The-Last-Circus-2010.jpg
BALADA TRISTE DE TROMPETA(THE LAST CIRCUS)

2010年度作品
107分 / スペイン&フランス
監督・・・アレックス・デ・ラ・イグレシア
役者・・・カルロス・アレセス、アントニオ・デ・ラ・トレ、カロリーナ・バング、マヌエル・タリャフェ、アレハンドロ・テヘリア、エンリケ・ビレン


balada-triste-de-trompeta-019.jpg

Balada-triste-de-trompeta-2-locoxelcine.jpg

balada-triste-06.jpg

3629-944-550.jpg

balada_triste_de_trompeta.jpg

balada-triste-de-trompeta-005.jpg

0ec56ec7.jpg

balada-triste-de-trompeta2.jpg

1311319048058.jpg

ce33128b.jpg

balada-triste-de-trompeta-2.jpg

baladatriste.jpg

Balada_Triste_de_Trompeta10_ampliacion.jpg

original.jpg



 確かクリスマスイブの夜の日に見た映画。


 どんな映画かというと ピエロが鉈で人をブッ殺す そんな衝撃的過ぎるオープニングから始まるとんでも(カルト)映画です!!




 実は言うと俺、ピエロが大嫌いなんです。

 あの顔、泣いているのか、笑っているのか、それとも・・・。
 とにかくどうとでもとれるピエロフェイスが信用できない。



【あらすじ】
 檻に入れられた猿が暴れまわる中、外では人と人とが殺し合う狂気のサーカスが繰り広げられていたスペイン内戦
 無理やり共和国側に参加させられた“がらくたピエロ”は、ナタを振り回し国民軍を次々と残虐に殺していった 。

 長い月日が過ぎ、時はフランコ総統時代。“がらくたのピエロ”の息子ハビエルはサーカス団で“泣き虫ピエロ”として働き始める。

 そこでハビエルは個性的なキャラクターの風変わりな面々と出会う。`怒りのピエロ’こと セルジオと初めて出会うのだった。

  顔が醜くゆがんだ2人のピエロ、ハビエルとセルジオ。サーカス団で最も美しく残酷な美女ナタリアをめぐり、怒りと絶望、渇望に煽られた彼らの命がけの戦いが始まる。




 この作品、けっこう 荒削り ですが、この吸引力は半端ないです!




 まず冒頭の演出がメチャクチャ恰好いい!!
 
 腹に響く重低音役者写真がドドーンと紹介される「これから始まるぞ~」感に期待感が嫌でもあがります!




 さて、そんな殺戮ピエロ親父の息子ハビエル(ココからがメインパートです)へ舞台が移ります。

 

 というか、まず突っ込んでいいすか!

 あの体系なんすかw

 幼少期のメガネ激ヤセもやし体型から、一気に 太って るんですけどーw

 な、何があったハビエルっ!!


 と突っ込まずにはいられない。





 美女を奪い合う二人のピエロ

 ハビエルの気持ち、最初はなんとなく分かるが、段々と「落ち着け」と声をかけたくなる行動へ。




 後半の彼の変貌した姿は狂気そのもの。

 ハビエル演じたカルロス・アレセスの熱演に感動しました。 




 ボーっと見ているとアッという間に展開が変わります!




 途中、森でサバイバルするシーンがあるのですが、真っ裸で森の中を走るシーンはもろ原始人!

 体系が体系だけあってなんかリアルで・・・。

 自作落とし穴で獲物が降ってくるのを待っていると、元気のいいデカイイノシシが降ってきて、全力で逃げる姿が本当にカオス!




 気合い入っている特殊メイクも見どころです。

 トランペットでタコ殴りした後の、グチャグチャ顔は痛々し過ぎる。

 特殊メイク凄っ!というかCGも組み合わさっているのかな?




 でも、なんと言っても衝撃的なのは泣き虫ピエロのハビエルが後半、覚醒し、顔面を溶解液みたいなもので、自らを溶かし、更にアイロンで左右の頬を焦がし、更に更にアイロンにキスをする珍シーン!

 悲鳴あげるならやるなよ!と突っ込まずにはいられない!




 とにかくインパクトある映像、展開が炸裂しまくるこの「気狂いピエロの決闘」!

 当時、ヴェネツィア国際映画祭で脚本賞を受賞、ゴヤ賞最優秀特殊効果賞&最優秀メイクアップ&最優秀ヘアスタイル受賞し世界各国で絶賛! 8勝&19部門にノミネートした経歴のある作品と聞かれればいろいろ考えてしまう。

 あとクエンティン・タランティーノも賞賛してます~w




 後半、キングコングを彷彿させる、高いところでのシーン。

 カメラワークがモーションコントロールされてハリウッドぽいカメラワーク演出されたり、絵画的なすごーく綺麗な映像が回想シーンとして挿入されたりと一筋縄では終わりません。




 怒りと絶望、渇望に煽られた彼らの命がけの戦い、是非ご覧あれ、オススメです。



 ちなみにですが、ますますピエロが嫌いになりました。



予告編



関連記事
スポンサーサイト


秘密