上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
160640_1.jpg
RUBY SPARKS

2012年度作品
104分 / アメリカ / PG-12
監督・・・・ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
役者・・・ポール・ダノ、ゾーイ・カザン、アントニオ・バンデラス、アネット・ベニング、スティーヴ・クーガン、エリオット・グールド、クリス・メッシーナ、アーシフ・マンドヴィ、トニ・トラックス、デボラ・アン・ウォール、アリア・ショウカット
キャッチコピー ⇒ 人が出会い、恋におちるだけでそれはすでに、ミラクル。


ルビー・スパークス4 (800x532) (700x465) (700x465)

キャプjgjチャ (800x477)

ルビー・スパークス3 (800x583) (700x510) (686x500)

ルビー・スパークス5 (800x532) (700x465) (700x465)

2 (800x534) (700x467) (700x467)

RUBY SPARKS1561 (800x471) (700x412) (700x412)

RUBY SPARKS46411 (800x433) (700x378) (700x378)

ルビー・スパークス7 (800x597) (700x522) (670x500)

RUBY SPARKS211 (800x416) (700x364) (700x364)

RUBY SPARKS16511 (800x556) (700x486) (700x486)



 
 最高!



 感動!


 実はこの映画、当初見る予定ではなかったんだけど、たまたま別の映画を見るハズが時間に間に合わず、急遽この映画観ることになりました。




 で、見て、大正解!

 予想以上に クリーンヒット でした!





 久しぶりに手元に置いておきたくなる作品に出会いました!





 * あらすじ *

 天才と騒がれ若くして華々しいデビューを飾った小説家のカルヴィン。しかしその後が続かず、今や極度のスランプ状態に。

 すっかり心を閉ざし、セラピーに通う彼は、セラピストのアドバイスで、理想の女の子“ルビー・スパークス”をヒロインにした小説を書き始める。

 すると突然、現実の世界で彼の前にルビーが現れる。しかもカルヴィンがタイプライターを叩けば、ルビーはその言葉通りに振舞うのだった。

 この魔法のような出来事に戸惑いつつも、ルビーとの日々に幸せを感じるカルヴィンだったが…。







 主人公が小説家です。

 「 今時、タイプライター使っているアナログ作家なんてどこ探してもいないだろ!?

 とツッコミを入れつつも、物語がスタート!




 執筆活動に葛藤する主人公。← わかるわ~

 そんな矢先、ハッとグッドアイデアを閃き、食事するのも忘れる程、夢中になる主人公。 ← わかるわ~





 頭の中から生まれた理想的な彼女、ルビー



 そのルビーがある日突然、自分の目の前に現れたらさぁ、大変!





 脚本を書く時、俺も近い経験あります。

 あまりにその作品にのめり込み過ぎると、その作中の登場人物の気持ちがダイレクトにリンクし、楽しい気分や絶望的な気分を味わいます。

 更に気持ちが入り込むと作品の登場人物の声がふとした瞬間、聞こえてきますね。空耳ですが。






 さて、理想的な彼女との生活、でも幸せって長いこと続かないんです。

 段々と溝が深くなっていく二人の関係・・・。



 そーいう話ならと、主人公は、彼女に新しい要素(性格など)を原稿に足します。



 予想通りにすぐに反映されるルビー。



 でも、何度も何度も書き加えても自分の思い通りにならないんです。


 




 実際ありえない話なんだけど、なんか妙にリアルなんです。



 二人の恋愛の温度差も、見ていてなんとも、ムズ痒いところまで描写されています。







 そして終盤の展開はかなりハマってました。


 彼女自身、自分が作られた存在と自覚し、産み親に弄ばれる終盤のクライマックスは本当に見ていて、圧倒的されました。





 物語の決着の付け方も良かったです。


 俺もきっとあの《選択》を選ぶでしょうね。






 脇役で出てくる、主人公のペットのがかわいい!

 犬のあるあるネタ多々ありましたw

 なかなかな演技をしてます。





 あと、父親役のアントニオ・バンデラス最高!







 脚本を書く者として、何か他人事ではない気持ちになりました。


 とても、深ーい話です。






 これは本当にオススメ!





 ちなみにこの映画のヒロイン演じたゾーイ・カザンはこの映画の脚本も担当!

 主人公を演じたのポール・ダノ製作総指揮を兼任。


 そしてそして二人は実生活でも長年カップルとのこと!や、やるなぁ~w





予告編



関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。