ラブデス プレミアム・エディション [DVD]ラブデス プレミアム・エディション [DVD]
(2007/11/21)
武田真治;NorA;船越英一郎;大友康平;寺島進;池内博之;六平直政;北見敏之;IZAM;杉本 彩

商品詳細を見る

2007年度作品 158分 
cast・・・ 武田真治、NorA、船越英一郎、大友康平、寺島進、池内博之、六平直政、北見敏之、IZAM、船木誠勝、川村カオリ、榊英雄、金澤太朗、江原修、増本庄一郎、松田ピロシ、七海智哉、大場一史、松原慎太郎、小沢仁志、KAN、インリン・オブ・ジョイトイ、森本レオ、吉村由美、大森南朋、ニコラス・ペタス、八木小織、村上和成 、渡辺裕之、森洋子、津田寛治、川合千春、チャック・ウィルソン、深浦加奈子、杉本彩、みさきゆう、あいはら友子、吉岡美穂、泉谷しげる、竹内力
監督・・・北村龍平


 俺が一番好きな映画監督、北村龍平監督作品。二回目の鑑賞。ついにDVDまで買ってしまいました。そんだけ大好きな映画です。


 長編デビュー作「VERSUS」のように少ない予算、撮影日数などなど自主映画の原点に立ち戻った作品。ただ、前作と決定的に違うのは豪華なCAST陣のメンツ。



 見る前はあまり良い評価を聞かないので「期待しないで見よう」と思いながらも鑑賞START!と、言いつつも彼なら「何かやってくれるだろう」と内心は思っていました。

 見てビックリ確かに今までの北村ワールドとどこか違う。映画が始まってすぐに「下ネタに走りすぎだろ」と突っ込みを入れるオレ。

 北村監督の良いところの一つが熱気溢れる男ロマン。それもかなり臭い程。明らかに今までと方向性が決定的に異なっていた・・・。


 しかし、見ているうちにそんなことどうでもいいような感じにさせるのが監督の凄いところ。いつも以上にクレージーキャラの総出演に改めて上手さを再確認し、場の雰囲気を的確に表現する音楽の数々、タメにタメルカメラワークに「ここぞ!」というところに出現するカッコ良すぎるカット(キラーカット)。語りつくせない映像美が炸裂してます。


 ギザで臭過ぎるセリフも最高です。また真逆のコント調なシーンはいちいち笑えます。漫画ですよ、漫画(実際も漫画原作ですがWw)。思うにこの映画こそ俺が一番笑える映画でしょう!笑いすぎて腹が痛くなります。ほんと登場人物はバカばっかりで下らないですがそこがまたいいです。 


 物語の鍵を握るサイとシーラの関係・・・全然アリだと思います!本編時間はかな~り長いがまったく時間を感じさせなく、このテンポなら何時間でも平気で見られますね。 それにしてもオープニングとエンディングの見せ方が憎いくらい上手。スローを使った演出がとてもっても幻想的なのです。決める時はトコトン決めてくれます。




 ひとつ忠告、本作は見る人を選ぶ映画なのは間違いない。見方によってはかなり刺激性が高く(くだらないと言い替えた方が的確?)、まったく合わない人は合わない。「VERSUS」であのサイコな二人の処刑コップのコントのような会話が退屈だったと思わなければ比較的楽しめると思います。至上最強のジャンルを超越ししたバラエティ映画の決定版。




「愛(いろんな形)の為に死ね!」の決意表明・・・痺れます。


 映画愛に満ちた作品、おすすめで~す




予告編「ラブデス」

関連記事
スポンサーサイト


秘密