リセット [Blu-ray]リセット [Blu-ray]
(2011/08/03)
ヘイデン・クリステンセン、タンディ・ニュートン 他

商品詳細を見る

VANISHING ON 7TH STREET

2010年度作品
91分 アメリカ
監督・・・ブラッド・アンダーソン
役者・・・ヘイデン・クリステンセン、タンディ・ニュートン、ジョン・レグイザモ、ジェイコブ・ラティモア ジェームス、テイラー・グルーサイス 、ジョーダン・トロヴィリォン
キャッチフレーズ ⇒ 「闇」が人類を粛清する。 


338712_01_03_02.jpg

2.jpg

338712view003.jpg

338712_01_02_02.jpg

338712_01_04_02.jpg

19631909_jpgr_760_xf_jpgq_x20110105.jpg

20110228_1693655.jpg

338712_01_01_02.jpg



 あらすじは、世界規模の大停電と同時に人類が忽然と姿を消し、全てが闇に覆われていく中、わずかに生き残った4人の男女が決死のサバイバルの行方を描く作品。


 こっわ!!! 


 子供の頃って暗闇が何故だか怖かった。

 真っ暗だから何かそこに潜んでいるかもしれないという見えない恐怖感を抱き、暗い部屋に入る時は足早に。

 特に怖い映画を観た後のトイレやお風呂が精神的に・・・、妙に気合いれてフロに入った気がする。

 大人になった今でも、やっぱたまに(夜)は怖いな。



 この映画はそんな暗闇の恐怖を感じさせてくれるホラー映画です。

 グロさはなく、感覚的に怖いシチュエーションホラーです。



 例えるならゲーム版の「バイオハザード」や「サイレントヒル」。

 映画だと「サイン」、「ハプニング」などのシャマラン監督作に通じる雰囲気をかなり醸し出していました。




 この作品の見る前、映画レビューに目を通すと謎を作って起きながら解決(答え)を出さないで終わり方に、

時間返せ!映画見る前に・・・リセットしたくなりました

 などボロクソ叩かれていますが、個人的にシチュエーションホラーとして見方を変えるとかなりの傑作です。


 子供の頃見たら、ヘタすれば暗闇恐怖症になってしまうかも知れませんね。




 そんなこんなで、スッキリしない締め方をしていますが、何度も言いますが作品の持つの部分の演出はかなり秀悦です!



 ざわめき、忍び寄る人型などリアルに怖さを感じました。

 ヘタなホラーよりも恐怖を感じさせます。



 そもそも冒頭5分で一気に人が消えますw

 余計な説明なく、すぐ本編へ移るのでとても見やすい印象を受けました。




 グロいホラーは苦手だけどホラー見たい!

 そんな方には是非この作品、オススメします。





予告編「リセット」



関連記事
スポンサーサイト


秘密