上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
人狼 JIN-ROH [Blu-ray]人狼 JIN-ROH [Blu-ray]
(2008/07/25)
藤木義勝武藤寿美

商品詳細を見る

Jin-Roh
1999年度作品
98分 / 日本 / PG-12
cast・・・ 藤木義勝、武藤寿美、木下浩之、廣田行生、吉田幸紘、堀部隆一、仙台エリ、中川謙二、大木民夫、坂口芳貞、阿部睦子、岩沢裕子
監督・・・ 沖浦啓之


 原案・脚本が押井 守。なかなか重厚で興味深い内容でした。


 世界観が確立されています!海外の映画祭で絶賛されたのも納得の完成度です。


 幾度となく繰り返しモチーフとして出てくる童話‘赤ずきん’。この世界と現実の絡め方が上手い!



 舞台はスラム化した東京。治安警察と武装ゲリラとの武力衝突が日常的に起きる中、主人公(警察所属)がまだあどけなさ残る少女(ゲリラ)を地下水路で追いつめることに成功。しかし、目の前で自爆されてしまう。その後、瓜二つの少女を目撃、彼女が語るにはその自爆したのは自分の姉妹で・・・・。



 リアリティーのある人の息遣いがアニメで印象的に演出されていました。重火器でゲリラにバッタバッタ血祭り挙げるシーンが前後からなる静かなる展開で衝撃度があります。


 音関係は全体的に素晴しいです。エンディングのせつなソングはピタリと作品にはまり込んでいました。また、地下水路の歩く時に聞えるチャプチャプ音が耳に印象的に残りました。


 ただ、人にもよりますが一度見ただけでは本編を完全に理解が出来ません。特に登場人物の相関図がイマイチ掴めませんでした。いや、むしろ「もう一回見てみたい!」と思わせる魅力ある珍しい作品ですね。


 暗い物語ですがその濃さは一級品、おすすめ。




予告編「人狼」

関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。