GOTH 夜の章 (角川文庫)GOTH 夜の章 (角川文庫)
(2005/06/25)
乙一

商品詳細を見る
2005年度作品
作者・・・乙一


 最近つくづく思うのですが「大好きだな~、乙一ワールド」


 手に取った本書「GOTH」は「夜の章」。他に「僕の章」もあるらしい二部小説です。ミステリ大賞に輝いた乙一の出世作。少年と少女を主人公にお話が展開される一話完結の短篇3作収録。ホラーと言うよりはサイコなミステリ物か?ちなみにタイトルのGOTH(ゴス)はゴシックとかゴスロリとかのゴスです。


 なんたって一つに魅力的な登場人物。本作では主人公(!?)の少年と少女目線から語られるのですが、二人とも死にとても興味を持っているという根暗過ぎる設定。印象的な場面として紹介させてもらうとすると少女は不眠症で首にひもを巻かないと熟睡できないと言い放ちます。なぜかというと首吊り自殺をしたらそこは暗く深い感覚が押し寄せてくるのでとても良く眠れるだとかで・・・。でも何か納得出来る。なんじゃそりゃ~!その紐を捜しに一緒に買い物へ行く少年も・・・なんじゃそりゃ~。

 普通に考えてこの二人(ちなみに高校生)はきわめて異常な性格です。疑われそうですが、でもどこか、愛着が沸いてしまうんですよ。読めば何となく分かるかと思いますが、それくらい魅力的な登場人物の心理描写が秀悦なんです。


 内容も上手く構成されていて一つの世界観が確立されています。圧倒されました。


 作者のあとがきを拝見すると非常に愉快でユーモアのある方ですね、こんな異常な内容、キャラクターを書いている人だとは到底思えません。やっぱ凄いな~と思います。

 少々、残酷な描写がありますがオススメです。



関連記事
スポンサーサイト


秘密