上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
wug_site_open.jpg

2014年度作品
各30分全12話
監督・・・山本寛
脚本・・・待田堂子
声の出演・・・ 吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑、大坪由佳、加藤英美里、津田美波、福原香織、山本希望、明坂聡美、安野希世乃 、浅沼晋太郎、日高のり子、戸松遥、花澤香菜

1389371784217 (800x450)

Wake_Up,_Girls!_-_ep01_244 (800x450)

wug4-5 (800x450)

wug6-5 (800x450)

wg3-3 (800x450)

1390580957871 (800x450)

42522542ghj (800x450)

wug4-4 (800x450)

wug03 (800x450)

Wake_Up,_Girls!_-_ep01_175 (800x450)

1390582018350 (800x450)

wug6-4 (800x450)

wg3-5 (800x450)

wug5-3 (800x450)

wug5-2 (800x450)

wug4-3 (800x450)

wug5-4 (800x450)



 以前、映画版の 「 Wake Up, Girls ! 七人のアイドル」(53分) を鑑賞済みです。



 この作品は基本的なアニメの形態と異なり、 映画版 公開から アニメシリーズ 放送へ至った珍しいタイプ。



 そして数多くある アイドルアニメ の中で目を引く注目ポイントとして、 声優 本人とキャラが リンク している点も魅力です(例えば身長、ホクロの位置まで忠実に再現)。


 さらに毎回エンディング後の次回予告では、実際に声優キャストさんがマイクの前に立ってアフレコしている風景(アニメではなく、実写)を流す告知の仕方も上手いと感じました。





では、 あらすじ いきます。




*あらすじ*

  ファーストステージから数日後、年が明けたが依然として 会社の金を持ち逃げ した丹下社長は帰ってこず、松田は自宅で請求書の山に項垂れていた。

 Wake Up, Girls!(WUG)は正式に解散しておらず、また連絡するとして宙ぶらりの状態となっていたが、メンバーはライブによりまた活動したいという意欲が沸々と湧いてきており、活動を本格化させることを決意する。

 当初は違法スレスレの接客営業や客席ガラガラのミニライブ、メンバー同士の衝突といった艱難辛苦を味わうメンバーだったが、少しずつファンの温かさやアイドル活動のやり甲斐を実感していき、戻ってきた社長の持ち込んだローカル番組の仕事を基に地道だが着実に知名度と人気を獲得していく。

 しかし、その報道が東京まで届き、真夢に関連してたゴシップを追うマスコミも関心を持ち始め…。  





 本作の監督は実写映画「私の優しくない先輩」」の山本寛監督。





 さて全12話あるので、一部をピックアップします。





 2話

 声は「ドラゴンボール」のフリーザで有名な声優中尾隆聖さん。

 パンチパーマに薄サングラスで明らかにブラックなお方の役。



 プロデューサーの初めて取ってきた仕事、

 その仕事内容は、水着着用、酔っ払いのおっさんの温泉宿の出し物

 は触られるは、王様ゲームで選ばれた客とキス

 明らかに目指す方向性、これじゃない感満載内容。

 同様を隠し切れないメンバーと若手マネネージャー。




 「私、こんなのやりたくない」

 反対意見として 「仕事なんだよ、やりたくないは通用しない」

 そこに追い討ちかけるように 「覚悟を決めないと、売れないだろ」

 言われるも、なかなか口答えできない一同。



 で、ここで映画版でお金持ち逃げした女社長が現れます。

 私的に映画版最悪な立ち位置だったので、登場した瞬間かなり  きましたw

 その場からみゆは逃げ出します。

 普段は自分のホームとして、メイド喫茶でバイトしている人気者みゆ。


 ココで描かれるファン、オタク描写が妙に熱かった。

 ひとりのオタクから何気なく、 「ウェイクアップガールズは?」 と言われ、

 「私、ヘタレだから・・・」 と辞めよう発言をします。


「ガンバレー!ここから巣立って有名になってよー」
「間違いなく来る!」
「みんなで応援するぞ!」



 口々から出される声援が胸にとても染みました。
 
 なんか、けてきます。






6、7話。

 主人的な立ち位置で和菓子屋の娘、藍理

 新たに現れた天才プロデューサーが 「必要ない、才能ない」 と言われレッスンに来なくなります。


 この時、運営権を握っているPに、

「アイツを切って続けるか」
「それができないなら全員、クビ」


  という選択を迫られます。




 アイワン(大世帯アイドル)との圧倒的な差。

 このP腹立つんだけど、なんかめない奴なんですよね。

 理不尽な選択を前にどうするかで揉めるメンバー。イライラが募ります。



 メンバーの一人が彼女にこう問いかけます。

「一人で悩まないでって、じゃ一緒に皆で悩もうよ、考えようよ、なんの為のグループなの!?」

 素直に 感動 しました。






 本作、初ライブで 最終ライブ

 金もない、田舎の弱小プロダクションスタートなので、いろいろぶつかる問題点が リアル ですね。

 まずオリジナル曲がないという点に関しても、作詞・作曲できる人がメンバー内にいる「ラブライブ」や、曲制作依頼のコネが既に構築済みな「アイドルマスター」と比べると、そもそもコネなしお金なしなので持ち歌が最終話になっても数曲しかありません。

 なので一曲、一曲が 残りやすい です。

 そんな中で私的に一番好きな曲、初めてのオリジナル曲、「タチアガレ」の完成度やはり高過ぎる。歌詞もそうですが、デビュー曲という意味でも他と別格ですね。


 序盤、オリジナル曲がこの一曲しかない状況なので高確率でこの曲が流れるのですが、けっこう聞いてて響きます。

※ちなみに2話まではオープニングとして使用されています。




 最終話、のライブは感動。

 足を痛めたメンバーが、ライブ中 「まゆ(メンバーの名)、飛ぶ」 と小声で呟き。

 まさかの エビゾリジャンプ

 足を痛め、横に居た2人がすぐさま ソッ と支える。

 その後、また笑顔でダンスに戻る場面は 名シーン は感動しました。





 途中、作画が崩れたりしますが、かゆいところに手が届く作品!

 アニメ Wake Up, Girls !





 本作、もし見るなら先に前日談(メンバー結成までの流れ)の映画版を見てから鑑賞スタートすることをとてもおすすめします!






【本編2話抜粋】 ※フリーザw


【公式動画】7分で分かる「Wake Up, Girls!」


【実写PV】タチアガレ ※一番好きな曲です


【実写PV】7 Girls War (オープニングテーマ)


【音源フル】タチアガレ


【音源】極上スマイル






スポンサーサイト
evaha000001.jpg
VANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE

2009年度作品
108分 / 日本 / アニメ映画
総監督・・・庵野秀明
監督・・・摩砂雪 、鶴巻和哉
脚本・・・庵野秀明
声の出演・・・緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、石田彰、三石琴乃、山口由里子、山寺宏一、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、麦人


evaha04 (800x449)

evaha11 (800x450)

evaha20 (800x450)

ebaha19 (800x449)

evaha27 (800x450)

evaha13 (800x452)

evaha21 (800x450)

evaha25 (800x450)

evaha08 (800x449)

ebaha17 (800x444)

evaha02 (800x449)

evaha05 (800x449)

evaha26 (800x450)

evaha01 (800x449)

evaha06 (800x449)

evaha31 (800x450)

evaha14 (800x453)

evaha16 (800x437)




ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 BDで 見ました。




 エヴァいいわ!エヴァ最高だ。

 久しぶり手に汗握るドキドキ展開の連続に興奮しました。





 そしてついに来タ

 リューアルされた アスカ の登場。

 あれれ? 性格 丸くなってない?




 というかあの、綾波レイ に関しても、

 「TV版」 の頃と比べ、一気に魅力的になっています。

 正直、テレビ版では ほぼ空気 だったのに対し、人間として悩みに悩む姿が描かれ、彼女にとても 共感 してしまいました。

 特に 「ぽかぽかする」 のシーンはジーンと来たし、

 両手切り傷だらけなりながらもシンジの為に 手料理 の練習する場面があったりと、一気に綾波の好感度上がったことは言うまでもありません!





 そしてあれほど 共感 しずらかった主人公シンジにも 異変 が!

 この作品のシンジは今まで見てきた作品の中で一番共感できましたよ





 さて、「劇場版‘序’」と異なり 使徒 のビジュアルがリューアルしています。

 それに付随して能力的にもパワーアップ!

 もう 圧倒的な強さ で笑えます。反則的強さ寒気すら覚えました。

 動きのモーションも 気持ち悪さ も格段にアップ。

 見てはいけないものを、見てしまった感 をヒシヒシ感じました。




 そして使徒の防護シールド ATフィールド硬さ 異常です。

 シンジの 戦いたくない 気持ち、今更だけどとても理解できました。





 2009年の作品ですが、アクションシーンは今見ても 古臭さ を全く感じさせません。

 特に 爆風 でビルや車が無残に吹き飛ばされる描写に驚きました。




 エヴァで 全力疾走するシーン は尋常じゃないくらいの迫力!

 ダダダダダッ 。衝撃破が凄過ぎです!見入ってしまいました。

 走った後の 地面 (地盤)が変形しますw





 劇中、何度か流れる音楽

 学生時代歌ったことがある名曲 翼をください が流れます。

 かなり不気味で、異様過ぎ。





 「序」同様にテレビ版よりも だいぶ 見やすくなっているものの、終盤の展開にはまたも開いた口が塞がらない状態。ここでもやるんだ、そのブッ飛んだ展開を。

 てっきりテレビ版の名シーンを万人にも分かりやすいよう構成してくるかと思ったら・・・



 それでもやっぱり エヴァ最高です!

 もう完全に初期の悪印象を覆しました。




 もう一度言う、エヴァ最高!




次は「Qだ」。

 





【予告】


【予告2】 ※高画質


【 Blu-ray&DVD PV】


【エヴァンゲリヲン2号機 獣化第2形態 ザ・ビースト 戦闘シーン】 ※綾波変わったなぁと思った場面


【 本編抜粋「翼をください」】 ※びっくりです














123728778781716320168.jpg

2007年度作品
98分 / 日本
総監督・・・庵野秀明
監督・・・摩砂雪、鶴巻和哉
脚本・・・庵野秀明
声の出演・・・緒方恵美、三石琴乃、山口由里子、林原めぐみ、立木文彦、清川元夢、結城比呂、長沢美樹、子安武人、麦人、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、石田彰

evajixyo14 (800x449)

evajixyo08 (800x441)

evajixyo09 (800x441)

evajixyo12 (800x441)

evajixyo10 (800x441)

evajixyo11 (800x441)

ebajixyo02 (800x450)

evajixyo04 (800x449)

evajixyo05 (800x449)

ebajixyo01 (800x450)

evajixyo06 (800x449)

evajixyo03 (800x450)

evajixyo13 (800x441)




 いわゆるリメイク作のエヴァ1作目 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を再見しました。

 実は本作、過去に 一度 見たことあります。




 その際の感想としては 「シックリ来なかった」

 という正直な感想「微妙」でした。






 今回新たにテレビ版全26話、続く 劇場版 を見た上での感想をつづります。







*あらすじ*

 内向的な14歳の少年・碇シンジは、父・ゲンドウと3年ぶりの再会を果たす。彼はそこで、ゲンドウから極秘裏に開発された巨大な人型兵器“人造人間エヴァンゲリオン初号機”を見せられ、謎の敵“使徒”との戦いを強要される。

 最初は反発するものの、女性パイロット綾波レイの重傷を目のあたりにして、ついに自ら出撃を決意する。

 そして、何の訓練も受けないまま初号機に乗り込み、いきなり使徒と対峙するシンジだったが…。








 まずタイトルが 変更 というか一部削除されています。テレビ版のタイトル‘ 新世紀 ’が省かれます。


 全4部作のトップバッターという「」、テレビ版1話~ヤシマ作戦 までのエピソードが描かれますが、話の展開はほぼ変わりません。


 むしろ余計なエピソードは削られ、テンポがかなりくなり、以前より格段と 見やすく なっています。

 私的にダイジェスト感はなく、うまくまとまっているな と強く感じました。




 ちなみに絵のタッチも一新 され、アクションシーンの迫力や街の動きやギミック、敵となる使徒のCG処理、そして爆風で街が消し飛ぶ描写が 物凄いこと になっています。




 ほんと全編が見どころ満載で、以前の感想がであったかの如く、冒頭からとても引き込まれエンタテイメントとして、面白かったです!




 新劇場版としていい意味の改変 です。

 特に今回 人間ドラマ が全面に押し出されていると感じました。



 エヴァに乗ると決断したシンジの心情の変化。

 シンジのレイのコンビネーション。



 そして 「どういう顔をしていいかわからない」 と言うレイに、 「笑えばいいよ」 と返すシンジ。

 主人公シンジはもちろん、ミサトの心情など改めてこの作品を見ると、綺麗ごとばかり ではなく、とても丁寧に描かれていました。

 



 テレビ版の感想で 「アスカ登場するまで、鑑賞が非常に苦痛だ」 とつづりましたが

 この新劇場版は鬱展開のドロドロ感が極端に薄まり、この作品だけみると、THE少年漫画の王道 って感じです。




 驚くほど純粋に一本の映画として楽しめました。

 続く四部作の二作目の「」にかなり期待してしまいます。




 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 おすすめです!







【予告】


【MAD】







evaeiga11111.jpg
Neon Genesis Evangelion - The End of Evangelion

1997年度作品
87分 / 日本 
総監督・・・ 庵野秀明
監督・・・鶴巻和哉、庵野秀明
声の出演・・・緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、三石琴乃、山口由里子、立木文彦

evaeiga31 (800x449)

evaeiga06 (800x452)

evaeiga05 (800x457)

evaeiga39 (800x448)

evaeiga37 (800x450)

evaeiga40 (800x450)

evaeiga46 (800x542)

evaeiga47 (800x442)

evaeiga29 (800x444)

evaeiga17 (800x448)

evaeiga11 (800x449)

evaeiga28 (800x396)

evaeiga23 (800x437)

evaeiga10 (800x470)

evaeiga22 (800x449)

evaeiga08 (800x455)

evaeiga09 (800x448)

evaeiga15 (800x449)

evaeiga14 (800x449)

evaeiga43 (800x451)

evaeiga25 (800x454)

evaeiga20 (800x449)

evaeiga03 (800x439)



 全26話 を見てからこの劇場版「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に 」見ました。





 …。

 なんすか?

 もう一体全体なんなんですか?





 見る前に「覚悟しておいた方がいいよ、ホント救いないから」

 と友人に言われ期待と不安混じりで鑑賞しました。







*あらすじ*

 最後の使徒を倒した。だが現実に対処できないシンジは固く心を閉ざしてしまう。そして約束の時が訪れる。ゼーレは自らの手による人類の補完を目指し、戦略自衛隊による攻撃をNERV(ネルフ)本部に仕掛けてきた。

 戦闘のプロに抗う術もなく血の海に倒れていく職員達。その絶望的状況下でミサトは、シンジは、アスカは、レイは、生き残ることができるのか?そして人類補完計画とは?

 人類の存亡をかけた最後の戦いが、今始まろうとしている。








 本作はTV版最終話2話をリメイクした作品です。





 
 ここからネタバレ全開ですので、未見の方はお気をつけを。






 今、この内容・描写 は 規制 で絶対に出せません。

 




 独自の世界観をこれでもか、これでもか と描ききる庵野監督。

 カルト というか、宗教 というか、ホラー というか

 とにかく見ていて、もう意味がわからない箇所がありつつもこの圧巻の迫力、それだけで終わらない何かが存在します。

 まるで 「付いて来れる奴でいい、ついて来い」 と言っているかのように、畳み掛ける奇天烈な映像のオンパレード、しまいには終盤、まさかの実写映像まで挿入されます。





 正直、テレビ版で いくとこまでいった ので、 
※詳細はこちらをどうぞ

 それを万人にも分かりやすい形でリニューアル作品に落ち着くだろう という軽い気持ちで見始めたのですが ... これは テレビ版の更に上をいく、最高にぶっ飛んだ映画 でした。軽い気持ちで見たらトラウマなります確実に。

 序盤からしてもう ドン引き でしたから・・・。




 いろいろ、ぶっ飛び過ぎていて、

 監督、麻薬やってるのか?と思いました。

 なぜここまで 登場人物達を虐める?




 メインキャラほぼ 死亡 。絶望以外何もない地獄絵 の数々。しかも殺され方が液体になって飛散します。


 


 エヴァ全26話は私的 アスカ派

 嬉しいことにテレビ版を超える 物凄い活躍 を見せるのですが、その後 物凄い落とされます

 あえて「ドラゴンボール」で例えると、訓練しパワーアップしたベジータが、期待通り相手をいい感じ攻めつつもその後、ボロ雑巾ごとくボロクソにされる構図が垣間見られます。




 あ、アスカ〜 (泣)




  感情移入できる好きなキャラが、痛めつけられる場面は本当に見ていてキツイものがある。




 普通、エンタテイメントって 夢や希望を描くキラキラしたもの夢の時間を提供してくれる場 と、私的に思うのですが...

 ここで描かれるのは全くの 真逆




  いんです。




 ネルフ職員が大虐殺されるシーンは大の大人が見ても気分を害します。

 普段ホラー映画で耐性がついているはずが、このシーンは正直 胸糞悪く感じました。

 酷いだろ、流石に。

 手を上げ降参した職員を躊躇なく射殺、部屋の外から火炎放射器で中の職員を焼き殺し、建物内に悲鳴が燦々と響き渡ります。

 阿鼻叫喚の地獄絵図 、しかも表現がリアル志向なのでかなり重たい、シンドイ。




 改めて言いたい、監督、大丈夫かー!?

 現在、制作中の「シン・ゴジラ」期待して大丈夫ですか ‼?






 さてここから少し私的な話に移りますが、

 自己の存在意義 の話は興味深かったです。


 確かに 自分は何の為に生きているのか? と一度ならず考えたことがあると思いますが、これを追求していくと、もう何が正解で、何が間違いかそんな堂々巡りになります。

 突き詰めていくと死にたいんだか、生きたいんだか、わけわからなくなりますw


劇中シンジが
 「誰とも関わり会いたくない、でも独りは寂しいから嫌だ」
という気持ちなんとなくわかります。



 
 自分をわかってほしいと思うけど、分かるわけないだろ と感じる矛盾点。

 なぜならそれは自分自身の経験上から得た結論であり、その人生を通ってもいない他人が最も簡単に的を得たら、それはそれで腹ただしい気持ちに感じてしまう。

 むしろあえて そこは知られたくない とすら思いすら感じる。




 結局のところ、人と人とは分かり合えないのではないだろうか?

 人は他人を完全には理解できない。他人は自分ではないのだから。 





 時には他人に傷つけられる。

 または知らないうちに他人を傷つける。





 好きな人を傷つけてしまうなら、裏切られるくらいなら、他人なんていないほうがいい

 この際、一人でいい。
 
 でもそれは寂しい。

 だけど、他人は怖い

 他人は自分の全て理解してはくれない。

 なら、他人はいらない。

 けれど他人の存在がなければ、自分が存在しない・・・。なんなんや、この無限ループ



 ただ、人と人は完全には理解しあえないけれど、歩み寄ることはできる... 

 傷つく とわかっていてもなお近づこうとするのだから、これが本当に一筋縄ではいかないのだ。




 おそらくこの先 何年経っても、答えには辿り付かないだろう。




本編ラスト、アスカがシンジに向かって
・・・気持ち悪いボソッと 呟やかれて物語に幕が下されます。





 なんとも言えないラスト。




 TV版よりエグく強調・補足する するに至った劇場版エヴァ。




 物凄く大嫌いで大好きな作品 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に おすすめしたい。








【海外版予告】


【エヴァ人気の秘密】わかりやすく説明


高橋洋子 「魂のルフラン」


【MAD】









wannpi-suomaturi.jpg

2005年度作品
91分/ 日本 
監督・・・細田守
脚本・・・伊藤正宏
声の出演・・・田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、大塚明夫、渡辺美佐、草尾毅
主題歌・・・氣志團 /「夢見る頃を過ぎても」

wannpi-suomaturi10 (800x450)

wannpi-suomaturi12 (800x450)

wannpi-suomaturi07 (800x450)

wannpi-suomaturi05 (800x450)

wannpi-suomaturi06 (800x450)

wannpi-suomaturi02 (800x450)

wannpi-suomaturi04 (800x450)

wannpi-suomaturi01 (800x450)

wannpi-suomaturi03 (800x453)



  細田守監督の作品を見返そうと思い、

 まだ未見だったワンピースの劇場映画作品作目の映画ワンピースTHE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島見ました。






*あらすじ*

 「オマツリ島」への永久指針と地図を拾った麦わらの一味は、パラダイスだというその島を訪れる。

 島の当主と名乗るオマツリ男爵により数々の不条理な試練を受けさせられ、最初は楽しんでいたものの、仲間達が試練での苛立ちでどんどん不協和音を鳴らし、仲間割れ を起こしてしまう。

 そんな中、チョッパーとロビンは島の不自然さを感じ始めていた。







 正直「ONE PIECE」シリーズにはあまり触れていません。

 漫画も3巻くらいしか読んでいなく、、アニメもまだゴールデンタイムにやっていた時代に少しかじったくらい。なんていうか、あの独特な絵が合わなかった というのが一番の理由。



 でもそれが根底から今、覆えりそうです



 先日、地上波でアニメ「ONE PIECE」が放映していたので、流し見してたらたった30分なのに自然と引き込まれたました。





 そして本作見て思いました。

 ONE PIECEが人気あるのは本物だと。 ・・・おっと話がズレました。



 

 そもそもワンピースの他の映画を全く見た事がないので比較出来ませんが、 物凄くーーくかった。ちなみに恐らく細田監督色なのか、絵のタッチ・作画が本編でところどころ色々変わります。




  一番の痛感したのは 仲間を想う友情 です。 正直、けました。


 他にも ちょびヒゲ団の友情の印を掛け合うシーンもウルっと来ました。

 何よりキャラクターがありきだなと思いましたね!

 

 
 最近、泣ける作品で出逢っていないのもあり、やっぱ 映像の力って凄いな と思いました。

 かけがえの無い仲間の為に、立ち上がる想い が物凄く共感できました。 くだらない言い合いしてるけど、ちゃんと仲間の為に力を貸す。信じる。

 正直こんな 仲間 の欲しいなと思いました。






それにしても、なかなか描かれるところが重いですね。

 今回のボスは おまつり男爵 。その名前とのギャップとは裏腹にダーク過ぎて過ぎて驚きましたw

 彼の肩に乗っているリリーカーネーションもあのふんわりした表情と打って変わって狂気そのもの。




 後半 両手両足 に弓を射られ、貼り付けにされるルフィ。

 絵面がエグ過ぎる子供は見ちゃダメ!




 更にそこから全身に矢が刺さりまくる場面は壮絶

 子供がこれを見たら高確率でトラウマになります。





 
 かなりシリーズに興味を持ち始めたのですが

 ただし現在漫画は81巻、アニメ740話
※2016年5月付

 もう軽い気持ちで見れないですw 時間泥棒過ぎるw






 でも間違いなく面白いのは確実なので、少しずつ見ていこうかなと考えてしまいます。




 おすすめ 「ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」 !








【予告】











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。