遊星からの物体X [Blu-ray]遊星からの物体X [Blu-ray]
(2012/04/13)
カート・ラッセル、・ウィルフォード・ブリムリー 他

商品詳細を見る

THE THING

1982年度作品
109分 / アメリカ
監督・・・ジョン・カーペンター
役者・・・カート・ラッセル、ウィルフォード・ブリムリー、リチャード・ダイサート、ドナルド・モファット、T・K・カーター、デヴィッド・クレノン、キース・デヴィッド、チャールズ・ハラハン、ピーター・マローニー、リチャード・メイサー、ジョエル・ポリス、トーマス・G・ウェイツ、ノーバート・ウェイサー、ラリー・フランコ

dc979b09e943a236e5ed5d4a976c4b00.jpg

img_1193991_35348907_2.jpg

ph.jpg

20101008_621686.jpg

521bafc3491ac451d421d73ee1fbbf89.jpg

58013723dd3e62aab3c29eefd2055655.jpg

99a22d71466b2d257f1f4622b3d320b0.jpg

698edbc7a81f035e5930bae89b32fc34.jpg

4356b2b3c35cd4ad4d686871acb13f39.jpg

imagesCACX9TEP.jpg




 特殊メイク目指す人なら誰でも知ってる名作!…だよね??

 カート・ラッセルと言えばこれ!

 ジョン・カーペンター監督と言えばこの作品でしょ!?


 ちなみに今回、二回目の鑑賞です。前は中学生か高校生の頃に見て当時「 おぉー!すげー 」と唸った覚えがありました。






 舞台は南極

 冒頭、雪の中をダッシュするシベリアンハスキーをヘリコプターからスナイパーライフルにてバンバン狙う撃つシーンから始まるオープニング。

 このがのちのち結構重要なります。既にこっから掴みはバッシチです。






 そして「 なんか・・・おかしいぞ? 」という雰囲気を徐々に醸し出し、突然、グロいクリーチャーが登場します。


 こいつがなかなか気持ち得悪いんです。
  

 粘液、触覚が ワサワサ~ っと動きます >∑ヾ( ̄0 ̄;ノ







 更に変形するシーンバキバキ聞こえる効果音。

 CGじゃ決して出せない得体のしれないクリーチャー達!

 82年作品だけど今見ても特殊メイク技術は凄いです。







 弱点は

 火器を近づけると、クリーチャーは「 わっさー 」とその場から逃げ出そうと動き出します。

 とにかく人間側は火炎放射器で燃やす燃やす! 

 自ら住んでいる基地すら躊躇なく燃やし、手榴弾で盛大に爆破させますw





 本作の見所は今では語り尽くされた「 誰が乗っ取られているか!?サスペンス 」です。

 目の前にいる人は本当に人間なのか?それとも奴らなのかを識別するシーンの緊迫感がやっぱ凄い!

 個人的に超大好きな映画「パラサイト」ではこのドラッグへ変更した類似シーン有ります。元祖いいね~。





ドキドキ感、半端ない。





 更に仲間を助けようと心配蘇生を施すと、ガバッと思いっきり胸元突き抜けるシーンは当時ショッキングだった・・・。



 寒いので更に孤立感閉塞感が生まれ、なかなか普通では味わえない体験ができるオススメ映画です。




ラストの持って行き方も上手かったです。




ちなみに最近リメイクされるそうですw





 あ、実は本作も51年のモノクロ映画「遊星よりの物体X」のリメイクなんですね。

 その頃もに弱いということで奴らは 野菜人間 と呼ばれていました。


 ちなみに原題「The Thing」と言います。




http://www.youtube.com/watch?v=aMHL5rO13NM
予告編「遊星からの物体X」




関連記事
スポンサーサイト


秘密