スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 (エドガー・ライト監督) [DVD]スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 (エドガー・ライト監督) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD
2010年度作品
アメリカ&イギリス&カナダ
cast・・・マイケル・セラ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、キーラン・カルキン、クリス・エヴァンス、アナ・ケンドリック、アリソン・ピル、オーブリー・プラザ、ジョニー・シモンズ、マーク・ウェバー、エレン・ウォン、サティヤ・バーバー、ブランドン・ラウス、ブリー・ラーソン、メイ・ホイットマン、斉藤慶太、斉藤祥太、ジェイソン・シュワルツマン
監督・・・エドガー・ライト


スコットピルグリム2

スコットピルグリム2

スコットピルグリム

スコットピルグリム3


スコットピルグリム4


スコットピルグリム3


スコットピルグリム5

スコットピルグリム


 最高だぁ~~!


 監督は俺が今までで一番笑った、いや、笑い死にしそうなった「ショーン・オブ・ザ・デッド」エドガー・ライト監督!


 ただし、監督作2作目の「ホット・ファズ」はあまり俺の心に響かなかったのだが、そして今回3作目の「スコット・ピルグリム~」である。



 この映画の予告編を見た時、俺は確信した!


 絶対面白い!面白くないわけがない!


 ストーリー、監督、キャスト、映像、音楽、編集。見たい要素がこれでもかと詰め込まれている。



 そんなこんなで胸高鳴る衝動を抑え、ついに劇場にて鑑賞しました!


 オープニングのあの地球儀で有名なユニバーサルのロゴがゲームのドット柄&ゲーム風に加工された音楽から俺の心をガッチリ捕らえ、この時点からノンストップでエンディングまで向かっていきましたね!



 久しぶりに熱狂した映画だ。2011年ベスト3に食い込むこと間違いなしの最強映画。俺のやりたいことを全てやっているといっても過言ではない。



 まず、ストーリーが最高。

 一目惚れした女の子と付き合うことになった主人公の元に、彼女の今までの元カレが現れ、倒さなくてはならない状況に。


 ・・・


 「ハっ!?」



 なんでやねん!



 キャスティングも良く、とにかくみんな強烈なインパクトを放ちまくりながらも、次から次へと彼女の元カレが現れバトルが繰り広げられる。


 その戦いひとつひとつが壮絶で熱い!ファイヤーボールの使い手、アクションスター、草食主義のサイキッカー、レズ、双子のキーボードアーティスト、そしてボス!


 戦い方も体を使った肉弾戦を始め、音楽バトルなど多種多様で驚いた。

 もう全編ダレることなく、どこをとってもレベルの高い迫力満点のアクションシーンを見ることができる。ちなみにこれでもかと思うほどの漫画風な演出で攻めに攻めまくります。


 CGもかなりの量、多様していますが本当にこの映画にピッタシな感じで言う事ホントない!



 この映画、俺の中で名シーンはゴマンとあるが、中でも俺の一番好きなシーンは始まって早々の主人公と17歳の日系人とゲーセンで魅せるダンスダンスレボリューション的なあのお馴染みの光景が・・・もう半端ないっ!


 これにはマジで衝撃を受けた。音楽、映像に参りやした。



 全編ゲームネタのオンパレードでゲーム好きには堪らない。少し挙げてみれば「パックマン」、「ゼルダ」「FF」、格ゲー、体力ゲージ、コンボカウンター、倒すとコインになる、ライフ設定。


 電話の音や「Bomb!」とかの擬音も恐ろしいほど画面になじんでいた。



 キーラン・カルキンのゲイキャラもなんか味がある。

 主人公と一緒の家に住んでいるのだが上半身だけ起き上がりとすぐ隣でおなじく起き上がる。と、そのまた隣のいつまにかゲイフレンドが起き上がる。この絵はシュール過ぎて相当ツボにハマッた。


 ラブストーリーが根本にあるのですが、その描写もけっこうジワーっとくるもので、もう開いた口が塞がらない!ったりゃありゃしない!


 ラブアクションコメディ、本当にオススメです。


 リアリティはないです。漫画です。整合性なんて無視、無視。突っ込んでナンボです!この壮絶なテンションの高さが体に合えばもう最高の映画タイムを味わうことができるでしょう!


 俺の映画ライフに大きく影響した「スコット・ピルグリム~」本気でオススメします。





予告編「スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団」

関連記事
スポンサーサイト


秘密