41AYxgDf5WL__SX348_BO1,204,203,200_

2012年度作品 561ページ
著者:野崎まど


 波長が合う 作家さん の作品ってどうしてここまで面白いのだろうか・・・。




 まだたった2作しか読んでいませんが、冒頭から最後までドップリはまった野崎まど著、

 数字の

 シンプル過ぎて内容が全く総想像つきません。






 著者の 野崎まど さんの作品は以前 小説の作り方 を読んでいます。

 読んでいる最中も、読んだ後も、独特な世界観が滲み出ていて、久しぶりに読書で 感動 した記憶が今も強く残っています。






 そんな期待の作家 繋がりで読ませてもらった本作。

 文庫サイズ なのに厚さが尋常じゃない実物(総ページ数561)もさることながら、いい意味でとんでもない作品でした。






*あらすじ*

 数多一人は超有名劇団『パンドラ』の舞台に立つことを夢見る青年。ついに入団試験を乗り越え、劇団の一員となった彼だったが、その矢先に『パンドラ』は、ある人物の出現により解散してしまう。

 彼女は静かに言う。「映画に出ませんか?」と。役者として抜擢された数多は、彼女とたった二人で映画を創るための日々をスタートするが―。

 果たして彼女の思惑とは。そして彼女が撮ろうとする映画とは一体…?全ての謎を秘めたまま、クラッパーボードの音が鳴る。






 グイグイ物語に引き込まれます。

 先が読めない展開にワクワクドキドキが止まらない!!!

 





 魅了たっぷりに描かれるキャラクター


 創作に対する熱い想い





 それらがとめどなく流れる文体の連続に 鳥肌 が何度となく立っていました。






 自身は一週間に1,2冊は最低でも本を読むのですが、同じ小説のカテゴリとは思えないくらい、
 
 この作品にハマリ、多くの 感情 (特に創作に関して)刺激されました。




 こういう 人の心を動かす作品 に携わりたい、こういう 本を書きたい と心底思いました。






 読後、本作は過去の野崎まど作品に登場してきた人物がオールスターで登場している という内容を知りました。

  ええっ!?

 自分にとって初めて見る登場人物なのに・・・

 普通は置いてけぼり感を感じるはずなのにそれが全くない凄さ。

 圧倒的なキャラクターの 存在感 に脱帽です。






 久しぶりに夢中になれる作家さんを見つけましたね!

 野崎まど さん、他の作品読み漁りたいと思います。






 追伸:オチは絶対読めない。







スポンサーサイト
jinnrou00.jpg

2017年度作品
108分 / 日本
監督・・・綾部真弥
脚本・・・川上亮、綾部真弥
出演・・・古畑星夏、佐生雪、平田雄也、溝口恵、前田航基、森高愛、春川芽生、安藤瑠一、鈴木知尋、池田純矢

jinnro0012 (800x565)

jinnro0009 (800x565)

jinnro0006 (800x565)

jinnro0008 (800x565)

jinnrou0045 (800x565)

jinnro00047 (800x565)

jinnro0011 (800x450)

jinnro0010 (800x565)

jinnrou456161 (800x566)




 私的に ハズレ率 がかなり少なく、

 毎回新作出たら、絶対見てしまう、

  人狼ゲームシリーズ



 ちなみに過去作はこちら

・人狼ゲーム
・人狼ゲーム ビーストサイド
・人狼ゲーム クレイジーフォックス
・人狼ゲーム プリズン・ブレイク






 個人的に新作見るたびに段々 面白さ が増しているような気がします。そんなこんなでシリーズ5作目です。







*あらすじ*

 『皆さんにはこれから人狼ゲームをプレイして頂きます。この中には二人の人狼役がまぎれこんでいます。それ以外は村人役。毎日二十時に、住人は自分が人狼だと思う相手に投票してください。最も多くの票を集めた住人が死亡します。人狼は零時から二時までの間に部屋を出て、村人の中から一人を選んで殺害してください―』

 今回の参加者は、全員が過去にも同じような殺戮ゲームを勝ち上がった経験者らしい。あたし、高野蘭子も同じ。家族を借金から救うために、もう一度このゲームに勝たないといけない。

 新しく追加された「キューピッド」と「恋人」のルールで混迷する状況のなか、「人狼」に加えて「恋人」の役職を得たあたしは、見え隠れするゲーム運営側の気配を感じつつ完全勝利を目指す……!






 感想としては、毎回のことながら 役者の熱演 が素晴らしい。素晴らし過ぎます!!

 扱われているのが、生き死 になので 死ぬ気で生き残る若者たちの生き様がこれでもかと描かれます。

 今後要注目な若手役者同志なのもあって、バチバチ火花が見えるくらい、ぶつかり合っています。





 序盤はまあまあ人数が多いので把握しずらいのですが、日数が経つことで人数がドンドン減っていきます。

 それぞれに 何が何でも生き残りたい! という渇望。

 その過程となるバックボーンも短時間ながらシッカリ描かれているので、 人間ドラマ としても心打たれるシーンが多々ありました。キューピッドとの関係、恋人同士の関係、etc...





 私的に過去のシリーズでは、誰が何の 役職 だったのか、分かりずらいことが多々あったのですが、

 この作品は序盤に とてもわかりやすく 状況を提示してくれるので、

 今回、自分も 誰を先に消していけばいいのか、推理しながら見ることができハラハラドキドキ感を体験することができました。






 絶対自分は参加したくありませんが、ホントこのシリーズ好きです。

 先日新作「人狼ゲーム マッドランド」の発表があったので、また大きな楽しみが増えました。 



 


 「人狼ゲーム ラヴァーズかなりおすすめです!




 追伸:あんたに大声出したら、他のメンバーに自分の役職バレないのが毎回超不思議w





【予告】


【MAD】 ※ネタバレ注意