spi.jpg
THE AMAZING SPIDER-MAN

2012年度作品
136分 / アメリカ
監督・・・マーク・ウェブ
役者・・・アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス、デニス・リアリー、キャンベル・スコット、イルファン・カーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド
キャッチコピー 恐れるな。自ら選んだ、この運命を。 

amazingspiderman10.jpg

amazingspiderman08.jpg

340403_01_19_02.jpg

340403_01_07_02.jpg

340403_01_11_02.jpg

340403_01_23_02.jpg

340403_01_21_02.jpg

o0588031711992582549.jpg

340403_01_02_02.jpg

340403_01_28_02.jpg

340403_01_17_02.jpg


 劇場でみました。


 実はもともとこの「アメイジング・スパイダーマン」、興味ありませんでした。


 なぜかというと俺の好きなサム・ライミ監督の「スパイダーマン」三部作があまりに好き過ぎて・・・・更に四作目ならまだ分かるけど、このシリーズの一作目をまた作り直す(焼き増し)なのだから。


 でもなんだかんだで … 見たいんです!

 気になりますよ、やっぱり。




 で、見た結果、思う存分に派手派手にやってくれていました。

 ちなみに監督は「500日のサマー」のマーク・ウェブ




 前シリーズと大きく異なる点は、主人公がかなり イケメン w

 なよなよ系 じゃないんですw



 あとスパイダーマンと言えばなんだかんだで憧れの、糸飛ばし!!

 前シリーズでは手首から糸が生成されていましたが、


 今回、なんとビックリ!

 糸発生装置を自分で発明してしまっているじゃないですか!

 しかも糸出す瞬間、その装置がく光って恰好イイときました!




 そして気になるヒロイン

 個人的にキルステン・ダンストが好きで比べることは出来ませんが、今回のヒロインはおそらく大多数が認めるかなりのかわいい&美人系です。




 皿に気になるスパイダーマンと死闘をする相手、今回はリザード! 

 と、トカゲです。


 ぶっちゃけどっかで見たこと(勿論映画で)ありそうなビジュアルしてましたが、なかなか迫力あるバトルを魅せてくれます。




 結果やはりサム・ライミ版には叶わないですが、十分楽しめました!

 あと、この新シリーズはけっこうリアリティを追求しています。けっこうスパイダーマンが受けるが生々しくてとても痛そう。




 話題の3D版見たのですが、特にラストのニューヨークの街中を舞う迫力映像は感激しました。

 「 ハッ、もしかして、自分飛んでる!? 」的な浮遊感を味わうことができました。

 これは是非、大きなスクリーンで堪能してこそですね。




 第二弾も作られそうな終わり方なので、楽しみですね。




 毎回、自分の漫画の映画化にチラッと姿を見せる、スタン・リー

 今回は思う存分、楽しんで演じちゃってますw どんな登場かはその目でお確かめて下さい。




 個人的に本編終了後のエンドクレジッツトで流れた日本版オリジナルテーマソング、SPYAIRの「0 GAME」が凄い気に入りました!ピッタリです。





予告編「アメイジング・スパイダーマン」



SPYAIR『0 GAME』

関連記事
スポンサーサイト


秘密