img_401685_2453360_0.jpg
2000~2001年度作品
全49話(DVD全12巻)
監督・・・石田秀範、渡辺勝也、長石多可男、鈴村展弘、金田治、小藤浩一
役者・・・オダギリジョー、葛山信吾、村田和美、葵若菜、きたろう、七森美江、松山鷹志、水島かおり、セルジュ・ヴァシロフ、大塚よしたか、田中恵理
キャッチコピー  ⇒ A New Hero. A New Legend


15_20111012181755.jpg

kua.jpg

クウんjk」ガ~1

img_1045673_29250419_2.jpg

クウガmjljk~2

20100613102920dffs.jpg

img_1045673_28455935_2.jpg

201006131029213e9.jpg

img_585541_12085215_0.jpg

クウガ~2んkln

ネタ用~1

クウm;lmガ~1

J6g2B.jpg

img_981264_26331006_16.jpg

201006131031124ff.jpg

クウ46ガ~3

クウガんjklj~2


 平成ライダーのトップバッターを飾る「仮面ライダークウガ」見終わりました!

 調べて見るとこの作品はテレビ版としては「仮面ライダーBLACK RX」以来11年ぶり、シリーズ全体でも「仮面ライダーJ」以来5年半ぶりに復活した仮面ライダーシリーズとの事です。



あらすじ

超古代。
 邪悪な力で異形の怪人に変身する戦闘集団「グロンギ」によって滅亡の危機に瀕していた古代民族「リント」は、人間を超変身させるベルトを創りだして戦士クウガを誕生させ、グロンギを撃退・封印した。

西暦2000年。
日本アルプスの九郎ヶ岳遺跡内に置かれた棺が暴かれた事から、封印されていたグロンギが復活した。次々に人々を襲い始めるグロンギ
 青年、五代雄介は、遺跡から別に発掘されていた謎のベルトからイメージを察知、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守る為に異形の怪人達と戦う!
 





 主演は今ではビッグな俳優、オダギリジョー!

 主人公の五代雄介は一切弱音を吐かず、途中、何度か仮死状態になりながらも、「 みんなの笑顔を守る為に戦う 」というただ単純な動機で怪人(劇中では未確認生命体〇号)と戦います。


 が務める幼稚園へ顔を出すと、園児たちがワッーっと集まる人気者から、人柄の良さを伺えます。

 更に自称2000の特技を持つ男!あり過ぎだろw




印象的なセリフを紹介
「自分が本当に好きな自分を目指せばいいんじゃない?」
「自分にできる限りの無理をしているんだ」


 主人公ではないけど、相棒の刑事の一条さんの言葉
いつも誰かの笑顔のために頑張れる・・・それってすごく素敵なことじゃないか


そして一番熱いセリフは、記念すべき第一話にて、危機的状況の中で、

戦います、オレ!こんな奴等の為に、これ以上、誰かの涙は見たくない!みんなに笑顔でいて欲しいんです!だから見てて下さい!オレの変身!!





 この「仮面ライダークウガ」には親指を立てるgoodポーズが頻繁に出てきます。必ずと言っていい程、毎回何度か出ます。

 最初はクサイーと思っていたのですが、なんか … イイネ。



 

 今のライダーと比べると演出タッチが異なります。

まず怪人が気持ち悪い

 人が直接死ぬ描写を生々しく描いています。



 そしてなんといっても死傷者の数が半端ないんです。ただのゲームとして人を殺しまくる怪人たち。最終的な犠牲者は3万人以上!!

 おそらく今まで見たライダー至上で一番、一般人への死傷者が出ていますね、きっと。


 
 特に1クラス40人の学生をブッ殺した怪人に、五代がキレて阿吽言わさず タコ殴り する場面、怪人の口からが飛び散りまくります。

 今の仮面ライダーでは絶対放映できないシーンですね(汗)





 あと、オートバイのアクションシーンが予想以上に多いです。

 それもカットでの誤魔化なしの超人技、プロスタントです。今見ても非常にカッコいい!




 ドラマパートもしっかりと作られています。

 当時、日本版「Xファイル」と言われたのも納得な作り。

 別の場所(シーン)へ変わる度に場所時間の表記が表示され、非常に丁寧。
 予想と異なり、意外と本格的な社会派ドラマとしても堪能できました。





 クウガの変身は体内に取り込まれたベルトを、自分の意志で腰に実体化させ、「変身」の掛け声とポーズの後、様々なフォームに変身します。


 赤がパワー、青が跳躍力&棒術、緑がシューティング、紫がディフェンス、そして黒!

 力を使い果たす、もしくわ致命傷を負うとのクウガになってしまいます。そうなってしまったら最後、二時間変身出来なります・・・。


 あ、シリーズ特有のお決まりの助っ人ライダー、現れません!!!





 ただ、そんな孤独な戦いながらも支えてくれる刑事の一条さん(射撃の腕はピカイチ)、警察や仲の良い研究員達と協力しながら敵を追い詰めていきます。





 物語が後半に渡るにつれ、、敵の強さが一層強くなってきます。

 怪人でも第二変身をするもの、仲間割れなど目が離せない展開へと変わっていきます。

 そしてなによりライダーキックで倒した後、敵が壮大に爆発し、周囲の建物へかなりの被害が発生。← 街中でヘタに倒せませんw


 後半はそんな戦いなので、強化バイクの前に敵を乗せて、人気のない工場などで止めをさします。そして壮大に爆発っ~~ w


 今見ても十分楽しめます、おすすです!






オ-プニング


音源「激闘バトル」


オープニング曲音源「仮面ライダークウガ!」


エンディング曲音源「青空になる」


後期ジャンクション集








関連記事
スポンサーサイト


秘密