ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]
(2009/09/25)
櫻井翔、福田沙紀 他

商品詳細を見る

2008年度作品
111分 / 日本
cast・・・櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ、斎藤歩、ムロツヨシ、松田俊政、三浦誠己、桃生亜希子、太田英明、水谷加奈、柳原哲也、平井善之、山寺宏一、小原乃梨子、たてかべ和也、笹川ひろし
監督・・・三池崇史


330690_01_05_02.jpg


330690_01_01_02.jpg


予想以上に面白かった。素晴しい!

 いや、冗談抜きで。

 まず見る前の予告編の印象にとしては「ダサっ!お子ちゃま向けだー!」とたかをくくっていたのですが、実際見てビックリ、最高でした。

 とにかく全てにおいて相当突っ込みどころ満載。そこを誰も突っ込まない確信犯的演出。これは三池監督はの腕なのか?画面の隅まで小ネタ満載で飽きさせません。ここまでやられたらもう見る方も我を忘れて楽しまなくて。


 さて、原作は漫画らしいですが、全く未見ながらとても楽しむことが出来ました。お約束展開が基本なんで肩の力を抜いて楽します。


 深田恭子演じるドロンジョは最高です。あの気の抜けた喋り方、初めは「酷いなー」って思って見てたんですが、歌のシーンぐらいからこれはこの人しか出すことはできないなと思いました。かなりハマり役と見ます。

 そして歌が一丁前にPV風に流れます。踊りと音楽とカッティングが、ものすっごいダサいんです。あまりにダサ過ぎるので逆に引き込まれてしまいます。


 ちなみに本作にあの阿部サダオが出てます。それももろインディージョーンズ姿。終盤、自分に乗り移った敵と戦う一人芝居をやるのですがこの場面は笑った笑った。目潰しから始まり「キンタマ限界」の名ゼリフまで凄いなーって感じです。


 さてCGのチープさもこの世界観にはピッタリ。でもオープニングのアクションシーンや、武器のけん玉スタイルの戦いシーンはかなり迫力ありました。変身シーンは地味にカッコイイです。


 これ続編やるなら絶対劇場に走ります!ハリウッドではこんな軽いコミック原作は絶対作れません。日本映画、ホント侮れません。



 要チェック作品「ヤッターマン」オススメです





予告編「ヤッターマン」

関連記事
スポンサーサイト


秘密