上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
354163_02_01_02.jpg

2016年度作品
111分 / 日本
監督・・・小泉徳宏
脚本・・・小泉徳宏
出演・・・広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也久家心、 山田瑛瑠、加部亜門、坂口涼太郎、田村健太郎、上村海成、萩原利久、三村和敬、津嘉山正種、松田美由紀、國村隼
キャッチコピー ・・・ 強くなる――青春ぜんぶかけて 

tihayahuru10 (800x533)

tihayahuru03 (800x533)

tihayahuru04 (800x533)

tihayahuru05 (800x533)

tihayahuru07 (800x533)

tihayahuru09 (800x533)

tihayahuru08 (800x533)

tihayahuru02 (800x533)

tihayahuru06 (800x533)

tihayahuru11 (800x533)




 ちはやふる -上の句 劇場にて鑑賞。

 



 うぉー!

 かるた 熱っつーい!

 熱過ぎるーっ!






 なんだ、このパナい熱気は!

 アクション映画ですか! ってくらい かるた対戦 凄いことになっています。



 一般的と言うか、私的に かるた って、
 
 子供の頃うっすらやった記憶があるのですが、こんなのですよね?

読み手によって読まれて内容に関連した絵札を探して、相手より先に抑える。勝敗として沢山札を手に入れた方が勝ち。







 *あらすじ*

 小学校時代、転校生の綿谷新から“競技かるた”を教わり、その魅力の虜になった綾瀬千早。幼なじみの真島太一を巻き込み、3人は競技かるたを通して強い絆で結ばれていく。

 しかし小学校卒業とともにバラバラとなってしまい、家の事情で故郷の福井に戻った新とは遠く離ればなれに。

 かるたを続けていれば新と再会できると信じる千早は、高校に入るとすぐに“競技かるた部”の創設に乗り出し、高校で再会した太一を再び巻き込み、2人で部員集めに奔走する。

 やがて古典大好き少女・大江奏、経験者の“肉まんくん”こと西田優征、秀才の“机くん”こと駒野勉の勧誘に成功し、ついに千早悲願の競技かるた部が産声を上げるのだったが…。







 本作は 高校 が舞台。

 イチから かるた部 を作る千早。



 そもそも部活でかるたなんてどうよ...。

 って見る前から思っていましたが、この映画で描かれる かるたは同じかるたとは到底思えません!

 クールで激熱的、精神力と肉体を極限まで駆使するこれぞまさしく エキストリーム スポーツ競技 です!

 かるたの歴史は深く知りませんが、こんな進化していたのか、今のかるたは!





 この作品で描かれる 大会レベルになると、置かれてある札の位置を瞬時に把握、

 呼ばれた頭の音から瞬時に次に呼ばれる内容を予知、

 先読みの末、バシッ!

 相手に取られる前に吹っ飛ばす。

 ちなみにその威力は凄まじく障子に突き刺さりるくらいです。




 序盤かるた初登場シーンは、劇中の 広瀬すず さん演じる千早にデレデレした男子高校生同様、あまりの迫力に ええっ! ってなりました。



かるたやべぇ
かるたやべぇ
かるたやべぇ



さて本作のハイライトでもあるクライマックスのかるたバトルはまさかのチーム戦5対5!

迫力も 5倍 です。




 ちなみに最小人数5人。
 
 千早が集めた5人がそれぞれ個性的で熱い、唯一無二のこの5人パーティー。

 一人ずつ仲間にしていく場面は、いい意味でまるでRPGゲームのように見えました。

 そして、この5人だからこその団体、連帯感 感動 を呼びます。

 終盤は目頭が常に熱い展開の連続で、何度も 友情 に泣きそうになりました。




 伏線の使い方ががかっていました。

 私的に机君のキャラに感情移入しました。彼が試合の成績出せず自分の居場所を失くし、葛藤する場面が見ていてヤバかったです。





 主人公はイケメン君。

 幼少期とある ズル をしたことから運に見放されるアンラッキーボーイ。

 一応、話は彼目線で描かれるですが、この主人公らしくない設定が逆に共感を呼びました。






 映画見た後、ドッと疲労感が訪れました。

 見終わった感、半端ない。





 音楽とスローモーションの使い方も素晴らしく、映画を盛り上げます!





 青春のカッコ良さがヤバカッコイイ!

 ちはやふる -上の句-」 、とんでもない青春エンターテイメントです。




 気になる 続編は少し間を空けてから行く予定です。






【予告】


【上の句 ダイジェスト】


主題歌 「FLASH」Perfume







スポンサーサイト
b ijixyokann
Canned Beauties

2003年度作品
61分 / 日本 
監督・・・筧昌也
脚本・・・筧 昌也、poosworks
出演・・・藤川俊生、吉居亜希子、木村 文、小沢 喬、ジョン・ウィリアムス
キャッチコピー →僕の新しい彼女は、缶詰から生まれた
bijixyokann02 (800x593)

bijixyokann (800x488)

middle_1112476254 (800x600)



 ゆうばりファンタスティック、ぴあフィルムフェスティバル、他日本全国の映画祭。更に海を渡りフランス・ドイツ・韓国まで行った凄い作品、それが本作美女缶


 インディーズ映画です。自主制作(撮影は2週間一気撮り)で制作当初、劇場公開の予定は全くなかったそうです。





*あらすじ*

 お世辞にも格好いいとはいえない隣人の部屋から、毎朝美女が出てくるという光景を目にした健太郎は、秘密を探るうちに“美女缶”という缶詰の存在を知る。謎に思った彼は、思い余って缶を盗んでしまうが…





 さて見る前はネタとして見ようかなと軽い感じで見ましたが、

 半分くらい見ていて気付きましたよ。

 これとても面白い。映画として実に 面白いっ!



 てっきり下ネタ全開でいくかと思いきや、反対に ピュア で攻めます。実に 切ない物語 でした。

 話の内容はタイトル通り、 美女 が入っている缶詰を手にした青年の話。




 まずタイトルのインパクトが目を引きます。

 美女缶。どんな缶だよ、 ←美女が入っています。もうそれだけで興味が湧くこと必須です




 予告で 「美女は好きですか?」 の質問に対し某グラフが100%の超えするくらいですもんw

 よくぞ、バカ(褒め言葉)な妄想を実写化してくれたなと賞賛の拍手を送りたいです。





 本編時間は50分。いわゆる中編映画枠。

 物語の転がし方がうまいです。

 タイトルやパッケージからのイメージを覆す良作品




 あまりに面白かったので、続けざまにコメンタリーONで再見してしまいましたよ!

 特に興味深かったのが、お祭りのシーンがあるのですが、上品な浴衣を着こなす女性が持つお洒落な三角巾着の正体が、カメラのレンズケースと暴露。自主制作映画あるあるネタに一人爆笑してしまいましたw





 なお、本作はその後、監督自身セルフリメイクにて妻夫木聡×臼田あさ美で「世にも奇妙な物語2005春」同タイトルにて放映されております。

 ちなみに筧監督はその後、金城武主演長編映画「Sweet Rain 死神の精度」や、最近でもドラマの演出をされているそうです。
 



 ファンタジックな作品、おすすめです 「美女缶














akunohanamannga001.jpg

akunohanamannga10.jpg

2009~2014年度作品
全11巻
著者・・・押見修造
出品者・・・講談社

akunohanamannga07 (800x372)

akunohanamannga03 (800x585)

akunohanamannga11 (795x600)

akunohanamannga003] (403x600)

akunohanamannga005 (382x600)

akunohanamannga008 (405x600)

akunohanamannga (781x600)

akunohanamannga17 (689x600)

akunohana025 (800x588)

akunohanamannga0006 (647x600)

akunohanamannga06 (800x595)

akunohanamannga01 (559x600)

akunohanamannga08 (798x600)

akunohanamannga13 (800x564)




 アニメ見てから漫画見ました。




  良かーー!




 以前何気に見て鑑賞したロトスコープアニメ版で一気に 奪われ、その後も描かれるという事で、躊躇なしで全巻原作漫画を揃えてしまいました。 ※中古ですが




※あらすじ

中学編
 クラスの美少女・佐伯奈々子に密かに想いを寄せる春日高男。ある日の放課後、出来心により彼女の体操着を盗んでしまうが、その様子は嫌われ者の女子・仲村佐和に目撃されていた。
 窮地に陥り、仲村からの無茶な要求に翻弄される中、意外なきっかけから佐伯と付き合うことになり、春日は恋心と背徳の自己矛盾に苛まれる。そんな彼に呼応するかの如く、佐伯も内に秘めた意思を徐々に示すようになる。
 現実社会の閉塞感に自己認識を見出せず、遣る瀬無い自我を抱える3人の中学生のアイデンティティは互いに交錯し、儚い逸脱へと向かっていく。


高校編
 中学校編から3年後、春日高男は中学時代を過ごした群馬県から引っ越し、埼玉県で高校生活を送っていた。ある騒動以降仲村と離れ離れになりながらも春日は仲村への思いを捨て切れず、そして抜け殻のように毎日を過ごしていた。
 そんな春日はあるきっかけから男子の憧れの的である常磐文と交流を深め、常磐の中に仲村の影を感じていく。





 いいねぇ~

 何処がいいかと問われると、感情のほとばしり?

 読んでいて 感情 が刺激される。

 主人公、高男に全て感情移入は出来るってわけではないんだけど、よいしょよいしょで行動に説得力があり、引き込まれてしまう場面が多々ある。



 例えば根っこ精神として、

 生まれた地で無難に生きること に絶望を感じ、何か自分にしかできないことをやってやりたい という気持ち

 だけど、実際 何も出来ない自分自身 に腹が立ち

 イライラする。
 モヤモヤする。

 そんな感情がこの本には たんまり と詰まっています。




 中学生編に関してはアニメ版の こちら の感想をお読みください。






 ネタバレ してますお気を付けください






 アニメ版以降の話に限ってレビューすると、

 あの後更に大きな一悶着があります。

 二人で町内会の祭りの御輿壇上にて灯油を被り 公衆の面前で自殺 を図ります。

 こちらは最終的に未遂に終わりますが、この行為がキッカケで双方の親公認、完全に離れ離れされ、新しい街での新生活が始まります。



 ここから時間が飛び、高男は中学生から高校生に。



 両親との関係も醒め切り、もやもやが腐り根付く中、常磐文さんという小説家を目指すの子に出会います。

 彼女は友達が多く、バイト先の1コ上の先輩と付き合っている。



 一見、の人間かと思いきや、根本に深い心の闇を抱えており、その部分が共有でき、そして2人は付き合うこととなります。



 なんかこの場面、以前の中学生編の奈々子との関係を彷彿させつつも、成長した高男の姿が見られるので親心のように見てしまうこと必須。素直に感動しました。

 とにかく応援したくなる2人です。ガンバレー!

 この常磐との出逢いにより、高男の 未来 が大きく変わります。




 そして最終巻、11巻へ。

 あの問題児佐和の居場所が判明、常磐(彼女)を連れて、はじまりの街で 再会 を果たします。

 そこでのシーンはメッチャくちゃ良かったです。読んでいて、ザワーっと実際に鳥肌立ちました!



 あぁ・・・ 「惡の華」、凄いよこの漫画!

 なかなか日常で味わえない感情をありがとう!

 著者の押見修造さんにファンになりましたよ、他の作品も漁りたいと思います。




 個人的に永久保存版になりました惡の華 、最高ですよ!














evaQ.jpg
EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO

2012年度作品
95分 / アニメ
総監督・・・庵野秀明
監督・・・摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉
声の出演・・・ 緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、麦人、大塚明夫、沢城みゆき、大原さやか、伊瀬茉莉也、勝杏里

eva20 (800x451)

evaQ10 (800x487)

eva18 (800x453)

eva25 (800x449)

evaQ05 (800x449)

eva19 (800x424)

evaQ08 (800x450)

eva26 (800x386)

evaQ09 (800x450)

evaQ03 (800x449)

evaQ16 (800x428)

eva27 (800x406)

evaQ01 (800x449)

evaQ (800x442)

eva24 (800x450)




 エヴァに全く興味なかった時、劇場で CGのピアノの演奏がただ流れるだけの予告 を見て 「はぁ?」 って思ったのが懐かしいですね♪





*あらすじ*

 「破」の最後から14年後の世界が舞台。特務機関「NERV」(ネルフ)と反NERV組織「ヴィレ」の戦いのなか、14年の眠りから目覚めた碇シンジは、ヴィレ指揮官の葛城ミサトから 二度とヱヴァに乗るな と告げられてしまう




 ネタバレあります。ご注意ください




 まさかの前作「」から14年後が舞台。

 いろいろ 衝撃的 でした。




 序盤からエヴァに乗るなと戦線離脱宣言を受けるシンジ君だったり、

 宇宙戦艦ヤマトみたいな乗り物で登場して館長がミサトさんだったり、

 リツコさん髪バッサリ切ってボーイッシュになってたり、

 ネルフかと思っていたところがそうじゃなかったり、

 ゲンドウ、サイクロップスみたいなゴーグルかけ始めたり、



 何よりもショックだったのは前作、前々作で 感情 が徐々に芽生え始めた 綾波レイ にまさか死亡説。無口無感情に戻ってしまいシンジ同様にショックを隠せませんよ(泣)。黒レイはこれで好きですが。





 物語は相変わらずダークサイドに堕ちまくってます。

 でも何故か、絶望の中でも 微かな希望 が見え隠れしたりするから好きですね。





 空白の14年の間に何があったのかが徐々に明らかになるかと思いきや、ほんの少ししか回答は提示されていません。

 謎が多い、カヲル君は一体何者なんだ?

 アスカはなぜ眼帯を!?


 他にも疑問が沢山。これはこれでいろいろ想像できるので嫌いじゃないです。





 ピンクエヴァ、前作に引き続き マリ が登場しますが、サポート射撃がナイスです。

 アスカも眼帯に帽子を被り、プラグスーツもリニューアル化してカッコイイ!

 あと「パシフィック・リム」でも描かれていた二人乗り‘ダブルエントリープラグシステム’登場しましたね!熱過ぎます!

 



 エンタテイメントしながら、後半に行くにつれダーク過ぎる展開へ。ほんと映画の中の世界で良かったなと思うばかりです。

 音楽もまた壮大なオーケストラを奏でて、いろいろな感情が想起されます。






 ちなみにエンドクレジット後に劇場版最終作「シン:エヴァンゲリヲン劇場版」 の予告が見れますが、合体してましたね。楽しみです。そしてどうやってこの物語に決着を付けるのかも期待してしまいます!





 言うまでもないですが、オススメです「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 」 !








【予告】


【ピアノ予告】 ※エヴァ興味ない時にこれ劇場で流れて「はぁ?」ってなりました


【MAD】残酷な天使のテーゼ













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。