上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
(2002/04)
乙一

商品詳細を見る

2002年度作品
日本
著者・・・乙一
幻冬舎文庫


 乙一作品。

 パッケが怖いけど、内容は切なーいドラマです。

 読み始めてすぐ、その世界観に引き込まれました。流石、乙一。


 一人暮らしの目の見えないミチル(女性)の家に侵入する、人殺してしまったアキヒロ。

 二人の目線で交互にストーリーが進んでいきます。同じシーンなのに「その時そう思っていたのか」と驚きもありながら裏事情も語られページをめくる手が止まらない、止まらない。


 ミチル、人の存在に段々と意識し始めます。そして・・・。


 なんか切ない。


 登場人物の気持ちがジワッと伝わってきます。

 視覚障害者。目が見えんないと何を信じればいいかわからないし、目の前は暗闇。聴覚だけが頼りです。


 ラスト、ミチルがある事がキッカケで家から勇気を振り絞り出ます。気持ちはあるのに足がいうことを効かない。その時のアキヒロの行動にジンワリ。


 あー、切ない。


 見所は女が男に感づき初めた場面。二人の駆け引きですね。複雑な想いが交錯する奥深いシーン。

 お薦めです。


 ちなみに田中麗奈とチェン・ボーリンで映画化されています。嫌にも期待してしまう !今度借りよう。


関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。