上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
postdgdafder2.jpg

2015年度作品
99分 / 日本
監督・・・京極尚彦
原作・・・矢立肇
声の出演・・・新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空

1434454069-b397715fec4c50deb410bef364a59e8d (800x450)

1429928225-feca12fc35b4efa963dab137de3ec97f (800x450)

351663_01_09_02 (800x449)

1434454200-54a0afc96a8114ae33abd0e24f93b8a2 (800x450)

351663_01_08_02 (800x449)

1434454549-3d3e6edaf8030a979fc1920c93b69b9f (800x450)

1434454775-d7f90019981a7d6c77c3339000225c9d (800x450)

1434455034-a669e2e338a384dcb423904f8571f23b (800x450)

7240ういるc085 (800x450)

1434454584-c5779676be775ef24f9d928e90113216 (800x450)





ラブライブ」にはなんやかんや 動かされた。




 アプリ「スクフェス」長い間ハマったり、
今はやってませんが、たまにアンプに繋ぎ大音量でシャンシャンします

 部屋にいつの間にかカレンダー置かれていたり、 ← 確信犯

 自分でも驚くことにライブビューインクに足を運んだり、←知らぬ間にチケットポチってたw 会場はカオスだったな



 そして何よりもアニメシリーズ1期、2期共に 2周 回りました。 ←だから確信犯だって!





 そんな ラブライバー 状態で、本作の最後に相応しい結末が描かれると話題の映画、 ラブライブ! The School Idol Movie 、ついに劇場にて鑑賞してきました。




 はい、



 ヤバいね、

 予想以上に来マシタ。







 ちなみに劇場にて聞こえる一発目の声が、内田彩さん演じる甘声ボイスキャラ南ことりが大音量にて

「 ... ほのかちゃん」  に噴出しそうになりましたw
 





 さて事前情報通り、 最後に相応しい締め括り で、切ないながらもスッキリした終わり方で大満足🎵

 ありがとう、ラブライブ、ありがとうμ's!







*あらすじ*

 前回の“ラブライブ!”でみごと優勝を果たしたμ's。

 3年生の卒業とともにその活動も 終わり を迎えるはずだった。

 ところが、卒業式の直後、μ'sのもとにある 知らせ が飛び込んでくる。

 これを受けて、思いがけず新たなライブをすることになったμ's。見たことのない世界にふれて、9人はまた少しずつ成長していく。








 この映画、アニメシリーズを見ている人にとっては、本当にいい意味で ズルい映画 なんですよね。




 なぜかというと、既に各キャラに愛着が湧いているからだ。

 魅力的なキャラクター達の頑張る姿、喜怒哀楽、そして決断する姿!

 もう それだけ で楽しめないハズがないんですよ、この状況。

 ライブ前、ステージ裏で自分の番号を順番に連呼するだけの何気ないシーンですら、涙線潤う始末ですw なんだこれ






 というわけで「ラブライブ」を一度も見たことがない方にとっては、

 この映画単体で受け取る情報量が圧倒的に少ないので、楽しめるかと言えば、ちょっと疑問に感じますが、

 アニメ見た方にとっては平凡な場面でも、常に涙 線がジワジワ刺激される至福120分 に早変わりします。








 物語後半

 予想以上に葛藤するメンバーの描写が素晴らしかった。





 主人公、穂乃果の葛藤が特にヤバイです。

 そもそも μ's (ミューズ。 ※石鹸ではない)は特殊なアイドル形態です。

 一般的にアイドルといえば、学生であれば学業と両立します。

 かたや学校生活、かたや所属事務所。

 その 活動する場所ホーム があり、そこでガッツリアイドル活動を行うのが普通です。




 ちなみに同じ系統のアイドルアニメ「アイドルマスター」も「Wake Up, Girls」もそのパターンにて展開されていきます。




 事務所があるということは、プロデューサー(マネージャー) がそのグループを自ら解散しない限りは、永続させることができます。






 ここです、ここ!

 「ラブライブ」 が異なるところはそこなんです。





 高校のアイドル

 野球部とか、弓道部とかの一緒のくくりの部活です。

 しかもアイドル部の専任講師なんてものはいないものですから、ほぼメンバー9人による自主活動となるのです。






 スクールアイドルだからこその、この縛り!

 私的にこの部分が もっとも感動できる最大のポイント だったと思います。





 そう、彼女達は高校生

 日本の高校と言えば、だいたいが3年制です。



 このグループμ'sは1、2、3年、各3名ずついます。

 3年生の綾瀬、東城、矢澤はどう足掻いても卒業 が他のメンバーと比べ先に来てしまう現実

 しかもこの3人、それぞれクセもの(プライド高い、過去・家庭に捉われられていたり)なので、また一層ここで ドラマ 生まれます。






 アイドルはファンがいなければ、成り立ちません。

 それが一番目で見て感じられるのが、ライブ





 μ'sは、歌は勿論、ダンスも踊ります。

 ライブイベントするには、その度に練習が必須。

 学校終わりの放課後、校舎の屋上を利用して日々レッスン。

 高校を卒業すると、まずこの学校自体入ることが出来ない為、自動的にμ'sでの活動は 不可能 になります。

※留年するという裏技はあるにはありますが...






 アニメシリーズ二期でも、この辺りは終盤かなりピックアップされており、

 この絶対的なルール関しては、どうしょうもない為、その憤りが余すことなく描かれていました。 切な過ぎます





 そんな状態、

 二期の最後、夢のまた夢だった

 大ステージで、

 この9人で泣いても笑ってもラストライブを迎えます。






 涙の一位の座も獲得。

 そして三年生の卒業式を終えた 帰り道に....。






 はい、





 そこから、映画版の物語が始まります。

 そして映画版はそこで予想外の結末を迎えるのです!!






 ここからはネタバレ含みます。
 お気をつけを。






 トップの座を獲得し、予想以上に人気が出てしまったμ's。


 彼女達の決断は なし には見れません。


 もしここまでの人気にならなければ、もしかしたら3年生卒業後、残った1、2年生で活動を続けていたかもしれません。






 嬉しいことにうなぎ登りに急上昇する人気。

 「次のライブはいつか?」

 と声が彼女達の元に届きます。





 スクールアイドルとして活動してきた今まで。

 このパワーがあればスクールアイドルという名は変われども、また今まで通りアイドル活動を行うことができるという もう一つの可能性 が浮上します。

 ちなみにライバルグループ、アライズは、この手法を取ります。




 私達が今、活動を辞めたら ... お客さんを悲しい顔を見たくない。

「私たちが今後も活動を続けていくことで、皆に元気を与えることができる!」




でも、しかし、

「あの時皆で悩んだ末にたどり着いた答えは、決断したものはなんだったんだろうか?」

※二期終盤、海辺の告白シーン。μ'sの名前は変わるが、新たな名前で活動するかもという展開ありきの展開です





 既に答えは出ている状況。

 μ'sを続けるか、続けないか で再び葛藤する面々。






穂乃果自身の口から漏れる一言。

「難しいなぁ....」

↑ 当たり前だ、高2でこんなデカイ悩み抱えるなんて普通ありえない







 そして選んだ決断。

 μ'sはこの9人以外考えられない。

 ラストライブを最後に解散を決意。



 辛いがケジメです。



 そもそも自分達は売れたいからアイドル活動をしたのではないし、

「むしろ学校を廃校から救いたい」 が為に手を出してみたのが、このアイドル活動だった。




 もしかしたらアイドルではない、違った部活で廃校を免れようと、奮闘していたかもしれませんね。




 μ's結成しようとした発案者リーダー、穂乃果の決断。

 皆、すんなり受け入れます。




 穂乃果あってのμ'sだから、

 反論するメンバーは誰一人もいません。





 そして終盤、今度こそ最後です。

 本当に最後。

 μ'sの最後の曲は9人全員名前が 歌詞 に登場します。







 やべぇ








 この最後の曲関しては映画序盤から

「最後相応しい曲にする、この9人だからこそできるラストソング!」

 と 伏線を早いうちから貼っていました。





 まさかこういうで表現されてくるとは驚きです。 早速CD早速予約しました。





 歌詞に ウル と来ること間違いなし。

 名前のところで、ピンで写る何気ないシーンも一期二期含めた全シーンが 走馬灯 のように蘇って来ました。

※実際には走馬灯演出はありません





 うん、いいもの見せてもらった。





笑いあり、涙ありのエンタテイメント超大作、ここに完結





 ちなみにこのラストソングがあまりに感動的だった為、印象が薄れましたが他にも 見所 が沢山あります。

 序盤の アメリカ横断ライブはじめ、全国のアイドルに自主的に出演オファーをかけ、一同にアイドルが結集するとライブがこれまた凄かった。





 このシーン、

とんでもない数 のアイドルが勢ぞろいしますw




ここだけ見たら、「STAR WARS エピソード2 クローンの攻撃」のクローンが絶望的に大量登場する場面の、アイドル版です。もう画面に収まりきらないほどのアイドルが結集し、ワチャワチャ踊りだします!!







 カ、オ、スッ~~~!








 ギャグじゃありません






 とにかく感動をありがとうラブライブ、そしてμ's!






 おすすめです ラブライブ! The School Idol Movie








【予告】


TVシリーズ全話振り返り


劇中歌「Angelic Angel」  ※サビの盛り上がりは鳥肌立ちました


【MAD】 ※本編最後に流れる曲「僕たちはひとつの光」













スポンサーサイト
13297951040009.jpg

1997年度作品
115分 / 日本
監督・・・佐藤純彌
脚本・・・早坂暁
出演・・・緒形直人、ジョイ・ウォン、本田博太郎、小松みゆき、小野賢章、片岡礼子、小島一慶、坂上忍、佐藤蛾次郎、長谷川初範、ケント・ギルバート、北大路欣也、丹波哲郎、哀川翔、大竹まこと、下絛アトム、引田天功


B8F8syeCUAEawEP (800x441)

blogimggoonejpuser_image0653437191f9c82a81fd519c9085a9b4cd0fjpg (800x444)

B8F-WkBCMAAuLUZ (800x427) - コピー

8003a8cb (800x418)

d6dddc60 (800x418) - コピー

B8GJNYQCUAEWN6W (800x439)

B8GJglZCAAAjgPC (800x435)

B8GO_9TCMAAV23q (800x436)

a875071d (800x418)

B8GQar-CEAEbXfz (800x430)

B8GTH4bCUAAMUwb (800x444)

o0800048012985144030 (800x480)







 やば♪






 クソ映画 を見たつもりなんだが、 

 ハードル を下げ過ぎたか?

 はたまた自分の 感性 がおかしいのか?







 なんだこの気持ちは... 。







 クソおもろっーーーー!!






 ちなみに鑑賞前に見たレビューには、これでもかとボロクソ言われています。一部抜粋

「あまりのすごさに絶句・・・」
「とにかく時間をかえせ」
「すいません、なんでこの映画作ったんですか?脳みそ破壊されました」
「人類には早すぎる映画」
「コメディ大作、しかも全て引き笑い系、-50℃位の寒さ」
「言葉がでない。膝のふるえが止まらない」
「あまりにもクソ過ぎて、なんか見た後得した気分になった」
「これはすごい。コレを作った連中の頭は、ネジが一本どころか根こそぎ外れていたに違いない。そうでなければこうなるはずがない」
「とてつもない駄作ぶりがむしろ爽快」
「究極のバカ映画。 0点すらも生ぬるく感じる」
「Who are you ? ってこっちがききたいよ!」






 豪華キャスト 20億円以上の製作費 を投入し、東映の威信を かけて作り上げられた本作。






 もう一度、わせてください。

 この映画、 最高です ♪







 実は以前にも同じ系統のいわゆる クソ映画 を鑑賞しました。

 あの頃の記憶がりましたよ、ほんと。

 詳しくはこちらから → 「幻の湖」 レビュー







 さて、本作「北京原人

 公開当時(小学校高学年くらい?)、実は辛うじでこの映画のとある部分を記憶していました。

 原人のウパーという雄たけび、咆哮です。

 未見ですが、あの声だけがにシッカリと残存していましたw









 * あらすじ *

 第二次大戦中に失われたはずの北京原人の頭蓋骨を手に入れた日本政府は、有人シャトルにより宇宙空間において原人のDNA操作を行なう。しかし、そのとき隕石がシャトルに追突。

原人たちのDNAを積んだポットは地球に落下してしまう……。










 序盤は 大作映画 に相応しい幕開けから始まります。

 舞台設定の説明、 北京原人復活 までの道筋が丁寧に語られます。

 この場面はフツーに引き込まれました。 妙な期待感をそそられます





 さて、そんな訳でしばらく、真面目に物語が展開。

 それはもう普通過ぎて、普通過ぎて、

 確かにこのままの映画が続くとなると、クソ映画の称号を与えられても可笑しくないかもしれないな と思い始めた矢先、

 何と舞台が突然、 宇宙 へ変わります (゚ー゚;






 とにかくスケールが 馬鹿デカイ んです。

 無重力シーン なんてものもあります。






 宇宙空間でしか行うことが出来ない 科学技術 により原人を復活される日本人チーム。すげぇっス。






 ちなみに厳密には原人より一足先に 復元 された生物がいます。

 マンモスを合わせたその名も 象マンモス

 ネーミングセンス、いいよ、いいよ~






 そんなわけで宇宙空間にて復元させられた原人。

 緊急事態により、原人が復元された状態のポット単体が地球へ降下されます。






  不時着





 なかなか姿を見せない原人・・・。

 かなり渋らせます。

 じらします。





 ・・・ まだか、まだか・・・






 彼らを研究している男女2人の学者が現地へ一足先に到着。


 2人の目に写ったのはと、その間に出来たであろうの3人。






 エエッ  Σ(゚д゚;)

 




 一人じゃなくて、家族かよ!

 ファミリー かよっ!





 
 更にここでもじらします。

 3人の姿は確認できるのですが、遠目からとか、だけとか なかなか 全貌 を見せてくれません。

 観客を引き付ける技法、チラリズム 演出キター!

 焦らしに、焦らします。






 そして、ついに 憧れの原人 とご対面する学者。






 とりあえず彼らを がらせてはいけない。

 まずは自分たちが 仲間 だと思うような印象を与えて 安心 させよう!

 そう言っておもむろに パンツ一枚 になる男学者。

 しかもベージュパンツw 用意入念だな、おいw





 隣の女学者も、ガサゴソ。

  まさか、脱がないよなあ、、、脱がな ... あっ!!!






 あなたもなるんですか! パンイチ に!





 なんだその、私、必然性があれば脱ぎます!精神は!

 しかもこちらも肌色下着を着用、明らかにこの展開を事前に 予測 しているようです。

 さすが、学者だ。

 それくらい 情熱 をかけているのだから、原人相手にすぐに打ち解けてしまう訳です。

 恐るべし!






といいつつも、

女学者 「彼らに名前・・・あるんでしょうか?」
男学者 「とりあえず呼び名がいるね・・・」
女学者 「タカシ、ハナコ、ケンジ、でどうでしょう?」





 ま、まじかw

 意外とテキトーだったーーーーーー w





 そんなわけで暫くの間、洞穴にて真っ裸な原人と、パンイチ学者の 共同生活が繰り広げられます。

 言葉が通じなくとも、ジェスチャーで意外と通じるもんですね。

 ライター のくだり普通に見入ってしまいました。





 ちなみにこの学者の所長演じる 丹波哲郎 さんのキャラ、ヤバイです。

 目標の為なら、人道もはずれる ブっ飛んだサイコキャラ。

 えっ、どこが凄いかって?

 それは是非、あなたの目で見てくださいw 

 あまりに熱く語るので、その発言、正論かと思うくらいで危うく流されるところでした。 危ない、危ない、ギリギリセーフ








 そんなこんなでいろいろ突っ込みどころありつつ、物語が進んでいきます。






 私的に印象に残ったシーンがあります。

 いわゆる ハイライトシーン ってヤツです。

 それは 競技大会 です。






 突然、画面に映される競技大会の様子。

 前のシーンで、捕獲された後に 訓練的なこと をしている場面が流れてていたので、





 まさかこの原人が、正式な大会に参加することはないよな?

 と思いつつも、まさか、







 まさかの







 原人の姿がそこに ....










 あ、あったーーーーーーーーーーー!









 先程のパンツ一枚といい、

 この映画は、

 まさか、やるわけがない、流石にない。

 ということを、躊躇なく やってくれる





 期待に答えてくれる、

 期待を絶対裏切らない、映画なんです

 こういうの大好きです!







 話を戻しますが、

 係りの者が常に原人に付き添っている状態での参加。

 一応、大会用の服を着用しての参加となるのですが、意外と周囲には づかれません。





 バレてません。





・・・いや、待てよ、どう見ても原人でしょ! 

 おかしいでしょ!おかし過ぎるでしょ


 (ノ゚⊿゚)ノ 気づけよ・・・ 誰か




 と、思って見ていたら若き日の 坂上忍 さんがその競技者の違和感にいち早く気づきますw





 そりゃ、そうだよ、

 毛むくじゃらなんだから、





 せめて、体毛くらい剃ってあげてから出場させてあげよう!

 と思わなかったのか?



 



 周りの視線を感じつつも競技は進行。

 ハナコも棒高跳びに出演。跳躍力ハンパなかった!

 このあたりの詳しい内容は是非、本編を見てください!




 で、ここで注目して欲しい場面は、何よりも 原人ダッシュです!






 ここ、ヤバいです。







 厳密には彼の息子が連れて行かれたので、無我夢中で追いかけるのですが、

 その一部始終がまたうまいことに、彼の走る ライン上 で起きているのです。


 タイミングよく スタート の合図 が鳴り、タカシは他の一流選手達をバンバン抜かしていきます。






 早い、早い、早い!

 物凄く早いよ、タカシ!







 観客からも ワー と歓声が上がります。

 司会からも 「誰だ、あの早い選手は!?」 と興奮を隠しきれてませんw






 タケシはその後、競技大会の会場を飛び出し、バンに連れ込まれた息子ケンジを 真剣すぎる顔 で追いかけます。





 この一連の原人ダッシュのシーンは 何度も 見返したいほどのシーン。

 また、ここで掛かる音楽が良かったです。

 








 さて物語は進み、







 最後の エンディング へ。

 素直に感動 しました。

 泣きはしなかったものの、 目頭 が熱くなった のは言うまでもありません。

 人間と原人との共存。

 分かりきった答えなんですが、いざその場面に立たされるととても切なかったです。







 ちなみに

 ウパー = 仲間

 という意味でした。

 ウパーだけで会話するシーン、地味に好きでした。








 「北京原人 Who are you? 」

 本当に面白かった!

 また、見返したいくらいだ。








 もう一度言わせてもらいますが、人を選ぶかと思いますが、 北京原人激おすすめです!










主題歌「Favorite Blue - さよならより永遠の中で」 ※良曲過ぎませんか!?






whip_it_ver4_xlg.jpg
WHIP IT

2009年度作品
112分 / アメリカ / PG-12
監督・・・ドリュー・バリモア
脚本・・・ショーナ・クロス
出演・・・ エレン・ペイジ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、クリステン・ウィグ、ドリュー・バリモア、ジュリエット・ルイス、ジミー・ファロン、ダニエル・スターン、アンドリュー・ウィルソン、イヴ ローザ・スパークス、アリア・ショウカット、ゾーイ・ベル、ランドン・ピッグ、アリ・グレイナー、ユーレイラ・シール、 カルロ・アルバン
キャッチコピー → 転んだ分だけ、強くなる。彼女はドレスを脱いで、傷だらけのスケート靴に履き替えた。 

medium_whip_it_59 (800x532)

336031_01_06_02 (800x531)

whip-it_juliette-lewis_leather-shorts_ellen-page (800x531)

336031_01_10_02 (800x531)

336031_01_02_02 (800x531)

whip-it-2 (800x531)

o0560028011514677638 (800x400)

Whip_It-990x657 (800x530)

whip_it_02 (800x531)

336031_01_07_02 (800x531)

whip_it_01 (800x531)

whip-it-4 (800x585)







 久しぶりの洋画

 しかもドラマ、いつぶりでしょうか?





 なぜ本作を観たのかというと、定期的に好き好んで見ているクソ映画(酷評映画)。

 その逆で名作、 感動出来る完成度の高い映画を見たい!

 という想いのもと、ここ数ヶ月ご無沙汰だった洋画ドラマに絞って捜索。

 そんな中で辿り着いのが本作 ローラーガールズ・ダイアリーです。






 と、いうわけで、期待値上げ気味で鑑賞しました。



 



*あらすじ*

 テキサスの小さな田舎町に暮らす17歳の女子高生ブリス。美人コンテストで優勝することが娘の幸せにつながると信じる母親に違和感を抱きながらも、言われるままにミスコン中心の退屈な日々を送っていた。

 そんなある日、都会のオースティンに出かけた彼女は、そこで“ローラーゲーム”の存在を知り、“女性らしさ”なんてお構いなしのワイルドはスポーツにすっかり魅了されてしまう。そして、家族に内緒のまま年齢を偽って入団テストを受けみごと合格、チームの一員に迎えられる。

 こうして、年上の個性的なチームメイトたちの中でもまれながら、意外にも眠っていた才能を花開かせていくブリスだったが…。








 物心付く頃から 母親より敷かれたレール の上を進んできた内気な高3の女子が、

 初めて自分から率先して やりたいこと、夢中になれるもの を見つけ出し、

 生き生きと輝く様を描いた感動作です。







 冒頭、コンテストのワンシーン。

 青々と染まった髪、色が落ちないと焦る主人公ブリス。




 この場面、はじめなんの説明もないので、はたして彼女は何を焦っているのか?

 何の発表会なのか、全然分かりませんでした。

 鑑賞後、調べてみると、美人コンテストだと判明。

  馴染みないなーw






 それでも鑑賞時、美人コンテストが分からなくてもとりあえず、母親が娘にかなり 期待 していることだけは感じられました。

 母親は 「子に輝ける将来を手にして欲しい」 と強く思う。どんな親だってそう思いますよね。







 ただ当の本人にしてみれば いい迷惑 だ。

 それは 本当 の自分じゃないから。

 でも実の母親の願い。

 気分は乗らないものの、その期待に添えようと努力はしていく娘。 葛藤しています。







 そんなある日、母親と靴を物色中に、ローラースケート颯爽 と店内に入ってきた二人組が、、

  「チラシ置かせてください!」

  といった何気ない場面に遠めから出くわします。






 そのチラシをこっそり手に取るブリス。

 勿論母親には 内緒

 ↑この設定が後々、生きてきます!





 そのチラシにはローラーゲールの大会の日程が書かれており、

 親友と親の目を盗んで見に行きます。

 そこでその新鮮な世界に心を奪われ、

 ベッドの下より埃被っていたローラースケートを引っ張り出す至ります。





 この部分はとても丁寧に描かれていました。


 


 紆余左折ありつつも、メンバーにブリスが加わります。

 当初は` 負けて当然 とにかく楽しむ! '

 という モットー のもとゲームを何年にも渡りプレーしてきたメンバー達。





 彼女が加入したことによって、少しずつ気持ちが、前向きになっていきます。

 ‘ 勝てないか?この試合、 勝てる! 絶対勝てるよ!勝ちに行こうっ!'

 変わっていく目標意識。






 さてこの映画で描かれている ローラーゲーム という競技。

 未知の世界です。

 勿論、自分はやったことないし、実際の競技を見たことないです。






 競技のルール、完全に把握していない状態だったのですが、決勝戦では思わず手に汗握る展開の連続に終始興奮しっぱなしでした!



 かなり白熱試合ですよ。

 特にブリスがメインとなる仲間の力を借りて加速する必殺技whipが最高です!

 この技、成功した時はほんとカッコイイです。

 ちなみに原題もこの「whip」だったりします。






 スポーツもの映画は、その撮影の裏側が気になるところ...。

 引き絵やスタントダブルも使用していますが、それでも役者は身体張ってます。

 転倒するシーン とか、見ているだけでそう。

 相手プレイヤーからエルボー飛んできますw とても荒々しい競技です。









 そんなローラーガール世界を描いておきながらも、同時進行で 友情 も描かれます。

 ブリスはファミレスでのバイト中。



 その環境には、共に悩みを分かち合える同年代の大親友がいます。



 後半、あることがキッカケでケンカし 仲違い してしまいます。

 本人にとっては大問題ですが、シナリオライター目線でみると、

「この場面うまいなー、葛藤出まくりだなー 」

 なん思う感動できるシーンに要注目です。





 
 他にもメンバーの過去だったり、敵対するチームとの争い、イケメン彼氏の登場だったりと、いろいろな要素が 同時進行 で描かれます。

 そして悩んだ末、決断するブリス。





 でも物語構成はとてもシンプルで、悪く言えばかなりベタ(アメリカ青春映画の王道)。





 なんだけど、とても 感動 できます!

 ところどころ登場する人物たちの言動に心奪われます。
  
 完全な悪役はいないかもしれません。








 中でも後半、あの地味で冴えない女子高生が 別人か と思うほど変貌していく成長する姿は感動できます。

 ほんとに キラキラ しています。

 応援したくなります。






 監督は子役女優上がりのドリュー・バリモア監督。

 本作でも脇役のプレイヤーとして、頭より、先に手が出る荒女というキャチコピーが付きそうなキャラを演じておりました。






 見終わった後の爽快感。

 輝く瞬間はカッコイイです!





 たまには洋画もいいかもローラーガールズ・ダイアリー 、超おすすめです。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。