上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
BLAME 1 (アフタヌーンKC)BLAME 1 (アフタヌーンKC)
(1998/06)
弐瓶 勉

商品詳細を見る

1999年度作品

 カタカナ読みだと「ブラム」と読みます。」


 著者は弐瓶 勉。


 
 1ページめくるだけで、もうそこには世界が存在していたと断言できる程の名作作品です。



 セリフを極力カットした画面構成。

 絵だけのページが1ページ2ページじゃないのに腰を抜かす。



 壮大な要塞、施設、空間に圧倒され、いきなり敵が現れても一言も言葉を発することなく銃の引き金を無表情で撃つ姿、カッコよすぎる身のこなし&銃の持ち方、撃ち方、衣装、装飾品等々・・・。



 そんな感じでまるで映画を見ているような雰囲気を味わえる一品。



 ここで注目したいのは状況説明がなくても物語は伝わるという事実とプロのなせる荒技業。

 こんな映画を撮りたいな。全10巻です。





関連記事
スポンサーサイト

[ 2009.05.31 | 漫画 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。