B0001150988.jpg

2011年度作品
ページ数 ・・・ 240ページ
著者 … 松江哲明
キャッチフレーズ → もう「なんとなく」作っているだけでは食べていけない。「誰か」に届けてこそ、あなたの作品は「完成」する! 




  「自主的に」行動をするすべての人、必読の1冊です。 

 という宣伝文句に引かれ手にした一冊。




 とても勉強になりました。





 映像業界で 売れっ子 になる相当難しいと思います。

 簡単に到達できる ではありません





 でも、そんな高い壁だからこそ、俺は一生を費やしてでも、この道で成功する事を信じ、人生を全うしたい!!!







 ただ、実際問題、この業界で生計を立てている人はほんの 一握り だと思います。








 でも、好きな事して生活できる人生。

 この手で掴んでみたいです、そんな







 この本は実際に自主的に作品を撮り、上映、公開、販売しているドキュメント映像作家 松江哲明 の生の声を感じる事が出来る一冊です。



 wikより拝借
  ↓
 日本映画学校の卒業制作として撮られた『あんにょんキムチ』は元在日コリアンである自身の家族を描いたセルフ・ドキュメンタリーで、韓日青少年映画祭監督賞、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波特別賞などを受賞。同作はゆうばり国際ファンタスティック映画祭にも出品。

 1シーン/1カットのみで撮影したライブドキュメンタリー映画『ライブテープ』(主演:前野健太)が第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」作品賞(2009年)、第10回ニッポン・コネクション(ドイツ・フランクフルト・アム・マイン、2010年)「ニッポンデジタルアワード」を受賞。

「あんにょん由美香」(2009年)演出・構成・編集
「トーキョードリフター」(2011年)監督

 脳障害を負ったミュージシャンを描いたドキュメンタリー映画『フラッシュバックメモリーズ 3D』が第25回東京国際映画祭コンペ観客賞を受賞。






 おおおっ、とにかくを獲得しているのは凄いですね!

 それも海外でも。





 そんな松江監督の[インディペンデント映画でサバイブしていくための10ヶ条]!

1,作品の権利は自分が持つ。
 
2,10万円以上の機材を買う場合は1年は悩む。

3,貯金は最低でも100万円は準備する。
 
4,極私的な視点を大切にする。

5,極私的な視点を疑う。
 
6,正論を撮らない。
 
7,上映後の観客の顔を見る。

8,軍隊ではなく傭兵部隊になる。
 
9,自分から話題にするのではなく、誰かが話題にしたくなる作品を目指す。
 
10,期待に応えない。
 
10+,映画のことばかり考えない。



  -----------------------



 このエッセイ、特にDVD販売についても詳しく取り上げており、付加価値について、価格設定、告知・販売方法など事細かく実体験が載せられています。




 とっても勉強になりました




 日本映画のDVDがあんなに高い理由も何となくわかりましたね。



 たかがDVD一枚、されど一枚。

 今ではハリウッドの最新作でも3000円程度で手に入ってしまいます。

 どんなに豪華な役者が出演者したって、CGたっぷり使っていたってDVDの値段に差はそこまでありません。

 何百億かけようが、数万円で完成させようが、

 数日かけようが、数十年かけようが、

 ディスク販売価格に関してはどれも一緒です!





 では、売れるDVDと全く売れないDVDの違いはどこにあるのか?

 「 なるほどなぁ 」という監督の実体験が身に染みました!




 深いですねぇ。




 ちなみにですが著者の松江哲明さんの作品、一本も見たことありませんが、聞いたことある作品はありました。



 これを気に松江哲明追ってみようと思います!






 映像業界を目指す人には絶対プラスになる情報が満載です。




 さぁ、俺も頑張ろっと!





予告編『ライブテープ』


予告編 『あんにょん由美香』


予告編『フラッシュバックメモリーズ 3D』


予告編 『SAWADA』

関連記事
スポンサーサイト


秘密