラインRPGを一度でもプレイしたことがあれば、

 ゲーム内で見たことのある設定シチュエーション展開にニヤニヤ。





 手に入れた道具、食料、武器は、ドラえもんの四次元ポケットみたいに簡単に取り出し可能。簡単にしまう事もできます。

 自分自身でアイテムセレクトできます。 ←なんか毎回楽しそうだ







 スイッチ、最高! 

 ちなみにココでいうスイッチとは1人が敵に攻撃を加え、怯んだ隙に第二攻撃を二人目が仕掛けることを指します。

 サッカーでいうゴール前のパスの連携プレーに近いかもしれません。



 二人の力が合わさった連続攻撃。

 なんか妙に、 感動 します。



 なぜなら、二人のタイミングが合わないと、上手くいかないコンビネーション攻撃。

 決まったら相手に 大ダメージ を与えることができるのです!



 特に命の危機迫るボス戦での

 スイッチ連携はなぜか 涙線 にきます、ホント。







 一話ごとに空白期間がある。

 全てではないですが、一話ごとに時間、日数が飛びます。

 ここも、斬新でした。



 てっきりRPGものだから省略なしで、旅が最初から最後まで描かれると思いきや、

 次の回でいきなり数日後数ヶ月後が描かれる回もありましたね。

 初めは戸惑いましたが、逆に描かれない空白期間を想像できるので、面白いなぁと感じました。








 ボス部屋、怖ぇ。

 安全地帯(街)に戻ることができる重要アイテム、転移結晶


 これが、なんと使えません。


 その部屋に入るとドアが強制的に閉まり、レベルの高いボス又は大勢のモンスターが登場し、逃げ道が完全になくなります。 
↑ この場面映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ思い出しました

 もう、こうなったら袋のネズミ状態。

 目の前にいるボスを倒すか、自分達の体力がなくなる( =死 )まで終わりません。






 ちなみにキリトが初めてパーティ(ギルド)を組んだ際にボス部屋で

 この 絶望展開 を体験。



 次々目の前から消えていく仲間達。

 その最期の顔が脳裏に焼きつきます。

 特に愛着のある者が、消える姿はムゴ過ぎ(汗)。


 更に言えば、一気にライフゲージ減って消えるならまだしも、

 ボコボコされて(又は剣で抉られたりして)序々にゲージが減っていく死に様なんかは、ほんとに辞めて欲しいですね。








 リア充なキリトとアスナの二人。

 基本ソロプレーでダンジョンを孤独に攻略していくキリトの前に、

 アスナという女剣士が現れます。




 この二人は先ほどのスイッチ連携で強敵を倒します。

 時折、性格の違いでぶつかったり、助け合ったりしていくうちに、





 な、な、なんと

 指輪、します。

 いつの間にか、夫婦になります。





 マジかw

 この展開には驚いた。





 いきなりの展開に 「ええ??」 だったのですが、

 確かに、二人かなりお似合いなんですよね。

 でも、最初相思相愛の図を見て、 イラッ したのは事実ですが、段々と息ピッタリに見えてくるから不思議なもんです。





 そんな リア充 な二人が森デートしている時に

 幼い少女ユイと出会います。





 記憶を失ったユイは二人のことを パパ、ママ とあどけない表情で呼びます。

 すんなり受け入れる二人 ・・・ 流石っ!

 この辺りでは、もう100%二人を応援する立場に変わっていましたね。





 そしてユイとの別れ。

 ガッツリ感情移入している状態で来たので、

 案の定、

 ボロ泣き しました。

 





 終盤は、もう二人がお似合い過ぎて泣けてきます。

 夫婦で力合わせて

 命かけてこのデスゲームを終わらせる為に、ボス戦に挑むシチュエーションは意外と

 というか、物凄く心打たれます。ここでスイッチされたら、もう完敗ですわ。







 特に13、14話のスカル戦は戦闘シーンの手前で少しずつ涙線にダメージが。

 お前ら幸せになれー!

 と 声援を送りながらハラハラドキドキ。 なんだこの気持ちはw







 そんなこんなで一悶着があり、ゲームクリア!

 キリトとアスナが初めてここで お互い本名 を言い合います。

 い、今更w

 ここでも泣いた。ただ、名前を言うだけなのに。





 そして昏睡状態から目覚めるキリト こと 和人少年。

 この辺は映画「バイオハザード」の最後に似ています。





 ヨロめきながら、光が射す方へ進んでエンド。

 



 うぉぉぉおおおおおおお~~~~!  ← なんの雄たけび!?




 どうなる、この後!?






 続く、第15~25話のフェアリィ・ダンス編は ガラッ と雰囲気が変わるらしく、今から胸が高鳴ります。





 そんなわけで第1話から14話まで、 アッ いう間に鑑賞した、

 アニメ 「ソードアート・オンライン」 、最高でした!







 特に、

 ファンタジー好き、

 オンラインゲーム好き、

 冒険好き、

 デスゲーム好き
 に超おすすめですよ






予告 ※セリフなし英語テロップ


予告2 ※セリフあり


オープニング抜粋 LiSA:[Crossing Field ]


1話 【剣の世界】 あらすじピックアップ


4話 【黒の剣士】 あらすじピックアップ ※使い魔ティナの話はジワジワ来ます。最後の語りはヤバイ


12話 【ユイの心】 あらすじピックアップ ※この話も泣けます。バックで流れるピアノも憎い演出


MAD ※キリトとアスナ(1~14話)二人抜粋MAD まさかリア充になって、夫婦になるとはね
 

セリフ入りMAD













125946675631816216762.png

2009年度作品
全24話
日本 / アニメ
監督・・・長井龍雪
脚本・・・水上清資
声の出演・・・ 佐藤利奈、新井里美、豊崎愛生、伊藤かな恵、阿部敦、寿美菜子、遠藤綾、世戸さおり、田中晶子、関山美沙紀、大原崇、興津和幸、間宮康弘、橘田いずみ
キャッチコピー ⇒ とある街の、とある少女たちの物語 


WS000000_20091005105602 (708x400)

125936949430616109381 (711x400)

125815932910816108454 (711x400)

WS000001_20091005105602 (712x400)

4tjwtmsが (707x400)

125815884671816214959 (711x400)

b0184957_7275653 (715x400)

125515004351916123823 (711x400)

WS000002_20091031190454 (711x400)

20100123025932a6b (711x400)

125815945551116108542 (711x400)

WS000006_20091031190511 (712x400)

09045207 (711x400)

WS000000_20091205173518 (714x400)

WS000001_20091205173511 (714x400)

rshsmさtm」 (708x400)

20091226232853815 (711x400)

aenhoudjafaf (707x400)

125455947423316216616 (711x400)

nadsbufafhsh (710x400)

12_001024548 (711x400)

WS000009_20091226181549 (714x400)

img_8 (708x400)

toaru02 (710x400)

201002270244280ba (711x400)

toaru01 (709x400)

toaru03 (706x400)

201003200243398d4 (711x400)

toaru04 (705x400)

toaru06 (714x400)



私的に 「あの花」、「あの夏」 「とらドラ! 」とガッツリ心持っていかれる長井龍雪監督作ということで、以前から気になっていたしていた本作。



 しかし、第一話を鑑賞して

 まず思った。



「なんだ…この百合展開は?」 ※二話目以降はかなり抑えられますが、一話凄かった。

厳密言えば、片方だけが猛烈に迫ります。




 wiki で即効調べます。




 「おっと!?」




 本作が、見たかった作品の スピンオフ
 であることが 判明 しましたw






 でも、 しかし です!







 ギャグパートは下らなさに笑いこけ、

 能力バトルは、白熱展開に目が離せず、

 2話、3話と見ていくうちに、この世界観にまんまと ハマ ってしまいました。







 そしてなんと、長井監督自身も2クールの16話から24話まで監督としてクレジットされてました。





 さて本作、

 「とある魔術の禁書目録」の登場キャラクターの電撃遣いの御坂美琴を主人公とした作品です。

 厳密には 同じ時間軸の別な物語 だそうです。

 2クールで全24話

 その後「とある科学の超電磁砲SS」という続編も作られました。 まだ未見。





 さて今回のレビューは、 「とある科学の超電磁砲」 、全24話に絞ってレビューしていきたいと思います!

 1エピソードごとに語りたいのは山々ですが、日が暮れるのでメインキャラクター4人の紹介をしながら作品の魅力について触れていけたらなと思います。







*あらすじ*

 学生の超能力を開発する学園都市の中にあって、最高位に数えられるレベル5御坂美琴はエレクトロ・マスターと呼ばれる電撃使い。

 本人はそれを鼻にかけておらず、フツーの女学生として学友たちと戯れる毎日だ。

 しかし、学園都市の暗部に触れ絶望と共に暴走する女性研究者・木山春生の 悲しみ を知った彼女は……。






 まず前提に総人口230万人の内8割を学生が占める「学園都市」が舞台です。

 そこでは学生全員を対象にした 超能力開発実験 が行われており、全ての学生は 「無能力者(レベル0)」から「超能力者(レベル5)」 の6段階に分けられます。






 分けられる ということは

 各々 葛藤 やらなんやらの 想い も、募ってくるってわけです!







 さて登場人物紹介、トップバッターは本作の主役、

 タイトル名の ` 超電磁砲 'の御坂美琴。中学二年。

 曲がったことが大嫌いな性格で、よく白黒つけたがります。
 
 そんな性格のせいか微妙なグレーゾーンにぶつかると、意外と人一倍悩みまくります。

 ちなみにスカートの下には必ず半ボンを着用。
 また、可愛いもの目がなく。特にカエル好き。カエルっぽい顔の医師登場した時の反応が最高。


 能力レベルは最大レベルとなるレベル5
 



 必殺技 は愛用のコインに全エネルギーを集中させて親指デコピンする レールガン
 
 とにかくレールガンの破壊力、ヤバイです。

 半端ないです。

  たぶん本気出したら街壊滅させそうです


 







 続いて名前からも只ならぬオーラを感じさせる白井黒子

 中1(以降の二人も中1)




 彼女、最高です!




 初見、 「幼いビジュアルにしては声が老け過ぎてない?」

 と第一印象感じたのですが、今はもう新井里美さんでないと絶対ダメなくらいのハマり役です!




 彼女はジャッジメントとして街を守っており、能力はテレポートです。

 自身の身体はもちろん、触れた対象物もテレポートさせることができるんです!

 ちなみにテレポートする時に発せられる音、かなり好き。




 そんな彼女はかなり美琴を慕っており、当レビュー冒頭の 百合展開でドン引き した張本人が、この黒子さんです。

 でも普段は年以上に冷静な人なのです。ただ時折 変な妄想 が彼女を襲います。


 ホント、どういう生活していればそんな妄想壁がついたのか?と疑問なほど、度が行き過ぎる時が稀にあります。

 まさに美琴に対しては変態中の変態です。 ← 誉め言葉




 でも、笑わせてくれました。

 最高です!白井黒子!







 三番目は初春飾利

 とりあえず第一印象はその 花の冠 に目がいきますね。

 常に被っていますから。



 本編中で第三者に それ を指摘される場面があるのですが、

 見事に スッとぼけ ます。なのでいろんなが立ちます。

 詳しくは こちら 参照。はたしして真相は・・・・。



 黒子と同じくジャッジメントに所属しており、主に 情報分析 系等でサポート役として力を発揮します。




 性格はかなり天然ですが、

 時と場合により、周りが驚くほど熱い性格に早変わりします。




  特に後半、転校生で初春のルームメイトとしてやってくる春上衿衣に対して 姉的なポジション に変わっていく姿に感動しました。



 確かに、学校や職場などで 後輩ができる と、人って変わります

 その心境の変化が、リアルに描かれていて純粋に 涙 線 を動かされました。



 あと、涙をボロボロこぼしながら、親友を励ます場面には、こちらもやられましたね。








 最後は、四人の中で1番地味で能力なし。

 でも、 特殊能力がない というところでは、一番感情移入しやすいのがこの佐天涙子です。




 初春の親友で、 スカート捲り を日課としています。 ←ヤメロ



 能力がないこと で葛藤するエピソードには共感できます。




 能力に限ったことではありませんが、 周りが当たり前のようにこなしている のを見ると、多少なりとも劣等感を感じる気持ちはわかります。

 しかもそれが 人の為に役立っている こととなると更に気持ちが動きます。

 実際に能力者でない人間がこのような能力覚醒装置が手に入れば、彼女のように心が揺れますね。






 さてさて、
 
 そんなわけで 「とある」こととある科学の超電磁砲

 長井監督の、笑える、泣ける、考えさせられる の三大要素、

 本作も濃厚過ぎるほど全編に渡り、遺憾なく発揮されていました。





 更に今回は、新しい要素としてアクションも加わり、見どころ満載です!

 



 あと1クール(1話~14話まで)のオープニング曲、 fripSide さんの 「only my railgun」 が最高です!

 出だしの リズム 聞いただけで、映像が浮かびます。

 私的に滅多に上がらないテンションが、上がります♪






 あと、物語と直接関係はしていませんが、

 よく本編の中で登場する 自販機 がヤバイ

 気になるゲテモノな飲み物の数々w

 おしるこ はまだアリとして、

 カツサンドドリンク冷た~いおしるこいちごおでんヤシの実サイダーとか躊躇なくゴクゴク飲んでる姿がとてもカオス過ぎます。






 超能力系が好きな方 、特におすすめ! 

 紹介の百合展開からドラゴンボール並みのアクションまでご堪能できます!




 「とある科学の超電磁砲」  、 おすすめです!







op抜粋「only my railgun」


実写PV「only my railgun」


MAD「only my railgun 」 ※1~12話までの映像MAD


12話のバトル ※鳥肌立った。opの入り方が神ってます


MAD「only my railgun 」 ※セリフ多めMAD


Live版 fripSide:「Only My Railgun」 ※盛ソン間違いなし!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。