上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
134365725245913212692.jpg
The Land Of Hope

2012年度作品
133分 / 日本&イギリス&台湾
監督・・・園子温
出演・・・夏八木勲、大谷直子、村上淳、神楽坂恵、清水優、梶原ひかり、菅原大吉、山中崇、河原崎建三、筒井真理子、でんでん、浜田晃、大鶴義丹、松尾諭、吉田祐健、並樹史朗、米村亮太朗、吹越満、伊勢谷友介、手塚とおる、田中壮太郎、本城丸裕、深水元基、大森博史、占部房子、井上肇、堀部圭亮、田中哲司

キャッチフレーズ ⇒ それでも世界は美しい。突然おとずれた不安、痛み、苦しみ、別れ……ただ、愛するものを守りたい 


20121017103622_02_400.jpg

film1026_kibounokuni_sub10_480.jpg

342797_011.jpg

20121017103805_06_400.jpg

342797_01_01_02.jpg

342797_012.jpg

20121017103806_07_400.jpg

20121017103622_04_400.jpg

20121017103622_03_400.jpg

7920680814_a939b518cd.jpg

20121017103806_08_400.jpg

7920680630_cd2469e189.jpg

342797_01_03_02.jpg

story_pic03.jpg



 楽しみしていた園子温 監督作「希望の光」。

 一年で彼の新作を本も見られるなんて、とても嬉しい限りだ!

 前見た映画の「ヒミズ」は、今年観た映画で今のところまだ一番の独走中です!!




 津波後に話題になったテーマを早速取り入れる監督。(前作は震災を取り入れていました)。

 さて、今回のテーマは原発

 3・11をテーマに、描きます。

 あ、今回は珍しく年齢指定なし(´▽`)




今回のお話は、

地震によって原発事故が発生した架空の町を舞台に、未曾有の事態に巻き込まれ、不条理な仕打ちに翻弄されながらも必死に生きるある家族の姿が描かれます。




 背景に見るも無残な現場が生々しく写りつつも人間ドラマを魅せてくれます。

 毎回、感情に訴えかける映画を撮る園監督。監督の思いが全編色濃く出ています。




 今回、園監督特有の時間表示はありませんでしたが、音を効果的に使った演出が冴え渡っていました!


あと、同じ言葉の繰り返しは健在でしたよ。

「一歩、一歩、一歩」
「おーーい!」
「帰ろうよ / あと10分待て」




 そして気になるエンディングの迎え方!!!!

 今回もなかなか印象的な終わり方でしたね~。




 監督自ら題字を担当したタイトル「希望の光」からのエンドロール。

 白背景のエンドロールがとても新鮮でした。




 毎回感じるのですが役者の皆さん、演技が達者です!!!

 園監督映画常連の役者は今回は少なめでした。

 メインキャストでは監督の実の奥さんの神楽坂恵、「冷たい熱帯魚」の主人公の娘役の梶原ひかり

 そしてそして夏八木勲大谷直子 の老夫婦は大熱演!

 特に終盤の白銀の世界で盆踊りするシーンが凄い気に入りました。





 あ、そうそう飯食べるシーンが多々出てきます。

 旨そう。




 とても心に響く映画で、そしてがたくさん詰まった映画です。


 オススメ





予告編「希望の国」




関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。