上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ゴースト・ドッグ [DVD]ゴースト・ドッグ [DVD]
(2006/07/21)
フォレスト・ウィテカー

商品詳細を見る

GHOST DOG: THE WAY OF THE SAMURAI

1996年度作品 
116分 / アメリカ&フランス&ドイツ&日本
cast・・・フォレスト・ウィッテカー、ジョン・トーメイ、クリフ・ゴーマン、ヘンリー・シルヴァ、ヴィクター・アルゴ、トリシア・ヴェッセイ、カミール・ウィンブッシュ、ジーン・ルッフィーニ、デイモン・ウィッテカー、イザック・ド・バンコレ
監督・・・ジム・ジャームッシュ

90409view001.jpg


90409view003.jpg


 個性派監督ジム・ジャームッシュ、フォレスト・ウィテカー主演の「ゴースト・ドッグ」ホンマ面白かったです。今のところジャームッシュ作品にはずれなし(コレで5本目)。



 物語全体に漂う武士道がブラックな巨体の彼が言うと何だか身に染みてくる。とにかくカッコイイ。屋上での本編唯一サムライソード(刀)を自ら振るシーケンスがあるがもう鳥肌物です。そこに流れる曲と編集でカタルシスが感じられる。



 この映画の音楽はRZAという方が作曲。個人的に「キル・ビル」での曲が記憶に残っているので今回のオープニングクレジットで見て驚き、そしてエンデングと同時に新しい映画音楽の可能性を感じた。彼の他の曲にも興味が湧いてきた。要注目です。



 本作は小さな積み重ねのシーンが多かった。画面に居るだけで存在感ありの黒犬、女の子との会話、アイスクリーム屋のあんちゃんとの通じていないはずなのに通じている会話のやり取り、いろいろな本との接触や経緯、「結構合いますね」なボスの娘、幾度となく車を窃盗、伝書鳩との掛け合い、CDをかけてクールな場面、人をバンバンと刀宜しくアッサリ射撃などなど小ネタのセンスが良い。いや上手いだろう。





予告編「ゴースト・ドッグ」



                                 
関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。