postじおpじょper2
2014年度作品
90分 / 日本
監督・・・倉本雷大
脚本・・・ マキタカズオミ 、倉本雷大
出演・・・未来穂香、青山美郷、逢沢りな、伊藤梨沙子、荻野可鈴、井之上史織、本宮初芽、浅見姫香、タカオユキ、真山明大、川村ゆきえ
キャッチコピー → お互いがすべてだった。決して戻らない、あの夏の日―― 

p2183049824 (800x532)

p2192783654 (800x533)

idふぁfmg_0 (800x586)

IMGgsg_3754 (800x533)

cf90c1898f3c04baad8acbc1986b462b (800x533)

fd42936ace7527c8dca0961135f9e7c2 (800x533)



 以前、YouTubeにてこの予告編を見て、独白のナレーションに心奪われ、面白そう!とチェックしていた作品、 やっと見ることが出来ました。






*あらすじ*

 中学3年生の鷹音と三佳は大の仲良し。美術学校を目指す鷹音は、いつも三佳をモデルに絵を描いていた。それは、2人だけで過ごす濃密な時間だった。

 そんなある日、三佳はよく行く図書館でひとりの女性司書と出会う。彼女が、三佳が愛読する小説『思春期ごっこ』の作者、花岡奈美江と知り興奮する三佳。

 以来、憧れの奈美江のもとに通い詰めるようになる。自分だけのものと思っていた三佳が奈美江に夢中になり、少しずつ変わっていくことに傷つき、嫉妬心を募らせてしまう鷹音だったが…。







 ジワジワ来ます。

 少し前に自身が書いた脚本と通じるものがあり、最後けました。





 予告編ではこれでもかと百合押しですが、実際蓋を開けてみると、本編は親友との関係性を描いた 普遍的な青春ドラマ です。





 年頃の女の子の友情

 想いを伝えてしまったことで、亀裂が入り、いとも簡単に友情が崩れ去るっていく姿、ほんと儚い。

 それでも時は残酷にも進んでいくのです。





 そもそも 時間 って不思議だ。

 1秒が短く感じたり、とても長く感じたり・・・。

 同じ1秒なのに全然感じ方が、異なる場面が多々ある。

 また、ついこの間だと思っていたことが、もう何年も経っていたりということもザラです。



 ただ、時間が解決してくれることもあると思います。

 


 


 さて、主人公の片方が憧れていた作家さんに、出会う場面があります。

 とっても尊敬している人

 そんな相手を前に、目がキッラキラ


 
 からの、裏切られる展開。

 なかなかキツイものがありますね。辛過ぎだ!






 主演の未来穂香さんと青山美郷さん、演技上手すぎてビビった。

 お互いの感情をぶち撒けるシーン、けっこうグサグサと胸打つ場面があり。

 予告編でも触れられているセリフ、重みが凄かったです。

 逆に期待していた川村ゆきえ さん、 逢沢りな さん、完全に食われていました。





 音楽、とても合っています。ピアノ旋律は反則です。

 エンディング曲も余韻はんぱない!





 ちなみに本作の監督は26才、さらに驚くのは撮影期間6日だという驚愕スピード撮影にびっくり!





 思春期ごっこ オススメです。







【予告編】


【舞台挨拶】







スポンサーサイト
91cr-QfI7kL__SL1500_.jpg
Gargantia on the Verdurous Planet

2013年度作品
30分×13話
監督・・・村田和也
シリーズ構成/脚本・・・虚淵玄
声の出演・・・ 石川界人、金元寿子、茅野愛衣、阿澄佳奈、伊藤静、大原さやか、小西克幸、寺崎裕香、手塚秀彰、早志勇紀、徳井青空、津田英三、星野充昭、保村真、梅津秀行、日高里菜、恒松あゆみ、種田梨沙、山崎はるか、小野友樹、杉田智和、藤村歩

17746se3d5b (800x450)

98sad18f62e (800x450)

a4e394sad0 (800x450)

223ae3d9 (800x450)

2bb312a0 (800x450)

10040f2e (800x450)

6aad5e3f (800x450)

77e9193e (800x450)

d8054e50 (800x450)

1133926f (800x450)

958f46b6 (800x450)

a1c16270 (800x450)

1135b441 (800x450)

b4669a22 (800x450)

06de8d94 (800x450)

ac1336d5 (800x450)

3deb03b7 (800x450)

2e040a26 (800x450)

54efa49a (800x450)

708ee0a2 (800x450)

796e5527 (800x450)

bf831988 (800x450)

6d9d3dd1 (800x450)

d1e57071 (800x450)

31650856 (800x450)

5a66e9f8 (800x450)

a5b70abe (800x450)

844d8beさd2 (800x450)

192a0dfa2a9 (800x450)

4327gsge993e (800x450)

4e5636ce (800x450)

d42a6fafedsa490 (800x450)




 プロダクションI.G制作による海洋SF冒険活劇ロボットアニメ、

 「翠星のガルガンティア」。 すいせいと読みます。

 「まどマギ」、「楽園追放」の虚淵玄さんによる脚本 ということで以前から気になっていた作品です。





*あらすじ*

 遠い未来の地球。宇宙で育った少年兵レドは地球に帰還し、生まれて初めて海を見た。

 地球はそのほとんどが海に覆われており、人々は巨大な船団を組んで生活している。

 言葉も文化も習慣も異なる環境に戸惑いながらも、船団のひとつガルガンティアで暮らし始めるレドが直面する脅威に満ちた日々とは…。







 冒頭、壮大な宇宙空間にてサポート型ロボットに乗り込み、「マトリックス」に登場しても違和感ないイカ型生命体と「スター・ウォーズ」さながらのバトルシーン。

 時間経過と共に味方がバッタバッタ散っていく 絶望 展開へ!

 撤退命令が出されるも、間に合わず宇宙空間で迷子となり、惑星・地球へ不時着します。





 まったく言葉が通じない移民状態の主人公レド

 サポート型ロボ、チェインバーと共にそこでの生活を余儀なくされます。ちなみに翻訳機を搭載。






 地球に不時着してからは、

 「あれ?これ虚淵玄さんの脚本?」

 と疑問を抱きかねないファンタジー要素を含んだ明るいお話(例えるならジブリ映画)タッチで進んでいきます。


 
 「あれれ?」



 でも、これはこれで面白かったですね!

 人と人との繋がり など、シッカリ描かれていました。






 しかし、 しかしです!






 物語が進んでいく過程で、どんどん人間のい部分が描かれていきます。





 いろいろ考えさせられます。

 宇宙空間ではヒディアーズという宇宙外生命体を殲滅させるという目的の為に、戦闘マシーン化していた主人公レド。

 そんな彼が原始的な生活に触れます。




 からの命令を忠実に遂行してきた戦闘兵士のレドには、常に疑問だらけ。

 街の人々と触れていくにつれ、少しずつ、感化されていきます。






 来たキターw 

 これ、これが見たかったっ!







  ※ここからはネタバレご注意。







 環境によって人格が形成されていく。

 本人は気づかないうちに・・・

 


 さまざまな異文化に触れることによって、 物事の本質 が浮き彫りにされていきます。





 レドは宇宙時代(ほぼ人生の大半)で洗脳された任務。

 ‘ ヒィディアーズを殲滅させる ’ 





 異郷の地、地球で同等な生物をみると、一気に顔色が変わります。

 周りの制しをまったく聞き入れずに、地球で神と崇められいたくじらいかをあろうことか、してしまいます。

 更に、その後 深海にいる群れ を 皆殺し にします。



 ×  ×  ×



 後半、ヒディアーズの過去が判明。

 それは人類が未来栄光を求め、進化した姿 だったのです。
 
 ということは、 同じ同類を殺しまくったこと になるのです。




 ・・・これ、かなりショック

 自分が100%正しいと思っていたことが、ガラリと崩れるこの絶望感。

 うん、この展開、この感じは間違いなく虚淵節ですね。

 素晴らしい!






 本作を見て、 「 旅したいな 」 と思いました。

 それも 日帰り じゃなくてずっと遠くへ・・・。

 そうすることによって、かなり内面の変化が起きそうだ。

 凝り固まった感覚を壊したいですわっ!





 はいっ!

 というわけで、そんなことをこのアニメを見て強く感じました。

 いいね、最高です、そしてありがとう!






 続きます。






 驚いたのは終盤

 冒頭で描かれた宇宙戦争生き別れとなった師 との再会。

 意見が合いません。それはレド自身が変わったから。

 彼と対話する機会を得ようとするも、なぜかロボットから出てこないのです。



 それはなぜかというと、彼はもう既に死んでいてその意志を継承したのが、そのロボットという衝撃な事実





 この辺、 楽園追放を思い起されましたね。

 高等な人口知能を持つサポート型ロボットです!

 頭の回転の速さは言うならば「まどマギ」のキュウべぇ並み。ほんと話術に感服しますよ。




 私的にその頭の良さにレドに呆れ、敵対するかと思ったら、意外と忠実にレドをサポート。

 この辺りは熱い展開。

 カッコイぞ、チェンバー!!





 その絆を上手く生かした、ラストの展開は感動。

 きましたよ。





 とても入りやすく、深いところまで描かれています!

 アニメ 翠星のガルガンティア、おすすめです!

 







ティーザー予告


【PV】 翠星のガルガンティア


【非公式PV】


【CM集】


【OP曲】茅原実里:この世界は僕らを待っていた PV short ver.


【END曲】[Official Video] ChouCho:「 空とキミのメッセージ」


OP&ED音源 フル











51gMF6TcgxL.jpg
51HgWS86kSL.jpg

2009年度作品
30分×全15話(※うち13~15話Web配信)
監督・・・新房昭之
声の出演・・・ 神谷浩史、斎藤千和、加藤英美里、沢城みゆき、花澤香菜、堀江由衣、櫻井孝宏、喜多村英梨、井口裕香、立木文彦

120328-01 (800x450) (800x450)

bakemonogatar20090704122047c38 (800x450) (800x450)

bakemonogatar20090704232429159 (800x450) (800x450)

bakemonogatar20090704232526af5 (800x450) (800x450)

2bakemonogatar3f1b55b_1253762627419 (800x450) (800x450)

bakemonogatar200907042339256b8 (800x450) (800x450)

bakemonogatari001147561 (800x450) (800x450)

bakemonogatari001064229 (800x450) (800x450)

bakemonogatarbakemonogatari0306 (800x450) (800x450)

wpid-8d955139 (800x451) (800x451)

bakemonogatar200908121104324f1 (800x450) (800x450)

bakemonogatari000744994 (800x450) (800x450)

bakemonogatar000362820 (800x450) (800x450)

bakemonogatar000713629 (800x450) (800x450)

bakemonogatari000420044 (800x450) (800x450)

bakemonogatar000296129 (800x450) (800x450)

bakemonogatari000250667 (800x450) (800x450)

bakemonogatari975a1776 (800x450) (800x450)

bakemonogatar001131463 (800x450) (800x450)

ndeko_15_1920x1080 (800x450)

bakemonogatari20090919122950a9d (800x456) (800x456)


bakemonogatari20130115183253_original (800x450) (800x450)

bakemonogatar200908011041154a0 (800x450) (800x450)

bakemonogatar125465775464816115609 (800x450) (800x450)

bakemonogatar000974890 (800x450) (800x450)

bakemonogatari983c438e (800x450) (800x450)

bakemonogatari001200699 (800x450) (800x450)

bakemonogatari001389471 (800x450) (800x450)



 ヤベェ!

 何がヤベェって、演出面 でかなり衝撃受けました。

 アニメ「まどマギ」の新房昭之監督、挿入絵も同じくあの初見インパクトはんばない劇団イヌカレーさん。制作はシャフト





 正直、物語の内容知らずに キャラデザ に惹かれての鑑賞でしたが、

 予想に反して一話目から 衝撃 を受けました!





 「 なんだろうね? 」

 惜しいことに、見てみなければなかなか伝わりずらい作品なんですよね ・・・。

 とにかく、自分にとっては今まで見たことない 斬新な 世界観・演出 に浸れました。





 これだからアニメ発掘鑑賞は辞められないっ。 止まらない。






 伝わるかわかりませんが、あえて具体的に、どこがかったかというと、
 
 まず 縦横無尽なカメラワーク 、斬新な編集タイミング

  奇抜なアングルに関してはスタンリー・キューブリック作品っぽさがアリ。





 更に驚いたのは、テロップの演出

 友人によればこの演出は過去に「新世紀エヴァンゲリヲン」が似た感た感じと言っていましたが、自身はまだ未見なのでかなりビビりました。



 でも普通、こういう早い文面のカットバックって

 「ええっ!今、なんて書いてたの?」 って感じで下手すれば瞬きした瞬間、「はい、アウト〜っ!」 って感じですよね。



 こういうサブリミナル演出は異質すぎて付いていけないパターンになりがちですが、そんなことはなく、私的にいい意味で緊張感漂う上手い演出方法でした。



 

 基本、長ゼリフ合戦が多いです。

 全然飽きがこない、良いテンポが常に保たれている凄さ

 クスッ と笑える言葉遊びの数々。






 あぁ、もう堪んない。

 もう完全にこの 独特ワールド にハマってしまいました。







 まだまだあります、省略法 がこれまた凄い!

 いつも脚本を書く際、短編スケールで書き始めますが、なんやかんやで毎回長くなり、中編スケールなってしまうのが定番中の定番。

 でも、この「化物語」で描かれているとある省略法を使えば、その課題がクリアできるかもしれない! という新しい切り口が私的に拾い物でした。

 あぁ素晴らしいアイデア、ありがとう! 早速使わせてもらってます





 さて、 演出 ばかりに目がいってしまいがちですが、本編の登場人物も技法に負けじと実に魅力的です!

 魅力的過ぎて ヤバい です。魅入されます。

 なんなんですかね、この濃いメンツはw

 皆、好きだーーーー!






 では、前置きがかなり長くなりましたが、ココで、あらすじをご紹介。







*あらすじ*

 とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦は、街に現れた瀕死の女吸血鬼を助けたことがきっかけで、吸血鬼もどきの人間となってしまう。

 女吸血鬼はその力を封じられたものの、「怪異の王」たる吸血鬼の出現はこの街の霊的エネルギーを乱し、様々な怪異の類が出没するようになる。

 暦はそうした怪異に憑かれた少女と出会い、彼女たちを助けるうちに人間的に成長していく。








 主人公は阿良々木暦。読み方は あららぎ こよみ 。ちなみに半ヴァンパイヤ。

 怪異 と呼ばれる化物に取り憑かれた女の子達を持ち前の 放っておけない精神 で次々巻き込まれながら救っていくという お話がザックリとしたストーリーラインです。






 ちなみに原作者の西尾維新さんはこの小説について、

 「趣味で書いた作品。」と  マ、マジか

 その際のコンセプトは、 「アニメ化は不可能なもの」 と語ったそうです。ま、アニメ化既にされてますがw




 とにかく演出は超一級品なのですが、内容は良い意味で、実にらなかったりします。


 普通、アニメって話数を重ねていくうちで愛着が湧いて、面白さが倍増されてくることが多いですが、本作は例外中の例外で、第1話の数分見ただけで、もう 持っていかれました






 さて本作化物語は他にも偽物語猫物語などかなりの数がシリーズ化されています。





 本作「化物語」に関して接触する怪異の種類は蟹、カタツムリ、猿、蛇、猫 です。

 ちなみにだいたい2話、長くても3話かけての ドラマ が展開されます。






 毎回、シリアス展開で締めるのですが、そこまで行きつく過程が、 実にしょうもない 流れだったりします。こことても重要

 その シリアスとユーモア のパーセンテージがとってもいい感じなんですよね。黄金比!





 そして本作の魅力を語る上で一番重要なユーモア満載の会話劇

 主人公の ツッコミ がまたいいんです!キレ良すぎっ!




 そんな彼とぶつかるヒロイン達。

 皆、無駄に 名前 カッコいいんです!

 ヴァルハラコンビと呼ばれている 戦場ヶ原ひたぎ 神原駿河(かんばる するが/私的に「HK/変態仮面」で安田顕さんが演じた偽変態仮面と互角に戦えるくらいの驚愕変態レベル)、更に八九寺まよい(はちくじ/「まどマギ」のキュウべぇの声優さんw)、千石撫子(せんごく なでこ)、羽川翼

 それぞれ担当声優が歌う主題歌も、一曲一曲クオリティ高かかったです!






 3話以降、主人公と恋仲になるメインヒロインはツンデレならぬ、ツンドラひたぎ さん。

 本人曰く、「萌え」の更に一段階上を行く、次世代を担うセンシティヴな言葉として「蕩れ」を提唱。

 彼女いいキャラしてるんです、これがまた!クールなんだけど、どっかぶっ飛んでる感じが イイ!





 最近見たアニメ「ソードアート・オンライン」の相思相愛とは正反対なカップルです。

 ですが 、超お似合い。はたから見れば口論している二人なんです。会話、聴いてるだけで面白い。噛み合っているような噛み合っていないんだかw






 更に更に本作はDVDorBDには特典としてキャラクターコメンタリー(西尾維新さん自らの脚本で全て書き下ろし)が収録されており、これがまた抱腹絶倒!本編見てすぐこちらの音声コメンタリーで2周目してしまいましたよ

 キャラありき なので本編未見の方はサッパリだと思うので、全話見てからの鑑賞を強くお勧めします。

 ちなみに最終巻のBD売り上げ枚数が、当時のTVアニメ史上最高の数字を記録。シリーズ累計も全6巻で47万本以上のセールスを叩き上げていることから、この凄さ ぶりが伺えます。

 この音声解説、下手すりゃ本編よりえます。キャラによっては突然ラジオもどきで始めたり、絵と全然合ってない話題を永遠と話したりとetc…とにかく音声解説の常識をブッ壊してくれました。ガツンとやられましたよ、これはもう。

 ちなみにパチスロ化もしています。






 あ、そうそう驚いたのが supercell さんが歌う主題歌

 君の知らない世界

 この曲、以前から知ってて大好きな曲でしたが、・・・





 まさかこのアニメの 主題歌 として使われていたとはっ!!





 しかも歌詞の意味がピッタリはまって、もう「君の知らない世界」=戦場ヶ原ひたぎ としてインプットされてしまいましたよ!


 この曲、 歌詞 に「あれがデネブアルタイルベガ」よ聞いたことのない名称が入るのですが、これ、星の名前のことだったんですね !! 



 13話、ひたぎさんが、主人公の暦を連れ、「これから見せるものは私があなたに見せれる、最後のものよ」と星満点の空を見せ、 「あれがデネブ、タイル、ベガ。」 と説明。

 そこで「君の知らない世界」のメロディが ゆっくりIN 。憎いくらい上手すぎる曲入りタイミングに 感動意外の何者でもありません。






 化物語魅力有り過ぎ!

 アニメ好き には見是非て欲しい!

 そして、見てない人にも、私的に大プッシュしたい傑作アニメです!





 超おすすめ! 







予告 ※全然わけわからないけど、インパクトある予告編


【本編抜粋】「君の知らない物語」かかるまで


主題歌×5 ※5人のヒロイン声優が歌うop抜粋


あららぎツッコミ集 ※いいキャラだ!


MAD「君の知らない物語」にて  ※暦×ひらぎメインのMAD 。1:42に歌詞「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」あります


MAD② ※暦×5人ヒロインMAD動画


パチンコ版「化物語」 










少女たちの羅針盤チラシ1
2010年度作品
113分 / 日本
監督・・・長崎俊一
脚本・・・矢沢由美 、谷口純一郎
出演・・・ 成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有、黒川智花、塩谷瞬、石井正則、水本諭、前田健、金山一彦、清水美沙、石黒賢、戸田菜穂
キャッチコピー ⇒ ねえ、殺すってんな気持だった? 

51jB1jk7ciL__SL1024_ (800x531)

338446_01_01_02fa (800x533)

71jxF+G3YjL__SL1024_ (800x531)

rashin3 (800x586)

3384fdga46_01_03_02 (800x534)

o0640034811651315096 (800x435)

rashinbandvd (800x532)

61vLD7igZJL__SL1024_ (800x531)





 とても見応えがあって面白かったです!




 劇場公開時、気になってはいたものの鑑賞を逃し、更にDVD化されてもなかなか見る機会がなかった作品、やっと見ることができました。




 うん、予想以上に楽しめた!





*あらすじ*

廃墟となったホテルでネットシネマの撮影が始まろうとしていた。ヒロインは新進女優の舞利亜

 しかし、いくつもの不可解な出来事が舞利亜を恐怖に陥れていく。

 彼女には、4年前に謎の事件よって突然活動停止となった伝説的女子高生劇団“羅針盤”のメンバーだったという誰も知らないはずの過去があったのだが…。







 本作、ジャンルとしてはサスペンス枠に入るだろうけど、青春映画としてもかなりの見応えがあります!

 いや、むしろこっち目当てで見た方がいいかも!

 って感じに素晴らしく仕上がっています。




 何より女子高校生 四人の性格分け もシッカリされて見ていて心地よかった!





 物語が始まって早々、演劇部の先輩と 対立 する場面。

 「こんなつまらん部活動なんて、やってられっかよ!」 

 と部室を飛び出し、自ら劇団を立ち上げようとします。
 

 このシーン、とても良かった!





 本作、見ていてアニメ「ラブライブ」を思い出しました。

 アイドル活動を始めようとした、リーダーの穂乃果は、この映画でいう自分達の劇団 羅針盤 を立ち上げた鳴海璃子さん演じる瑠美。

 彼女はあからさま過ぎるほど、猪突猛進型タイプ。

 周りの友人を振り回しながらも、人一倍行動力がある憎めないキャラクター。 やっぱこういう人がリーダーになるんですよね!

 見るからに 先導者 って感じです。

 そんな彼女がバーガー屋でイライラしながらハンバーガー食う場面があるのですが、ガツガツ感ハンパなかったw




 そんなリーダーに付いていく ことりポジションは、草刈麻有さん演じるかなめですね!

 もうサポート役はまかせろ! って感じでバックアップ力が地味に凄いです。



 他にもボーイッシュ系の梨里子、別の学校から呼び込んだ入った少しツンデレが入ったの四人の劇団となります。






 もう、青春っ!

 この4人、ほんとになります。




 知名度を上げる為に自分達でホームページを立ち上げたり、ブログを更新したり、台本書いたり、衣装作ったり、路上で即席舞台を作ったり、稽古場なくて どーする 展開に陥ったり、照明買う金ないから懐中電灯で代用したり、

 あと、晴れ舞台前前に皆で手を重ねて 「やるぞ、オー!」 みたいなことやったりw




 勿論、楽しいことだけではなく、いろんな 苦難 にもぶつかります。

 時にメンバー内でぶつかりもします。

 それでもそれぞれ悩みを抱えながらも夢に向かって がむしゃら に突き進んでいく姿に、並々ならぬ 感動 を覚えました。





 コメディ的な要素も、ちょくちょく入ってきて面白かったです。

 ラーメンのくだりの舞台劇がコントみたいで、笑えました。



 あと私的に、

 劇団をよく思わないギャル三人衆が、

 「でんで~んむ~しむし、か~たつむり~!」 

 と強引に妨害活動する場面は爆笑した。 ←何なんだ、その曲チョイスはw





 さて本作は、第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞で優秀作を受賞した ミステリ 作品です。

 オチに繋がるため、控えますが

 自分は完全に されましたね。

 とだけ言っておきます。




 青春ミステリ、 少女たちの羅針盤 ほんとオススメ!









予告


主題歌 矢沢洋子:「羅針盤」