上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
161.png

美丘―君がいた日々1654

2010年度作品
全10話 各54分(DVD全5巻)
演出・・・猪股隆一、山下学美、佐久間紀佳
役者・・・吉高由里子、林遣都、勝地涼、水沢エレナ、夕輝壽太、中村静香、金田明夫、美保純、清水くるみ、美山加恋、升毅、谷原章介、志賀廣太郎、大島蓉子、渡辺憲吉、佐々木すみ江、寺脇康文、真矢みき
主題歌 ⇒ 福山雅治「蛍」
キャッチコピー ⇒ 生きていることは奇跡。わたしだけが気づいてるんだ。 

美丘―君がいた日々5 (800x450)

美丘―君がいた日々3 (800x450)

1651563 (800x544)

216+4166 (800x529)

161613 (800x525)

1311 (800x520)

156131 (800x525)

1313511 (800x527)

131311 (800x530)

16311152 (800x533)

美丘―君がいた日々6541 (800x450)

113121 (800x523)



 実は放映当時から気になっていたドラマです。




 * あらすじ *

 平凡な学生生活を送っていた大学生の太一は、ある日嵐のような女の子、美丘と出会う。

 自由奔放に生き、自分の本能を決して抑えようとしない美丘に太一は惹かれ、いつしか二人はに落ちる。しかし、太一は美丘から衝撃の事実を告げられる。


 彼女は、治療法も特効薬もない不治の病を脳に抱えていたのだ。次第に進行していく病気。

 自由がきかなくなる体……失われていく大切な記憶……
 自分が自分でなくなる恐怖……残されたわずかな時間……

 そんな過酷な運命の中でも、最後の最後まで残された命を見つめ、限りある生を全力で走り抜ける美丘。

 太一は、彼女の愛を全身で受け止め、彼女が この世に生きていたことの証人になろうと決意する――。







 ジャンルは一言で言えば 難病モノ です。






 泣ける と分かって事前に身構えるも、やっぱ泣けるw

 泣き所ポイントに必ずにかかるピアノの綺麗な音色は、反則です。

 毎話、三回以上は潤みました。







 自分の命のタイムリミットが徐々に身体に病状として現れてきます。

 外向き強がっていても、内面では…。




 果たして自分が同じ身になったらどうするだろうか?

 必ず明日が来るとは言い切れない。

 期限が分かったらどんな気持ちで一日一日を生きていくのだろうか?





 タイトルにもなっている美丘を演じたのは「横道世之介」、「紀子の食卓」の吉高由里子。

 吉高さん、ほんと演技が上手い!

 解放的というか、自然体、笑っている時は本当に楽しいんだろうなと、ダイレクトに伝わってくる。そして、見ていてなんだかこっちまでも元気が出てくる!

 あと、凄いのはシリアス場面からのハッチャケ演技が移行がスムーズ過ぎ!

 更に病状が悪化していく感じもリアリティある演技で見ているこっちまでも辛い(汗)







 そして美丘の彼氏、この作品の語り手の主人公を演じているのはつい先日見たばかりの「荒川アンダーザブリッジ」の林遣都。

 前から思っていたのですが、が大きい!

 なので、感情表現、目でバシバシ語ってきます。






 第三話で、

 美丘の病気を知った太一が美丘に宣言します。


「たった一つだけ決めたことがあるんだ。俺は逃げない。絶対ひとりぼっちになんてしないから」

「ほんと?…私が、太一君を置いてってちゃっても?」

「俺は、美丘がもういいって言ってもずっとそばにいる」

「私が死んでも」

「うん」





 文字だけなら「 うわっ、クッサーっw 」と思っても、林✖吉高の手に掛かればそれはもう見ているこっちまで胸にズシンときます。

 このシーン、緊迫した中で最後、美丘が太一を完全に受け入れた瞬間の笑顔の破壊力はそりゃもう半端なかったです<(*゚▽゚)ツ





 更に死期が近いおばあちゃんが美丘に、いうセリフが熱かった。

「人生は長いか短いじゃないんだよ、どれだけ悔いなく生きれるか」

 かっこいいよ、おばあちゃん!







 更に六話より、

 美丘が語ります。


「大事な事は後回しにしないこと」

「伝えたいことちゃんと伝えること」

「一日一日、今、この瞬間を精一杯生きること」








 実際にこの作品を見て、自分が本当に今やりたい事を自覚することが出来ました。

 限りある人生で何をやるか?

 その為にはどうすればいいのか?





 本当に素晴らしいドラマだと思います。

 後半は美丘に起きる病状が本当に見ていて痛々しいですが、そんな中で美丘を囲む輪の暖かさがとても良かったです。





 更に最終話、

 美丘の残されたボイスメッセージより、


「命に終わりが来るって誰だって知ってるけど、普段はそんなこと忘れて永遠に時間があるみたいに過ごしているよね?

何気無い毎日は全部二度とない特別な日なんだって。

生きていれば楽しいことだけじゃなくて辛いことも悲しいこともあるけど、その一日を無駄にしないで生きようと思えればそこらじゅうが輝いて見えるんだよ。

生きてるってそれだけで奇跡なんだよ」







 とりあえず原作買ったので読んでみようと思います!


 そして健康診断、久しぶり行こうかなと思いました。



 テーマは重いですが素晴らしいドラマ!



 オススメです。





本編一話(1/6)



PV福山雅治 「蛍」






関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。