上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
342979_01_01_02.jpg

342981_01_01_02.jpg

2012年度作品
前編「始まりの物語」130分 / 後編「永遠の物語」109分
日本
総監督・・・新房昭之
監督・・・宮本幸裕
役者・・・悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、野中藍、加藤英美里
キャッチフレーズ ⇒ 叶えたい未来があった。たとえ、自分を騙してでも。

342979_01_12_02.jpg

342979_01_11_02.jpg

342981_01_03_02.jpg

342979_01_09_02.jpg

2011011620433003f.jpg

342979_01_07_02.jpg

342979_01_06_02.jpg

mm_b_0497--_t1_0100-1_large.jpg

342981_01_06_02.jpg

342979_01_03_02.jpg

20121021004715.jpg

imge60dbb70zik3zj.jpg

img_634352_21285441_1.jpg



ネタバレありです、ご注意を!


TV版の感想はこちら


劇場版「魔法少女まどか☆マドカ」見てきましたー!


 前編(TV版1~8話分)と後編(TV版9~12話分)を劇場で10分の休憩を挟んでの連続鑑賞。


 この作品はアニメの概念を見事壊してくれた、出逢えて良かった大好きな作品です。



 上映開始早々、タイトルクレジットにあの馴染みある音楽が聞こえた瞬間、凄ーーーーく切ない気持ちにさせられました。掴みバッチリですね。



簡単に「魔法少女まどか☆マギカ」、略して「まどマギ」を説明すると、萌え系のかわいらしいキャラクターの絵柄、魔法少女”というメルへンチックな印象から想像をつかない重厚でダークで容赦ないストーリー展開etc・・・アニメ関係の賞を総なめ&社会現象にもなった作品です!


 平凡で何の取り柄もない中学生まどかは様々な過酷な運命に突如巻き込まれ、そこで悩み、傷つき、そして目の前に広がる現実を受けとめ、とある決意します。




 この「 絵、可愛いなー 」で見るとひっくり返ります。子供がこの作品見たら絶対トラウマなりますw

 逆にこの絵で躊躇してしまう人もいるでしょう(俺がまさにそうだった)「魔法少女」なんて付くタイトルなんて、恥ずかしくてねぇw

 「 アニメだからどうせ… 」って毛嫌いしている人にも見てもらいたい作品です!

 外見はほわほわ系ですが、中身はカルピスの原液くらいに濃いんです!!





 この劇場版、TV版全12話を約4時間でまとめているのでところどころシーンが端折られたり、シーンがブツ切りだったりとありますが、やっぱ「マドマギ」それでも最高でした!

 TV版を見た者としての感想は、よくここまで構成したなと思います。

 ただ、TV版見た時の嗚咽には至りませんでしたねぇ。でも傑作に間違いはありません。

 初めて見る人には持ってこいだと思います。




 いつまでも続くかのように見えた日常から一変、極限状態に置かれ、与えられた重過に葛藤しまくる魔法少女達(中学生)。

 鑑賞後の余韻が半端ないのは変わりません!




 さて、異空間描写を全面的に担当しているアーティスティックな絵の劇団イヌカレー、本当に異世界って感じで、おどろおどろしいしさ全開!

 あんなにところに突然閉じ込められたら、溜まったものじゃありません。一歩も動けません。

 蒼樹うめ のキャラクターとのミスマッチさに異質感出まくり。でもまたそこが相乗効果を上げています!






 まどかの声、後半から8割涙声ですねw

 そんな彼女が回想シーンで明るい声、そして終盤の決意に満ちた声を発するのが新鮮過ぎる。←ココ聞きどころポイント!


 序盤、お姉さん的立ち位置にいるマミさんが、フとしたところで弱さを見せるシーン、個人的にこのシーン好きです。

 
 そして後編の謎解き演出は本当に素晴らしい限りです。






 更に「まどマギ」で語る上で欠かせないのが、地球外知的生命体インキュベーターこと、キュウべぇ

 劇場の大画面であのつぶらな目のアップが、しつこいくらい何度も何度も写りますっw


見た目はかわいい。でも実は腹黒さの王様w

テレパシー能力で会話、相手に畳み掛ける建設的な受け答え。

口で勝負したら絶対キュウべぇに勝てる気がしません。

でも、そんな憎めない キュウべぇ が好きですね。




 前編は、鹿目まどか目線で物語が展開。

 後編は、暁美ほむら目線で一気に見せます!めまぐるしい展開です。





 最初は些細な街中での事件が最後には人類の歴史、そして宇宙規模にまで発展するこの飛躍感。

 無理のない説得力ある演出、壮大な結末とカタルシスを味わう事ができます。





 来年、この作品の劇場版が新たに上映されると朗報。

 完全オリジナル作品との事で、今から気になります!





 希望絶望の総和のバランス。

 うーん、深過ぎる。


 オススメです!!!!





予告編「劇場版:魔法少女まどか☆マギカ」



TV版OP「コネクト」

関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。