上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2005/12/05)
浅野 いにお

商品詳細を見る

2005年度作品
作者・・・浅野 いにお


 宮崎あおいと高良健吾という個人的にプッシュしている俳優で近日公開される映画というだけで手に取った一冊。ちなみに全2巻。


 初めはその世界観(フリーター人間の自己中的なグチばかり)に入っていけなかったのですが、段々と面白さがジワジワ浸透してきて不覚にもとてもハマってしまいました。


 漫画の絵柄は決して人物を美化してカッコ良く描いていないのも大きなポイントです。ソバカスだらけの女の子を初めインパクト人間で周りを固めてます。むしろ現実感がある方だと思いました。そんな若者達が‘時折輝く瞬間’を見せてくれるのだからそりゃもう感動してしまいます。


 さて、物語はバンドデビュー目指す若者達に焦点を当てた青春モノで、何気に同棲している若いカップルの芽衣子と種田を軸としての数年間が描かれています。

 
 一巻の最初にこんなシーンがあります。仕事場でミスをし上司に「何ドジしてんだ!?」と叱責された時の芽衣子の頭の中でのナレーションが「うへー、どうでもいいじゃんかよ・・・」には「あー、分かる分かる」と共感Ww。・・・ってオイオイ。


 タイトルの‘ソラニン’とは種田が作詞した曲名。嫌でも映画版に期待してしまいますね~。


 とてもおすすめデス。



関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。