上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ホーンテッド・キャンパス
2016年度作品
96分 /
監督・・・ 竹本聡志
脚本・・ 徳尾浩司
出演・・・ 中山優馬、島崎遥香、大野拓朗、高橋メアリージュン、安井謙太郎、 大和田伸也
キャッチコピー ・・・ 恋するキモチは、恐怖を超える 

ホーンテッド・キャンパス06 (800x507)

ホーンテッド・キャンパス03 (800x534)


ホーンテッド・キャンパス02 (800x533)

ホーンテッド・キャンパス04 (800x449)

ホーンテッド・キャンパス01 (800x533)



 映画ホーンテッド・キャンパス 劇場にて見てきました。

 なぜこの作品をんだかというと、以前 原作本 を読んでいたからです。





 さて、感想ですが

 物凄い良かった!!

 ココ最近見た 映画10本 まとめたくらいの面白さです!




 正直原作の時点でいい印象を受けてたので、原作ありきの実写化に不安少々あったのですが、その予想を遥かに裏切る 青春オカルト映画 でした。






*あらすじ*

 怖がりなのになぜか幽霊が視えてしまう八神森司は、一浪の末に入学した大学で、高校時代に片想いしていた1年後輩の灘こよみと思いがけない再会を果たす。

 喜んだのも束の間、彼女が選んだサークルは、なんとオカルト研究会、通称・オカ研。

 ビビリの森司はできれば近づきたくないサークルだったが、霊に憑かれやすい彼女を守るため、渋々ながらも入部を決意する。しかしそこに待っていたのは、案の定、個性的すぎるオカ研のメンバーたちと、恐すぎる奇怪な事件の数々だった。






本作の魅力、話せばキリがないですが、掻い摘んで綴っていこうと思います。





 まず私的にこのジャンル好きだー ヽ( ´¬`)ノ

 端的に言うと、一般的にいうオカルトもの。

 心霊、日常ではありえない現象を紐解いていくお話。

 それも若者達が 解決 していくという構図が引き込まれます。 オカ研のメンバーの一人一人がとても味出てる。



 後半、一度はオカ研から距離を取った森司が、仲間達から おかえり会にグッと来た

 こんなサークルあったら恐さ差し引いても入る価値がありそうだ。



 



 本作の見どころの一つでもある、恋愛描写

 中村優馬さん演じる、 八神森司 が、島崎遥香さん演じる 灘こよみ に恋い焦がれるのですが、好きだとなかなか告白できず、その悩む姿、俗に言うヘタレ具合が物凄く共感できました。

 特に終盤、こよみが霊に乗り移られた際、彼女に対する溢れんばかりの感情をぶつける場面は、ウルっとさせられました。ここで描かれる壁ドンがカウンターで良かったw

 ちなみに主役が葛藤する場面は、先日見た「 ちはやふる -上の句- 」を想起させられましたね。

 



 さてヒロインは現役AKB48の島崎遥香さんですが、こよみの雰囲気を物凄く捉えており、俗にいうキラーカット連発で、見ていてほんと困ります(汗)

 着ている衣装も役に物凄い合っており、リュックを両手で押さえて歩くところとか、なかなかセンスを感じましたw 遠目からもわかるそのシルエット、この時点でキャラ勝ちです。最後の肩バシッシーン、凄く良かった





 描いている内容はオカルトですが、けっこう コメディシーン ちょくちょく入ってきます。

 中でも川辺のシーンで部長が落っこちる場面。この見せ方ががかっていました。

 

 あと食堂のおっちゃんのキャラも個人的に全ツボでした。





 世界観がいい。見ていてとっても心地よい。
 これが作品の一番の魅力だと思う





 とにかく初見の印象が物凄く良かったので、改めて原作本を読み直し、一週間後もう一度劇場に足を運びました。パンフも買いました。

 相変わらず客入りは淋しすぎる状態でしたが、ほんとーこの映画が好きだし、是非もっと多くに人に見てもらいたいし、そして何より同じキャストで「ホーンテッド・キャンパス2」をやって欲しい!BD出たら必ず買います。

 



  大作映画よりも、こういう 小品でも光るもの があると、なんか嬉しいです。

  とにかくこの作品を見て、いろいろな感情が沸き、今着手している脚本にもい大いに参考になりました。




  ちなみに原作は現在9巻まで刊行中。この世界観なら何十時間と見ていられますよ。




 映画ホーンテッド・キャンパス 、個人的に物凄いオススメですよー。









【予告】













スポンサーサイト
5193pLTtr6L.jpg

2008年度作品
100分 / 日本
監督・・・中原俊
脚本・・・山田典枝
役者・・・山下リオ、岡田将生、田中哲司、木野花、緑友利恵、太賀、水橋研ニ、永作博美、水島かおり、清水ゆみ、秋本渚、曽我彩音

キャッチコピー約束を守りたい-、君を守りたい。魔法遣いの少女ソラ。最初で最後のせつない恋が生みだす奇跡の魔法

o0448029810206771710.jpg

331603_01_02_02.jpg

mahoutsukainitaisetsunakoto02.jpg

331603_01_03_02.jpg

331603_01_01_02.jpg

o0800053110206812801.jpg



  ごくたまに、映画見終わった後で、

 「この映画、また見たいな 」って思わせる作品に出会います。

 思い出すだけで至福な、そして切なくなる映画。

 この魔法遣いに大切なことは自分にとってそんな一本。






 この度、3回目の鑑賞をしました。ちなみに前見たのは2年前。

 冒頭から エンドクレジッ トまで堪能しました。やっぱむちゃくちゃ面白い!







*あらすじ*

そこは、魔法遣い が当たり前に存在する現代。

 魔法遣いの血筋を受け継ぐ者は、16歳の夏に行われる研修を受け、“魔法士”と国から認定されて初めて魔法を使えるようになる。

ただしその使用は厳しく制限されており、正式な手続きを経て国が許可した依頼に対してのみ魔法を使うことが許されていた。

そんな魔法士の研修を受けるために北海道から上京してきた16歳の少女ソラ

 彼女は、同じく研修に参加することになった豪太と一緒に、先輩魔法士の下で10日間の実地研修に臨むのだったが…。







 ちなみに漫画原作です(未見)。





 初見の鑑賞時は、単純に ストーリー に惹かれましたね。

 2回目は見逃した細部の演出に感動し、涙しました。
 
 3回目となるとあらかたどういうストーリーかは知っているのですが、なぜか一番泣けました。

 エンドクレジットでまさかの ボロ泣き

 久しぶりに目が 真っ 赤になりましたよ。 





 主人公の女の子ソラは北海道美瑛出身の見習い魔法遣い。

 魔法師になるのが亡き父親との 約束 (夢)で東京の魔法学校へ上京していくところから物語がはじまります。





 ‘ 魔法が使える魔法遣いが日常にいる ’という実際にありえない設定も、とても自然に描写されており、安心して見ることが出来る親切設計です。




 もちろん‘ 魔法 ’はCGで描かれますが、世界観を壊すことなく映像にとても馴染んでいました。

 特に後半のハイライトシーンとなる 座礁したイルカ達を魔法遣い達が力を合わせて助ける場面が好きです!

 魔法がまだ上手く扱えない豪太の背中にソッと手を当てサポートするソラのくだりはもう見ていて鳥肌が立つくらい好きなシーンの一つです。


 そこでソラが放つセリフ 「私がキッカケになる…」 も泣かせます。






 主演は山下リオさん。

 文句なし存在感でこのソラ役を演じられています、自然体で物凄くハマり役。

 実家の母と電話する場面、泣くのを必死に堪える姿は見ていて、こちらまで胸が苦しくなります。






 相手役は岡田将生さん。

 はじめは 魔法遣い なんてとバカにしたり、ふてくされたり悪ぶっているのですが、だんだんとその部分が削ぎ落とされ、いい方向へと変わっていきます。

 この変化がとても見ていてわかりやすい。

 ちなみに彼が来ているTシャツのデザインが酷い(恐らく計算されてます)、そんなTシャツよく探したな?ってくらい変なイラストTシャツ着ているところにも注目ですw






 そんな二人が、手を繋ぐ 場面。

 とても初々しいー !

 この場面何度見ても物凄く自然ななりゆきなので大納得。撮り方も憎いくらい 綺麗に撮られており名シーン中の名シーン!






 とにかく、作り込み過ぎていないナチュラルな二人の演技に引き込まれます。






 そして、この作品の主題歌 Thyme の[ 愛する人] が最高です!

 歌詞もこの作品のテーマにピッタリで、伴奏の時点からして、涙線を壊しにかかります。





 そしてクライマックスと言えば、

 主人公のソラが父との約束を果たす場面です。

 そこから回想シーンを挟み、真実が語られる場面、

 もぉ~~~~ この辺りは 涙なしでは見れません。

 




 呼吸困難なるくらい切ないよ。






 あなたにとって、生きるとは?

 とても胸に迫ってくる内容です。






 他にも母親役の永作さんの健気な感じとか、


 何度か登場してくる北海道弁だろ、べや

 そのぎこちなさ含め、なんか心地いいわ。斎藤歩さんはなぜか物凄く自然な言い方でしたね。







 決して大作でもお金がかかった映画ではないんだけど、この小品ながらも味わい深いのある雰囲気映画。

 ほろっと来て、心に何か引っかかります。

 





 今回、3回目の鑑賞だったのですが、既にもう一回見たい気持ちなってきました。こういう映画ってそうそうないです。

 DVD買おうかな・・・。というかBD出ましたら迷わず買うぞ!

 



 映画魔法遣いに大切なこと 、強くオススメします!









予告編「魔法遣いに大切なこと」


主題歌: THYME 『愛する人』  ※伴奏から涙線ヤバイ








owarimonogatari.jpg

2015年度作品
48分 / 日本 / アニメ
監督・・・板村智幸
声の出演・・・神谷浩史、水橋かおり、井上麻里奈、斎藤千和、堀江由衣

owarimonogatari09 (800x449)

owarimonogatari08 (800x450)

owarimonogatari01 (800x450)

owarimonogatari05 (800x450)

owarimonogatari07 (800x450)

owarimonogatari18 (800x450)

owarimonogatari16 (800x449)

owarimonogatari10 (800x450)

owarimonogatari12 (800x450)

owarimonogatari06 (800x450)

owarimonogatari19 (800x450)

owarimonogatari13 (800x450)

owarimonogatari03 (800x450)

owarimonogatari20 (800x449)




 「終物語/おうぎフォーミュラ」、放映時リアルタイムで視聴していましたが、BD購入しての再見レビューとなります。

 




*あらすじ*

 高校三年の十月、阿良々木 暦は神原駿河から、転校してきた一年生の忍野扇を紹介される。

 暦に相談があるという扇。直江津高校の図面を作成したところ 不思議なこと があると言い出した。

 それをきっかけに、暦の高校生活を決定付けた、このまま語られるはずのなかった物語が明らかになる……。







 おうぎフォーミュラ は全2話本編 48分 ドラマとなります。

 簡単に説明すると、教室に閉じ込められた2人が犯人当てをする 話です。

 いわゆるワンシチュエシチュエーションものですね♪






 今までの「物語」シリーズにはなかった

 密室犯人当てミステリー!

 ただし、西尾維新さんが描く場合、一筋縄ではいきません。






 犯人当てという名の裏に、人間の真相心理 が描かれます。





 初期の頃、主人公の暦の名言 「友達はいらない、だって人間強度が下がるから」 が生まれる物語でもあります。





 それにしてもシャフトの映像は内容とは別に、斬新ですね。

 舞台は教室なのですが、まるで宇宙空間にいるような突飛な演出、そして配色

 見ていて 「おおっ!」 と思うカットやシーンが続出です。





 とても興味深く見させていただきました。





 いろいろな楽しみ方できる 終物語/おうぎフォミュラー」 おすすめです!







【発売告知CM1】


【発売告知CM2】


【OP】「Decent Black」:水橋かおり


音源「decent black」:水橋かおり








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。