アバター (ジェームズ・キャメロン 監督) [DVD]アバター (ジェームズ・キャメロン 監督) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

2009年度作品
162分 / アメリカ
cast・・・ サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア、CCH・パウンダー、ウェス・ステューディ、ラズ・アロンソ
監督・・・ジェイムズ・キャメロン



 2010年初映画館鑑賞はジェームズ・キャメロン監督の構想14年、製作4年を費やしたスペクタクル超大作映画「アバター」。かなり前から注目していていまして、前売りまで買っていた作品なので超期待してました!


 感想はとにかく凄かった。

 J・キャメロン監督の美学が炸裂!神秘の星‘パンドラ’のビジュアルを初め、クリチャー、植物、メカデザインも大変素晴しく、目を離すのが勿体ないほどの最高級な映像美の連続でした。裏で膨大なCGの量にどんだけ予算と時間とスタッフを使っているか考えるだけでゾッとしましたね。期待以上の出来で大・大・大満足でした!あと音楽も壮大で幻想的でとっても感動しました。


 物語は足が不自由な主人公ジェイクのDNAで作られた新たな肉体アバター(例の青いやつです)の意識で遠隔操作を行い、未開の惑星パンドラへ出向き、そこで先住民ナヴィ族のネイティリと出会い、交流し、最終的には源を求めて侵攻する人類側とナヴィ族が争います。


 主演は「ターミネーター4」で主役演じたサム・ワーシントン。彼の立場から物語を体感したと言っても過言でない演出展開に拍手喝采!これこそ仮想空間を感じることが出来るのホンモノ映画体験。 


 そして作品の持つ娯楽性に上手くメッセージ性を被せた憎い演出。同系統の「ダークナイト」に通ずる精神が込められていました。間違いなく2010年のベスト映画トップ5にランクインするであろう傑作!span>




予告編「アバター」

関連記事
スポンサーサイト


秘密