上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
NECK[ネック] [DVD]NECK[ネック] [DVD]
(2011/02/02)
相武紗季、溝端淳平 他

商品詳細を見る

2010年度作品
96分 / 日本
Cast・・・相武紗季、溝端淳平、平岡祐太、栗山千明、佐藤二朗、細川茂樹、板尾創路、温水洋一、渡部豪太、小松彩夏、河西智美、板東英二、寺本純菜、未来穂香
監督・・・白川士

ネック3


ネック2


ネック5


ネック4


ネック


ネック6



 予告編で気になっていた本作。「DVDで旧作なったら見ようかな~」的なノリで見つけたので手に取りました。


これ、相当スキです!


 ちなみに子供時代の話を冒頭から淡々と17分、じっくりかけて見せるのは少々冗長でしたがが、その後、タイトルが ドーン と出てからはもうジェットコースター気分でワクワクドキドキ!


 何度か出てくるオバケを作るマシーン、その名もネックマシーン

首から下が見えない状況で、恐怖の想像が想像を呼び、そのにお化けを箱んの中で実体化させるもの。

 なんだそりゃー!? でも、その発想はあながち間違いではないと個人的に思う。



 笑えるところは笑えて、怖いところは、けっこう怖い。

 その触れ幅がなかなかで、とても楽しませてもらいました。



 それにしても、人形怖い。

 あの無垢な表情で動かれるとヤバス!

 そして、たまに出てくるB級感、遊び心がい~ですね!


 ちなみにこの作品、人気作家・舞城王太郎の書き下ろし原案を映像化したものだそうで、他にも内容はかなり異なりますが舞台化もされているようです。



 さて、笑顔が癒される相武さんのキャラ最高です。

大阪弁効果もありますが、普段は天然ふわふわ系だけど、霊に関しては超マニアックで他を寄せ付けない性格、なにせネックマシーンを自作するくらいですから!

 
 そんな相武さんに恋心を抱き必死に付いて行く後輩キャラの溝端淳平もイイネ。


 平岡祐太は今まで作品自体を見ていなかったのですが、笑わせていただきました。人気ホラー作家なのに超ビビリで過去を根に持つ男。驚き方が半端ないっス。

 栗山千明も安定した!?ビシッと決めるクールビューティーが画面に冴えます!



 あと、パロディ盛り沢山!

 スタッフかなり遊んじゃってますね。温水さん出てきたり、坂東さんとゆで卵とかホント今考えたら本編と一切関係ないしw 脇役が豪華だった!


 貞子風なやつがいきなりアクションしたり、冥王星というヒーローが突然空から降ってきたり・・・ツッコミどころの連発。


 
 中盤以降、ボス的な空想上の人形が実体化されるんですが、他にもたくさんの人形やぬいぐるみが、わんさかこれでもかと出てきます。

 日本人なら誰でも知ってるあの市松人形から、キャラクター人形、アニマル系や手を入れて遊ぶ人形、人型人形、騎士・・・えっ!?


 とりあえずそれらがCG、コマ撮り、技師によって操られて動きます。手間かかってます~。


 ぬいぐるみががいつの間にか、体にめっちゃくっ付いておるシーンは気持ち悪い&滑稽でした!




 「自分の想像から生み出される」ってやっぱ発想の原点だ。この内容、なかなか考えさせられました。


 いろんなものが詰め込まれた96分間、特に後半はアトラクションムービーです。


 予想以上に面白かった拾いもの。怖さと笑いを同時に楽しめる作品、是非オススメです。






予告編「ネック」

関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。