このシリーズホラーを今、現在一本だけ(エルム街の悪夢~ザ・リアルナイトメア~)以外は全て鑑賞済みだがこの設定がなかなか上手い。見るたびに新しいストーリー展開(物語が)が見えてくるので今後も大切にしたい映画だ。

 

 何せメインの舞台が夢の中。何が起きてもOKなのだ、そう・・・「映画」という媒体、夢を可能にする世界そのものなのだ!



 観客も夢の中の出来事ということを本編を見る前から事前に分かっているので「アリエネー」をこれ程まで有効に使える設定はこの「エルム街の悪夢」がBestOneなのだ。


 
 映画的に面白いかどうかは別にして「ネタの宝庫」と呼ぶべき作品。改めてこの設定を考案した人に拍手を送りたい。小説、漫画、映画など生み出す仕事をやっているものとしては最高に良いシリーズだと思う。










関連記事
スポンサーサイト


秘密